株式 会社 ギャレリア インターナショナル。 アルコール75%を配合した高アルコール濃度 プレスリリース)

株式会社ウィル・インターナショナル

株式 会社 ギャレリア インターナショナル

天然成分が非常に高価であり、製造に手間がかかった当時。 素肌本来の美しさを追求し、業界初の油を基材としない「水溶性リキッドファンデーション」の開発に成功。 その発想の原点は、自然へのこだわりでした。 当社は、自然派化粧品の製造・販売を行う化粧品メーカーです。 製造特許を取得した「水溶性ファンデーション」を始め、美容室専売品として「ジュポン化粧品」を販売してまいりました。 製品は全て、自社工場内でおつくりしております。 取扱原料3000種類以上、エコサート認定工場を持ち、オーガニック化粧品を製造できることも強みです。 安心・安全な処方の化粧品開発に自信があります! 弊社の魅力の1つは、長年培ってきた「技術力」です。 製法特許を取得した「水溶性ファンデーション」をはじめ、天然成分を高配合したプロ仕様の化粧品開発を得意としております。 看板商品である水溶性ファンデーション「ナチュラルスイートファンデーション」は、油を一切使用せず、美容液ベースで製造している商品になります。 非常にクリーミータッチで軽やかな付け心地。 下地クリームも不要。 保湿力にも優れた商品です。 化粧品を厳しい目で見られるプロ仕様の商品開発を行ってきた弊社には、多種多様なノウハウの蓄積がございます。 その技術力を生かして、自社製品の他に、OEM生産 Original Equipment Manufacturing も請け負っており、高い技術力を求められる無添加製品などの製品の企画・開発依頼にも応えてきました。 20~30代中心の若手が集まる活気ある企業です。 主体性やチャレンジ精神を評価することを大切にしており、ご本人のやる気や成果次第で上のポジションに抜擢される可能性が高い企業風土があります。 その殆どが中途入社で、異業種から未経験で始めた人が多いのも特徴です。 jupon-cosme. 【具体的には…】 〇製造部門 原料を調合し、化粧品の中身を作っていただきます。 化粧品処方に携わる重要な業務の一つです。 特殊な機械を使用して、材料の状態や装置の回転速度を調整して製造します。 原料や製造の専門的な知識が身につきます。 〇充填包装ライン部門 生産ラインのオペレーター 化粧品の容器に中身を詰め、パッケージ等の包装をする生産ライン部門にて、オペレーター業務からスタートしていただきます。 充填機の分解洗浄や組み立て、設定もお任せいたします。 パート・アルバイトさんのマネジメントも重要なお仕事です。 自社ブランドだけではなく、他メーカーの化粧品製造も請け負っておりますので、日々様々な種類の化粧品を完成させております。 その後、ファンデーションの色や粘土、pH 酸度 などの性状検査を担当し、個人の適性に応じて研究・開発に携わります。

次の

株式会社アソシエ・インターナショナル|会社情報

株式 会社 ギャレリア インターナショナル

記 1. 同社の所在地である金沢市は本年3月に北陸新幹線が開通し、今後の市場拡大が見込める地域であり、当社グループにおいても、平成25 年4月に北陸初の事業所として株式会社トーホーフードサービス金沢営業所を開設し、市場の開拓を進めております。 このような状況の中、同社をグループ化することで同地域における事業基盤の更なる充実を図るものであります。 人的関係記載すべき人的関係はありません。 取引関係記載すべき取引関係はありません。 株式の取得先 1 内容 猪村 裕之、他4名より取得予定 2 当社との関係 当社との間に記載すべき資本関係、人的関係及び取引関係はありません。 なお、取得価額は、双方協議の上、当該会社の時価純資産額を基礎とし、合理的な調整のもと算定したものであり、社外取締役、社外監査役が過半数を占める 独立役員6名 当社取締役会において公正かつ妥当であると判断し、その合理性についても担保されていると認識しております。 またアドバイザリー費用等に関しましても当社取締役会において公正かつ妥当であると判断し、その合理性についても担保されていると認識しております。 4 異動後の所有株式数 20,000 株 議決権の数:20,000 個 議決権所有割合:100. 今後の日程 1 株式譲渡契約締結日 :平成27 年3月24 日 2 株式引渡し実行日 :平成27 年4月1日 予定 6. 業績への影響 本件による当期連結業績への影響は軽微であります。 なお、現在代表取締役社長である猪村 裕之 いむら ひろゆき 、及び専務取締役である猪村 晃 いむら あきら は、引き続き取締役として就任予定であります。 以上 株式会社プレストサンケー商会 代表取締役社長候補者略歴 氏 名 小森 啓治 こもり けいじ 現役職 株式会社トーホーフードサービス 執行役員 関西営業部長 兼 大阪支店長 生年月日 昭和37 年8月3日 52 歳 職 歴 昭和60 年4月 株式会社トーホー 入社 平成21 年7月 株式会社トーホーフードサービス 京都支店長 平成23 年9月 同 関西営業部長 兼 大阪支店長 平成24 年4月 同 執行役員 関西営業部長 兼 大阪支店長 現任 以上.

次の

【株式会社ジュポンインターナショナル】の採用サイト

株式 会社 ギャレリア インターナショナル

サクラインターナショナルは、国際・国内相互の人や情報の流通、ネットワークの構築、戦略分野/成長分野における産業振興、新たなビジネスやイノベーションの機会創出となるMICEの舞台で、そこに集う全ての人々の心を揺さぶり、次なる善き行動を促進することで、お客様と共に社会貢献を実現しています。 The Green Global MICE Producerは、サクラインターナショナルの行動規範であり、目的であり、ミッションです。 いまの21世紀は、めまぐるしい変化の時代です。 人・モノ・金・情報の流通、社会・経済・技術・価値観など、あらゆるものが変化し、当然、お客様が行っている事業活動や販売促進活動(マーケティング&コミュニケーション)も市場環境と共に、速いスピードで変化いたします。 弊社では、いち早く、その変化に対応し、お客様を熟知した上で、マーケティングリサーチ、企画提案営業、主催者サポート、グラフィックデザイン、空間デザイン、イベント企画・運営、製作管理、製造工程管理の各スタッフが一丸となったワンストップソリューションを社内で構築し、様々なMICEの事業を支援しています。 サクラインターナショナル株式会社 代表取締役 妙代 金幸 会社概要 社名 サクラインターナショナル株式会社 代表者 妙代 金幸 Ken Myohdai 本社 大阪本社 〒541-0051 大阪府大阪市中央区備後町1-7-3 ENDO堺筋ビル3F・4F Tel:06-6264-3900 Fax:06-6264-3901 事業所 東京本部 〒135-0042 東京都江東区木場 2-17-13 第2亀井ビル5F Tel:03-5646-1160 Fax:03-5646-1161 インテックス事務所 〒559-0034 大阪府大阪市住之江区南港北1-5-102 インテックス大阪センタービル2F Tel:050-5804-1783 Fax:050-5804-1784 東京スタジオ 〒340-0013 埼玉県草加市松江3-19-27 Tel:048-930-0750 Fax:048-930-0751 東京スタジオ(草加デポ) 〒340-0013 埼玉県草加市松江6-6-31 奈良第1・2工場 〒633-2422 奈良県吉野郡東吉野村鷲家1054 奈良第3工場 〒633-2422 奈良県吉野郡東吉野村鷲家1125 奈良第4工場 〒633-2422 奈良県吉野郡東吉野村鷲家1121 Tel:0746-42-1097 Fax:0746-42-1096 奈良第5工場 〒633-2422 奈良県吉野郡東吉野村鷲家53 奈良第6工場 〒633-2311 奈良県吉野郡東吉野村木津117 USA事務所 555 E. Pamalyn Ave. Extn. , Ltd. 1980年2月 法人に改組し、資本金100万円でインターナショナルエーアンドエム株式会社を設立、大阪に本社を置く。 1981年12月 英国の出版社Publex International Ltd. の日本総代理店として、ヨーロッパの国際WIRE展を、初めてアジア 開催地シンガポール)で開催させ、日本事務局として日本国内の23社の出展を得る。 東京で営業活動を開始。 東南アジア・中国等々における「現地製作」のビジネスモデルを確立。 サクラディスプレイ株式会社を設立。 国内外のイベント・ディスプレイ業務を開始。 モジュラーシステムを広める活動を開始。 1990年2月 奈良工場を開設。 1994年12月 サクラインターナショナル株式会社に社名変更。 同時に増資をして資本金1,000万円とする。 過去の実績、ノウハウ、ネットワークを活かして事業成長を重ねる。 東京東砂に第1スタジオを開設と同時に東京事務所を併設。 2004年11月 本社を大阪市阿倍野区播磨町1丁目22番11号へ移転。 2005年4月 東京新木場に東京第2スタジオとして、東京ビックサイトへ5分の場所に第2倉庫・工場を設置。 2006年5月 東京第1スタジオより営業、デザイン部門を東京都江東区牡丹1丁目15番1号(門前仲町)に移転、東京本部を開設。 2009年4月 東京国際フォーラムの指定業者となる。 2009年10月 サクラインターナショナル従業員持株会を設立。 2009年10月 さいたまスーパーアリーナの指定業者となる。 2010年1月 東京第1・第2スタジオを統合し、埼玉県草加市に新たに東京スタジオを開設。 2011年12月 ドバイに連絡事務所を開設。 2012年5月 資本金を7,270万円に増資し、現在に至る。 2012年6月 国際幹細胞学会ISSCR(会長 山中伸弥教授)がパシフィコ横浜で開催され、展示会、ポスターセッション等のオフィシャルコントラクターを行う。 2012年8月 東京本部事務所を東京都江東区門前仲町2-5-9 深川三和ビルに移転。 2012年9月 SIBOS(SWIFT International Banking Operation Seminar)がインテックス大阪で開催され、イギリスのオフィシャルコントラクターのもとに展示会、インターネット構築等の業務を一手に引き受けて行う。 2012年11月 USオフィスを開設。 2012年12月 インドオフィスを開設。 2013年3月 中国北京に連絡事務所を開設。 2013年3月 シンガポールに連絡事務所を開設。 2014年10月 IBA(International Bar Association)の国際会議、展示会が東京国際フォーラムで開催され、展示部門のオフィシャルコントラクターを行う。 2015年6月 大阪国際見本市会場(インテックス大阪)内2階にインテックス大阪事務所開設。 2015年8月 米国ラスベガスにUSAオフィスを開設。 2016年3月 本社を大阪市中央区備後町1-7-3 ENDO堺筋ビル3F・4Fに移転。 2018年12月 東京国際フォーラムにて「SAKURA International Decennial Meeting 」を開催。 2019年1月 東京本部事務所を東京都江東区木場2-17-13 第二亀井ビル5階へと移転。

次の