香典 の お礼 メール。 香典を有志で包む場合に送るメールとは?文面や返信の例をご紹介!|終活ねっと

香典にまつわるメールの書き方・例文をご紹介!注意点やマナーも解説|終活ねっと

香典 の お礼 メール

葬儀などで包んだ香典のお礼としていただく香典返しですが、そちらに対してはお礼は必要ないのでしょうか。 通常はお礼のお礼になるため、香典返しに対するお礼は必要ありません。 お礼のお礼は、不幸を繰り返すとタブーとされているからです。 しかし、親しい間柄であったり、直後に会う機会があれば香典返しに対するお礼も言いたい場合もあることでしょう。 今回は、そんな香典返しに対するお礼についてご紹介します。 一言 遺族は香典返しに対するお礼は特に期待をしていません。 そのため、長時間話す必要もありません。 お礼のお礼も好まれません。 シンプルに香典返しを受け取ったことを伝えましょう。 例文を記載いたします。 ・先日志のお品を受け取りました。 今後も何かお手伝いできることがございましたらお声かけください。 香典返しの中身についてまで触れる必要はありません。 慶事のいただきものではないため、深くは掘り下げないでおきましょう。 「ありがとうございます」という言葉もタブーなのでお礼としては伝えず、遺族の身を案ずる言葉をかけて閉じましょう。 遺族がもし内容に触れる話をした場合は、「おいしくいただきました」などの一言を付け加えましょう。 家に行くときは 香典返しに対するお礼を伝える際の表情は、あまり大口を開けて笑うような笑顔は不向きですが、微笑む程度の笑顔を見せましょう。 葬儀も終わり、香典返しが届く頃には遺族もだいぶ落ち着いていることと考えられます。 そのためこちら側もいつまでも暗い顔で対応するわけにはいきません。 会話の内容や相手の表情にも合わせますが、基本的には柔和な笑顔で香典返しに対するお礼の気持ちを込めて、近状などを伺うようにしましょう。 明るく話していいの? 香典返しのお礼を言うトーンはどうでしょうか。 こちらも表情に準じます。 暗く小さな声で言うのではなく、聞き取りやすいトーンで伝えましょう。 優しく語りかけるようにすると良いです。 遺族の気持ちも落ち着くことでしょう。 遺族の心情を酌む気持ちを込めて対応することで、ふさわしい対応ができることでしょう。 香典返しのお礼のメールや手紙の送り方 遺族も故人に関する手続きなどで忙しくしています。 わざわざ時間を取ってしまうことに抵抗があるのであれば、メールや手紙でお礼をすることも良いでしょう。 ただ、相手が年配者であったり、会社の上司などであれば、メールは好まれません。 メールでの香典返しのお礼を好まれないと考えられる相手に対しては、手紙を選ぶようにしましょう。 封筒の色 弔事の手紙だからと、紫やうぐいす色を選択する場合もありますが、白の無地のものを使用しましょう。 縦長や横長など形に決まりはありません。 便箋には弔事に使われる花や、シンプルな花の模様はあっても良いです。 暗く感じられないようなもの、また喜んでいると取られないような見た目のものを選びましょう。 また便箋と封筒ではなく、はがきでもシンプルで良いでしょう。 香典返しに対するお礼の手紙の文面はどのようにすれば良いのでしょう。 手紙であれば遺族の手元に残ります。 失礼なく、相手にお礼の気持ちを伝えるにはどのようにすれば良いのでしょうか。 香典返しに対するお礼の手紙の例文をご紹介します。 香典返しに対するお礼の手紙には、弔事なので「ありがとうございます」などのお礼の言葉はタブーです。 「恐縮です」「恐れ入ります」などの言葉に置き換え、遺族の身を案ずる言葉で閉じるようにしましょう。 例文を記載しておきます。 ・先日志のお品を受け取りました。 お心遣いいただき恐れ入ります。 ご遺族の皆様は落ち着かれましたでしょうか。 何かお手伝いできることがございましたらお声掛けくださいませ。 皆様もお体ご自愛ください。 電話で香典返しに対するお礼を伝える場合はどうでしょうか。 文面などは手紙の場合や直接お話しする場合と変わりありません。 しかし、電話は相手が何をしているときなのかなど、他にも気を配らなければならないことも多くなります。 今回は、そんな香典返しに対するお礼の電話でのマナーをご紹介します。 遺族に不快感を与えないように注意しましょう。 平日?土日? 遺族は、香典返しが届くころには日常の生活に戻っています。 会社で働いていたり、家事をこなしていることでしょう。 そんな中、平日の朝の時間にかけてしまうようなことはあってはいけません。 曜日は、遺族の仕事のスタイルにもよって違いますが、休みの曜日がわかっている場合はその日や前日を選ぶと良いでしょう。 わかっていない場合は土日を選択するのが無難です。 遺族ができるだけ忙しくしていないことが予想できる曜日にかけるようにしましょう。 昼間がいい?夜がいい? 香典返しのお礼の電話をするのに、時間はいかがでしょうか。 昼間が良いのか、夜が良いのか迷われることでしょう。 電話を受ける遺族が主婦であれば、昼間の時間のほうが良いでしょう。 夕方以降は家族の食事の準備などの家事で忙しくしています。 主婦の場合は昼間の2時から4時などの、比較的に家事が落ち着く時間を狙いましょう。 電話を受ける遺族が仕事をされている方であれば、夜の時間帯が良いでしょう。 土日の夕方から7時くらいの時間帯であれば、ゆっくりとされている場合が多いのではないでしょうか。 あまり遅すぎる時間も、香典返しに対するお礼の電話でなくても失礼と取られるため、7時くらいまでにしておくと無難です。 親しい間柄であればそれ以降の時間、それ以外の時間でも可でしょう。 どんな場合でも、朝の時間は避けましょう。 香典返しのお礼はいつまでなのか 香典返しに対するお礼としては、お礼のお礼自体が不幸が続くことを連想させるため、何もお渡ししないほうが良いとされます。 ですが、間柄次第では何かお礼をしたい気持ちもあることでしょう。 そんな場合におすすめの品物をご紹介します。 お供え物 香典返しに対するお礼の品としてではなく、故人に対するお供え物としての品物が良いでしょう。 籠盛りのフルーツや、生花、お線香などがおすすめです。 籠盛りのフルーツは、あまり豪華なものではなく、小さいものにしましょう。 葬儀のときや法要のときであれば親族で分けることもできますが、香典返しに対するお礼としてお渡しするのであれば、受け取った家族のみで分けることが多いためです。 生花は故人の好きなお花がわかれば、そちらが良いでしょう。 まだ故人に対する悲しみの中にあると考えられるので、あまり華美なものは避けましょう。 故人の好きな花であることなども伝えると、遺族に不快感を与えることもないです。 お菓子など お菓子をお渡しする場合も、香典返しに対するお礼の品物として渡さずに、故人に対するお供え物としてお渡ししましょう。 個別包装の練り菓子やせんべい、ゼリーなどが良いでしょう。 賞味期限にも気を配り、なるだけ日持ちするものにしましょう。 贈答品用のような箱に入ったお菓子などは、遺族も受け取るのに気が引けます。 香典返しは、すでにお渡しした香典に対してのお礼の品物です。 そちらに対してさらに大きな品物をお渡ししてしまわないように注意が必要です。 あくまでも、故人に対するお供えの品物としてお渡しするようにしましょう。

次の

香典のお礼メールの返信は?

香典 の お礼 メール

香典返しに対するお礼の手紙と文例 香典返しに対するお礼は必要ないといわれても、心がモヤモヤしてしまうのは、やはり送っていたいただいた相手との関係性だと思うんですよ。 仕事関係やお付き合いで香典を包んだ場合は、香典返しをいただいても何もする必要はありません。 でも、香典返しのお礼をしないことに対してモヤモヤしてしまうのは、日ごろから仲良くしている人や良くしていただいた方など、近しい存在の方だからですよね。 それなら 、届いたことを伝え、お見舞いの気持ちをを伝えていいと思います。 目上の方にでしたら、お手紙の方が丁寧ですし、実際、電話だと何を話していいかわからない場合や、遺族の気持ちを考えて突然の電話よりハガキの方がいい場合もありますよね。 手紙の内容は、香典返しを受け取った「お礼」ではなく、あくまで「受け取りました」というお知らせとして書くといいですね。 「お気遣いいただき恐れ入ります」というような表現で、お礼を示す「ありがとうございました」は使わないようにしましょう。 こういう手紙は、簡潔なものの方がいいですから、はがきや一筆箋でかまいません。 香典返しに対するお礼状の文例 拝啓 このたびはご丁重なお心遣いいただき恐縮しております 深いお悲しみが瘉えるまでには時間がかかるかと存じますが どうぞお心を強くもたれ 一日でも早く明るい笑顔を取り戻されることをお祈り申し上げます 季節の変わり目ですがどうぞご自愛下さい 敬具 香典返しを受け取ったお礼の電話はしちゃいけないの? 香典返しを受け取ったお礼の電話は、親しい間柄の場合はしていいと思います。 この場合もあくまで「お礼」ではなく「受け取りました」というお知らせです。 参列者が多い葬儀の場合、当然香典返しもたくさん送られているでしょうから、多くの電話がかかってくる可能性があります。 掛けるときは、手短に受け取ったことと近況などを聞く程度にしたほうがいいですね。 もっと話をしたいときは、少し時間を置いて改めて電話した方がいいと思います。 スポンサードリンク 香典返しに対するお礼はマナー的には不要 香典返しに対するお礼が不要というのは、香典のお礼としての香典返しに、さらにお礼をすると弔事が重なるのでよくないといわれるからです。 香典返しに対してお礼の品はしないとしても、届いたことを伝えたいという気持ちを「お礼」と言ってしまうので、ごちゃごちゃしてしまうんですよね。 この届いたことを伝えたいという気持ちは、あくまでコチラの気持ちであって、ご遺族の方がどう思うかということにかかってきます。 淋しい気持ちというのは、不意に襲ってくるものです。 そんな気持ちの時に、あまり付き合いのない方から香典返しが届いたという電話が掛かってきたら、ご遺族もうまく言葉が出てこないかもしれません。 ならば、そっとしておいてあげた方がいいのかな、と思ったりもします。 じゃぁ、連絡しないのが一番!ということになるのですが、私の例を出しますと、父の香典返しを送ったのですが届いたと連絡が来たのが、数件で母が「届いているのよね?」と何度も私に聞いてきました。 母は何かが送られてくると先方に必ず連絡することを怠りません。 そして、お付き合いはきっちりとする人です。 香典返しが届いていないなどという不義理は許されないのです。 ですから、届いたかどうかがものすごく気になるのですが、「じゃぁ、お店に聞いてみようか?」というと、「それはいい」と言います。 どっちなんだ!と思うわけですが、しばらくすると「届いているのよね?」とまた聞いてきます。 こういうタイプの人もいるんですよね。 今までのお付き合いで、コチラが何か送ったときに必ず連絡してくださる方には、連絡がないとずっと気にしている可能性が高いですから、何か送られてきたら連絡するのがいいかなと思います。 連絡してこない方は、マナー通りということですね。 一般的なマナーは大切ですが、これが絶対というより、 ケースバイケースで対応した方がいいと思います。 まとめ 香典返しに対するお礼の手紙は、「お礼」ではなく「受け取りました」というお知らせとお見舞いの気持ちをを伝えましょう。 電話も同様で、手短に伝えましょう。 親しい友人なら、メールでもいいですね。 一般的なマナーは大切ですが、ケースバイケースで対応していきましょう。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

香典を有志で包む場合に送るメールとは?文面や返信の例をご紹介!|終活ねっと

香典 の お礼 メール

まとめて香典を頂いた際や、お礼は不要と言われた場合。 職場や会社関係からの香典への香典返し。 まとめて香典を頂いた際や、お礼は不要と言われた場合。 会社や職場関係の方への香典返しにはには、以下のようなお悩みが多いのです。 「まとめて香典を頂いた場合は、どうすればいいの?」 「一家の大黒柱をなくした際に、お礼は不要と言われた場合はどうするべき?」 会社や職場関係の方からの香典ですと、自分がお世話になっている会社や、故人のお世話になっていた会社など、頂く香典のパターンは様々かと思われます。 ご好意で頂いた香典には、わざわざ贈ってくれたことに対しの感謝の気持ちや、忌引きで会社を開けた際のご迷惑などを含めて、きちんとした香典返しを贈りたいものですね。 今回の記事では、会社や職場関係の方からへの、香典返しに関することについてのご紹介をしていきます。 香典返しとの品物は、頂いた香典にそこまで差がなければ、同じものを一律で贈っても良いでしょう。 高額の香典を頂いた社長様には、個別で違う香典返しを差し上げるのが、良いかと思われます。 香典返しは手渡し宅配関係なくお礼状を添えるのがマナーです。 喪主の名前が贈り先に伝わりにくい場合、お礼状の発送人名は香典しを手配した方の名前にし、挨拶状の名前は喪主にするのが良いでしょう。 香典返しは当日返し以外では、忌中が明けてから贈るのが一般的とされています。 香典返しにはお礼状を添えるのですが、宗教によって使ってはいけない言葉や、逆に使う言葉があったりと、お礼状の書き方もベースは同じだとしても、少しずつ異なってきます。 社員10名分と、社長からの香典への香典返し。 社員の方への品物は同じで良く、社長様へのものは香典の金額に応じて変えましょう。 社員の方々からの香典は、そこまで金額差がないかと思われますので、香典返しには、一律で同じ品物を贈れば良いかと思われます。 香典返しとの品物は、頂いた香典にそこまで差がなければ、同じものを一律で贈っても良いでしょう。 まずはお父様のこと、心からのご冥福お祈り申し上げます。 今回のように、故人の勤め先であった職場かの方数名から、まとめて香典をいただく場合も少なくはないかと思われます。 この際に、代表者の方がまとめて持ってきてくださったのならば、香典返しはまとめて会社宛に出されれば、問題ないかと思います。 また今回の場合ですと、包みも個別だったとのことでしたので、香典返しもそれぞれ個人への贈られるのが良いでしょう。 もし仮に、まとめて連名で香典を頂いた際は、香典返しもまとめてひとつでよいかと思われます。 そして香典返しの場合は、高額な香典返し以外は、大体のランクに分けたお返しを用意する場合が多いです。 今回の場合でも、社員の方々からの香典は、そこまで金額差がないかと思われますので、香典返しには、一律で同じ品物を贈れば良いかと思われます。 高額の香典を頂いた社長様には、個別で違う香典返しを差し上げるのが、良いかと思われます。 香典に取締代表の名前が入っていた場合は、会社からではなく、社長からの香典となりますので、会社名が入っていたとしても、社長様個人宛に香典返しを贈るのが良いかと思われます。 また社長様からは、社員の方々からの香典の額とは違い、5万円と高額な香典を頂いたとのことでしたね。 結論として、この質問者様のお話ならば、• 社員の方々からの香典は、そこまで金額差がないかと思われますので、香典返しには、一律で同じ品物を贈れば良いかと思われます。 ですね!! 一家の大黒柱をなくした際の香典返し。 香典返しは不要と言われたなら、甘えてお礼状のみでもよかと思われます。 今回の場合ですと、代表者様始め、他の方々のご好意に甘えられて、お礼は不要でも良いかと思われます。 お気持ち的に、少しでもお礼をと思われるのであれば、気軽に皆さんでお召し上がりになられるような、菓子折りを、各部署に贈られるのが良いかと思われます。 その際には贈られている、個人様宛のお礼状ではなく、各部署全体にまとめて宛てた、お礼状を添えらえるのが良いと思います。 夫を亡くしました。 夫の職場の代表者の方から、香典返しは不要と言われたなら、甘えてお礼状のみでも良いのでしょうか? 先日夫を若くして亡くし、葬儀も終えてもうすぐ四十九日を迎えます。 私たち夫婦には幼い子供もいます。 葬儀の際には、夫が生前勤めていた会社の代表者の方が、有志の方々100名ほどからの、連名の香典を贈ってくださいました。 その会社では香典返しは、代表者の方に送り先を聞いて、まとめて同じところに送るとのことでしたので、代表者の方にお尋ねしたところ、『若くして一家の大黒柱を亡くされて大変な時ですので、香典返しは不要で大丈夫ですよ。 代わりにお礼状を出されてみてはいかがでしょうか。 』とお声がけをいただきました。 ですので名簿をいただき、一人一人に宛てて個人それぞれにお礼状を贈ったところ、後日先ほどの代表者の方から、『みんなとてもお礼のお気持ちが伝わったと言っていましたよ。 』とご連絡をいただきました。 ですが本当に香典返しを贈らなくても良かったのかと不安です。 こういった場合、本当にお礼状のみで良いのでしょうか? 贈り先様である職場の方々に、お礼は不要と言われたのであれば、ご好意に甘えて、お礼状を書くのみでも大丈夫かと思われます。 まず、旦那様がお亡くなりになられた事、心からご冥福をお祈り申し上げます。 今回の質問者様の場合ですと、若くして一家の大黒柱でもある旦那様を亡くされ、旦那様の職場の方々は、遺された奥様である質問者様や、幼いお子様のこれからの生活を考えて、心配してくれ、今回のような配慮のお言葉をかけてくれたのかと思います。 ですが、質問者様のお気持ち的に、少しでもお礼をと思われるのであれば、気軽に皆さんでお召し上がりになられるような、菓子折りを、各部署に贈られるのが良いかと思われます。 その際には贈られている、個人様宛のお礼状ではなく、各部署全体にまとめて宛てた、お礼状を添えらえるのが良いと思いますよ。 菓子折りでも充分に、質問者様の感謝のお気持ちは伝わるかと思われますので、ご参考にしてみてはいかがでしょうか。 結論として、この質問者様のお話ならば、• 今回の場合ですと、代表者様始め、他の方々のご好意に甘えられて、お礼は不要でも良いかと思われます。 なお気持ち的に、少しでもお礼をと思われるのであれば、気軽に皆さんでお召し上がりになられるような、菓子折りを、各部署に贈られるのが良いかと思われます。 その際には贈られている、個人様宛のお礼状ではなく、各部署全体にまとめて宛てた、お礼状を添えらえるのが良いと思います。 ですね!! 会社・職場の方から頂いた香典への香典返しについて。 個人名で香典を頂いた場合。 会社関係の方から香典を頂く際には、個人名か連名かによって、香典返しの贈り方もかわってきます。 連名ではなく、個人名で香典をいただく際には、お亡くなりになられた方とのご関係、贈り先様のご年齢で変わってきますが、3,000〜1万円程度の香典をいただくかと思われます。 贈るタイミングとしては、忌引き後の出社の際と、四十九日法要の後と2つあります。 贈る際が手渡し、宅配どちらにせよ、お礼状すなわち挨拶状は必要となってきますので、忘れずに添えて贈ってくださいね。 また、会社で香典返しをお渡しする際は、役職が上の方から順番にお渡しするのがマナーとされています。 連名で香典を頂いた場合。 会社に勤めていますと、有志の連名といった形で、お一人様につき1,000〜3,000円程度の香典返しを、まとめて代表者の方から頂く場合もあるかと思います。 そういった場合には、先ほどのように、個人宛の香典返しはされなくても良いかとは思われます。 ですが、香典を出してくれた好意や、手間、自分が忌引きでご迷惑をかけてしまったことなどに対しての、お礼の意味も兼ねて、みんなで食べられるような菓子折りを贈ったり、一つずつ包装したお菓子などの、軽めでも良いので、お礼をお贈りするのが良いかと思われますよ。 会社名で頂いた場合。 香典の贈り主の名前部分に、人や役職の名前が入っていなく、会社名で香典を頂くことがあるか場合もございます。 そういった場合には、会社の方針やルール等の取り決めで、個人からではなく、会社から出すと決まっている香典になりますので、香典返しなどのお礼は不要となります。 最後に。 今回は職場や会社関係からの香典への香典返しについてのご紹介でした。 自分がお世話になっている会社や、故人のお世話になっていた会社など、会社関係の方から頂く香典のパターンは様々かと思われます。 ですが仕事の合間を縫って、ご好意で贈ってくださった香典には、感謝の気持ちをきちんと伝えて、マナーに沿った香典返しをしてくださいね。 ぜひ、今回の記事も参考にしてみてくださいね。 香典返しのマナー 記事一覧•

次の