きまぐれ テンプ。 │2D.G.F.│ [190927] [シルキーズプラス WASABI] きまぐれテンプテーション + 修正パッチ Ver.1.01 :: Sukebei

きまぐれテンプテーション感想

きまぐれ テンプ

は『きまテン』。 概要 シルズ作品では版を除いた作品ではこれが8作、そして 初のロープ版での作品である。 『』の発売から僅か2ヶ後、『シルズドタバタ』で発表された。 開発は伝奇モノをとする「」が3年ぶりに担当。 その2作品『 』と『 』でを担当した ふみがこの新作でもを執筆した。 のにおいては シルズ初のが 当初のみだったが、発売してばらくしてH版のをにてできるようになった されためにネのがゆっさゆっさに揺れる姿を見ることができたり、において「行動選択」が幅広くされ「見る・調べる」及び、と「話す」事によってが大きく左右される様な流れになっているのも特徴である。 上では見られる高価な版価格である、プ版作品並みの内容なのだが、シルズはこれを低価格であるロープ版でやってしまったため、後に凄い事になってしまった この件は後述。 は『』及び『』と観は同じだが、これらの続編ではなく的作品である。 言うまでもないですが、シルズ作品ですので、 人が死ぬのはとなっております。 は除く ゲーア9のの間賞争いでは ネの揺れる得票数での『千の波濤、染の皇~~』を圧倒して見事間賞にいた。 これで昨年発売された『』から5作品連続でシルズの作品がゲーアで間賞を獲得した事となる。 やっぱりネの揺れるが強すぎた。 ちなみに、作『』でゲーア間賞にいたものの、それ以降シルズ作品の中では逆に4作品連続で間賞を逃している。 その4作品は『根の幻~壮の人々~』、 発売日が『』と同日だったせいで間賞で敗れてしまい、後に「の」とシルズドタバタのにされた 『』、そして『』、『~の~』である。 ゲーア9の年間では4位。 ネののおかげで ス系作品賞を受賞した。 ここまでは大方予想されていた。 が、まさかの 準大賞にもき2冠を獲得した。 ロープ版のにおいて、準大賞はこの作品が初めてという快挙であった。 ロープ版でもプ版の度が得られると言う事が、この作品で明されたと言える。 やはりネのは偉大だった。 そして、全てのプ版作品が…。 には、 まさかの全年齢版版 が発売予定である 価格は0円+税。 この日に発売される作品は全年齢版も含めがっている…。 ゲーア2020のの間賞は果たして?全てはネの次第である。 あらすじ *から。 とあるマンションで、四人の住人がする事件が起こった。 はを裂かれた上に臓器が持ち去られているという不可解極まりない状態で発見された。 マンション内に満ちた濃い瘴気が事件の背後に霊的な何かが存在する事を匂わせている。 の手に余る案件であったため、人ならざるモノを管理し調伏するための「陰陽寮」から 若き、がされ事件の調に当たる事となった。 とある的のためにからを渡りへやってきた、ネと共に マンションで何が起こったのか、何故住人が死んでしまったのか、そのを解き明かしていく…。 ーはずなのだが、の属であるネには、事件よりもの下半身に々の様子。 ネの猛なに経験に乏しいはタジタジ。 果たしては誘惑を振り切ることができるのか?それともあっさりと屈してしまうのか? 閉ざされた呪いのマンションで、を解き明かしたいとャャしたいだけのとの、 奇妙な共同生活が始まる。 登場人物 主人公• いていた号室を拠点とし、事件の調に当たる。 でありながら特別な術は使用できないが、霊的な耐性は非常に高く、霊障を受けにくい。 また、その性質を利用して呪具を扱う事もでき、霊や妖、すらもることが妖を携行している。 りに経験を積んでいるため現にたじろぐことはないが、少々気味で特にに 慣れていない。 そのため奔放なネに度々振り回されてしまう。 そこ、さん言うな。 ヒロイン• 出身の、の属。 の文化に憧れがあり、はやで覚えた。 の永住権を得ることを条件に、に協する。 ではひっそりと暮らしていたために人と接することがなく、元々通常のにはネの 姿が見えない事もあって、未だにの属としての""をしたことがい。 そのため性に深々で、どちらかと言えば事件の調より の体と精気 に執心している。 より前にマンションに到着していて、いていた号室に具をえ自室として使用している ものの、ャつきたいがためにが拠点としている号室に入り浸っている事が多い。 マンションの住人• 死後も号室に留まっている。 「」として生まれ変わったとり、たちに「教え」を説こうとすることから、事件には 何らかの的な問題が絡んでいる事が推測される。 物は穏やかではあるが、な発言が立ち、対話は困難である。 サリィと同じくとして生まれかわり、号室に留まっている。 たちの名前は「」と呼ばれる人物が付けたとしての名であり、決して本名は名乗らない。 常に眠っており、呼びかけても姿を現さない事が多い。 サリィと同じくとして生まれかわり、号室に留まっている。 友好的ではあるものの、ふとしたきっかけで昂することがあり、気難しい。 またのには「とある違法物」で埋め尽くされており、事件前からマンションが異様な状態で あったことがえる。 サリィと同じくとして生まれかわり、20室に留まっている。 四人の中で一、まともに会話が成立する人物であるが、事件の相については決してろうとしない。 「」の体には「印」が刻まれており、それが呪いとなってマンションを縛っているのかもしれない。 OP曲• OP曲:『c 』 :こはるん ・:こはるん 歌唱:. 小めう 関連動画 関連商品 関連項目及びリンク.

次の

きまぐれテンプテーションとは (キマグレテンプテーションとは) [単語記事]

きまぐれ テンプ

きまぐれテンプテーション 評価 点数:82点 プレイし終えての感想は、シンプルに面白いということ。 最近エロゲ業界で減ってきた、単純に選択肢を選ぶ楽しさと希望のEDまでたどり着けないじれったさを楽しめる、ノベルゲームの原点に立ち返らせてくれる面白さでした。 ミドルプライスながらも非常にしっかりと作りこんでいて、でキャラが動いたり、短いながらも引き込まれるストーリーなど、3000円代で遊べるエロゲもとうとうここまで来たか.... って感じです。 パッケージのアンネと甘々共同生活っていうキャッチフレーズに釣られて買いましたが、思ったよりかはイチャラブはしていない、むしろパッケージの雰囲気とは全く違うホラーとかサスペンス物で、パッケージ詐欺感が凄かった。 ただ、そのギャップを含めてストーリーが面白いというか、アンネが可愛いだけのゲームで終わらせずに、事件の真相を追求していく面白さもあっていい作品でした。 プレイしていればなんとなくわかってきますが、重要なのはアンネの好感度と住民の生存です。 まずアンネの好感度の分岐ポイントは2つあって、1つは最初の一緒にお風呂に入るシーン、2つはアンネにイチャイチャしたいと迫られるシーン。 もう一つの住民の好感度についてですが、ロゥジィ以外は最初にあった時の会話で、ロゥジィはハーヴィーに事件についての詳細を聴いた後の会話で選択肢が出ますが、そこで好感度が決まります。 攻略の際は住民はとりあえず好感度をMAXにしておけば、洗脳から助けるシーンで生存ルートも死亡ルートもできるので、とりあえず選択肢は固定しておくことをお勧めします。 攻略中にできる部屋の探索は、ロゥジィの部屋にある注射器を回収すればあとは適当でOK。 検証してはいませんが、アンネとの会話もしようがしまいが影響はないと思います。 きまぐれテンプテーション シナリオ感想 パッケージのアンネに釣られて買ったので、もう少しイチャラブ成分が欲しかった...! っていうのが正直な感想です。 TURE ENDのその後とかめっちゃ気になります。 最後のCGで主人公の左腕がなくなっていたので、鬼を作る大きな代償というのは自分の腕をささげることなのでしょうね、腕をなくして自分の相棒(左腕)を作る的な。 攻略中はアンネの好感度を上げすぎるとダメということに気づかずに周回していて、何回やってもTUREに行けないので、の「僕たち友達だよね」EDてきなスピリッツを感じた。 とにかくアンネがかわいかったゲームでしたが、主人公の童貞感もほっこりするような、見ててほほえましくなるような奴で普通に好き。 後半になると自分から攻めに行ったりと少年が大人になる過程を見てるみたいで謎の感動があった。 気になった点といえばサリィさんの噛ませ犬感というかザコキャラ感が半端なかったので「正直勝てる気しかしない」としか思えなかったので、緊張感があんまりなかったかなーというところ。 規制が厳しくて難しいかもしれないけど、のようなゴア表現、さよ教のような狂気の世界観を演出できれば電波ゲーとしても化けれる作品だったなあと思いました。 まあ、そこまでやると別ゲーになりそうな気もしますが(笑) ともあれ、選択肢を選ぶ楽しさ、アンネの可愛さ含め、改めてノベルゲーの面白さを確認させてくれるいい作品でした! きまぐれテンプテーション 感想 まとめ どうでもいいけど、アンネってめっちゃのヘラっぽいよね。

次の

きまぐれテンプテーション 感想

きまぐれ テンプ

アンネリーゼちゃんゲー。 ひたすらアンネちゃんと親睦を深めつつ解決を目指す。 ロープラゆえ仕方がないが、ヒロインがアンネちゃんのみ、かつストーリーもアンネちゃんが全てのキーになるので、このキャラをどれくらい好きになるかで評価が大きく変わってくる。 最近良く見るようになった 気がする 、下ネタとか言っちゃうサバサバ系のヒロイン。 でもちょいちょいデレてくれるし、end間際であるとかヒロインしなきゃいけないところはきっちりヒロインしてくれるのでなかなか良かった。 「呪いのマンションで美少女と甘々共同生活? ちなみになないろとあけリンはやったことないです。 往々にしてミステリもので特別な能力とか人外とかアリにしてしまうと、なんでもありになってしまう故にイマイチなことが多い と個人的には思う。 が、そこらへんは他作品からのスピンオフということもあって、世界観や設定がきちんと作り込まれているために気にせず楽しむことができた。 捜査手帳も細かい設定やこれまでの捜査資料を、作品のテンポを害さずかつ没入度を損なわずに振り返ることができるアイテムとして、良いギミックだったと思う。 true後に追記される演出も、思わずおぉと声が出たくらいには良要素。 シナリオはもちろんだが、こういった盤外の要素に気を配った演出は強く印象に残るので、作中のキャタがその世界で実際に生きている、と感じられる。 シナリオに関しても、アンネにクローズアップして描写することでロープラの範疇で全て回収してきっちり収まっていたと思う。 正直なところ、何を付け足しても蛇足、あるいはボリュームが大きくなりすぎるのではないか、と思えるくらいには完成度は高いと感じた。 いつになるかは分からないが、そのうちななリンとあけいろもやると思うので、そのときにまた思い出したら印象が変わるだろうか。 aruorin.

次の