趣味コン。 趣味コンのメリット、デメリットって?趣味コンで成功する秘訣とは?

街コンの感想・レポート・体験談まとめ。20回以上も一人参加したガチ勢が暴露する

趣味コン

私はそこそこ読書が好きなので、 読書コンに行ってきた。 読書コンとか読書が好きな男女が集まる街コンのこと。 街コンジャパンの趣味コンの中から見つけて、 いい人がいなくても、友達つくれたりするかも!と軽い気持ちでいってみた。 結果、趣味コンの難しさを痛感するこになる。 街コン自体は2. 3回行ったことがあるが、独りで参加するのは初。 ちなみに趣味コンも初。 場所は京都・四条のこじゃれたバル。 席に案内されると、街コンでよく書かされるプロフィールカードなるものが各々の席に置かれている。 読書コンだけあって名前、住まい、年齢以外は 好きな作家は?とかおすすめの一冊は?とかを書くかんじ。 シンプルに悩む~。 悩みつつプロフィールカードを書いていると、全員がそろい店員さん(店の店員さんで街コン主催会社の人はいない状態)が時間のことや料理の説明と最初の飲み物のオーダーを取り出す。 私が参加した会は全員で7人。 男4女3。 女は私以外のふたりは同僚同士で参加。 しかも二人とも年下。 え~~もう帰りたい~~と最初は思ったが、とてもいい子だった。 よかった。 男性は、 ややマッチョでジャケットがお高級そうなAさん。 30歳 めちゃめちゃオタクっぽいわけじゃないけど「あ、家にいるの大好きそうだな」てオーラがするBさん。 28歳 大学生なの?バンドでベース弾いてますか?ていう感じのCさん。 26歳 オマエが読む本ってだろ?っていう意識高そうなオーラがわんわんしてるDさん。 29歳 最初の飲み物がそろい、店員さんも普通の業務に戻り野に放たれた読書好きたち。 とりあえず乾杯して、ど、どうする??という雰囲気に。 そう、読書が好きなやつに初対面同士の飲み会を盛り上げるスキルなどない。 とはいってもどうにかするしかないので、ぎくしゃくしたまま自己紹介がはじまる。 まず男性から。 Aさん なんと帰国子女で英語版のを読んだそうで。 ほへー、って感じである(語彙力 好きな作家は。 Bさんは。 思った通り、休みは家で本読むかゲームするかの二択。 好きな作家は。 Cさんはサラリーマン。 おとなしい~、ふつ~の人ぽい。 好きな作家は。 Dさんは予備校の教師だったかな?忘れたわ。 (やっぱりか!)からファンタまでなんでも読む。 月に10冊は読む。 好きな作家はと。 続いて女性。 26歳、事務職。 好きな作家は。 女性1 25歳 なんというか、高校時代は放送委員でした!てかんじ。 ちょっと男子!て言い出しそう。 好きな作家は。 女性2 24歳。 クラスのポジションでいうと派手でもオタクでもなく、いい意味でモブポジションてかんじ。 バドミントン部ってかんじ。 好きな作家は、だったかな? えぇ、 好きの多さ。 7人中4人がハルキスト。 わたしね。 、好きじゃないんですよね…。 というか、 ハルキストが苦手なんですよね… ホットケーキをコーラに浸す?は?? 趣味コンとは同じ趣味の人同士があるまることにより、会話を円滑にすすめ盛り上がることが最大の魅力だと思うんですけど、 共通の趣味ではあるが好きゆえに好きの方向が違うとむしろ敵なんですよね。 だから今もうこれは7人の中に4人敵がいる状況なんですよ。 もちろん4人もハルキストいれば、の話になりますわな。 一応、の森は読むだけ読んだけどかなりむかしで覚えてないし、 映画もただのチチクリ映画という印象。 (個人の感想です) なんかすげぇ内容について語りだすハルキストたち。 黙り込む非ハルキスト達。 え、まじで帰りたい。 とくに意識高い系のDさんの語りがすげぇ。 なに?お前が書いた本なの?ってくらい登場人物の心情について話してる。 ハルキストのお話を右から左で聞き流してるうちにおうち大好きBさんがこういった 「今日皆さん、恋人作るのが目的ですか?」 え・・・そうですけど・・・?という空気はでるが誰もが様子を伺い口にださない。 それを否定と読み取ったBさんはさらに続ける 「ですよね!僕はどっちかっていうと読書仲間がほしくてきたんです!僕はおすすめされた本なんでも読むんで、みなさんのおすすめ教えてください!!」 もう、帰れ。 いや、頼むから帰らせてくれ。 そんなもんは「読書 おすすめ」でグーグル先生に探してもらえ。 明らかにこれもうないわってなってる女性陣。 どうにかそれなりに盛り上げようとするAさん。 さすが帰国子女。 暴走するBさん。 読書愛を勝手に語りだす。 そしてなぜかモンストの話。 なんにもしゃべらないCさん。 Bさんと語りだすDさん。 もうこれ趣味コンじゃねぇよ。 ハルキストの会だよ。 なにもかもめんどくさくなった私はおすすめの本を聞かれの「殺戮にいたる病」をあげておきました。 読んでドン引きしれくれ。 でもまじで傑作だからな!! そんな空気のままお開きの時間に。 「みなさんのおすすめ、知りたいんでLINEグループ作りましょ!もう会話とかいいんで、とにかくおすすめの本の作者とタイトルだけガンガン送っていってください!」とBさんがいい無理やりLINEグループを作ることに。 オマエはもう街コンにくるな。 3日後には7人中3人がグループから抜けていた。 趣味コン難しい。 もっと幅を狭めないと、同士ではなく敵がいる可能性が高すぎる。 njp9mmkmt.

次の

趣味コンとは?メリット・デメリットを理解して婚活に上手く活用しよう!

趣味コン

SmartParty 8対8~|開催後のセカンドチャンスあり• 個室iParty 専用iPadでプロフィールが見れる• スマホdeパーティー 8対8~16対16|スマホで参加・連絡先交換自由• 個室プチお見合い 8対8~|約8分間の個室でのトークタイムを重視• 大人数パーティー 20対20~30対30|たくさんの人と出会える• 合コン型パーティー 6対6~|食事・ドリンク付きグループトーク• 趣味コン 6対6~|同じ趣味のお相手と出会える• セミナー カップリングや成婚の秘訣などのセミナー• 大型エンタメ 50対50~|季節のイベントやコラボ企画を開催• 街コン 連絡先交換自由で気軽にたくさんの人と出会える フリーワード.

次の

「趣味コン」って何?どんな種類のものがあるの?

趣味コン

「好きな事が一緒」という相手と出会える趣味コンが今、大人気です。 種類も膨大にあり、自分が楽しめるものがきっと見つかるはず! 趣味別に最新の婚活パーティー情報を紹介します。 例えばパーティーパーティーのお散歩婚活ならデジカメ片手にハイポーズ!と話しかけるきっかけにもなりますね。 「ねこんかつ」は猫カフェで開催されていますが、一眼レフがおいてあって、ネコちゃんと撮影会風な出会いがあります。 動物と触れ合う婚活(うさぎやフクロウも!)動物園や水族館でのパーティーもお勧め。 いずれもパーティーパーティーで開催中です。 +カメラ好き婚活の開催例 「ねこんかつ」パーティーパーティー 会場:恵比寿 料金:男性 7,300円 女性 4,800円 ほぼ毎週1回は開催しています。 パーティーパーティーの猫カフェ婚活はネコちゃんと遊ぶだけではありません。 カメラの貸出もあり、写真に興味がある人も参加しています。 デジカメはもはや誰でも持っているもの、興味さえあればカメラ話題から「教えてあげるよ」「今度一緒にカメラもって撮影しに出かけない?」なんて誘いやすいのもメリットです。 参加した人の感想• カメラがあると、口べたな自分も女性に話しかけやすくて良かった。 お散歩コンでお互いに持っているデジカメから、写真の話題に。 インスタとかやっているので、カメラ好きの男性と撮影方法のコツなんかを教えてもらえて楽しかった。 パーティーパーティーでは「畑de婚活」BBQだけでなく、一緒に野菜を収穫したり、アウトドアを満喫できます。 同じようなお散歩コンやハイキング婚活もいいかも。 「青空の下でリラックスして出会える」お出かけ派同士の出会いが見つかりそうですね。 +アウトドア婚活の開催例 「畑de節分」パーティーパーティー 会場:国立 料金:男性 7,500円 女性 4,500円 真冬の時期は少なめですが、ほぼ定期的に開催しています。 お餅つきなんて、子どもの頃以来かも? だからこそ、参加するだけで童心に帰って「誰とでも気軽に」仲良くなれちゃう人気の趣味コンです。 凧揚げでは、男性が腕を見せるチャンスかも。 アウトドア派の男女はとっても行動的、その場ですぐに連絡先交換をするグループがいくつも出来ています。 参加した人の感想• グループごとに畑に出るだけで開放的な気分に。 女性からも気軽に声をかけてもらえてすごく楽しかった。 BBQでは、炭とかパッパと用意してくれる男性に目が釘付け!リーダータイプで頼れる男性が多く、好印象の人ばかりでした。 お付き合いするなら、休日も一緒にキャンプなんかを楽しめる相手がいい。 畑婚活では、趣味が一緒のアウトドア系女子と出会えて、最初から盛り上りました。 お出かけ好きの二人なら、交際もきっとうまくいくに違いありません。 パーティーパーティーでは「車好き」限定もありますが、他にも夜景好きやお出かけ好きの女性との出会い編でも、気の合う相手が見つかりそうです。 車持ち、車好き男性なら「ドライブ行こうよ」と積極的にアプローチすれば成功率アップ。 行ってみたい場所を聞いてみる、なんていうスタンダードな質問から、話がはずみそうですね。 参加した人の感想• 「ドライブ好き」婚活パーティーに参加。 女性で運転、車好きという人とようやく出会えた。 やっぱり車持っていて、あちこち連れ出してくれるような男性がいいなと思って参加しました。 結婚相手として、とりあえず運転免許ありの人がいいかな、と。 プロフィールカードでも趣味欄でよく見かけます。 パーティーパーティーなら、映画や音楽だけでなく、演劇好き対象の趣味コンもあります。 +映画、音楽好き婚活の開催例 「音楽or映画or演劇好きな方限定」パーティーパーティー 会場:横浜 料金:男性 5,000円 女性 3,500円 「共通の趣味」で映画や音楽、芸術好きをテーマとした個室婚活もパーティーパーティーでは頻繁に開催されています。 1対1でも、好きな事が同じだから「あ、その映画見ました!」「ライブ好きなんです」とすぐに意気投合できるでしょう。 「特別な趣味はないな」という人でも、カラオケや読書なら「ひとつやふたつ話題がある」はず。 誰でも参加しやすい趣味コンのひとつです。 参加した人の感想• ピクサー映画の話題を出したら、とたんに相手の女性も「私も大好き!」って好感触。 もちろんカップリングも大成功、やはり好きな事が一緒の人とはうまくいきますね。 音楽でもクラシック好きは少ないかな、と思いましたが参加者の中にひとり、音大出身の女性がいてとても話が合いました。 なかなかこういう出会いはないので、趣味コンはいいなと実感。 それほど詳しくなくても、映画ならとりあえず「見たことある」話題で会話もスムーズにスタートするからラクです。 テーマパーク好きは、楽しい事が大好きという人が多いから、そんな二人で出会えばあっという間に親しくなれそうです。 「お出かけデート大好き編」や「将来自分の子供と沢山遊びたい方」なども、気の合うタイプと出会える期待大ですね。 +テーマパーク好き婚活の開催例 「ディズニー好きな方限定」パーティーパーティー 会場:恵比寿 料金:男性 6,000円 女性 1,500円 テーマパークの中でも「ディズニー限定」は頻繁に開催されています。 パーティーパーティーでは、年齢を20歳代に絞ったものや、アラサー世代など、対象がさらに絞り込まれている婚活パーティーが多い事に注目です。 「趣味が一緒で、理想的な年齢の相手」と必ず出会えるのが嬉しい所ですね。 参加した人の感想• 遊園地がとにかく大好き!ディズニーはもちろんだけど、ジョイポリスやUSJも。 テーマパーク好きの子って明るくて元気な感じ。 おおらかなお母さんになってくれそうで結婚相手としてもいいなと思う。 日常から離れて、新鮮な場所でゆっくりリラックス。 「せっかくだったら、恋人とそんな旅行がしたい」と旅行好き婚活パーティーはすぐにエントリーが埋まる人気企画です。 こちらは年収が高めで「今すぐにでも結婚できる」準備万端の男性が多く参加。 ひとり旅からバックパッカー、温泉巡りにドライブ旅行。 旅行好きも幅広い話題があるので、とりあえず「旅行っていいよね」という興味があるだけでも参加しやすいのではないでしょうか。 参加した人の感想• 韓国やアジアの弾丸旅行好き!学生時代にひとりでアジア旅行したという男性とは迷わず連絡先交換。 その後も旅の思い出話で盛り上がり、次の休みは一緒にとろうか、なんてところまで発展してまーす。 趣味という程でもないが、旅行はけっこうするので参加。 あまり話が得意な方ではないけど、「草津温泉はいいよ」と緊張もせずに話す事が出来ました。 旅行好きパーティーに参加しています。 結婚を考えると、旅行好き同士じゃないと後で金銭感覚とかでモメそうだから。 女子が大好きなスィーツまで、お料理系の婚活パーティーは色々なものが開催されています。 +料理・食べ歩き・お酒好き婚活の開催例 「日本酒deパーティー」パーティーパーティー 会場:五反田 料金:男性 6,000円 女性 4,000円 実際に日本酒を飲みながら、チームで対抗ゲームもあり、毎回盛り上がっている日本酒コンです。 ワインもいいけど「日本酒派」にはピッタリ。 もちろん、パーティーパーティーなら「ワインティステング婚活」や「ディナー合コン」なども開催しています。 参加した人の感想• 食べる事に対する価値観か絶対に一緒じゃないと、長く付き合えないと思う。 一緒に食事をすると、相手の人柄がとてもよくわかるので。 育ちというか、その人の品性みたいなものもわかると思う。 最近行って面白かった展覧会や、気に入っている博物館などの話題から入れば、思わず身を乗り出して話し合うカップルもいるのだとか。 カップリング率も高い婚活パーティーです。 +美術館、博物館、水族館好き婚活の開催例 「星空コン」パーティーパーティー 会場:白金台 料金:男性 7,500円 女性 3,500円 デートスポットの定番プラネタリウムでの婚活パーティーです。 天体観測が趣味の人はもちろん、夜空を眺めているだけで癒される人もぜひ参加してみるといいかも。 ロマンチックな出会いが生まれそうです。 参加した人の感想• もともと博物館巡りが好き。 実は熱帯魚好きでアクアリウムが趣味です。 水族館が好きな女子となら話も合うかな、と思って参加。 なんとなく趣向が一緒の人が多くて、気軽に話が出来ました。 パーティーパーティーの星空コン、プラネタリウムといってもBARの中でとても雰囲気が良かった。 隣に座って話すだけでドキドキしちゃいました。 人気なのは、半日程度で回れるお散歩コンですね。 外で歩きながら、自然体の素顔がお互いに見られるのも人気の理由です。 たくさんの異性と交流しやすいので、連絡先交換も成功しやすいと口コミ評価も上々です。 +お散歩好き婚活の開催例 「自然のパワースポット&原宿お散歩ツアー」パーティーパーティー 会場:原宿 料金:男性 6,500円 女性 4,500円 明治神宮までお散歩して、原宿界隈をグルっとめぐる「お散歩婚活」です。 13時集合で15時半に解散、時間的にもそのまま「二次会へ」と誘いやすいですね。 親しくなれるチャンスがいっぱいのお散歩コン。 休日は「ひとりでもチョコっとお出かけ、散策好き」という人、ぜひ次は「誰かと一緒に」出かけましょう! 参加した人の感想• ひとり参加でもグループごとの行動なので、緊張感が薄れて良かった。 動物園のツアー婚活、楽しかった。 やっぱり動物とか見ていると、普通に周囲の人と馴染んで話せる。 外の婚活は自然な感じの出会いがいいと思います。 のんびり散策が趣味。 地図やスマホも使わず、適当な駅でおりてブラリ旅。 そんな気分をわかってくれる相手がいるのにビックリです。 彼とはちょくちょく週末に約束しては会うようになりました。 同じ趣味がきっかけで、デートも誘いやすいというメリットも大きいですね。 映画好きなら「今度一緒に観に行かない?」、日本酒コンで出会った相手なら「冷酒が揃ってるお気に入りの店があるんだけど、どうかな」、「やっぱりジョイポリス面白いよね!友達も誘って数人で行こうよ」。 気づけば自分から、サクッと相手を誘ってしまっているような、スムーズに出会いを発展させていく事が出来ます。 理由2『あるある話題で急接近!仲良くなれる趣味コン』 会話が盛り上がらないと、どんなスタイルのでもうまくいきません。 趣味コンは、お互いに「好きなものが一緒」「同じような体験をした事がある」そして、スポーツ婚活やウォーキング婚活などは「同じ時間を共有する」から、話題にこと欠きません。 「そうそう!」「あるある!」と思わず、ふたりで膝をたたくような瞬間があり、「なんか、この人とは気が合いそう」と一気に距離感も縮まるでしょう。 参加者は顔やルックスよりも、趣味の合う人と付き合いたいという気持ちです。 共通の趣味で会話が盛り上がれば盛り上がるほど、見た目の印象よりも「会話の内容が記憶に残る」もの。 もっと話してみたいな、と思ってくれたら「連絡先交換」にも繋がるでしょう。 誰でも、気づけば「仲良くなれる」趣味コンならではのメリットが、人気の理由です。 理由3『結婚へ繋がる「自分と似た人」との出会い』 婚活パーティーのゴールは、カップリングでも連絡先交換でもありません。 最終的には、好きな人との出会い、真剣な交際です。 趣味コンでは「出会ったその日から、昔からの知り合いみたいな印象」をもったり、「価値観が似ているから、結婚後もうまくいきそう」という確信に繋がります。 これは婚活では重要なポイント。 好きな事、趣味や価値観が一致している相手となら、真剣なお付き合いが出来ると思えるからです。 その場だけの「カップリング」ではなく、実際に交際してからもお互いの気持ちが高まる関係、それが趣味コンで出会う人気の秘訣です。 趣味コンで良い出会いがあった人の口コミ 『恵比寿で参加:癒される「ねこんかつ」ナチュラルな出会いが新鮮』 の趣味コン、色々あって楽しい。 ねこカフェの「ねこんかつ」、可愛いネコの姿に癒されるー。 婚活っぽい感じは全くなし。 ネコちゃんと遊びながら、たまたま同じ店にいる男性と話がはずんじゃった、っていうナチュラルな感じがすごく良かった。 女の子は上手じゃなくても、歓声をあげている姿が可愛いからOK(笑) チームごとの行動なので、ひとりでも参加しやすいし、終了後もみんなで二次会へと流れるので、 連絡先交換のチャンスもたくさんありますね。 僕は8人と連絡先交換に成功しました。 クラシック好きなので、バンド系の男子目当ての女性ばかりだとダメかな……と思ったが、色々なジャンルの音楽好きがいるので心配なかった。 クラシックとジャズが好き、という女性とは、家で聞くときのオーディオの話題で盛り上りました。 スピーカーとかにこだわる女性というのは初めてだったので、新鮮だったし、すごく話も合いました。 カップルになって初回のデートから、もうずっと昔からつき合っているような雰囲気で、すぐに真剣交際になりました。 パーティーパーティーの「学生時代運動部だった男女編」は面白い企画でした。 私も体育会系テニス部で、上下関係とか、新入生迎える会とかの、独自のルールとかで「あるある!」って、会話も盛り上がっちゃって。 それで、社会人になってからも、時々テニスをしている事も話すと、彼が、「テニスもやってみたいんだよね」と。 それで、今度私がコートとりましょうか、みたいな話になって。 もちろんカップリングも成功。 やっぱり体育会系育ちっていうのは、価値観が似ているんですよねー。 その上彼は上場企業勤務。 でもゴルフ楽しそうと思って参加してみました。 たまたま、同じグループになった6つ年上の男性、とてもゴルフが上手で教え方も優しかった。 一番参加者の中で地味でしたが(笑)誠実そうなのも好印象だったので、連絡先交換をしたんです。 その後、彼からメールがきて、LINEも交換してから急接近。 打ちっぱなしでその後ディナーデート、みたいな感じです。 実は最近知ったのですが、カレ、小さいながらも会社経営者。 たまたまですが私は企業で経理担当をしていたので、彼も結婚して私がお手伝いするというリアルな「今後」を考えるようになったみたいです。 「結婚したい」とプロポーズにまで一気に発展しました。 人気の理由:ねこちゃんたちが自然と男女を結びつけてくれる、「いかにも婚活しています」といった堅苦しさが全くないのが人気。 動物との触れ合いの中で心も開きやすく、警戒心も薄れて「連絡先交換やカップリングがうまくいきやすい」との声も。 また、カップリングに成功すれば、すぐにランドかシーのデートが実現、恋人関係になれるのも人気の秘訣。 プチ遠足気分ですぐに周囲の異性と仲良くなれるのが特徴。 人気の理由:半日程度の軽いエンタメ婚活が手軽で人気。 散策しつつ、周りにいる異性と話せて、「普段通りの自分が出せる」「相手の素顔がわかる」と、自然体でアプローチできる所も人気の理由。 4位 趣味恋活編・アウトドア&スポーツ好き男女() ・恋活パーティーだが、プロフィールカードの自己紹介タイムなどもあり、オーソドックスな婚活スタイル。 人気の理由:プロフィールカードと自己紹介タイム、フリータイムの流れは「結局、1番カップルになれる」と根強い人気がある。 スポーツ好きの共通点から、話題も豊富で、盛り上りやすい。 17時解散で、そのまま二次会へ流れやすい趣味コン。 人気の理由:根強い人気があるのがゴルフ合コンです。 高収入だったり大手企業勤務のハイステ男性が多いのも人気の秘訣かも。 ゴルフ道具を持っていなくても大丈夫、私服で気軽に参加できます。 実際にプロゴルファーもサポートしてくれるので、ゴルフはちゃんとやった事がないという初心者でもOKです。 特に女性は初めてゴルフにチャレンジする人でも「上手な男性が優しく教えてくれて」そこから打ち解けて仲良くなるなんていうチャンスに繋がるかも!? サークルや街コン、習い事ではなく趣味系「婚活パーティー」を選ぶ理由 会社でのサークル、街コン、地域の習い事教室などでも、趣味が一緒の人との出会いはあります。 サークルや習い事では恋人がいる人や既婚者が混じっていたり、実際に「趣味が第一」で交流が目的ではないものもあります。 逆に街コンの場合は「趣味コン」とは名ばかりで、スポーツ好きなら「スポーツマン目当ての若い子が来そうだからナンパしやすいかも」なんていう考えで参加している男性もいないわけではありません。 趣味系の婚活パーティーは「出会い」が第一の目的です。 参加した男女が「共通の話題」から盛り上り、また次に会いたいという気持ちになれるような流れになっています。 好きな事や価値観が似た人が集合して「気の合う人が見つけやすい」というメリットは、「出会いを求めている男女がいる」婚活パーティーだからこそ意味があると言えます。 趣味コンで一緒の価値観の人を見つけるポイント (1)趣味についてプロフィールに具体的に記入する まずはプロフィールカードの「趣味」欄に、なるべく詳しく趣味について記入するのが基本。 例えば「スポーツ観戦」だけでは、範囲が広くてわかりづらいですね。 サッカーファンなのか野球ファンなのか。 それともスポーツならライブで見るのが好きなのか、スポーツバーなどで大勢で観戦するのが大好きとか。 具体的に書けば、それだけピンポイントに「同じだ!」と相手にわかってもらえます。 (2)会話の中で探っていく 旅行好き、などもジャンルとして幅広い趣味です。? 「海外旅行とかも行きますか?」? 「あ、国内旅行派ですか!一緒です」? 「私は温泉好きなんです」? と、広い範囲から少しずつ狭めていきましょう。 どこかで相手の答えが外れてきたら「だいたい同じかな〜」、もし掘り下げても「温泉いいですよね!秘境温泉とか好きなんですよ」とさらに相手が食いついてくれば、本当に好きなものが一緒という事になります。 (3)趣味に対するハマり具合に「温度差」がないかチェック 趣味が同じというだけでなく、「趣味に使うお金や金銭感覚」や「どれぐらいハマっているか」を探るのも重要です。 趣味が一緒でも「どれぐらい熱中しているか」温度差が大きすぎると「ちょっと違うかも」となりがちだからです。 例えば、(2)で例に出した旅行でも「毎月貯金して旅行に行く」タイプと、ボーナス出たら全部使って旅行する!というタイプでは、価値観としては違う面もあります。 話の中で相手の「ハマり具合」をなにげなくチェックしておきましょう。 まとめ 同じ趣味の恋人を見つけるならば趣味コンへ• 色々な趣味コンがあるので自分の趣味や興味のある婚活パーティーが見つかる• 習い事&街コン&サークル等は恋人がいる人もいるので婚活や恋活には不向き• 「出会いを求めている人が参加している」趣味と価値観の似た人を探せる婚活パーティーがベスト• 企画数が多くカップル率も高いパーティーパーティーが趣味系婚活パーティーではオススメ 同じ趣味の人とは、ずっと仲良くいられそうですよね。 趣味コンが人気なのも、価値観が似ている相手や、「ふたりのフィーリングが合う」人との出会いがあるからでしょう。 サークルのように趣味を楽しむ集まりもありますが、「出会い」が目的ではないのが残念なところ。 その点でも、趣味コン・趣味系婚活パーティーは「恋人が欲しい」という男女が参加しているのでオススメです。 まずはパーティーパーティーで、たくさんある趣味コンをチェックしてみるといいかも。 「え、こんな趣味コンあったんだ」とバラエティ豊富な婚活パーティーに驚きますよ!.

次の