電話をかけると画面が消える。 【電話したら】Xperiaスマホの不具合解消【ブラックアウト】

電話機の液晶表示が見えなくなった

電話をかけると画面が消える

Contents• 不具合の原因はなに? 電話中に画面が真っ暗になる不具合の原因は、おおきくわけて2つあります。 近接センサーが誤認識している場合• スマホ自体が、一時的にトラブルをおこしている それぞれのパターンにわけて、解決策をみていきましょう! 近接センサーはどこにあるの これまでのはなしで、近接センサーの働きについて理解できたと思います。 では、そこで疑問点です。 近接センサーはどこについているのか? 答えをいうと、 機種によって様々です。 基本的に液晶画面より上の部分にインカメラとならんで、もう1つ黒い箇所があります。 それが近接センサーです。 では一例として、SONYのスマホを例に見ていきましょう。 この画像では、近接センサーは 「7番」に位置しております。 「あなたの持っているスマホの機種名 近接センサー」と検索すると具体的にわかるかと思います。 近接センサーが誤認識している場合の解決策 通話中に画面真っ暗の状態になる不具合は、近接センサーが誤認識を起こしていることが多いです。 近接センサーが誤認識していた場合、解消法が2つあります。 近接センサーを掃除する• 保護シートをはがしてみる それぞれの内容を詳しくみていきましょう。 近接センサーを掃除する まず1つ目は 近接センサー部分を掃除する方法です。 近接センサー部分にゴミやほこり、皮脂などがついていた場合、誤認識の原因となります。 乾いたティッシュやタオルなどでしっかりふくとよいでしょう。 これだけで治ることが本当に多いよ! 保護シートをはがす 近接センサーが誤認識、2つ目の解消法として、 保護シートをはがす方法です。 保護シートが近接センサーを覆っていた場合、誤認識の原因と考えられます。 保護シートをはがしてみて、さらに近接センサー部分をふいてみると、つよい効果が期待されます。 スマホが一時的にトラブルをおこしている場合 つづいて、スマホが一時的にトラブルをおこしている場合の解決策をみていきましょう! アプリのキャッシュがたまりすぎている アプリのキャッシュがたまっていると、スマホの動作がにぶくなっていきます。 そのため、 よく使うアプリの「キャッシュを削除する」ことも効果的な対策といえます。 操作手順は、以下の通りです。 「設定」のアプリより、「アプリ」をタップする。 「すべて」もしくは「ダウンロード」になっていることを確認する。 よく使っているアプリを探し、タップする。 50音順やアルファベット順となっています。 画面下のほうにある、「キャッシュを削除」をタップする。 ここで注意点ですが、「データを削除」ではありません。 例えば、メールのアプリで「データを削除」をすると、受信メールや送信メールがすべてきえることがあります。 アプリを同時に開きすぎている アプリを同時に開きすぎていると、本体の動作がにぶくなってきます。 とくに、「戻るボタン」や「ホームボタン」で、待ち受け画面に戻っている人は要注意です。 これらの方法で待ち受け画面にもどると、アプリ自体は秘密裏に起動しているのです。 そのためアプリというものは、その都度、根本から停止することが大切となります。 画面下にある「アプリ履歴キー」をタップする。 「アプリを左右もしくは上下にスライドする」と アプリが個別に停止される。 「画像右下のマークをタップする」と すべてのアプリが停止される。 わたしのスマホにもこんな機能があったんだ! SIMカード、SDカードを抜き差しする カードの抜き差しに意味があるのか?と思う方もいらっしゃるかもしれません。 意外とSDカード・SIMカードを入れなおすだけで治ることがあります。 カードの抜き差しをためしてみましょう! 主に確認すべきことは、水にぬれていないか、ほこり・ごみが混入していないかを確認します。 もしゴミがあれば、取り払ってみてください。 セーフモードを試してみる セーフモードとは、 一時的にアプリの起動を抑制する特殊な機能です。 これにより本体の不具合なのか、アプリやデータが悪さをしているのかを判断することができます。 また機種によって起動方法はさまざまです。 パソコンだけじゃなく、スマホにもセーフモードがあるんだ。 ソフトウェアのアップデートする ソフトウェアのアップデートをすることで、システム原因の不具合を解消することができます。 早速、操作方法を確認していきましょう。 「 設定」のアプリから「 端末情報」をタップする。 「 ソフトウェア更新」の項目をタップする。 あとは注意事項に従って、アップデートをします。 電源ボタンで通話終了機能を有効にする 最後に、応急処置ではありますが、対策をおつたえします。 電源ボタンで通話終了する機能をオンにすると、その場しのぎにはなりましょう。 それでは、設定方法をみていきます。 設定のアプリから、ユーザ補助をタップする。 画面を下にある、「電源ボタンで通話終了」をオンにする。 まとめ 今回の対策方法は下記のとおりです。 近接センサーを掃除する• 保護シートをはがす• アプリのキャッシュ削除する• アプリを完全に停止する• 強制終了を試してみる• SIMカードを抜き差しする• セーフモードを試してみる• ソフトウェアのアップデートする• 電源ボタンで通話終了機能をオンにする そのときは、スマホの部品が物理的にこわれているかもしれないね。 対策として、「修理」にだすか「交換・機種変更」をするしかなくなるよ…。 これらのことを試しても、不具合が続く可能性はあります。 それは スマホ本体の部品が不具合の原因となっている場合です。 例えば、スマホを落とした直後に不具合が出始めたのであれば、 落としたことが原因による不具合と判断されます。 その時には「 修理」もしくは「 交換」での対応となります。 「修理」や「交換」については、別記事でまとめています。 ご不便な方は、ぜひともご覧ください。 ここまで、ありがとうございました。 2を利用しています。 この記事を見た人は、こちらの記事も見ています。

次の

ビジネスフォンから外線に電話したい!外線のかけ方のまとめ

電話をかけると画面が消える

スポンサーリンク iPhone Xで通話を終了できない不具合 今回の不具合は、通話中にiPhone Xを耳から離しても、画面表示が暗転したまま復帰せず、一切の画面操作が出来なくなるようです。 iPhoneXで通話(LINE電話も含む)で耳に当てると画面が黒くなりますが、通話終了後に耳から離しても真っ黒なままで操作ができません。 相手が切るのを待つしかありません。 同じ症状の方いらっしゃいますか?? 相手側から電話を切った場合は、再起動する必要無く画面表示が復帰するとのことなので、可能であれば相手に事情を伝えて電話を切って貰う事が最善策かもしれません。 Been having issues through all updates with ending a call. The screen doesnt light up and it is not responsive to touch or buttons. It lights up when the call is ended by the other party 引用: iPhone Xの電話アプリに関する不具合は他にも報告されているようで、通話中に通話画面やマルチタスク画面で一切の操作が出来ない問題も報告されているようです。 Anyone having this problem on iPhone X on a call??. — dazz Killsmart777 他にももありますが、こちらについてはAppleが既にとの情報もあるので、近いうちのiOSアップデートでの改善が期待されています。

次の

スマホの通話終了時に画面が真っ暗のまま復帰しない時の対処方法

電話をかけると画面が消える

Contents• 不具合の原因はなに? 電話中に画面が真っ暗になる不具合の原因は、おおきくわけて2つあります。 近接センサーが誤認識している場合• スマホ自体が、一時的にトラブルをおこしている それぞれのパターンにわけて、解決策をみていきましょう! 近接センサーはどこにあるの これまでのはなしで、近接センサーの働きについて理解できたと思います。 では、そこで疑問点です。 近接センサーはどこについているのか? 答えをいうと、 機種によって様々です。 基本的に液晶画面より上の部分にインカメラとならんで、もう1つ黒い箇所があります。 それが近接センサーです。 では一例として、SONYのスマホを例に見ていきましょう。 この画像では、近接センサーは 「7番」に位置しております。 「あなたの持っているスマホの機種名 近接センサー」と検索すると具体的にわかるかと思います。 近接センサーが誤認識している場合の解決策 通話中に画面真っ暗の状態になる不具合は、近接センサーが誤認識を起こしていることが多いです。 近接センサーが誤認識していた場合、解消法が2つあります。 近接センサーを掃除する• 保護シートをはがしてみる それぞれの内容を詳しくみていきましょう。 近接センサーを掃除する まず1つ目は 近接センサー部分を掃除する方法です。 近接センサー部分にゴミやほこり、皮脂などがついていた場合、誤認識の原因となります。 乾いたティッシュやタオルなどでしっかりふくとよいでしょう。 これだけで治ることが本当に多いよ! 保護シートをはがす 近接センサーが誤認識、2つ目の解消法として、 保護シートをはがす方法です。 保護シートが近接センサーを覆っていた場合、誤認識の原因と考えられます。 保護シートをはがしてみて、さらに近接センサー部分をふいてみると、つよい効果が期待されます。 スマホが一時的にトラブルをおこしている場合 つづいて、スマホが一時的にトラブルをおこしている場合の解決策をみていきましょう! アプリのキャッシュがたまりすぎている アプリのキャッシュがたまっていると、スマホの動作がにぶくなっていきます。 そのため、 よく使うアプリの「キャッシュを削除する」ことも効果的な対策といえます。 操作手順は、以下の通りです。 「設定」のアプリより、「アプリ」をタップする。 「すべて」もしくは「ダウンロード」になっていることを確認する。 よく使っているアプリを探し、タップする。 50音順やアルファベット順となっています。 画面下のほうにある、「キャッシュを削除」をタップする。 ここで注意点ですが、「データを削除」ではありません。 例えば、メールのアプリで「データを削除」をすると、受信メールや送信メールがすべてきえることがあります。 アプリを同時に開きすぎている アプリを同時に開きすぎていると、本体の動作がにぶくなってきます。 とくに、「戻るボタン」や「ホームボタン」で、待ち受け画面に戻っている人は要注意です。 これらの方法で待ち受け画面にもどると、アプリ自体は秘密裏に起動しているのです。 そのためアプリというものは、その都度、根本から停止することが大切となります。 画面下にある「アプリ履歴キー」をタップする。 「アプリを左右もしくは上下にスライドする」と アプリが個別に停止される。 「画像右下のマークをタップする」と すべてのアプリが停止される。 わたしのスマホにもこんな機能があったんだ! SIMカード、SDカードを抜き差しする カードの抜き差しに意味があるのか?と思う方もいらっしゃるかもしれません。 意外とSDカード・SIMカードを入れなおすだけで治ることがあります。 カードの抜き差しをためしてみましょう! 主に確認すべきことは、水にぬれていないか、ほこり・ごみが混入していないかを確認します。 もしゴミがあれば、取り払ってみてください。 セーフモードを試してみる セーフモードとは、 一時的にアプリの起動を抑制する特殊な機能です。 これにより本体の不具合なのか、アプリやデータが悪さをしているのかを判断することができます。 また機種によって起動方法はさまざまです。 パソコンだけじゃなく、スマホにもセーフモードがあるんだ。 ソフトウェアのアップデートする ソフトウェアのアップデートをすることで、システム原因の不具合を解消することができます。 早速、操作方法を確認していきましょう。 「 設定」のアプリから「 端末情報」をタップする。 「 ソフトウェア更新」の項目をタップする。 あとは注意事項に従って、アップデートをします。 電源ボタンで通話終了機能を有効にする 最後に、応急処置ではありますが、対策をおつたえします。 電源ボタンで通話終了する機能をオンにすると、その場しのぎにはなりましょう。 それでは、設定方法をみていきます。 設定のアプリから、ユーザ補助をタップする。 画面を下にある、「電源ボタンで通話終了」をオンにする。 まとめ 今回の対策方法は下記のとおりです。 近接センサーを掃除する• 保護シートをはがす• アプリのキャッシュ削除する• アプリを完全に停止する• 強制終了を試してみる• SIMカードを抜き差しする• セーフモードを試してみる• ソフトウェアのアップデートする• 電源ボタンで通話終了機能をオンにする そのときは、スマホの部品が物理的にこわれているかもしれないね。 対策として、「修理」にだすか「交換・機種変更」をするしかなくなるよ…。 これらのことを試しても、不具合が続く可能性はあります。 それは スマホ本体の部品が不具合の原因となっている場合です。 例えば、スマホを落とした直後に不具合が出始めたのであれば、 落としたことが原因による不具合と判断されます。 その時には「 修理」もしくは「 交換」での対応となります。 「修理」や「交換」については、別記事でまとめています。 ご不便な方は、ぜひともご覧ください。 ここまで、ありがとうございました。 2を利用しています。 この記事を見た人は、こちらの記事も見ています。

次の