スワローズ ブログ。 東京ヤクルトスワローズ 人気ブログランキング

スワローズ: あい ウオッチ baseball!!-敗戦処理。ブログ

スワローズ ブログ

今日の試合はヤクルト6-6横浜で引き分けでした。 最近のスワローズはミスが多く大味な試合が続いています。 それは、若い選手が多く経験不足が原因です。 可能ならば宮本や田中の様に信頼できる選手を起用したいのですが、スワローズにはそんな選手は少ないです。 したがって、若い選手を起用して試合の中で育てなければならないです。 中日とスワローズは同じタイプのチームですが、ベテランを起用する中日に対して、若手を起用するとスワローズと言うのが大きな違いです。 したがって、ミスが多いのは覚悟するしかないでしょう。 今日の先発・石川は調子の善し悪しではなく力みが全てでした。 数少ないベテラン投手の石川が力んで打たれてしまうのは残念です。 昨日、一昨日と先発投手が不甲斐ない形でKOされているだけに今日は試合を作ってほしかったです。 今は打線が投手をカバーしていますが、スワローズがこれから優勝争いをするためには先発投手が完投して納得できる勝利が必要でしょう。 将来のクリンナップ候補であるのは間違いないですが、そこに至る道のりはまだ険しいでしょう。 バッティングに関しては良い打率を残していますが、状況を考えたバッティングが出来ているかと言うとそうでは有りません。 また、相手も研究してくるので、それでも打てるだけの力を付ける必要が有ります。 出場機会が増えるにつれ守備機会が多くなりましたが、それによってミスの数も増えています。 一流選手になるには多くの試練が待ち受けていると思いますが、その試練に負けずに、乗り越えていってほしいと思います。 本来ならばもっと練習する時間を与えてあげたいところですが、チーム事情を考えると試合で結果を残していくしかないでしょう。 まずは左投手の時に宮出に代えられないように、左投手を打つ必要が有ります。 横浜3連戦は3連敗してもおかしくない内容でした。 スワローズ同様に横浜もミスが多いので1勝1敗1分と言う結果になりました。 3連敗しなくて良かったとも思いますが、優勝争いをするのであれば喜んではいられない結果です。 明日は館山が先発なので、完投してチームのムードを締めてほしいです。 今日の試合はヤクルト1-6横浜で負けました。 今日は投打守にリズム悪く、横浜に完敗と言う感じです。 今日のロマンは球威が戻ってきて期待が出来るかなと思いましたが、逆に制球が悪く 7四球 苦しいピッチングになりました。 制球が悪いといってもストレートはまずまずで、変化球がまったく駄目と言う状態だったのでストレートを中心に球威で押せばもっと違う結果になったと思います。 しかし、今日の失点の内、初回の1失点は宮出の不味い守備で1塁ランナーの中村がホームインしたものであり、5回の1失点はワイルドピッチ 最近は多い によるものなので、点を取られたと言うよりは点を与えてしまった感じです。 打線では畠山のバッティングが悪いです。 特にチャンスでの畠山のバッティングは最悪です。 絶好球を見逃して、難しい球に手を出していては良い結果は出ないでしょう。 ファンとしては誠に歯がゆい気持ちです。 調子の良い松井が4番を打てば良いのではとも思いますが、畠山がスランプを乗り越えないとヤクルトの優勝は無いと思います。 ヤクルトは横浜に相性が悪いですね。 他のチームが横浜を得意としているので、ヤクルトだけがこの調子だと優勝戦線から脱落する可能性が有ります。 この9連戦は横浜と6試合戦わなければいけないので、何とか踏ん張ってほしいです。 今日の試合結果は広島2-0ヤクルトで完封負けです。 広島の野村投手は本当に良いピッチャーですね。 開幕当初は単調なところがあって狙い球を絞れたのですが、今はインコース・アウトコース、高低と投げ分けるので狙い球を絞るのが難しいです。 ヤクルト打線が如何に好調と言えども、これほど良いピッチャーが相手だとなかなか点が取れないです。 BBM2012 東京ヤクルト 村中恭兵 90枚限定 直筆サイン 初回に1点を失いましたが、その後は本来の村中のピッチングが戻ってきたような感じです。 まだまだ復調途上ですが、腕がしっかりと振れていたので球にキレが出てきました。 後は気持ちの問題だけでしょう。 何とか勝ち星が付けば更に調子が出ると思います。 次回に期待しましょう。 BBM2012 東京ヤクルト バレンティン 90枚限定 直筆サイン この3連戦 初戦は雨天で途中中止 は広島投手陣のバレンティン対策がしっかりしていたと思います。 インコースのボール球を見せておいて、外角いっぱいのストレートや外角からボールになるスライダーを効率よく使っていました。 バレンティン対策としては完璧ですが、そこに投げられる広島投手陣を褒めるべきでしょう。 今度はバレンティンが、この配球に対する対策を考える番だと思います。 インコースのボールを見送って、外角のストレートを狙い打ち出来れば良いのです。 しかし、言うのは簡単ですが、実行するのは簡単では有りません。 バレンティンの進化に期待したいと思います。 今の広島は好調なので初戦が雨で中止になったのをラッキーと思いましょう。 下手すれば3連敗も有りえたのですからね。 取りあえず村中が復調してきたのが収穫です。 しばらく休んでおりましたが、本日から 復活です。 休載中も元気にしていましたが、少し気分転換しようと思い記事を書くのを止めていました。 さて、本日の試合ですが、広島9-4ヤクルトで負けました 2回の表は1アウト2,3塁から松井のボテボテのファーストゴロの間に3塁から畠山がホームに突っ込んで先制点をあげました。 この時の畠山の反応は素晴らしかったですね。 ほとんどゴロ・ゴーと言うタイミングで楽々とホームインしました。 2アウト3塁になってからは相川とは勝負しないと思っていたのですが、バリントンの初球は外角一杯のストライクでした。 このストライクで勝負と考えたのが悪く、次のホールはど真ん中のストレート、この辺が今年のバリントンを象徴する感じでした。 相川がそれをヒットにして2点目をあげました。 広島にとっては痛い2点が入ったと思います。 バリントンから2点を奪った時には今日も勝てそうな気がしたんですが…。 BBM2012 東京ヤクルト 増渕竜義 90枚限定 直筆サイン 今年の増渕は良い球は本当にキレがあって素晴らしいのですが、甘いボールが多くて安定しません。 サイドスローからオーバースローに変えて制球力が良くなった感じはしたのですが、フォームが固まっていない為にバランスを崩すと甘い球になってしまうようです。 もっと下半身を鍛えて投球フォームを固める必要が有ると思います。 今の状態ならば去年までの荒れ球の方がバッターには打ちづらいと思うのですが、増渕が今以上に進化するためにはこのピッチングフォームでしっかり投げられるようになる事が必要でしょう。 今年はかなり苦しむと思いますが、まだまだ成長途上の選手なので期待して良いと思います。 明日の広島先発は野村です。 今年の広島の先発投手陣は充実していますね。 ヤクルトは村中の先発です。 ここ数試合は自滅している感じがするのですが、どこまで修正できたか楽しみです。 今日の試合はヤクルト10-5日本ハムで勝ちました。 長~い、長~い連敗がようやく止まりました。 今まで打てなかったのが嘘のように今日は2桁得点でした。 川端が戻ってきて打撃に関しては復調してきたスワローズですが、今日はようやくその歯車が噛み合ったと言う感じです。 打線のつながりが良くなってきた事で得点力が出てきたと思います。 今日は畠山に待望のホームランが出たのが大きいです。 最近、ヒットはよく出ていましたが、やはりホームランが欲しかったでしょう。 やはり、スワローズの4番は和製大砲が必要です。 3番・川端、4番・畠山、5番・飯原と和製クリンナップが出来たのは良いですね。 ミレッジも1番があってそうです。 昔のヒルトンを思い出します。 今日は5失点と褒められた内容では無かったですが、とにかく連敗が止まった事がなによりです。 今日の勝利で選手達の気分も晴れたと思います。 これをきっかけにしてスワローズが再浮上してくれる事を望みます。 私も今日は気分よく眠る事が出来そうです。 今日の試合はヤクルト0-1日本ハムで完封負けです。 これで39年ぶりの10連敗だそうです。 選手達が頑張っているのは伝わってくるのですが、悔しいですが勝つ事が出来ません。 今日は先発の赤川が日本ハム打線を1点に抑えて、久しぶりに締まったゲームとなりました。 その1失点も金子の詰まった当たりによるタイムリーなので、先発としては文句の無い内容だったと思います。 赤川は平然とした表情で投げていましたが、体からは絶対に得点を与えないぞと言う気迫が感じられました。 この気迫のピッチングを観ているだけでもスワローズの連敗脱出の執念を感じられました。 しかし、打線の歯車が相変わらず悪いです。 初回は先頭バッターのミレッジが出塁しましたが、田中が初球ヒッティングでショートゴロダブルプレイです。 先制点が欲しければ、サインが出ていなくても送りバントでしょう。 しかもライト方向では無く、引っ張るのは訳が判りません。 この後、2本のヒットが出ているので初回は3安打で無得点でした。 5回にもミレッジが先頭バッターで塁に出ますが、今度はミレッジが牽制タッチアウトになりました。 この後、田中が四球を選んだので、牽制アウトが無ければもっと違う結果になっていたでしょう。 宮出と相川はボールの見極めが悪く、ボール球に手を出してチャンスを潰していました。 宮出は今日が初スタメンだから仕方が無いとしても、相川は連敗中ずっと選球が悪くチャンスを潰しています。 それだけでも捕手を中村に代える必要が有るように思えます。 とにかく、各選手が打ち気に早って、完全なボール球に手を出す事が多いです。 こういう事をやっていたのでは得点を取る事は出来ないでしょう。 ミスでは無いですが、6回は2アウト2塁の場面で相川のヒットで野口がホームタッチアウトになったのは残念でした。 中田からの素晴らしい好返球でアウトになったのですが、スワローズにツキが有れば送球がそれたりするんでしょうね。 10連敗は辛いですが、明け無い夜は無いと言うようにいつかは連敗が止まるでしょう。 それが明日である事を祈りながら、明日も応援したいと思います。 スワローズファンの皆さん元気出して応援しましょう。 今日の試合はヤクルト1-7楽天と大敗です。 楽天は6安打で7点取っているのにスワローズはミレッジのホームランだけです。 この差はチーム力の差であり、小川監督の采配が中途半端になっている事を物語っていそうです。 ユウイチがスタメン3番と言うのは何かの冗談かと思いたいです。 最近のスワローズは失点が多いし得点は取れないしとまったく良いところが有りません。 ファンは気分の悪い毎日を過ごしていると思います。 もう煮るなり焼くなり好きにしてくれと言う感じです。 しばらくは試合を観る気がおきません。 そろそろ、小川監督の交代を訴える声も出てきました。 また、復帰後スタメンマスクを着けてから連敗している相川捕手の交代を訴える声も出ています。 ちょうど一昨年の高田監督降板を思い出します。 選手達は監督が代らないと本気になれないのかと怒りを感じます。 スワローズしっかりしろ 今日の試合は西武8-0ヤクルトで負けました。 西武相手に連日の大差負けで完封負けです。 つまり、投手陣も打撃陣もまったく歯が立たなかったと言う事です。 ヒットの数も3本とまったくチャンスを作る事が出来ませんでした。 チームが連敗しているからこそ一生懸命応援しているのですが、結果がこれほど悲惨だと試合を見る気力も無くなります。 昨日はクリンナッップ ミレッジ、バレンティン、畠山 をバラバラにし、今日はクリンナップを元に戻しましたが、結果は全く変わりませんでした。 伊勢コーチは代りの選手がいないので仕方が無いと言ってますが、この3人をスタメンから外すなどの大胆な打順変更が必要だと思います。 スワローズは川端が昨日のファームの試合で2安打と明るい兆しを見せているので、川端の一軍復帰を起爆剤として連敗を脱出して欲しいです。 明日は館山が先発で神宮での試合なので、みんなが気持ちを入れ替えて試合に臨んでほしいと思います。 そろそろ連敗脱出しても良さそうですよね。

次の

[ スワローズ ]

スワローズ ブログ

プロ野球選手。 阪神タイガース投手。 背番号29。 1979年7月13日生まれ。 186cm96kg。 茨城県東茨城郡大洗町出身。 左投左打。 水戸商から1997年ドラフト2位で阪神タイガースに入団。 3年間の育成を経て、2001年には規定投球回に到達。 9勝13敗と負け越しではあるものの、防御率2. 67と好成績を残す。 2002年は開幕の読売ジャイアンツ戦で完投勝利、タイガースの開幕戦の連敗を11で止めるなど、エースとして活躍(14勝9敗)。 2003年は8月2日までの12連勝を含む20勝を挙げて最多勝・最優秀防御率のタイトルを獲得し、チームの優勝に貢献、MVPに輝く。 2004年10月4日には広島カープ相手にノーヒットノーランを達成した。 2004年オフにポスティングシステムによるメジャー移籍を訴えたが、球団が認めず、2005年1月残留決定。 また、名スポーツ選手にはしばしば伝説的な(というか奇怪な)言動が目立つ人が多いものだが、井川慶もその類に漏れず、各所でさまざまな「伝説」を打ち立てている。

次の

スワローズ: あい ウオッチ baseball!!-敗戦処理。ブログ

スワローズ ブログ

今日の試合はヤクルト6-6横浜で引き分けでした。 最近のスワローズはミスが多く大味な試合が続いています。 それは、若い選手が多く経験不足が原因です。 可能ならば宮本や田中の様に信頼できる選手を起用したいのですが、スワローズにはそんな選手は少ないです。 したがって、若い選手を起用して試合の中で育てなければならないです。 中日とスワローズは同じタイプのチームですが、ベテランを起用する中日に対して、若手を起用するとスワローズと言うのが大きな違いです。 したがって、ミスが多いのは覚悟するしかないでしょう。 今日の先発・石川は調子の善し悪しではなく力みが全てでした。 数少ないベテラン投手の石川が力んで打たれてしまうのは残念です。 昨日、一昨日と先発投手が不甲斐ない形でKOされているだけに今日は試合を作ってほしかったです。 今は打線が投手をカバーしていますが、スワローズがこれから優勝争いをするためには先発投手が完投して納得できる勝利が必要でしょう。 将来のクリンナップ候補であるのは間違いないですが、そこに至る道のりはまだ険しいでしょう。 バッティングに関しては良い打率を残していますが、状況を考えたバッティングが出来ているかと言うとそうでは有りません。 また、相手も研究してくるので、それでも打てるだけの力を付ける必要が有ります。 出場機会が増えるにつれ守備機会が多くなりましたが、それによってミスの数も増えています。 一流選手になるには多くの試練が待ち受けていると思いますが、その試練に負けずに、乗り越えていってほしいと思います。 本来ならばもっと練習する時間を与えてあげたいところですが、チーム事情を考えると試合で結果を残していくしかないでしょう。 まずは左投手の時に宮出に代えられないように、左投手を打つ必要が有ります。 横浜3連戦は3連敗してもおかしくない内容でした。 スワローズ同様に横浜もミスが多いので1勝1敗1分と言う結果になりました。 3連敗しなくて良かったとも思いますが、優勝争いをするのであれば喜んではいられない結果です。 明日は館山が先発なので、完投してチームのムードを締めてほしいです。 今日の試合はヤクルト1-6横浜で負けました。 今日は投打守にリズム悪く、横浜に完敗と言う感じです。 今日のロマンは球威が戻ってきて期待が出来るかなと思いましたが、逆に制球が悪く 7四球 苦しいピッチングになりました。 制球が悪いといってもストレートはまずまずで、変化球がまったく駄目と言う状態だったのでストレートを中心に球威で押せばもっと違う結果になったと思います。 しかし、今日の失点の内、初回の1失点は宮出の不味い守備で1塁ランナーの中村がホームインしたものであり、5回の1失点はワイルドピッチ 最近は多い によるものなので、点を取られたと言うよりは点を与えてしまった感じです。 打線では畠山のバッティングが悪いです。 特にチャンスでの畠山のバッティングは最悪です。 絶好球を見逃して、難しい球に手を出していては良い結果は出ないでしょう。 ファンとしては誠に歯がゆい気持ちです。 調子の良い松井が4番を打てば良いのではとも思いますが、畠山がスランプを乗り越えないとヤクルトの優勝は無いと思います。 ヤクルトは横浜に相性が悪いですね。 他のチームが横浜を得意としているので、ヤクルトだけがこの調子だと優勝戦線から脱落する可能性が有ります。 この9連戦は横浜と6試合戦わなければいけないので、何とか踏ん張ってほしいです。 今日の試合結果は広島2-0ヤクルトで完封負けです。 広島の野村投手は本当に良いピッチャーですね。 開幕当初は単調なところがあって狙い球を絞れたのですが、今はインコース・アウトコース、高低と投げ分けるので狙い球を絞るのが難しいです。 ヤクルト打線が如何に好調と言えども、これほど良いピッチャーが相手だとなかなか点が取れないです。 BBM2012 東京ヤクルト 村中恭兵 90枚限定 直筆サイン 初回に1点を失いましたが、その後は本来の村中のピッチングが戻ってきたような感じです。 まだまだ復調途上ですが、腕がしっかりと振れていたので球にキレが出てきました。 後は気持ちの問題だけでしょう。 何とか勝ち星が付けば更に調子が出ると思います。 次回に期待しましょう。 BBM2012 東京ヤクルト バレンティン 90枚限定 直筆サイン この3連戦 初戦は雨天で途中中止 は広島投手陣のバレンティン対策がしっかりしていたと思います。 インコースのボール球を見せておいて、外角いっぱいのストレートや外角からボールになるスライダーを効率よく使っていました。 バレンティン対策としては完璧ですが、そこに投げられる広島投手陣を褒めるべきでしょう。 今度はバレンティンが、この配球に対する対策を考える番だと思います。 インコースのボールを見送って、外角のストレートを狙い打ち出来れば良いのです。 しかし、言うのは簡単ですが、実行するのは簡単では有りません。 バレンティンの進化に期待したいと思います。 今の広島は好調なので初戦が雨で中止になったのをラッキーと思いましょう。 下手すれば3連敗も有りえたのですからね。 取りあえず村中が復調してきたのが収穫です。 しばらく休んでおりましたが、本日から 復活です。 休載中も元気にしていましたが、少し気分転換しようと思い記事を書くのを止めていました。 さて、本日の試合ですが、広島9-4ヤクルトで負けました 2回の表は1アウト2,3塁から松井のボテボテのファーストゴロの間に3塁から畠山がホームに突っ込んで先制点をあげました。 この時の畠山の反応は素晴らしかったですね。 ほとんどゴロ・ゴーと言うタイミングで楽々とホームインしました。 2アウト3塁になってからは相川とは勝負しないと思っていたのですが、バリントンの初球は外角一杯のストライクでした。 このストライクで勝負と考えたのが悪く、次のホールはど真ん中のストレート、この辺が今年のバリントンを象徴する感じでした。 相川がそれをヒットにして2点目をあげました。 広島にとっては痛い2点が入ったと思います。 バリントンから2点を奪った時には今日も勝てそうな気がしたんですが…。 BBM2012 東京ヤクルト 増渕竜義 90枚限定 直筆サイン 今年の増渕は良い球は本当にキレがあって素晴らしいのですが、甘いボールが多くて安定しません。 サイドスローからオーバースローに変えて制球力が良くなった感じはしたのですが、フォームが固まっていない為にバランスを崩すと甘い球になってしまうようです。 もっと下半身を鍛えて投球フォームを固める必要が有ると思います。 今の状態ならば去年までの荒れ球の方がバッターには打ちづらいと思うのですが、増渕が今以上に進化するためにはこのピッチングフォームでしっかり投げられるようになる事が必要でしょう。 今年はかなり苦しむと思いますが、まだまだ成長途上の選手なので期待して良いと思います。 明日の広島先発は野村です。 今年の広島の先発投手陣は充実していますね。 ヤクルトは村中の先発です。 ここ数試合は自滅している感じがするのですが、どこまで修正できたか楽しみです。 今日の試合はヤクルト10-5日本ハムで勝ちました。 長~い、長~い連敗がようやく止まりました。 今まで打てなかったのが嘘のように今日は2桁得点でした。 川端が戻ってきて打撃に関しては復調してきたスワローズですが、今日はようやくその歯車が噛み合ったと言う感じです。 打線のつながりが良くなってきた事で得点力が出てきたと思います。 今日は畠山に待望のホームランが出たのが大きいです。 最近、ヒットはよく出ていましたが、やはりホームランが欲しかったでしょう。 やはり、スワローズの4番は和製大砲が必要です。 3番・川端、4番・畠山、5番・飯原と和製クリンナップが出来たのは良いですね。 ミレッジも1番があってそうです。 昔のヒルトンを思い出します。 今日は5失点と褒められた内容では無かったですが、とにかく連敗が止まった事がなによりです。 今日の勝利で選手達の気分も晴れたと思います。 これをきっかけにしてスワローズが再浮上してくれる事を望みます。 私も今日は気分よく眠る事が出来そうです。 今日の試合はヤクルト0-1日本ハムで完封負けです。 これで39年ぶりの10連敗だそうです。 選手達が頑張っているのは伝わってくるのですが、悔しいですが勝つ事が出来ません。 今日は先発の赤川が日本ハム打線を1点に抑えて、久しぶりに締まったゲームとなりました。 その1失点も金子の詰まった当たりによるタイムリーなので、先発としては文句の無い内容だったと思います。 赤川は平然とした表情で投げていましたが、体からは絶対に得点を与えないぞと言う気迫が感じられました。 この気迫のピッチングを観ているだけでもスワローズの連敗脱出の執念を感じられました。 しかし、打線の歯車が相変わらず悪いです。 初回は先頭バッターのミレッジが出塁しましたが、田中が初球ヒッティングでショートゴロダブルプレイです。 先制点が欲しければ、サインが出ていなくても送りバントでしょう。 しかもライト方向では無く、引っ張るのは訳が判りません。 この後、2本のヒットが出ているので初回は3安打で無得点でした。 5回にもミレッジが先頭バッターで塁に出ますが、今度はミレッジが牽制タッチアウトになりました。 この後、田中が四球を選んだので、牽制アウトが無ければもっと違う結果になっていたでしょう。 宮出と相川はボールの見極めが悪く、ボール球に手を出してチャンスを潰していました。 宮出は今日が初スタメンだから仕方が無いとしても、相川は連敗中ずっと選球が悪くチャンスを潰しています。 それだけでも捕手を中村に代える必要が有るように思えます。 とにかく、各選手が打ち気に早って、完全なボール球に手を出す事が多いです。 こういう事をやっていたのでは得点を取る事は出来ないでしょう。 ミスでは無いですが、6回は2アウト2塁の場面で相川のヒットで野口がホームタッチアウトになったのは残念でした。 中田からの素晴らしい好返球でアウトになったのですが、スワローズにツキが有れば送球がそれたりするんでしょうね。 10連敗は辛いですが、明け無い夜は無いと言うようにいつかは連敗が止まるでしょう。 それが明日である事を祈りながら、明日も応援したいと思います。 スワローズファンの皆さん元気出して応援しましょう。 今日の試合はヤクルト1-7楽天と大敗です。 楽天は6安打で7点取っているのにスワローズはミレッジのホームランだけです。 この差はチーム力の差であり、小川監督の采配が中途半端になっている事を物語っていそうです。 ユウイチがスタメン3番と言うのは何かの冗談かと思いたいです。 最近のスワローズは失点が多いし得点は取れないしとまったく良いところが有りません。 ファンは気分の悪い毎日を過ごしていると思います。 もう煮るなり焼くなり好きにしてくれと言う感じです。 しばらくは試合を観る気がおきません。 そろそろ、小川監督の交代を訴える声も出てきました。 また、復帰後スタメンマスクを着けてから連敗している相川捕手の交代を訴える声も出ています。 ちょうど一昨年の高田監督降板を思い出します。 選手達は監督が代らないと本気になれないのかと怒りを感じます。 スワローズしっかりしろ 今日の試合は西武8-0ヤクルトで負けました。 西武相手に連日の大差負けで完封負けです。 つまり、投手陣も打撃陣もまったく歯が立たなかったと言う事です。 ヒットの数も3本とまったくチャンスを作る事が出来ませんでした。 チームが連敗しているからこそ一生懸命応援しているのですが、結果がこれほど悲惨だと試合を見る気力も無くなります。 昨日はクリンナッップ ミレッジ、バレンティン、畠山 をバラバラにし、今日はクリンナップを元に戻しましたが、結果は全く変わりませんでした。 伊勢コーチは代りの選手がいないので仕方が無いと言ってますが、この3人をスタメンから外すなどの大胆な打順変更が必要だと思います。 スワローズは川端が昨日のファームの試合で2安打と明るい兆しを見せているので、川端の一軍復帰を起爆剤として連敗を脱出して欲しいです。 明日は館山が先発で神宮での試合なので、みんなが気持ちを入れ替えて試合に臨んでほしいと思います。 そろそろ連敗脱出しても良さそうですよね。

次の