山梨 渡辺麻友。 まゆゆ(渡辺麻友)引退理由は?健康上の理由って体調不良や何かの病気?

まゆゆ(渡辺麻友)引退理由は?健康上の理由って体調不良や何かの病気?

山梨 渡辺麻友

スポンサーリンク 6月1日、元AKB48の渡辺麻友さんが、現所属事務所である尾木プロダクションとの契約が終了し、芸能界を引退したとのニュースが飛び込んできました。 渡辺麻友さんにはかつてから様々な憶測や疑惑が飛び交っており、AKB48のかつての主力メンバー 神7 といえば、テレビで大活躍している指原莉乃さんや、メディアで大々的に結婚を発表した後も活躍する高橋みなみさんや篠田麻里子さんなど、今も尚活躍している人が殆どですが、渡辺麻友さんに至っては、あれだけ売れっ子だったにも関わらず、ほぼメディアで見かけず、活動休止状態で、2019年の9月にファンクラブを閉鎖してからSNSも1月1日から全く更新されていません。 その為、「干されたのでは?」「うつ病では?」などの憶測が独り歩きしています。 今回はそんな渡辺麻友さんのネット上でまことしやかに囁かれている極秘妊娠疑惑やうつ病疑惑などを調べてみました。 渡辺麻友 元AKB48 が芸能界引退 6月1日、元AKB48の渡辺麻友さんが、現所属事務所である尾木プロダクションとの契約が終了し、芸能界を引退したとのニュースが飛び込んできました。 渡辺麻友、芸能界引退を発表「健康上の理由で芸能活動を続けていくことが難しい」 — ORICON NEWS(オリコンニュース) oricon 【発表】元AKB・渡辺麻友、芸能界引退へ 所属事務所の「プロダクション尾木」が発表。 本人から「健康上の理由で芸能活動を続けていくことが難しい」と申し出があったという。 — ライブドアニュース livedoornews 元AKB48で女優の渡辺麻友(26)が、5月31日付けで所属事務所・プロダクション尾木との契約を終了し、芸能界を引退することを1日、同事務所を通じて発表した。 サイトでは「 さてこの度、渡辺麻友より『健康上の理由で芸能活動を続けていくことが難しい』という申し入れがございました」とし「数年に渡り体調が優れず、これまで協議を重ねて参りましたが、健康上の理由でしたので身体の事を最優先に考え、本人の意思を尊重し2020年5月31日をもちましてプロダクション尾木との契約を終了し芸能活動にも終止符を打たせていただくこととなりました」と報告。 「 突然の発表となり長年に渡り応援してくださった皆さまには大変申し訳ございませんがこれまでのご支援には深く感謝申し上げます。 ありがとうございました」と伝え「また今後の渡辺麻友についてですが芸能活動を終え、 心身の回復を図り普通の生活に戻れるよう健康面を最優先させていただきたいので、本人への取材や憶測でのSNS投稿、記事掲載などお控え頂けますよう伏してお願い申し上げます」と呼びかけている。 渡辺麻友芸能界引退の理由は? 渡辺麻友さんが芸能界を引退するに至った理由として、体調不良としか発表されていませんが、その体調不良はうつ病ではないか?との声や、妊娠疑惑など、様々な憶測や噂が飛び交っています。 その中でも証拠が揃い現実的な鬱病疑惑や妊娠疑惑をまとめていきます。 渡辺麻友鬱病疑惑 渡辺麻友さんは、2019年9月のファンクラブ閉鎖やInstagram 2019年9月の投稿が最後 やTwitter 2020年元旦の投稿が最後 などのSNSでの音信不通などもあって、うつ病疑惑が飛び交っていますが、その憶測を更に強めたのは、渡辺麻友さんが唯一のレギュラー番組であった【UTAGE! 】を突如欠席し、それに関して、公式サイトに欠席理由などは一切書かれなかったことです。 渡辺麻友さんへの配慮なのか、明かせない理由があるはずですよね。 その後、宮田俊哉さんが自身のラジオ番組にて「まゆゆが体調不良のために急遽みややがやることになった」という発言をしていました。 そして、1月15日のUTAGEのTwitterでの発表時は出演者の欄に渡辺麻友さんの名前が載っていましたが、2月5日の番組の放送日や内容の発表時には既に宮田俊哉さんへMCが変更されていました。 収録日の時点で、体調不良が理由で、急遽宮田さんがアシスタントを務めたようです。 渡辺麻友さんが唯一レギュラー出演する番組を体調不良で欠席をしているので、うつ病疑惑や事実上既に芸能界を引退したのでは?などといった様々な憶測が飛び交う要因となりました。 【うつ病の予兆】渡辺麻友さん自身が芸能人生で心を失ったと発言 うつ病疑惑が飛び交っている渡辺麻友さんですが、過去に芸能界で心を失ったという発言をしています。 失ったのは豊かな心。 こんなこと書けないかな(笑)。 あの中にいると、色んなことが起きるので、そのたびにいちいち心を動かしていたら、自分の体ひとつじゃ保たないなって思ったんです。 だから、10代の時に心を無くす決断をしてしまいました。 そこから感情が動かなくなったというか、常に冷静でいられるようになりました。 メンバーが卒業する時でも、私はあんまり泣かないタイプです。 今は失った心を取り戻そうとしているんですけど……何年もこのスタイルでやってきたから、なかなか上手くいかないです。 悲しいです。 これらの事実から、体調不良は精神的な病が原因とみて間違いなさそうです。 渡辺麻友極秘妊娠疑惑 もう一つの疑惑として、渡辺麻友さんの周辺では、極秘妊娠疑惑といった噂が囁かれているようです。 渡辺はAKB48時代、指原莉乃やスキャンダルを起こしたメンバーとは一線を画し、ノースキャンダルの正統派アイドルを貫いてきました。 それだけに、男ができ、かつ妊娠してしまったことで、とても仕事ができる状況ではなくなっているのでは…という推測ですよ。 この疑惑は飽くまで、週刊実話の憶測に過ぎない記事のようですが、渡辺麻友さんの知名度の高さやファンの多さはもはや一流の芸能人の域に達しています。 そんな大物ともいえる人物が、半年近くも活動休止状態にあるにも関わらず、近況報告が全くなく、理由も全く説明されない状況というのはあまりにも不可解です。 総理大臣が何も言わず、急にいなくなったらおかしいですよね? それと同じことがおきています。 そもそも生きているのかも心配です。 妊娠しているのなら相手は誰? また、妊娠しているのなら相手は誰?とのことですが、これまで渡辺麻友さんが熱愛疑惑が噂されてきた男性というのは主に7人います。 それが、櫻井翔、山田涼介、玉森裕太、鈴木勤、須賀健太、羽生結弦、伊野尾慧です。 しかし、これらは全てネット上での噂の為、何の確証もなく、ガセネタともいわれています。 それもそのはず、渡辺麻友さんはこれまで一度も週刊誌にスクープをされたことがなく、その様は『ノースキャンダル・アイドル』として尊敬を集めていたことはファンにとっては周知の事実です。 寧ろ、だからこそ、清廉潔白なイメージを壊したくないと「裏にある本当の理由」を発表出来ないのではないかと、憶測がされる最大の要因でしょうね。 渡辺麻友は生きているの? 妊娠疑惑は少し飛躍し過ぎかもしれませんが、普通であれば、ありもしない事実を報道されれば、すぐに否定するのが一般的な芸能人ですが、それすらも全くないということは、本当に生きているのでしょうか? 今回の芸能界電撃引退に関しても、全く渡辺麻友さん自身のコメントがありません。 普通であれば、コメントがあるはずですし、何か事情があるのならば、それも発表するはずです。 渡辺麻友さんほどの大物であれば尚更です。 これは何かあったとしか思えません。 何故こんなにも頑なに現況が明かされないのでしょうか。 今後真実が明かされる時は来るのでしょうか。 これまで関わって下さった皆様、応援してくださった皆様、誠にありがとうございました!世間ではまだ大変な状況が続きますが、皆様くれぐれもお身体にはお気をつけ下さい。 たかみなが、その後?くらいにそれでも努力をしている子が報われないといけないんですって言うてたのがすごく印象で。 怠けたいとか思ったり、努力してるのアホらしく思ってもこの言葉でもうちょっと頑張ろうって思えるようになった — mac kenjiro3jsb24 渡辺麻友芸能界引退って聞くと本当に悲しくなる…指原に3連覇されて卒業発表という大切な場所すら後輩の須藤凛々花にめちゃくちゃにされて…それでも最後まで笑顔でアイドルやりきったまゆゆ…たくさん悔しい思いをしたはずなのにそれを一切表に出さなかったプロ意識すごく尊敬する…😭 — 澪汰。 mochamochada まゆゆ引退かあー 最初から最後まで王道アイドル貫き通したなあ すげえ人だった! お疲れ様でした! — う。 まじか。 ちょっと急すぎて気持ちの整理がつかない。 今までお疲れ様でした。 AKB48Gでの一生の推し。 沢山握手したし全てが良い思い出。 これからのまゆゆの人生が幸せなものになりますように。 — ニコライオ honebonecarp.

次の

渡辺麻友の電撃引退 関係者「芸能界の水が合わなかったのでは」

山梨 渡辺麻友

引退の理由は、所属事務所・プロダクション尾木によると「健康上の理由で芸能活動を続けていくことが難しい」ということである。 健康上の理由とはなんだか心配になるが、渡辺麻友の健康とご多幸を祈りたい。 それにしても惜しい。 渡辺麻友は昨今、稀な逸材だった。 昭和のアイドルや映画女優などに近いといえるだろうか。 昨今のアイドルや俳優はSNSの発展に伴って、「本人の素かな?」と思わせる部分も含めて人気を獲得していることが多いが、渡辺麻友にはいっさい素の部分が見えてこなかった。 スキャンダルはいっさいなく清純キャラを貫く 2006年、12歳 中1 で芸能界に入り、AKB48の3期生として活動を開始、栄えあるセンターを6回つとめ、2014年の選抜総選挙では1位に輝いた。 その功績によって、前田敦子、大島優子、篠田麻里子、板野友美、渡辺麻友、高橋みなみ、小嶋陽菜と並ぶ「神7 かみせぶん 」の1人として歴史に刻まれている。 人気アイドルながらスキャンダルはいっさいなし。 清純キャラを貫いた。 AKB48はクラスにいそうで、手が届きそうな雰囲気をもった女の子たちの集団で、ただただかわいいだけでなく、やんちゃな部分を見せる者やファンに塩対応する者も含め、普通っぽさ、素の感じが魅力でもあったのだが、まゆゆだけは昔のアイドルのような違う世界にいる人のように、つねに整っていた。 さらさらの黒髪、透明な白い肌、濁りのない瞳、小鳥のさえずりのような声、一挙手一投足にいっさい緩みがない。 本質的にまじめで清い人だったのだろうと想像するが、芸能界でそれを徹底することはどれだけ大変だったろうか。 それをやりきった渡辺麻友は逸材であり、極めて優秀な俳優であったと思う。 それを象徴する作品は、2012年に放送された「さばドル」 テレビ東京系。 ほんとうは30代の女性が10代のきらっきらのアイドルとしての二重生活を送っているという奇想天外なコメディだ。 ぴっかぴかのアイドル・渡辺麻友が、どんよりしたキャラを演じたときの意外なハマり具合。 頬から口元の筋肉を弛緩させると、こうも顔が違って見えるのかという驚きと、そのギャップをさらしてしまう度胸、と同時に、つまり渡辺麻友はつねに顔の筋肉を徹底的にコントロールして完璧なアイドル顔を作っているのだと改めて感心するドラマであった。 写真集『まゆゆ』の表紙に体現した理想の偶像 渡辺麻友が理想の偶像を探求していたことは、2011年に上梓された初めての写真集『まゆゆ』の表紙にも表れていたと感じる。 正面を向いて座り、交差した両足で体を隠し、まるで全裸のように見えるあれである。 アイドルを表現する芸術作品を完成させたまゆゆの精神性と身体のコントロール術は、俳優として重要な部分である。 2017年、惜しまれつつAKB48を卒業した後は、俳優として活躍の場を広げていくかと思って見ていた。 その年放送された「サヨナラ、えなりくん」 テレビ朝日、2017年 では、黒まゆゆ面を発揮。 多くの恋愛遍歴を経て婚活に勤しむ、いささかやさぐれた女性を、ときおり顔を意地悪く歪めながら演じていた それもまた可愛いのだが。 その後「いつかこの雨がやむ日まで」 東海テレビ、2018年 では、家族の罪のせいで日陰の人生を歩まざるをえなくなる役に挑み、キャバクラでバイトするエピソードが、これまでの渡辺麻友の演じてきた役とは違うと注目された。 2018年は、大ヒットした映画をミュージカル化した「アメリ」に堂々、主演。 歌って踊って、キスシーンがあるのかないのかも話題になった。 清純派から徐々に大人の役へと移行していく意気込みを感じたのと、映像で生々しい演技を披露して俳優として脱皮みたいなことを目指すよりも、舞台、とりわけミュージカルのような夢のある世界でこそ彼女の演技力は生かされるのではないかと私は余計なお世話だが思ったりもした。 ヒロインなつ 広瀬すず のアニメ制作会社での同僚・茜を演じた。 メガネをかけてまじめにアニメに取り組む彼女はちょっと地味に見えるが、隠しきれないポテンシャルがあるという渡辺麻友の真骨頂といえる役である。 ある回ではダンスの途中にメガネを外され、美しい素顔をさらすというサービスカットがファンを喜ばせた。 茜はやがて同じ会社のアニメーターと結婚、子育てしながら仕事をする大変さを、なつと分かち合う。 なつは仕事と育児を両立するが、茜は仕事を辞め家庭に入る。 そのうち、仕事が忙しいなつの子供まで預かることになり、子育てに苦労している女性視聴者に応援された。 最後まで「渡辺麻友」というイメージを守り抜いた このドラマが渡辺麻友の最後のドラマ出演作となったとはなんとも感慨深い。 渡辺麻友も芸能人という仕事をきっぱりやめて新たな人生を送っていくのだろうか。 「なつぞら」以降、活動をセーブしていたとはいえ、さほどの予兆もなく、風のような引退宣言。 まるで、ファンタジーの世界で、魔法使いやウルトラマンやかぐや姫のような異世界の人物がある日突然、自分の正体を隣人に明かし、この世界にずっととどまることはできないのだと、別れを告げて去ってしまう最終回のような幕切れによって、渡辺麻友は最後まで渡辺麻友という偶像のイメージを守り抜いたように思う。 日本の芸能界でこういう偉業が徹底できたのは原節子くらいではないだろうか。 清純派俳優としていっさいイメージがブレることなく生き抜いているのは吉永小百合だが、小津安二郎の映画に多く主演した原節子は小津の死後、公的な場にいっさい姿を現さなくなり、出演作のイメージを生涯守り抜いた。 山口百恵も歌手を引退した後、家庭に入って芸能活動に戻ることはなかった。 こういうレジェンド級の偉人たちのように渡辺麻友がなるか、静かに見守りたい。 文中敬称略.

次の

さらば渡辺麻友!「まゆゆ」は本当に偉大だった 昭和のアイドルや映画女優のような稀な逸材

山梨 渡辺麻友

引退の理由は、所属事務所・プロダクション尾木によると「健康上の理由で芸能活動を続けていくことが難しい」ということである。 健康上の理由とはなんだか心配になるが、渡辺麻友の健康とご多幸を祈りたい。 それにしても惜しい。 渡辺麻友は昨今、稀な逸材だった。 昭和のアイドルや映画女優などに近いといえるだろうか。 昨今のアイドルや俳優はSNSの発展に伴って、「本人の素かな?」と思わせる部分も含めて人気を獲得していることが多いが、渡辺麻友にはいっさい素の部分が見えてこなかった。 スキャンダルはいっさいなく清純キャラを貫く 2006年、12歳 中1 で芸能界に入り、AKB48の3期生として活動を開始、栄えあるセンターを6回つとめ、2014年の選抜総選挙では1位に輝いた。 その功績によって、前田敦子、大島優子、篠田麻里子、板野友美、渡辺麻友、高橋みなみ、小嶋陽菜と並ぶ「神7 かみせぶん 」の1人として歴史に刻まれている。 人気アイドルながらスキャンダルはいっさいなし。 清純キャラを貫いた。 AKB48はクラスにいそうで、手が届きそうな雰囲気をもった女の子たちの集団で、ただただかわいいだけでなく、やんちゃな部分を見せる者やファンに塩対応する者も含め、普通っぽさ、素の感じが魅力でもあったのだが、まゆゆだけは昔のアイドルのような違う世界にいる人のように、つねに整っていた。 さらさらの黒髪、透明な白い肌、濁りのない瞳、小鳥のさえずりのような声、一挙手一投足にいっさい緩みがない。 本質的にまじめで清い人だったのだろうと想像するが、芸能界でそれを徹底することはどれだけ大変だったろうか。 それをやりきった渡辺麻友は逸材であり、極めて優秀な俳優であったと思う。 それを象徴する作品は、2012年に放送された「さばドル」 テレビ東京系。 ほんとうは30代の女性が10代のきらっきらのアイドルとしての二重生活を送っているという奇想天外なコメディだ。 ぴっかぴかのアイドル・渡辺麻友が、どんよりしたキャラを演じたときの意外なハマり具合。 頬から口元の筋肉を弛緩させると、こうも顔が違って見えるのかという驚きと、そのギャップをさらしてしまう度胸、と同時に、つまり渡辺麻友はつねに顔の筋肉を徹底的にコントロールして完璧なアイドル顔を作っているのだと改めて感心するドラマであった。 写真集『まゆゆ』の表紙に体現した理想の偶像 渡辺麻友が理想の偶像を探求していたことは、2011年に上梓された初めての写真集『まゆゆ』の表紙にも表れていたと感じる。 正面を向いて座り、交差した両足で体を隠し、まるで全裸のように見えるあれである。 アイドルを表現する芸術作品を完成させたまゆゆの精神性と身体のコントロール術は、俳優として重要な部分である。 2017年、惜しまれつつAKB48を卒業した後は、俳優として活躍の場を広げていくかと思って見ていた。 その年放送された「サヨナラ、えなりくん」 テレビ朝日、2017年 では、黒まゆゆ面を発揮。 多くの恋愛遍歴を経て婚活に勤しむ、いささかやさぐれた女性を、ときおり顔を意地悪く歪めながら演じていた それもまた可愛いのだが。 その後「いつかこの雨がやむ日まで」 東海テレビ、2018年 では、家族の罪のせいで日陰の人生を歩まざるをえなくなる役に挑み、キャバクラでバイトするエピソードが、これまでの渡辺麻友の演じてきた役とは違うと注目された。 2018年は、大ヒットした映画をミュージカル化した「アメリ」に堂々、主演。 歌って踊って、キスシーンがあるのかないのかも話題になった。 清純派から徐々に大人の役へと移行していく意気込みを感じたのと、映像で生々しい演技を披露して俳優として脱皮みたいなことを目指すよりも、舞台、とりわけミュージカルのような夢のある世界でこそ彼女の演技力は生かされるのではないかと私は余計なお世話だが思ったりもした。 ヒロインなつ 広瀬すず のアニメ制作会社での同僚・茜を演じた。 メガネをかけてまじめにアニメに取り組む彼女はちょっと地味に見えるが、隠しきれないポテンシャルがあるという渡辺麻友の真骨頂といえる役である。 ある回ではダンスの途中にメガネを外され、美しい素顔をさらすというサービスカットがファンを喜ばせた。 茜はやがて同じ会社のアニメーターと結婚、子育てしながら仕事をする大変さを、なつと分かち合う。 なつは仕事と育児を両立するが、茜は仕事を辞め家庭に入る。 そのうち、仕事が忙しいなつの子供まで預かることになり、子育てに苦労している女性視聴者に応援された。 最後まで「渡辺麻友」というイメージを守り抜いた このドラマが渡辺麻友の最後のドラマ出演作となったとはなんとも感慨深い。 渡辺麻友も芸能人という仕事をきっぱりやめて新たな人生を送っていくのだろうか。 「なつぞら」以降、活動をセーブしていたとはいえ、さほどの予兆もなく、風のような引退宣言。 まるで、ファンタジーの世界で、魔法使いやウルトラマンやかぐや姫のような異世界の人物がある日突然、自分の正体を隣人に明かし、この世界にずっととどまることはできないのだと、別れを告げて去ってしまう最終回のような幕切れによって、渡辺麻友は最後まで渡辺麻友という偶像のイメージを守り抜いたように思う。 日本の芸能界でこういう偉業が徹底できたのは原節子くらいではないだろうか。 清純派俳優としていっさいイメージがブレることなく生き抜いているのは吉永小百合だが、小津安二郎の映画に多く主演した原節子は小津の死後、公的な場にいっさい姿を現さなくなり、出演作のイメージを生涯守り抜いた。 山口百恵も歌手を引退した後、家庭に入って芸能活動に戻ることはなかった。 こういうレジェンド級の偉人たちのように渡辺麻友がなるか、静かに見守りたい。 文中敬称略.

次の