災害 の 夢 ブログ。 地震・災害 人気ブログランキングとブログ検索

災害の夢

災害 の 夢 ブログ

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 御札の購入、印佛、流し方について、、。 災害の夢ブログはてなブックマーク - 御札の購入、印佛、流し方について、、。 災害の夢ブログ プレビュー 御札の購入、印佛、流し方について、、。 災害の夢ブログ の夢などの夢を書き残すです。 当たる、当たらないではなく、に対する準備など... 続きを表示 の夢などの夢を書き残すです。 当たる、当たらないではなく、に対する準備などの参考になれば幸いです。 皆様沢山のを、、。 の購入、印佛、流し方についてのお問い合わせを沢山頂きましたので、らにさせて頂き、、。 の購入についてですが、はのという所にある「」にてお分けしていただけ、、。 大きさは、の小指ほどのが5枚で100円で、全国です、、。 済みです、、 1度おにてお問い合わせをしてみて頂ければと思い、、。 札 お、またはふだ が欲しいとお問い合わせ下さい、、。 印佛 でを作ること をする際に使うお様のはんこについてですが、らは等で彫るのも宜しと思い、、。 1000体以上の印佛をされる方は、はんこ.

次の

【未来】世界一当たると評判の予言者 クレイグ・ハミルトン・パーカーの2020年 予言総集編

災害 の 夢 ブログ

7月4日の惑星直列。 画像は「」より 今年7月4日、これまでにない大規模な惑星直列が起こることが判明。 生物の大量絶滅が危惧されている。 惑星直列(planetary alignment)とは、太陽を中心に回っている地球を含む太陽系の惑星が、1列に並ぶ現象を言い、巨大や気候変動など地球に多大な影響を及ぼすと信じられている。 ネパール大やを的中させたオランダの研究家フランク・フッガービーツ氏も、その予測に惑星直列をもとにした太陽系指標(SSGI)を用いていることで有名だ。 一部の直列でも大が起こるのだから、7惑星直列の影響は甚大だと予想できる。 画像は「getty images」より 一方、惑星直列ととの関係には科学的な根拠がないとの批判も存在するが、物理学・電気的の専門家・平清水九十九氏は電気的宇宙科学の観点から、 ことを指摘している。 とにかく、 7月4日付近はなどの自然災害に警戒するに越したことはない。 3惑星直列でもM6~8のが何度も起こっている。 7惑星直列ではそれ以上の大災害が起こるかもしれない。 また、さらに恐ろしいことに、海の中でも終末の前兆現象が起こっているという指摘がある。 今月3日、ネイチャー・リサーチ社のオンラインオープンアクセスジャーナル「Scientific Reports」に投稿された論文で、 サンゴがサバイバルモードに入ったことが報告されたのだ。 画像は「 」より 過去の大量絶滅においてカラフルで波状のサンゴは死滅し、生き残ったのは海中深くで小さなコロニーを作っていたサンゴだけだったそうだが、現在も同じような状況になっているというのだ。 紅海のサンゴを長年観測してきた研究者によると、ここ最近オスとメスのサンゴの挙動が合致せず、繁殖のタイミングを逃すことが多いという。 もしかしたら、サンゴは目前に迫る危機に気付いているのかもしれない。 すると、恐竜絶滅に匹敵する大災害が起こることが予想される……。 7月4日の に世界は終わるのだろうか? だけでなく、災害に向けた準備も忘れないでおきたい。 dream-kb.

次の

[B! 地震] 災害の夢ブログ

災害 の 夢 ブログ

2020年に入って1カ月が過ぎた。 予感していたように、自然災害も含め今年は激動の年になるようだ。 そこで今回は、クレイグ・ハミルトン・パーカーの2020年予言の総集編のようなものを掲載する。 今回パーカーは、日本のや自然災害を予言している。 予言が語られる順序は前後するが、関心が一番高いと思われるので、最初にこれを紹介する。 、ないしはなんらかの大きな自然災害が日本を襲い、2020年のオリンピック開催に問題が発生する。 以上である。 パーカーは日本のどの地域でか自然災害が発生するのかは特定はしていない。 オリンピックの開催に問題が生じるとあるので、東京だろうか? 後に筆者はパーカーに、1)自然災害が起こる時期と日本の地域、2)オリンピックの開催が中止になるかどうかの2点について質問してみた。 すると、以下のような回答があった。 「すでに発表した以上の詳細はまだ分からない。 しかし、さほど深刻な自然災害ではない。 オリンピックは中止にはならない。 開催に問題が起こる程度だ。 もっと具体的なビジョンがあれば公開する」 このような回答であった。 自然災害は起こったとしても大規模なものにはならないという。 少し安心できるかもしれない。 また、の今後の動きについても予言している。 これも関心が高いと思われるので、先に掲載する。 これによる被害はない。 だが、この行為はさらにの国際的な立場を悪くさせ、追い詰めることになる。 ・2020年ではないが、では革命が起こり、は中国に亡命する。 以上である。 の動きが不穏になっているので、これも要注目だ。 知っている読者も多いと思うが、改めてパーカーについて紹介する。 クレイグ・ハミルトン・パーカーは、イギリスでもっとも著名なサイキックのひとりである。 広告宣伝会社の経営者であったというユニークな経歴を持つサイキックである。 インドののもとで修行し、サイキックとなった。 パーカーは2015年から毎年の予言を公開している。 予言が的中したのかどうか毎年自身できちんと検証しており、的中率は7割程度だと見られている。 もちろん、3割ほどは外しているので盲信してはならないが、的中率から見て参考にはなると思う。 2015年から以下のような予言を的中させた。 主要なものだけを紹介する。 「の葉」とは、古代の聖者「」が、すべての個人の運命を記したとされている葉のことである。 の文化圏に保存されているという。 パーカーは次のようにいう。 ・私は調査の末、自分の運命が記された「の葉」を発見した。 そこに記されていた私の運命は驚くほど正確だった。 予告された出来事が私の人生に本当に起こった。 ・今回、調査の結果、トランプの「の葉」を発見した。 それはで書かれているので、いま翻訳を進めている最中だ。 その結果が出たら、ユーチューブで公開する。 以上である。 これもどのような結果なのか、興味が尽きない。 ユーチューブで公開され次第紹介する。 よい内容なので、予言の主要部分を紹介する前に、これを最初に掲載する。 ・予言の内容には暗いものが多い。 しかし、我々が体験しているこの現実は我々の主観の反映でしかなく、たいした意味はない。 宇宙そのもの、そしてすべての存在は意識なのである。 この意識こそ、現実を作り出す本体なのだ。 ・現実を生成するそうした超越的な意識は、我々の内面にすでに備わっている。 現実は我々がこの意識の存在に覚醒することで変化する。 だから、予言の内容が暗くても影響されてはならない。 それは変えることが可能だ。 ・意識そのものは進化の過程にある。 我々はこれから意識のゴールデンエイジに入る。 ・こうした事実に気づくことを覚醒という。 覚醒は集合的な現象ではない。 それぞれひとりひとりが体験する個別的な現象である。 以上である。 興味深い考えだ。 これは2021年にも継続する。 ・イランの暴動が一層激しくなる。 しかしイランの指導部はこれを弾圧するため国民は反発し、革命のような状態になる。 イランと敵対するは、このイランの弱点につけこんで、利用しようとする。 ・はカやEUと大きな武器購買契約を結ぶ。 また、さらに多くの「」の株式を売りに出す。 これはイランとの戦争準備のための資金を得るためである。 ・とイランとの戦争は突発的に発生するのではない。 衝突は徐々にカレートする。 ロシアやカがこれに介入し、衝突の激化を回避しようとする。 トランプとは協力してサウジとイランの仲裁を試みる。 ・サウジとイランとの対立の激化にはトルコやも介入し、非常に複雑な状況になる。 トランプ陣営の誰かが裏切るが、それでもトランプは罷免されることにはならない。 弾劾裁判はトランプに有利に作用し、トランプを強化する。 ・トランプはこの弾劾裁判をによるクーデターだとして非難する。 さらにこれは、「ディープステーツ」と呼ばれ、カを裏で支配しているCIAやなどの情報機関の秘密計画だとして、これらの機関への非難を強める。 このような非難によって、トランプの立場は逆に強化される。 ・はの大統領候補になることはない。 いまのとことなにかは分からないが、バイデンに関する大きなスキャンダルが出てくる。 これによってバイデンは統一候補から脱落する。 これがどのようなスキャンダルなのかはいまのところ分からない。 ・バイデンではなく、がの統一候補になる。 ・トランプは再選される。 トランプはだと思うが、トランプの勝利が予想されていない州で勝利する。 これが再選の決定打となる。 ・中国との貿易戦争は拡大する。 カは中国の軍事的な脅威と危険性を改めて認識し、これに対決する姿勢を鮮明にする。 貿易戦争はさらに悪化し、規制があらゆる分野に適用される。 ・これはトランプの二期目に起こると思うが、の予言にもあるように、暗殺未遂事件があるかもしれない。 またトランプは病に倒れ、大統領としての執務を中断するが、これは一時的なものにすぎない。 トランプはすぐに執務に復帰する。 ・自然災害は激化する。 ブラジルのアマゾンのを自然公園のような地域に指定して、これの保護を求める声は世界で拡大し、真剣に検討される。 ブラジル政府はこれに反対する。 自然公園化の動きはアフリカでも起こる。 2020年は温暖化による環境問題に世界が真剣に向き合う最初の年になる。 今回は以上である。 さて、どこまで当たるだろうか? dream-kb.

次の