風花雪月 ストーリー。 『ファイアーエムブレム 風花雪月』はシリーズ初心者でも遊びやすい。難易度やモード、学園生活をレポート

ファイヤーエムブレム風花雪月 ルートごとのネタバレ

風花雪月 ストーリー

ストーリー 本作「ファイアーエムブレム 風花雪月」の舞台となるのは、歴史ある豊穣の地である「フォドラ」。 大昔よりこの地では、女神が人々のことを見守っているという言い伝えが残されており、フォドラに住む多くの人々は「セイロス教」という、女神を信仰する宗教に入信しています。 その女神が限られた人々にのみ与える「紋章」と呼ばれる印がありました。 この紋章を持っている人々の多くは貴族であり、紋章の有無が家督の継承や家格のグレードなどを大きく左右するほどに紋章は重視されています。 また、フォドラは一枚岩の大国ではなく「アドラステア帝国」「ファーガス神聖王国」「レスター諸侯同盟」などいくつかの勢力が均衡する中で成り立っています。 本作の主人公はそれら三国の中央に位置する「ガルグ=マク大修道院」の士官学校教師となり、生徒たちを育てていく存在。 その後、諸勢力との争いや、フォドラ全体で勃発する大戦乱に巻き込まれていきます。 また、様々なバックグラウンドや所属国の異なる人々と出会い、その中でプレイヤー自らが選んだ道によってストーリーは変わっていきます。 主人公にはどのような未来が待ち受けているのか。 それはプレイヤー次第だと言えるでしょう。 エンディング 本作では主人公が選んだ学級によって、エンディング分岐がありますので、「青獅子の学級」を選んだ際のエンディングについてご紹介していきましょう。 ついに主人公たちは覇骸エーデルガルトを倒すことができました。 ディミトリは膝をつくエルエーデルガルトに近づき、手を差し伸べます。 そしてエルエーデルガルトにトドメを刺しました。 ディミトリは仲間とともに教会を後にしていきます。 そこで画面が切り替わり、ナレーションが語り始めます。 「歴史は時のよすがを辿り、フォドラの大地に新たな炎がともされる」 「帝都アンヴァルが陥落し、アドラステア帝国は滅亡した」 そしてついに5年半にも及ぶ戦乱が幕を閉じ、新たなる時代がディミトリたちの手によって開かれたのでした。 その後、フォドラはファーガス神聖王国の名の下に統一され、セイロス聖教会は帝都から救出されたレアの大司教引退に伴い、教会の大変革が行われていきました。 ディミトリは正式な王座継承者となり、自らの手によって開いた新時代の統治者として名乗りをあげることに。 そして、そんなディミトリ新国王を支えたのは、セイロス聖教会の新たなる大司教であった、と言います。 こうして「ファイアーエムブレム 風花雪月」はエンディングを迎えていきました。 攻略テクニック 士官学校の学級選びのポイント 主人公が「ガルグ=マク大修道院」の士官学校教師となるにあたり、「黒鷲の学級」「青獅子の学級」「金鹿の学級」の3つから自身が担当する学級を選ぶ必要があります。 選ぶ学級によってメリット・デメリットなどがありますので、こちらでは士官学校の学級選びのポイントについてご説明しましょう。 1つ目のポイントとしては、「その学級に自分の好きなキャラクターがいるかどうか」が挙げられます。 選んだ学級のキャラクターとストーリーを進めたり、バトルをしたり、深く関わっていくこととなるため、できるだけ自分が「お気に入り」だと感じるキャラクターがいる学級を選んだ方が満足度が上がるでしょう。 ただし「他の学級の生徒であっても、学級のリーダーでなければ自分のクラスに引き入れることが可能」であるということも押さえておきます。 スカウトするキャラクターに応じて求められる主人公の育成度合いが異なるため、難易度が高いキャラクターもいますが、なかなか学級選びができないという場合にはスカウト制度があるということも覚えておきましょう。 また、選ぶ学級によってストーリー展開が異なるため、あらかじめストーリー展開を押さえておき、気になるストーリー展開の学級を選ぶというのも1つの手段です。 効率的なキャラレベルの上げ方 本作「ファイアーエムブレム 風花雪月」には、キャラレベルという概念があります。 キャラレベルを上げることによって、キャラクター単体の能力がアップするなど、バトルで有利に働く効果が伴うため、できるだけキャラレベルはアップさせておくことをおすすめします。 また、他にもクラスチェンジができるようになるというメリットもあります。 そんなキャラレベルですが効率的な上げ方はいくつかあり、まずは「聖人像」で名声値を使用することによって、獲得経験値をアップさせておくとよいでしょう。 最大で獲得経験値が140%となる効果を得ることができるため、非常に効率的にレベルアップを図ることができるはずです。 また、もしゲームモードがノーマルである場合には、時間帯効果の高い「フリークエスト」に挑戦するとよいでしょう。 フリークエストは時間の消費がありませんので好きなだけ経験値稼ぎをすることができます。 先ほどご紹介した聖人像による獲得経験値アップの効果と併せて使用することが望まれます。 キャラクター紹介 主人公(男性CV:小林裕介/女性CV:伊藤静) 父親である「ジェラルト」がリーダーを務めている軍団に所属している本作の主人公。 名前はプレイヤーが任意で決めることができるため、固定名はありませんが、デフォルトでは男性なら「ベレト」、女性なら「ベレス」とされています。 母親を幼い頃に失っており、そのようなことが原因してか、非常に感情に乏しいキャラクターとして描かれています。 また、父親のジェラルトが主人公に対してできるだけ「セイロス教団」から遠ざけながら育ててきた結果、知識をほとんど持ちえず、自分の年齢すらもあまり知らないという状況です。 一方で、本来的には貴族しか持っていないという正体不明の紋章を持っており、その紋章によって使用することができる「英雄の遺産」の1つ「天帝の剣」を主人公は武器として使うことが可能です。 そんな主人公のキャラクターボイスは、男性の場合「小林裕介」さん、女性の場合「伊藤静」さんが担当されています。 小林裕介さんは、アニメ「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」の五嶺陀羅尼丸や「ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-」のカウレス・フォルヴェッジのを担当しており、伊藤静さんは「魔術士オーフェンはぐれ旅」のレティシや「プランダラ」のナナを担当されています。 ジェラルト=アイスナー(CV:大塚明夫) 先ほど紹介した主人公の父親であり、もともとは「セイロス騎士団」の団長を務めていた過去も持つパラディンです。 セイロス騎士団に所属していた頃は、「懐刃」という呼び名で広く知られており、セイロス騎士団の過去の英雄たちも含めて「歴代最強」と自他共に認める実力者。 そんなジェラルトですが、約20年前に起こった修道院の大火災が原因となって騎士団から離脱することになりました。 それ以降は、自らがリーダーとなって傭兵団を形成し、旅をしながら活動をしています。 その旅の中で、盗賊たちからセイロス聖教会の士官学校生徒たちを救ったということがきっかけとなって、主人公とともに修道院に招かれることに。 その後は再びセイロス騎士団に所属することとなりました。 そんなジェラルト=アイスナーのキャラクターボイスを担当するのが「大塚明夫」さんです。 大塚明夫さんといえば、アニメ「アフリカのサラリーマン」のライオンや「BEASTARS」のゴウヒン、ゲームでは「デビル メイ クライ 5」のモリソンや「竹書房クエスト〜強襲ポプテピピック〜」のピピ美などのキャラクターボイスを担当されています。 おもしろい!! ゲーム初心者でも、慣れてる人でも難易度を自由に設定できるのがいい。 確かにやることは多いけど、だから面白いと思う。 覚えてしまえば、なんてことはない。 どう育てようか考えるの楽しすぎる。 少しずつ成長して強くなっていくのが嬉しい。 初めてFEシリーズをプレイしました。 このゲーム2周目からが本番な気がします。 というか、2周目から地獄を見ると言いますか…。 初回で青獅子クリアした後に黒鷲行くと、今頃青獅子の子達は…と相手の事情を知ってる分複雑な気持ちになります。 そんな地獄の連鎖が好きな人にはとても刺さるゲームだと思います。 わたしは刺さりまくりました。 地獄楽しい。

次の

FE風花雪月ストーリーネタバレ|トゥルーエンドについて&ストーリーでわかること&用語のまとめ!

風花雪月 ストーリー

ファイアーエムブレム風花雪月・最新情報 E3 2019で最新PV公開! 6月12日に行われたE3 2019でのニンテンドーダイレクトでファイアーエムブレム 風花雪月の 最新PVが公開されました。 動画の内容は、かつて学友だった3人が大人になってから国を分かれて対立し、剣を交えざるを得ない状況になっている、というもの。 ファイアーエムブレム風花雪月について ファイアーエムブレム風花雪月の物語 ストーリー 遥か太古より存在する大地・フォドラ。 フォドラの地は3つの勢力によって統治されていた。 父がリーダーを務める傭兵団に所属していた「主人公 あなた 」はあるきっかけにより、ガルグ=マク大修道院の教師として招かれることになる。 ガルグ=マク大修道院はフォドラでもっとも広く信仰されている宗教「セイロス教」の総本山であり、優秀な士官を育てるための士官学校でもある。 つまり3つの勢力の皇女や王子などが一堂に介する中立地なのだ。 あなたはそれらの勢力から1つを選んで担任となり、彼らを実戦に連れていくことで訓練していくことになる。 訓練といっても訪れる先は真の戦場。 生徒たちが生きるも死ぬもあなた次第だ。 また、頭の中に現れてあなたに話しかけてくる謎の少女「ソティス」とはいったい何者なのか。 物語を終えるときすべての秘密が明かされるだろう。 二部構成の物語 激動の時代を生きる若者たちの成長と共に、フォドラ全土を巻き込む戦乱のきっかけから結末までを、二部構成の物語として描かれる。 第一部 士官学校の教師として担任する学級を選び、生徒たちを育て、導いていく。 第二部 士官学校での日々から五年後、三国が相争う戦争を、三国それぞれの立場で描く。 クラスチェンジは試験に合格することが条件 これまでのファイアーエムブレム FE シリーズで、兵種をクラスチェンジさせるにはプルフ系アイテムを使用していたが、今作「ファイアーエムブレム風花雪月 FE風花雪月 」からは士官学校の資格試験に合格することで兵種をクラスチェンジさせられる。 戦闘の出撃前に兵種をクラスチェンジさせられるので、戦況に応じて使い分けることが可能。 士官学校 大修道院は、フォドラの未来を担う若者たちを育成する士官学校としての側面も持ち合わせている。 士官学校には、各国の出身者別に編成された三つの学級が存在し、さながらフォドラの縮図のような環境となっている。 主人公は、三つの学級の中から担当する学級を一つ選び、教師としての立場から生徒たちを導き、戦場では彼らの指揮官として采配を振ることとなる。 月末の実戦 課題出撃 に備え、限られた時間でどこまで成長できるかが重要となってくる。 成長への一歩は、兵種の「資格試験」に合格しクラスチェンジすることであり、平日は生徒たちへの教育に専念する。 休日には息抜きとして修道院で人々と交流することや、生徒たちと実戦に赴くもできる。 課題出撃までの準備期間をどのように過ごすかは、プレイヤー次第で変化する。 教育 教育の大きな目的は、生徒たちを多種多様な兵種の「資格試験」に合格させ、より強力な兵種にクラスチェンジさせられるようにすること。 剣術や馬術など、兵種によって必要となる技能はさまざまで、教師である主人公は、生徒一人ひとりの個性や才能を見極めながら教育方法で、彼らの成長を後押しする。 生徒のひとりひとりの得意な技能を伸ばしてあげられるように自習を設定しよう。 生徒自身の得意な技能であれば伸びやすく、苦手な技能は伸びにくい。 生徒それぞれの適正に合わせて個別指導することで、成長を伸ばしやすい。 生徒の中には、苦手な技能であっても新たな才能を開花させる生徒もいる。 自動で生徒を指導できる「おまかせ指導」機能も搭載される。 個性豊かな仲間の力をどう活かすかはプレイヤーの選択によって戦局を左右する。 自軍のターンで仲間(ユニット)を移動させ、敵を攻撃や仲間を回復するなどの行動を選ぶ。 自軍のターンが終了すると、敵軍のターンに移に移り、ターンを繰り返していく。 マス目状に区切られたマップで仲間を進軍させるが、移動可能な範囲はユニットによって異なる。 攻撃対象と攻撃手段を選択し、敵ユニットと戦闘開始。 敵の全滅、リーダーの撃破など、設定された条件を満たせば戦闘に勝利する。 あらゆる戦術を駆使し、仲間と連携して戦局をいかに有利に進めるかがポイントになる。 騎士団を率いる 各ユニットに騎士団を配備し、共に戦うことができます。 絆が紡ぐ力 味方ユニット同士の絆が戦闘での力をより強く発揮する。 特別な技と力を駆使する 技能を極めた者だけが使える力や各々のキャラクターが持って生まれた力を利用する。 計略は反撃させない攻撃であるため、戦場での使用回数は限られる。 敵ユニットが計略を使用することもあり、味方ユニットが計略での攻撃を受けると、動揺状態に陥ってしまうので注意しよう。 計略は、相手に反撃させない攻撃のため、攻撃した側のユニットが圧倒的に有利。 雇った騎士団ごとに発動する計略が変わるので、どのユニットに、どんな騎士団を装備させるかによって、戦場でのプレイ幅が大きく変わってくる。 また、大修道院で共に生活する人々との交流を深めることで、主人公自身の技能を伸ばすことも可能。 設備によってできることは異なり、生徒や修道院の人々と仲を深めたり、アイテムを入手したりできる。 散策中に拾った落とし物を持ち主に返してたり、相手が好みそうなものをプレゼントしたりすれば、受け取った相手は喜び、交流を深めるきっかけになるだろう。 上流階級が集う大修道院ならではのアクティビティでは、ふたりきりでお茶と会話を楽しむ「お茶会」があり、会話が弾めば弾むほど、相手との距離も縮まる。 お茶会をすることで、相手の支援値が上昇する。 依頼に応えると、報酬がもらえるほか、大修道院内での主人公の名声も高まっていく。 中には、本編から派生した「外伝」として、特定のキャラクターたちに焦点を当てた戦場も存在する。 敵に有利を取られると、こちらの攻撃と命中が減少してしまう。 結婚システムは、これまでのシリーズを通して注目されているシステムのひとつである。 結婚のメリット 特定のキャラクター同士が結婚すると子供が生まれ、 親の性能が子供の性能に直結するため、これまでのシリーズでは親厳選が重要なファクターとなっている。 結婚するためには 結婚は キャラ同士の支援をSにすると可能になる。 特定のキャラクター同士が、戦場マップで近くにいたり、隣同士である場合、特定の支援会話が発生し、お互いのステータスに補正がかかる。 支援会話によって、支援値が上昇し、ステータスに影響する補正値も上昇する。 風花雪月も結婚があるかも…? 発売前の事前情報では、今作「ファイアーエムブレム風花雪月」で 結婚システムが存在するかは不明。 海外サイトの情報だと、支援値らしきものの存在が確認できるため、結婚システムあるいは、似たシステムが存在するかもしれない。 支援値をあげるには? 支援値を上げるには、 特定のキャラクター同士で支援会話をさせる。 戦場マップで、支援値を上げたいキャラ同士を隣接配置して戦闘すれば、お互いの支援値が上昇する。 今作「ファイアーエムブレム風花雪月」では、キャラクターとお茶会や食事できるシステムがあるので、より効率的に支援値を上げれられるだろう。 兵種 クラス 一覧 初期兵種 平民 フォドラ各地に住む一般的な民。 魔法が少し使える兵種。 貴族 王や領主など民を導く血筋。 十傑の子孫が多く、魔法が少し使える兵種。 初級職 レベル5以上で資格試験を受験可能。 剣士 剣の扱いが得意な者。 素早い動きで攻撃を当て、敵の攻撃をかわす。 兵士 槍の扱いが得意な者。 器用に武器を扱い攻撃を当てることにたける。 戦士 斧や弓、籠手の扱いが得意な者。 力に優れた者が多く、強力な一撃を繰り出す。 修道士 人々を癒したり、魔法で戦ったりする者。 魔法が使える兵種。 中級職 レベル10以上で資格試験を受験可能。 ロード 人の上に立つ者の称号。 剣と指揮に優れる。 傭兵 与えられた任務を果たす傭兵。 力と速さに優れる。 盗賊 鍵開けを得意とする盗賊。 技と速さに優れる。 アーマーナイト 高い守備力を持つ歩兵。 前線における頼もしい盾役。 ソシアルナイト 馬に乗って戦う騎兵。 戦闘後に再び移動できる。 ブリガンド 力に優れた斧戦士。 体力に優れ、前線で活躍する。 アーチャー 弓の扱いが得意な戦士。 技に優れ、運も良い。 拳闘士 籠手を使い、格闘で戦う近接型。 素早い攻撃が得意。 メイジ 黒魔法を使って戦う者。 守備の高い敵に対して強く、魔法が使える兵種。 ダークメイジ 闇魔法を使って戦う者。 守備の高い敵に対して強く、魔法が使える兵種。 プリースト 白魔法を使って戦う者。 攻撃と回復の両方を扱え、魔法が使える兵種。 ペガサスナイト ペガサスに乗り、空を飛ぶ騎士。 魔法に強いが、弓に弱い。 戦闘後に再び移動できる。 上級職 レベル20以上で資格試験を受験可能。 勇者 優れた力と速さを持つ戦闘の達人。 ソードマスター 剣の道を極めた達人。 素早い剣技で敵を斬る。 アサシン 影の世界で生きる暗殺者。 技と速さにたけている。 フォートレス 圧倒的な守備を誇る重装兵。 速さを代償に得た高い守備で味方を守る。 パラディン 経験を積んだ熟練の騎士。 力と守備と魔防が全体的に高い。 戦闘後に再度移動できる。 ドラゴンナイト ドラゴンに乗り、空を飛ぶ騎士。 能力が高いが、弓と魔法に弱い。 戦闘後、再び移動できる。 ウォーリアー 比類なき力を誇る戦士。 体力も高く、多くの戦場で活躍する。 スナイパー 弓の扱いを極めた達人。 技が高く、遠方より攻撃を当てることにたけている。 グラップラー 格闘を極めた達人。 素早く繰り出す拳で敵をなぎ倒す。 ウォーロック 黒魔法を極めた者。 守備の高い敵に対して強い。 魔法が使える兵種。 ダークビショップ 闇魔法を極めた者。 守備の高い敵に対して強い。 魔法が使える兵種。 ビショップ 白魔法を極めた者。 攻撃と回復の両方を扱える魔法が得意な兵種。 フォドラを治める3つの勢力について アドラステア帝国 フォドラ南部を治めており、3つの勢力の中でもっとも広大な支配領域を持つ。 修道院での学級名は「 黒鷲の学級 アドラークラッセ 」。 級長は次期皇帝でもある皇女エーデルガルトが務める。 【生徒の特徴】 剣士と魔道士が多い ファーガス神聖王国 フォドラ北西部を治める。 修道院での学級名は「 青獅子の学級 ルーヴェンクラッセ 」。 級長は王国の王子ディミトリ。 【生徒の特徴】 ナイトとアーマーが多い レスター諸侯同盟 フォドラ北東部を治める。 修道院での学級名は「 金鹿の学級 ヒルシュクラッセ 」。 級長は諸侯同盟のリーダー格である名家の子息クロード。 【生徒の特徴】 弓と格闘と斧が多い ファイアーエムブレム風花雪月・製品情報.

次の

【ファイアーエムブレム風花雪月】ストーリーあらすじと新キャラクター

風花雪月 ストーリー

ストーリー 本作「ファイアーエムブレム 風花雪月」の舞台となるのは、歴史ある豊穣の地である「フォドラ」。 大昔よりこの地では、女神が人々のことを見守っているという言い伝えが残されており、フォドラに住む多くの人々は「セイロス教」という、女神を信仰する宗教に入信しています。 その女神が限られた人々にのみ与える「紋章」と呼ばれる印がありました。 この紋章を持っている人々の多くは貴族であり、紋章の有無が家督の継承や家格のグレードなどを大きく左右するほどに紋章は重視されています。 また、フォドラは一枚岩の大国ではなく「アドラステア帝国」「ファーガス神聖王国」「レスター諸侯同盟」などいくつかの勢力が均衡する中で成り立っています。 本作の主人公はそれら三国の中央に位置する「ガルグ=マク大修道院」の士官学校教師となり、生徒たちを育てていく存在。 その後、諸勢力との争いや、フォドラ全体で勃発する大戦乱に巻き込まれていきます。 また、様々なバックグラウンドや所属国の異なる人々と出会い、その中でプレイヤー自らが選んだ道によってストーリーは変わっていきます。 主人公にはどのような未来が待ち受けているのか。 それはプレイヤー次第だと言えるでしょう。 エンディング 本作では主人公が選んだ学級によって、エンディング分岐がありますので、「青獅子の学級」を選んだ際のエンディングについてご紹介していきましょう。 ついに主人公たちは覇骸エーデルガルトを倒すことができました。 ディミトリは膝をつくエルエーデルガルトに近づき、手を差し伸べます。 そしてエルエーデルガルトにトドメを刺しました。 ディミトリは仲間とともに教会を後にしていきます。 そこで画面が切り替わり、ナレーションが語り始めます。 「歴史は時のよすがを辿り、フォドラの大地に新たな炎がともされる」 「帝都アンヴァルが陥落し、アドラステア帝国は滅亡した」 そしてついに5年半にも及ぶ戦乱が幕を閉じ、新たなる時代がディミトリたちの手によって開かれたのでした。 その後、フォドラはファーガス神聖王国の名の下に統一され、セイロス聖教会は帝都から救出されたレアの大司教引退に伴い、教会の大変革が行われていきました。 ディミトリは正式な王座継承者となり、自らの手によって開いた新時代の統治者として名乗りをあげることに。 そして、そんなディミトリ新国王を支えたのは、セイロス聖教会の新たなる大司教であった、と言います。 こうして「ファイアーエムブレム 風花雪月」はエンディングを迎えていきました。 攻略テクニック 士官学校の学級選びのポイント 主人公が「ガルグ=マク大修道院」の士官学校教師となるにあたり、「黒鷲の学級」「青獅子の学級」「金鹿の学級」の3つから自身が担当する学級を選ぶ必要があります。 選ぶ学級によってメリット・デメリットなどがありますので、こちらでは士官学校の学級選びのポイントについてご説明しましょう。 1つ目のポイントとしては、「その学級に自分の好きなキャラクターがいるかどうか」が挙げられます。 選んだ学級のキャラクターとストーリーを進めたり、バトルをしたり、深く関わっていくこととなるため、できるだけ自分が「お気に入り」だと感じるキャラクターがいる学級を選んだ方が満足度が上がるでしょう。 ただし「他の学級の生徒であっても、学級のリーダーでなければ自分のクラスに引き入れることが可能」であるということも押さえておきます。 スカウトするキャラクターに応じて求められる主人公の育成度合いが異なるため、難易度が高いキャラクターもいますが、なかなか学級選びができないという場合にはスカウト制度があるということも覚えておきましょう。 また、選ぶ学級によってストーリー展開が異なるため、あらかじめストーリー展開を押さえておき、気になるストーリー展開の学級を選ぶというのも1つの手段です。 効率的なキャラレベルの上げ方 本作「ファイアーエムブレム 風花雪月」には、キャラレベルという概念があります。 キャラレベルを上げることによって、キャラクター単体の能力がアップするなど、バトルで有利に働く効果が伴うため、できるだけキャラレベルはアップさせておくことをおすすめします。 また、他にもクラスチェンジができるようになるというメリットもあります。 そんなキャラレベルですが効率的な上げ方はいくつかあり、まずは「聖人像」で名声値を使用することによって、獲得経験値をアップさせておくとよいでしょう。 最大で獲得経験値が140%となる効果を得ることができるため、非常に効率的にレベルアップを図ることができるはずです。 また、もしゲームモードがノーマルである場合には、時間帯効果の高い「フリークエスト」に挑戦するとよいでしょう。 フリークエストは時間の消費がありませんので好きなだけ経験値稼ぎをすることができます。 先ほどご紹介した聖人像による獲得経験値アップの効果と併せて使用することが望まれます。 キャラクター紹介 主人公(男性CV:小林裕介/女性CV:伊藤静) 父親である「ジェラルト」がリーダーを務めている軍団に所属している本作の主人公。 名前はプレイヤーが任意で決めることができるため、固定名はありませんが、デフォルトでは男性なら「ベレト」、女性なら「ベレス」とされています。 母親を幼い頃に失っており、そのようなことが原因してか、非常に感情に乏しいキャラクターとして描かれています。 また、父親のジェラルトが主人公に対してできるだけ「セイロス教団」から遠ざけながら育ててきた結果、知識をほとんど持ちえず、自分の年齢すらもあまり知らないという状況です。 一方で、本来的には貴族しか持っていないという正体不明の紋章を持っており、その紋章によって使用することができる「英雄の遺産」の1つ「天帝の剣」を主人公は武器として使うことが可能です。 そんな主人公のキャラクターボイスは、男性の場合「小林裕介」さん、女性の場合「伊藤静」さんが担当されています。 小林裕介さんは、アニメ「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」の五嶺陀羅尼丸や「ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-」のカウレス・フォルヴェッジのを担当しており、伊藤静さんは「魔術士オーフェンはぐれ旅」のレティシや「プランダラ」のナナを担当されています。 ジェラルト=アイスナー(CV:大塚明夫) 先ほど紹介した主人公の父親であり、もともとは「セイロス騎士団」の団長を務めていた過去も持つパラディンです。 セイロス騎士団に所属していた頃は、「懐刃」という呼び名で広く知られており、セイロス騎士団の過去の英雄たちも含めて「歴代最強」と自他共に認める実力者。 そんなジェラルトですが、約20年前に起こった修道院の大火災が原因となって騎士団から離脱することになりました。 それ以降は、自らがリーダーとなって傭兵団を形成し、旅をしながら活動をしています。 その旅の中で、盗賊たちからセイロス聖教会の士官学校生徒たちを救ったということがきっかけとなって、主人公とともに修道院に招かれることに。 その後は再びセイロス騎士団に所属することとなりました。 そんなジェラルト=アイスナーのキャラクターボイスを担当するのが「大塚明夫」さんです。 大塚明夫さんといえば、アニメ「アフリカのサラリーマン」のライオンや「BEASTARS」のゴウヒン、ゲームでは「デビル メイ クライ 5」のモリソンや「竹書房クエスト〜強襲ポプテピピック〜」のピピ美などのキャラクターボイスを担当されています。 おもしろい!! ゲーム初心者でも、慣れてる人でも難易度を自由に設定できるのがいい。 確かにやることは多いけど、だから面白いと思う。 覚えてしまえば、なんてことはない。 どう育てようか考えるの楽しすぎる。 少しずつ成長して強くなっていくのが嬉しい。 初めてFEシリーズをプレイしました。 このゲーム2周目からが本番な気がします。 というか、2周目から地獄を見ると言いますか…。 初回で青獅子クリアした後に黒鷲行くと、今頃青獅子の子達は…と相手の事情を知ってる分複雑な気持ちになります。 そんな地獄の連鎖が好きな人にはとても刺さるゲームだと思います。 わたしは刺さりまくりました。 地獄楽しい。

次の