通信業界 法務 転職。 セールス(IT/通信業界)の求人情報(2ページ目)【ISSコンサルティング】

通信企業の法務担当・英語力を活かして頂けます!の転職・求人情報 10458670|エン ミドルの転職

通信業界 法務 転職

インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は2017年1月9日、「転職市場予測 2017上半期」を発表した。 11の業種・職種について、2017年上半期(1月〜6月)の転職市場を予測したものだ。 上半期の転職市場における求人数は、11分野のうち「上昇」が3分野(電気・機械/営業/クリエイティブ)、「緩やかに上昇」が5分野(IT・通信/化学・素材/建築・土木/人事・経理・法務/企画・マーケティング)、「横ばい」が3分野(金融/メディカル/販売・サービス)となっており、2016年下半期の高い水準のまま、緩やかな上昇が続くと見られる。 企業の人材不足感は引き続き高く、製造業の中には、次年度の予算を繰り上げて採用を前倒しで進める企業もある。 また、テクノロジーによる省力化や生産性改善が、あらゆる分野で図られており、これまでになかった新たな仕事や役割へのニーズも生まれている。 IT化・スマート化を背景に生まれた、新たな人材ニーズ 「IT・通信」分野は、SIer・ITコンサルティング会社のシステム開発の受託案件数が、金融、流通・小売などの業界、公共系プロジェクトを中心に順調に推移している。 求人数は、2016年からの高い水準のまま、緩やかに増加する見込みだ。 また、製造各社の生産部門で、人工知能(AI)、自動運転、IoT(モノのインターネット)技術の研究職の募集が増えている。 社内システムの保守・ベンダー管理を担う社内SEの募集や、新規事業/サービスの企画・開発に向けたエンジニアの求人ニーズも多い。 「電気・機械」分野は、モノづくりエンジニアの求人数が増加しそうだ。 特に自動車業界で求人ニーズが加速する。 また、組み込み・ソフトウェア系のエンジニアのニーズがよりいっそう高くなってきている。 メーカーが「工場のスマート化」に力を入れ始めていることから、生産技術開発の技術者をはじめ、生産のプロセス全体や設備に詳しいモノづくり系エンジニア、工場内の設備をつなげて管理するシステムを設計するIT系エンジニアが求められている。 ビッグデータからのさらなる効率化を目指す動きから、特にデータサイエンティストやAI開発経験者の市場価値が上がっている。 「化学・素材」分野は、メーカー各社が自動車関連の各種素材開発に投資していることから、化学系エンジニアの求人数は緩やかに増加すると見込まれる。 金属、建材の求人も堅調だ。 「建築・土木」技術者の求人数は、これまでの高い水準を維持しながら、さらに少しずつ増えていくと予測される。 大規模インフラの老朽化対応、既存物件のメンテナンス・リフォームなど工事案件が増えており、業界は慢性的に人材不足の状態だ。 ICT技術の活用や重機のICT化など省力化が進んできてはいるものの、それらを導入する経験者がいないため、ICTについてあまり知識がない人も、建築・土木技術の経験があるなら、今がチャンスと言える。 「金融」業界は、個人顧客への投資コンサルティングや、フィンテックサービス関連で力を発揮できる人材のニーズが高まると見られる。 業界全体では大きな増減なく求人数が推移しそうだ。 「メディカル」分野で求人数が多いのは、MR、臨床開発、研究職、医療機器営業の4職種。 研究職は主にバイオベンチャーで求人が増えている。 「営業」分野は、ここ数年、求人が増加傾向にある。 第二新卒からミドル層まで幅広く求められているため、希望の転職をかなえやすい環境と言える。 営業職のニーズはほとんどの業界で高まっているが、特に人材サービス、アウトソーシング企業でニーズが高い。 「人事・経理・法務」分野は、いずれも求人ニーズが高く、今後も高水準を維持すると考えられる。 それぞれの管理部門におけるコアスキルとともに、業務プロセスを効率化したり、改善の仕組みを立案したりとビジネス観点を持つ人材が求められている。 「企画・マーケティング」分野は、求人数が緩やかに増加しそうだ。 経営企画、事業企画を中心とした企画職の重要性が増しており、企業同士のアライアンスを推進した経験や、自身が主体的に新規事業を立ち上げた経験が評価される。 マーケティング職は、リサーチ部門でのデータサイエンティストやWebマーケティング担当者の求人が増えていく。 ビッグデータを活用し、事業の成長や商品・サービス企画に有効に使える人材のニーズが高まっている。 「販売・サービス」分野は、高い求人ニーズを維持したまま推移する見込みだ。 特に小売・外食業界に求人が多い。 また、小型スーパー、コンビニエンスストア、家電量販店、ドラッグストアなどの専門店で求人が増加している。 「クリエイティブ」分野は、求人数が増加する見通しだ。 求人の約6割がWeb系で、WebプロデューサーやWebディレクター、Webデザイナーが中心となっている。 Web編集・コンテンツ企画の求人も増えている。 また、このところ動画制作の求人ニーズが急速に高まっている。

次の

関西と首都圏の法務転職事情の違い|弁護士や法務の転職・求人情報なら「弁護士転職.jp」|C&R リーガル・エージェンシー社

通信業界 法務 転職

企業法務の求人は増加傾向にありますが、その多くは東京を中心とする首都圏の求人です。 このため、関西への転職をお考えの人にとっては、情報が少ないという現状があります。 それでは、関西と首都圏ではどのように転職事情が異なるのでしょうか?関西エリアで転職する際に気をつけることはあるのでしょうか? 今回は、関西専任スタッフとして大阪に常駐する法務転職エージェントが、「関西における企業法務の求人事情」について解説します。 「関西を拠点にキャリアを積んでいきたい」という人や、「首都圏から関西に移りたい」という人は、ぜひ参考にしてください。 企業法務の求人数が圧倒的に多いのは、東京を中心とする首都圏です。 関西に比べると、5倍以上の開きがあります。 首都圏と比べると、企業の本社が首都圏に集中し、関西に本社を置いている会社が少ないため、法務の求人数も少ない傾向にあります。 それでは、関西で法務部員として転職することは難しいのでしょうか?そんなことはありません。 法務の求人数は少ないものの、応募する人自体も少ないので、首都圏に比べると倍率が低く、採用につながりやすいというメリットがあります。 また関西では、年齢よりも実務経験を重視する企業が多いため、年齢によって不利に扱われるケースは首都圏ほど多くありません。 首都圏では、ポテンシャルの高い若手を好む企業が多く、20代〜30代前半の人が圧倒的に有利となります。 関西では、多くの企業が30代〜40代の人を幅広く受け入れており、年齢がネックになるケースは首都圏に比べると少ないといえます。 年齢に応じた実務経験を積んでいれば、転職の場でそれなりの評価をしてもらうことができます。 法務求人の職種としては、メーカーや専門商社が最も多く、その次に多いのが不動産関係です。 中小企業の求人が多数を占めますが、大手企業の法務部のポジションも少なくありません。 大阪に本社がある大手メーカーやグローバル企業も多数ありますので、「大企業の法務部でスキルを高めたい」というキャリアプランをお持ちの人は、関西でも実現可能です。 首都圏に比較すると、ITやエンターテイメント、金融の求人は少ない傾向にあります。 ベンチャー企業の求人は現時点では多くありませんが、少しずつ関西にもベンチャー企業の数が増えており、法務部門を強化することを課題としている企業も多いことから、今後は増加していくものと予想されます。 関西では法務実務経験者が首都圏に比べて少ないため、現役の法務部員が優遇されます。 法務部に3年以上勤務した経験があれば、即戦力として高く評価されます。 特に、法務部門の立ち上げポジションでは、実務経験者にとって売り手市場の状態です。 首都圏に比べると英語スキルを問わない会社が多いですが、2割程度の企業は英語力を求めます。 特にグローバルメーカーや製薬メーカーでは、英語力が必須です。 メーカーは大手でなくても海外とやり取りしていることが多く、英文契約書にふれる機会は少なくありません。 ただし、必ずしも高度な英語力を求められるわけではありません。 「英文契約書を見たことがある」というレベルであれば、若手であれば通用します。 TOEICやtoeflのスコアがあれば優遇されますが、必須ではないことが多いです。 経験5年以上の方には、英語力が必須とされる求人が増えてきますので、将来国際法務に携わりたく、グローバル企業への転職を検討されている方は、若手のころから英語を使う実務に挑戦しておくことをおすすめします。 注意すべき点は、「特に関西では短期退職者が好まれない」ということです。 関西での転職をお考えの人は、最低でも3年以上の勤務経験を積んでから転職することがお薦めです。 首都圏と比べると、関西では平均的に在籍年数が長く、1〜2年で前職を退職する人を敬遠する傾向があります。 首都圏のように若手が優遇される傾向はありませんので、焦って短期で転職するよりも、数年の実務経験を積んでから転職することがお薦めです。 もちろん、やむをえない事情で短期退職せざるをえないケースもあると思いますので、短期退職をお考えの人は、一度転職エージェントにご相談ください。

次の

株式会社ネットインデックス(旧社名 本多エレクトロン株式会社)の転職・求人情報

通信業界 法務 転職

休暇の特徴• 年間休日120日以上• 完全週休2日制• 土日祝休み• 5日以上の連続休暇制度あり• 2週間以上の連続休暇制度あり 勤務時間の特徴• 17時までに退社可• 月平均残業時間20時間以内• 業務時間7時間以内• フレックス勤務OK• 定時退社• 時短勤務OK 賃金の特徴• ストックオプションあり• 固定給25万円以上• 固定給35万円以上• 退職金あり• 通勤交通費全額支給• インセンティブあり• 歩合給あり 勤務地の特徴• 転勤なし• 在宅勤務OK 福利厚生の特徴• 社宅・家賃補助制度あり• 育児支援・託児所あり• 資格取得支援・手当てあり• 社員食堂・食事補助あり• 研修制度充実 働き方の特徴• 育児・介護休業取得実績あり• 服装自由• 副業OK• 自動車通勤OK• ノルマなし• 直行直帰あり 企業の特徴• 設立30年以上• 上場企業・株式公開企業• 上場企業のグループ会社• 2年連続売上10%以上UP!• 外資系企業 募集の特徴• 管理職・マネジメント経験歓迎• 第二新卒歓迎• 社会人経験10年以上歓迎• フリーターから正社員を目指す• ブランクOK• 学歴不問• 職種未経験歓迎• 業界未経験歓迎• 社会人未経験歓迎• 管理職・マネジャー採用 選考の特徴• 面接1回• 急募!内定まで2週間• 採用予定数10名以上• 応募者全員と面接• 社内見学あり 従業員の特徴• 離職率5%以下• 平均年齢20代• 中途入社50%以上• 女性が活躍中• 女性管理職登用あり• 女性従業員4割以上• 子育てママ活躍中 語学の特徴• 英語・中国語など語学を活かす.

次の