ペン フレンド。 ペンタキープフレンドとは

ようこそ!青少年ペンフレンドクラブ(PFC)へ

ペン フレンド

海外ペンフレンドサークル 海外文通&海外ペンパル あなたを世界に紹介!あなたと友達になりたいペンパルをご紹介します! 海外にいろいろなことを話せる友達がいたら、素敵ですね。 川崎国際文化交流会でご紹介するペンパルは、日本に興味を持っている方ばかり!手紙やメールで楽しいやりとりが始められます。 会員サポートが充実しているので初めての方でも安心です!今、小学生から60代の方まで、幅広い年代の方が海外文通をエンジョイしています。 英語が苦手でも大丈夫!希望者には翻訳だってお手伝い!一週間程度で世界に友達ができます! 携帯メールでもペンパルが始められます! オーストリアのペンパルに会って来ました! 以前、ご紹介をいただいたオーストリアのペンパルの中で、グラーツに、住んでいる女性と半年ほど、やり取りをしていて、な、な、なんとついにウイーンで会うことができました!!!9月18日に!本当に夢のようでした。 私とアニータは、9月18日正午に、シュテファン大聖堂の向い側にあるハースハウスというガラス張りのモダンな建物の正面入口で、会うことを約束しました。 それは、日本から何度かアニータとメールでやり取りをして、決めた場所でした。 私が、ウイーン・ザルツブルグに9日間旅行するんですよとメールしたのが、きっかけで、お互いに都合のつく日に会いましょうという話が持ち上がったのです。 アニータとは、旅行好きなところや、趣味が似ているという親近感で今年の初め頃からメール交換が始まりました。 17日にオランダ航空アムステルダム経由で、夜ウイーン市内のホテルに着き、翌日朝リンクの中央に延びたケルントナー通りの突き当たりにあるシュテファン大聖堂を目にしたときは、本当に今日、会うことが出来るのだろうか、と半信半疑で、とてもドキドキしました。 しかし、正午にハースハウスの前で待っていると、来たではありませんか!しかも、かわいい坊や二人と友人と一緒に。 こんなに、日本と離れた場所でしかも、一度もお目にかかったこともないオーストリア人だというのに、あまりにも自然に出会えたことに、驚きを感じました。 (続きは海外ペンパル体験記でご覧になれます。

次の

郵便局の文通サービス「青少年ペンフレンドクラブ」

ペン フレンド

かつて、文通が流行していたことがあります。 その文通相手のことをペンフレンド、あるいはペンパルと呼んでいました。 しかし最近ではインターネットが普及したことによって手紙を送るのではなくメールを送るということが一般的になりました。 さらにはSNSなどでコミュニケーションを図る人も多いですよね。 そのためメールやSNSの相手をペンフレンド、ペンパルと呼ぶことがあります。 英語の上達のためにもぜひ海外の人とやりとりをしたいという人もいるのではないでしょうか。 ここではそんなペンフレンドの作り方や注意点について解説します。 直接知っている人が安心 自分で出会いの場に行く 海外の人とメールやSNSのやりとりをしたいと思うのであれば、やはり直接知っている人、あるいは直接話をしたことがある人が1番安心です。 外国人が集まりやすいバーや英会話喫茶などもありますので、そのような場所で出会った人と連絡先を交換し、ぜひ、ペンフレンドになってみましょう。 確かに日本国内において外国人のペンフレンドを作るというのはなかなか簡単ではないかもしれません。 しかし、日本にも外国人はいますので自分で出会いの場に出かけるという事は非常に重要です。 外国人が集まりやすい場所に出かけてみましょう。 誰かに紹介してもらう もしも自分からはなかなか動きにくい、その一方で外国人に知り合いが多い友達がいる、などということであれば紹介してもらうのも1つの方法です。 例えば英語の勉強をしたい、海外の文化を知りたい、などという場合、そのことを外国人に知り合いがいる友達に話すことで友達になれそうな外国人を紹介してもらうということが可能です。 確かに文通などの場合はお互いの住所を教えなければいけませんから、紹介された人に自分のプライバシーを教えなければいけないような気がして気が引けるという人もいるでしょう。 しかし、メールやSNSはそこまでハードルが高くないため、知らない人とでも話がしやすいという利点があります。 インターネットでの出会いには注意 いうまでもなく、顔も知らない相手との出会いには注意が必要です。 外国人のペンフレンドを作りたいという人が増えたことにより、最近ではそのような人を募集する掲示板なども存在しています。 しかし、たとえその掲示板が本来は良い目的で作られたものであったとしても、それらを悪用する人は少なからず存在するものです。 素性を知らない相手とただネット上で当たり障りのない会話をする分には問題ありませんが、個人情報を知られてしまった場合、トラブルに巻き込まれる可能性もないとは言えません。 そのため、特にインターネットでの出会いは避けた方が無難です。 外国人の恋人探し 特に異性とのやりとりには気をつけて 最近では、ペンフレンドのみならず外国人の恋人を作りたいと考えている人も少なくありません。 私はヨーロッパの夫と結婚していますが、そのような影響からか高校時代の友人に「妹が国際結婚をしたがっているんだけど、誰か紹介してほしい」と言われたことがあります。 ちょうど私自身には東南アジア出身で日本人女性と結婚したいと言っていた友人がいたため、彼は日本語も話せるしちょうど良いかもしれないと思い、紹介しようかと答えたところ、「あ、できれば白人がいいんだよね」と言われ、イラっとしたのでお断りしたことがあります。 しかし、外国人の友達を作りたい、という意識の中にはこのように外国人と付き合いたい、最終的には外国人と結婚したい、と考えている人もいるということです。 そしてこれは日本人に限ったことではなく、中には「日本人女性と結婚したいから日本人女性を紹介して」という外国人もいます。 ですから、自分にその気がない場合、特に異性と交流するときには注意が必要です。 英語の勉強のつもりで付き合うのはやめよう たまに、外国人からアプローチされた時、本当に付き合いたいと思っているわけではないけれど、付き合ったら英語の勉強になるかもしれない、英語を上達させられるかもしれない、という意識を持って好きでもない相手と付き合い始めてしまう人もいます。 確かに付き合っている相手とはメールやSNSで交流をすることになりますから、必然的に英語が勉強できます。 しかし、このような意識は下心といます。 このような下心を持って異性とペンフレンドになる、付き合う、というのはいただけません。 自分は英語を勉強するために付き合っていると割り切っていたとしても、相手は勝手に「この人と結婚したい」などという意識を高めている可能性があるからです。 特に相手が「外国人と結婚したい」「日本人女性と結婚したい」というこだわりを持っている場合、そのような下心を持って付き合うのは極めて危険です。 自分を守るのは最終的には自分 いかなる場合であれ、自分が誰かと連絡を取り合うならば自分の行動の責任は自分で取らなければいけません。 そして自分の身を守るのは最終的には自分なのです。 外国人とメールやSNSのやりとりをしたい、ペンフレンドを作りたい、と思った場合、相手をしっかり見極めるようにしましょう。 そして友達になった後でも何か違和感を覚えたり、不快な思いをしたのであれば、大きなトラブルに巻き込まれる前に対処していくことが大切です。

次の

まぼろしのペンフレンド (講談社青い鳥文庫)

ペン フレンド

かつて、文通が流行していたことがあります。 その文通相手のことをペンフレンド、あるいはペンパルと呼んでいました。 しかし最近ではインターネットが普及したことによって手紙を送るのではなくメールを送るということが一般的になりました。 さらにはSNSなどでコミュニケーションを図る人も多いですよね。 そのためメールやSNSの相手をペンフレンド、ペンパルと呼ぶことがあります。 英語の上達のためにもぜひ海外の人とやりとりをしたいという人もいるのではないでしょうか。 ここではそんなペンフレンドの作り方や注意点について解説します。 直接知っている人が安心 自分で出会いの場に行く 海外の人とメールやSNSのやりとりをしたいと思うのであれば、やはり直接知っている人、あるいは直接話をしたことがある人が1番安心です。 外国人が集まりやすいバーや英会話喫茶などもありますので、そのような場所で出会った人と連絡先を交換し、ぜひ、ペンフレンドになってみましょう。 確かに日本国内において外国人のペンフレンドを作るというのはなかなか簡単ではないかもしれません。 しかし、日本にも外国人はいますので自分で出会いの場に出かけるという事は非常に重要です。 外国人が集まりやすい場所に出かけてみましょう。 誰かに紹介してもらう もしも自分からはなかなか動きにくい、その一方で外国人に知り合いが多い友達がいる、などということであれば紹介してもらうのも1つの方法です。 例えば英語の勉強をしたい、海外の文化を知りたい、などという場合、そのことを外国人に知り合いがいる友達に話すことで友達になれそうな外国人を紹介してもらうということが可能です。 確かに文通などの場合はお互いの住所を教えなければいけませんから、紹介された人に自分のプライバシーを教えなければいけないような気がして気が引けるという人もいるでしょう。 しかし、メールやSNSはそこまでハードルが高くないため、知らない人とでも話がしやすいという利点があります。 インターネットでの出会いには注意 いうまでもなく、顔も知らない相手との出会いには注意が必要です。 外国人のペンフレンドを作りたいという人が増えたことにより、最近ではそのような人を募集する掲示板なども存在しています。 しかし、たとえその掲示板が本来は良い目的で作られたものであったとしても、それらを悪用する人は少なからず存在するものです。 素性を知らない相手とただネット上で当たり障りのない会話をする分には問題ありませんが、個人情報を知られてしまった場合、トラブルに巻き込まれる可能性もないとは言えません。 そのため、特にインターネットでの出会いは避けた方が無難です。 外国人の恋人探し 特に異性とのやりとりには気をつけて 最近では、ペンフレンドのみならず外国人の恋人を作りたいと考えている人も少なくありません。 私はヨーロッパの夫と結婚していますが、そのような影響からか高校時代の友人に「妹が国際結婚をしたがっているんだけど、誰か紹介してほしい」と言われたことがあります。 ちょうど私自身には東南アジア出身で日本人女性と結婚したいと言っていた友人がいたため、彼は日本語も話せるしちょうど良いかもしれないと思い、紹介しようかと答えたところ、「あ、できれば白人がいいんだよね」と言われ、イラっとしたのでお断りしたことがあります。 しかし、外国人の友達を作りたい、という意識の中にはこのように外国人と付き合いたい、最終的には外国人と結婚したい、と考えている人もいるということです。 そしてこれは日本人に限ったことではなく、中には「日本人女性と結婚したいから日本人女性を紹介して」という外国人もいます。 ですから、自分にその気がない場合、特に異性と交流するときには注意が必要です。 英語の勉強のつもりで付き合うのはやめよう たまに、外国人からアプローチされた時、本当に付き合いたいと思っているわけではないけれど、付き合ったら英語の勉強になるかもしれない、英語を上達させられるかもしれない、という意識を持って好きでもない相手と付き合い始めてしまう人もいます。 確かに付き合っている相手とはメールやSNSで交流をすることになりますから、必然的に英語が勉強できます。 しかし、このような意識は下心といます。 このような下心を持って異性とペンフレンドになる、付き合う、というのはいただけません。 自分は英語を勉強するために付き合っていると割り切っていたとしても、相手は勝手に「この人と結婚したい」などという意識を高めている可能性があるからです。 特に相手が「外国人と結婚したい」「日本人女性と結婚したい」というこだわりを持っている場合、そのような下心を持って付き合うのは極めて危険です。 自分を守るのは最終的には自分 いかなる場合であれ、自分が誰かと連絡を取り合うならば自分の行動の責任は自分で取らなければいけません。 そして自分の身を守るのは最終的には自分なのです。 外国人とメールやSNSのやりとりをしたい、ペンフレンドを作りたい、と思った場合、相手をしっかり見極めるようにしましょう。 そして友達になった後でも何か違和感を覚えたり、不快な思いをしたのであれば、大きなトラブルに巻き込まれる前に対処していくことが大切です。

次の