ギガ ファイル。 容量の大きなファイルを送るときは「ギガファイル便」が便利

無料大容量ファイル転送・オンラインストレージ GigaFile(ギガファイル)便

ギガ ファイル

大容量ファイル送信サービス「ギガファイル便」を巡り、「アップロードしたファイルの取り扱いについて規約がない」などとネットで話題になっている。 公式サイトの「FAQページ」では「ファイルの取り扱い」について掲載していたが、利用規約では明記していなかった。 指摘を受け、同サービスの運営会社は1月20日、「当社は技術者のみの会社(事務が一人)で、いろいろと手が回っていない部分もあり、皆さまに不安を抱かせてしまい大変申し訳ありません」と謝罪。 プライバシーポリシー・利用規約を修正し、近日中に公開するという。 【編集履歴:2020年1月21日午後7時15分 追加の取材と事実確認に基づき、本文の一部とタイトルを変更しました】 20日午前1時ごろ、Twitterユーザーが「アップロードしたファイルの取り扱いについて規約がない」「(運営会社のページに)代表取締役の氏名がない」「住所と電話番号の地域が合っていないし、電話番号は別名義の会社のもの」などと指摘。 「アップロードしたファイルを盗み見られるのではないか」といった懸念が広がっていた。 運営会社によると、公式サイトのFAQページでは「お客さまがアップロードしたファイルを管理者側が閲覧することは原則的にはありません」と掲載していた。 ただ、プライバシーポリシーや利用規約には、記述はしていなかった。 今回の指摘を受け、運営会社はTwitterで「いろいろと憶測(おくそく)が飛び交っておりますが、当社は日本企業であり、海外資本は一切入っておりません。 アップロードされたファイルを運営側が盗み見ることは、100%ありませんのでご安心ください」というコメントを出した。 ファイルの取り扱いも含め、「(プライバシーポリシー・利用規約の)文書を分かりやすくする」(同社)という。 また、同社は20日昼ごろに、公式サイト上に代表者名を。 支局などの住所については「セキュリティのため、社内で正式に公開するか協議中となっておりますことをご了承ください」と説明している。 関連記事• 「宅ふぁいる便」が1月に不正アクセスを受け、約480万件の顧客情報が漏えい。 パスワードが「暗号化」も「ハッシュ化」もされていなかったことが分かり、波紋を呼んでいる。 なぜ、暗号化していなかったのかを考察。 大容量ファイル送信サービス「宅ふぁいる便」が3月31日に終了する。 不正アクセス被害を受け、「相当程度システムの再構築が必要」と判断。 再構築に要する時間・費用などを考慮した結果、終了を決めたという。 2019年は国内外で、大規模なクラウドサービスの障害が相次いで発生した。 それに伴い、「クラウドサービスは信頼できないのでは」といった議論も巻き起こった。 だが、オンプレミスにも課題はある。 メリットとデメリットを認識した上で、クラウドとうまく付き合っていくべきだろう。 そのために必要な基礎知識と考え方を、ITジャーナリストの谷川耕一氏が解説する。 関連リンク•

次の

ギガスタ秋葉原|ギガファイル便直営・御茶ノ水・上野・神田・日本橋の無料高速インターネット・フリーWIFIスポット・無料コワーキングスペース

ギガ ファイル

ギガファイル便でiPhoneから写真や動画をアップロード iPhoneで撮影した写真やスクリーンショットを他人に送る場合は、メール送信やLINE、FacebookメッセンジャーなどのSNSアプリを使う方法が一般的です。 ただし、メールには容量制限があるので、枚数が多いと送れない場合があります。 また、LINEやFacebookメッセンジャーなどのアプリを経由すると、画像が元のサイズよりも小さくなったり、画質が落ちるというデメリットがあります。 動画やムービーファイルは容量が大きいため、メールやアプリからの送信はさらに条件が厳しくなりますが、ギガファイル便を使うと、サイズの大きな写真や動画でも送信することができます。 では、さっそくギガファイル便でiPhoneから画像をアップロードしてみましょう。 ギガファイル便のリンクは以下からどうぞ。 トップページから下にスクロールすると、ファイルのアップロード欄があります。 下の「ファイルを選択」をクリックしてください。 「フォトライブラリ」をタップしてアルバムを選択すると、フォルダ内の写真や画像が表示されるので、ギガファイル便で送りたいものをチェックしていきます。 他にも「写真またはビデオを撮る」を選ぶと、その場で撮影した写真やビデオが送れたり、「ブラウズ」からは最近使った項目や、iCloud、Dropbox、Googleドライブなどのストレージサービスからファイルを選択することができます。 写真や画像を選んで、右上の「完了」をタップするとアップロードが始まります。 もちろん、動画を選ぶこともできます。 ギガファイル便は容量無制限(200GBまで)なので、大容量の長時間動画でも大量に送ることができます。 ZIPファイルにまとめてメール送信 量が多い場合はアップロードに時間がかかるので、しばらくお待ち下さい。 ファイルのアップロードが終わったら「まとめる URL発行 」をタップしてファイルを一つにまとめます。 再び「ファイルを選択」をタップすれば、さらにファイルを追加することができます。 ZIPファイル名の変更やダウンロードパスワードの入力も可能です。 再度「まとめる URL発行 」をタップすると、変更が反映されます。 あとはダウンロード用のURLをメールで送信します。 メモと送信先のメールアドレスを入力して「送信」をタップしてください。 URLをコピーして別途メール送信でもOKです。 ギガファイル便からこのようなメールが届くので、ダウンロード用URLをクリックしてZIPファイルをダウンロードしてください。 ギガファイル便公式アプリを使う ギガファイル便公式アプリを使うと、iPhoneで大容量ファイルのダウンロードやアップロードが簡単にできるようになります。 大量の画像やサイズの大きな動画も問題なくやり取りできます。 アプリにはバックグラウンドダウンロード機能や通知ダウンロード機能が追加されたので、ブラウザからギガファイル便を開くよりも使いやすくなっています。 写真や動画ファイルのアップロード方法は、公式アプリもほぼ同様で、アップロードするファイルを選択してZIPにまとめてから、ダウンロードURLをメールで送信します。 アップロード履歴はギガファイル便公式アプリだけの機能で、もう一度同じファイルをアップロードする時に使うと便利ですよ。 ただしダウンロードの期限があるのでご注意を。 iPhone版ギガファイル便公式アプリの使い方は、以下の記事で紹介しています。 ギガファイル便を使う時はwifiに接続する ギガファイル便はiPhoneから大量の写真や動画を送ることができるので非常に便利です。 ただし、wifiに接続せず、通常のデータ通信で送信すると、大容量データプランでもない限りあっという間にデータ通信量の上限に達してしまいます。 写真や動画をまとめたZIPファイルは、どうしても容量が大きくなります。 このZIPファイルはまとめると1. 1GBになりました。 実際の通信量はこれよりもっと多いのですが、月1GBのデータプランだった場合は一発で超過ですね。 ギガファイル便を使って大量の写真や動画を送る場合は、なるべくwifiで接続するようにしてください。 iPhoneから写真や動画を送る時はギガファイル便で スマホで写真や動画を送るのは結構面倒ですが、ギガファイル便を使えば、iPhoneから簡単に大量の写真や動画を送ることができます。 他人のPCやスマホに送る場合は特に重宝します。 ぜひ一度、ギガファイル便でiPhoneから写真や動画を送ってみて下さい。 公式アプリを使うとさらに便利です。 他にもギガファイル便の使い方や、iPhoneからギガファイル便のファイルをダウンロードしたり、保存する方法を紹介しています。 以下もぜひご覧ください。

次の

無料大容量ファイル転送・オンラインストレージ GigaFile(ギガファイル)便

ギガ ファイル

無料大容量のファイル転送サービス「ギガファイル便」を使って、日本から海外に向けて写真や動画、音楽などの大容量ファイルを送る方法をご紹介します。 さて、方法と言っても特に難しいことはありません。 相手に説明用の画像を一枚送ればOKです。 ギガファイル便は日本語のサービスですが、海外でもファイルのダウンロードは可能です。 ただし、サイト内の文章は日本語なので、使い方を説明するのは大変です。 そこで、「ダウンロード開始はここ」という英語で書かれた画像を一枚送ると、すぐに使い方を理解してもらうことができます。 送り先の相手が外国人で、日本語が読めなくてもギガファイル便は使えます。 海外に向けて写真や動画、音楽などを送るときは、説明用の画像も一緒に添付しておくとよいでしょう。 ギガファイル便の使い方はこちらの記事をどうぞ。 ギガファイル便は海外で使えるの? 先日、海外の友人に写真をたくさん送る機会がありました。 こんなときはファイル転送サービスの出番ですが、海外でも使えるサービスとなるとよくわかりません。 日本で大量の写真や動画を送るときは、いつもギガファイル便を使うのですが、海外に向けてファイル等を送ったことはありませんでした。 でも、ネットの仕組みは世界共通なので、URLとダウンロード開始ボタンの位置を示す画像を一緒に送れば、日本語がわからなくてもダウンロードできるはずです。 さっそく英文の説明書きを添えた画像を作成して、ダウンロード用のURLと一緒に送ったところ、問題なく使えたという報告がありました。 というわけで、ギガファイル便は海外でもちゃんと使えます。 ただし、一言説明が必要です。 ギガファイル便 海外向け説明画像 ギガファイル便からファイルをダウンロードできるようにするため、海外の友人に送った説明用の画像は以下の2枚です。 まずはギガファイル便のサイト全体画像から。 続いて「ダウンロード開始」ボタンの部分だけを強調したものです。 海外向けのギガファイル便の使い方は、ダウンロード開始ボタンの位置を示す記号と、「Click here to start download」という説明さえあれば十分です。 海外のウェブ利用者は大抵英語がわかるのでこれで問題ないと思いますが、こういった画像を自作できる方であれば、翻訳サイトに説明文を入れて、中国語やフランス語、アラビア語等の説明画像も作れるでしょう。 説明画像の作成に使ったソフトはScreenpressoです。 スクリーンショット画像にテキストや記号、矢印を追加したり、サイズ変更、切り取りなどの加工が簡単にできます。 あとは写真や動画、音楽など、大容量のファイルをどんどん海外に送ってください。 ・・・ところで、ギガファイル便は中国でブロックされてないのかな? 試していませんが、中国では別のファイル転送サービスを使う必要があるかもしれませんね。 ギガファイル便の海外利用まとめ ギガファイル便は海外でも問題なく使えますが、使い方の説明が必要です。 自分で画像を作成できる方は、説明画像を一緒に送るとよいでしょう。 ただし、問題が発生した場合は自分で解決するか、別のファイル転送サービスを使ってください。 ギガファイル便の問い合わせフォームにある注意書きにも「海外からもしくは海外へのファイル転送に関する一切の質問」には回答できかねますとあります。 ギガファイル便の海外利用は基本的にサポート外なので、その点はお忘れなく。 他にもギガファイル便の使い方や、iPhoneからギガファイル便のファイルをダウンロードしたり、保存する方法を紹介しています。 以下もぜひご覧ください。

次の