長澤 まさみ カルピス。 長澤まさみがキングダムで美脚全開な画像!スタイル抜群過ぎる! | SpicyでMintなLife!

長澤まさみ「イメージ崩壊」|エンタMEGA

長澤 まさみ カルピス

銭湯上がりの女性 濃い味カルピスを飲みます。 『あっあの味! 』 っと昔を回想します。 幼い少年と妹の兄弟がカルピスを飲んでいます。 カルピスの原液をコップへ注ぐ妹。 それを見てお兄ちゃんが 『ママに怒られるよ!』 と注意します。 『いいのもっと濃い方がいいの!』 と怒りながらコップにカルピスの原液を注ぎ続ける妹。 そして現在に戻り 『いいの』 と大人になった女性は言います。 さらに 『いいんだよ〜』 と体をくねらせ謎の動きをしながら言います。 それをマッサージチェアに座りながらみていた友人が 『キャラも濃いめ!』 とツッコミを入れます。 『あの頃の味がする濃いめのカルピス』 ともういっぱい飲んでこのCMは終わります。

次の

6月3日長澤まさみ誕生日★カルピスに関するちょっとびっくり雑学★

長澤 まさみ カルピス

CM総合研究所が発表する4月度の銘柄別CM好感度ランキングで、アサヒ飲料「濃いめの『カルピス』」が3位にランクイン。 温泉施設で商品を飲んだ長澤まさみが、幼い頃に兄の制止を振り切って濃いカルピスを作っていたことを思い出す内容。 長澤のコミカルな演技やかわいらしい回想シーンが女性を中心に支持を伸ばし、「カルピス」ブランドとして歴代最高順位を記録した。 長澤が友人と訪れた温泉施設で、風呂上がりに商品をひと口飲むと幼い頃の記憶がよみがえる。 5歳の彼女が兄の制止を振り切り、「いーの! もっと濃い方がいーの!」と口をとがらせ、カルピスの原液をグラスに注ぐ回想シーンになり、続いて現在の長澤が「いーの!」と幼い頃の口調を再現してみせたり、「いいんだよ~」とおどけたりすると、友人から「キャラも濃いめ」とツッコまれて、「イエース!」と返答する。 「濃いめの『カルピス』」は「カルピスウォーター」の2倍の乳成分を配合した濃厚な味わいが特徴。 2016年の発売以降、着実に販売数量を伸ばし、「カルピス」ブランドの中でもカルピスウォーター、カルピスソーダに次ぐ商品として成長してきた。 アサヒ飲料マーケティング本部宣伝部クリエイティブグループ課長補佐の楡拓也氏によると、「商品の認知・購入経験率はカルピスウォーター、カルピスソーダと比べると低い状況でした。 一方で購入後のリピート率は高いことから、マス広告での製品認知向上・トライアルを喚起することで、商品としてさらなる成長の機会があると考え、初のTVCM制作に至りました」という。 幼少期の自分を全力で再現する様子が笑いを誘う。 子役の本間さえちゃんはオーディションで選ばれた。 「『いーの!』というセリフがさえちゃん本人の素の自然体な感じでかわいらしく、すてきだったことから出演いただきました」(楡氏)。 収録はさえちゃんのシーンを先に撮影して、その演技を見た長澤がキャラ濃いめに演じた。 スタジオでは、スタッフから何度も笑いが沸き起こったという。 演じるのはオーディションで選ばれた子役の本間さえちゃん 調査モニターからは、「『いーの!』と言いながらふくれる女の子の顔が長澤まさみに似ていて、思わず笑ってしまう」といった長澤やさえちゃんへのコメントが目立った。 「ある!ある!自分でできるようになると濃く入れていた」「カルピス、濃い方が好きだったのを思い出した」と自分の思い出を書く人も多かった。 CM好感要因は「出演者・キャラクター」が最も多く、「かわいらしい」「ユーモラス」「商品にひかれた」と続く。 50代以上を中心に女性層から高く支持されている。 CM総研の関根心太郎代表は、心をなごませるテイストが高い評価を受けたと分析。 「長澤さんのコミカルな演技に加え、5歳の長澤さんを演じた女の子のかわいらしさがヒットの最大の理由だと思われます。 また幼い頃、親に内緒で濃いカルピスを作ったことのある視聴者が多かったようで、『自分もやっていた』『懐かしい』などの感想が目立ったほか、『飲んでみたい』と商品への関心を示す声も相次ぎました。 不安な情勢が続く今だからこそ、ほのぼのとしたユーモアや出演者のかわいらしさが多くの視聴者の心をなごませ、高い評価につながったのではないでしょうか」 商品の売れ行きも好調だ。 「TVCM放映開始から4週間の推計販売規模(インテージSRI調べ:3月23日~4月19日)は、前年同週比で116%となっており、売り上げにも寄与できたと考えています。 販促効果は、希釈タイプの『カルピス』にも良い影響があったとみています。 新型コロナウイルスの影響で家庭内での需要が上がったこともありますが、前年同週比で売り上げが上がっております。 TVCMを見て、実際に濃いめに作って飲もうと思ってくださったお客様もいたのではないかと考えています」(楡氏)。 長澤まさみが声優として6つのキャラクター全ての声を1人で演じ分ける アサヒ飲料では、5月6日からは「カルピス」ブランドの新CMとして「発酵劇場」編をオンエア。 ある日の夏、自宅でカルピスを飲んでいた少年が「『カルピス』ってなんでおいしいの?」と母に聞くと、ナゾのお姉さんが現れて、乳酸菌と酵母の発酵によっておいしさが生まれることをアニメーションで伝える。 少年、お姉さん、お爺(じい)さん、お兄さん、乳酸菌くん、酵母ちゃんという6種類のキャラクターの声を長澤が1人で演じ分けている。 監督と1対1で対話を重ね、その場で様々な声色を出し、キャラクター像を作り上げていました。 CM総研の関根氏は、「カルピス」ブランドの顔としての長澤の存在感に注目。 「長澤さんが『CM長いことやってるから』とささやくセリフは、2005年から『カルピス』ブランドのCMに出演している彼女だからこそ、強い説得力を残すことができたと考えられます」と言う。 映画・ドラマ・舞台で圧倒的な演技を見せる長澤だが、CMでもその存在感は堂々たるものがある。

次の

長澤まさみ 「カルピス」ブランド100周年 新CM発表会に登壇!!

長澤 まさみ カルピス

アサヒ飲料から新発売になった「濃いめのカルピス」、CMに出演している女性は女優の長澤まさみさんです。 3月23日から「あの頃の味」編として15秒・30秒2パターンが公開されています。 温泉にやってきた長澤さんが、濃いめのカルピスを飲むと、その味わいに子供時代のカルピスの思い出がよみがえってくるという設定です。 子どものころ、お兄ちゃんから「十分濃い」「ママに怒られる」と言われても、子役演じる5歳の長澤さんは「いいの」と言って濃いカルピス作りにこだわります。 その思い出を思い返した長澤さんは、歌舞伎役者のようなテンションで「いいんだよー」と一言、友達からも「帰ってこい」と突っ込まれる濃いめのキャラクターになってしまいました。 カルピス好きなら経験したことも多い、子どもの濃いカルピスに対する憧れを織り交ぜた、とてもコミカルなCMになっていますね。 「濃いめのカルピス」CMでは5歳の長澤まさみを演じた子役も可愛いと話題に 「濃いめのカルピス」の中では、「長澤まさみ(5才)」と字幕が表示された、長澤さんの子役時代を演じる子役が登場します。 口をとがらせながら、「もっと濃いほうがいいの」と言いつつカルピスの原液を注ぐ姿が、非常に可愛いと話題になりました。 今のところ、この子役の女の子の名前や所属事務所は公開されていません。 しかしネット上でもかなり話題になっていて、長澤さんの子ども時代に似ているのではないか、本人の子ども時代の写真を加工したのでは、などとの推測も飛び交っています。 長澤さん自身は12歳、小学校6年生の時に東宝シンデレラオーディションでグランプリに輝いていて、それ以前の芸能活動はありません。 長澤まさみのCMでも話題、「濃いめのカルピス」は子ども時代に味わいたかった贅沢な味わい 長澤まさみさんや、長澤さんの子ども時代を演じた子役の出演で話題になっている「濃いめのカルピス」は、新発売ながらかなり高い評判を受けています。 やはり、子ども時代から濃いめのカルピスが好きだった方からの支持が高いですね。 CMを見て、子ども時代のカルピスの思い出を懐かしむ声も多いです。 親の目を盗んで濃いカルピスを作ろうとした• 友達の家とカルピスの濃さが違ってびっくりした記憶がある• 一度は原液を1:1くらいで割った濃いカルピスを飲んでみたいと思っていた など、ネットを見てもやはり、カルピスは子ども時代の思い出とセットになっていることが多いことがわかります。 そんな思い出も手伝ってか、一度この「濃いめのカルピス」を飲んでしまうと、元のカルピスには戻れないといった感想も聞かれます。 メーカーのアサヒ飲料によると、乳成分を多めにした上で、宮古島の雪塩を一つまみ加えているとのことです。 濃いめでありながら、ごくごく飲みやすい味わいを実現しているので、カルピスはもちろん、乳製品飲料が好きな方にはぴったりのドリンクですね。 「濃いめのカルピス」CMが可愛いと評判、長澤まさみの子ども時代を演じた子役は誰かと検索する方も多数 「濃いめのCM」では、濃いめの演技をする長澤まさみさんだけでなく、長澤さんの子ども時代を演じた子役の女の子も話題になりました。 この子役について検索している方も多いですが、現在のところ名前などは公表されていません。 可愛いと評判なので、芸能事務所に所属していれば他のCMでも起用される可能性がありますね。 長澤まさみの出演ドラマ・映画一覧.

次の