し なし な ポテト 復活。 【この差】書けなくなった「ペン」を復活させるプロ技の差

冷めたマックのポテトをカリッと復活させる方法とアレンジレシピ!

し なし な ポテト 復活

しなしなのマックのポテトなんて… 出典: 出来立てのマックのポテトと言ったらカリカリしていて時々無性に食べたくなっちゃいますよね。 しかしテイクアウトなどをして少し時間が経ったフライドポテトはしなしなしていて美味しくなくなっちゃいます。 レンジでチンするだけではカリカリ感は戻らないのはそのせいです。 そこで、ポテトに含まれる水分を蒸発させてあげるだけでカリカリになるのです。 たったこれだけで"しなしな"になったポテトがカリカリ食感に復活するのだそう。 pinterest. com もっとカリカリにしたものを食べたい!と思う方にはお菓子の「じゃがりこ」に近い食感を再現できる方法があるのです。 それはオーブントースターとアルミホイルを使用した方法。 アルミホイルをクシャクシャにすることで、ポテトに含まれる油が下に落ちて、ヘルシーになります。 温める時間はポテトの状態によって変わるので様子を見ながら時間は調節してください。

次の

【徹底比較】コンビニのフライドポテトはどこが最強? 大手4チェーンの商品を食べ比べたら、1つだけブッチギリで美味いポテトがあった!!

し なし な ポテト 復活

学生の頃、マクドナルドでアルバイトをしていました。 とってもお世話になったのに、運動を始めてからというもの、すっかり疎遠に…。 マックフライポテトが美味しいことは旧知の事実。 マクドナルドに行ったら、多分殆どの方が思うことでしょう。 「ポテトが食べたい」と。 若干カロリーが高くたって、微妙に栄養が偏ったって、きっと塩分が高めだって、食べたいものは食べたいわけですよね。 だがしかし。 マックポテト 復活 フライドポテトはフライドポテトでも、冷めたマックフライポテトを美味しいと思う人は、どれほどいるのでしょうか。 いいえいません(反語表現)。 「買っておいたよ」と優しさをくれた家族に「こんなもん食えるか!」と悪態をつかず、円満に解決できる方法はないものか、そう思います。 情報化社会、真っ只中の昨今。 調べてみると、マックフライポテト復活のために、試行錯誤を繰り返す有志が決して少なくないようです。 復活方法はフライパンを使ったり、電子レンジやトースターを使った温め方など、実に様々です。 マックフライポテト復活の日は近い。 そう思います。 マック ポテト 復活 レンジ マックポテトを復活させるために、最初に思い浮かぶのは、おそらく電子レンジでしょう  ̄ー ̄ ニヤリ もちろん、私もそうでした。 結論から言いましょう。 シナッシナ。 だがオーケー。 やわらかいフライドポテトもこれはこれでいいです。 二昔前のローソンのフライドポテトを彷彿とさせる。 これはマクドナルドのフライドポテトではありません。 決して。 マックフライポテトはカリカリ、もしくはサクサク出なければいけません。 これは決まっていることです。 電子レンジはダメだ。 そう思いましたが、知人によると、レンジ+トースターの仕上がりが抜群だとのこと。 今度やろう。 ただ、この復活方法には一つだけ欠点があります。 めんどくさい。 この方法でマックポテトを復活させるには、レンジを使ったあとにトースターを使わなければならないのです(当たり前)。 私はめんどくさがりなのです。 もう、めんどくさい。 むしろ温めたくない。 でも冷たいマックポテトは食べたくない。 これですよね。 むしろ無信でした。 ですがこれも結論から言いましょう。 あ、これだわ! 最初に半信半疑だったので、写真を撮るのはすっかり完全にすっぽり忘れていましたが、マックポテトの復活方法は、これでしょう。 フライパンにポテトを放ってすぐは、実に疑わしいものでした。 その後数分。 何ということでしょう。 ポテトの油分がキラキラと輝き始めたではありませんか。 それからはフライパンを回転させながら、マックフライポテトが焦げてしまわないように見守る、ただそれだけです。 もう何も、怖くありません。 マックフライポテトがどれだけ冷えてしまっても、復活させることができるのです。 家族の優しさを、失った時間を、無駄にしなくて済むのです。 やっぱりチキンタツタ ちなみに、バーガーはチキンタツタがあれば他に何もいりません。 チキンタツタだけ見つめてます。 夢のハイテンションです。

次の

冷めたポテトを美味しく復活させるアレンジ術!電子レンジで簡単に?

し なし な ポテト 復活

子供の頃から味覚が大して進歩していない筆者は、いまだにポテトとかチキンとか子供好きしそうな食べ物が大好きである。 特に フライドポテトは大好物中の大好物。 そこで今回は、コンビニ大手4チェーンのフライドポテトを徹底比較してみることにした。 食べ比べた結果、チート級に美味しいポテトを発見したぞ……! ・大手4社の商品を比較 セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ。 各社の販売するフライドポテトを食べ比べ、どれが美味しいか勝手に順位を決めちゃうぞというのが今回の企画だ。 まずは各商品の価格を見ておこう。 これがブッチギリで美味しいと思ってしまいそうだが、相手がコンビニ界の3強だけに勝負の行方はどう転がるか分からないところだ。 それでは早速、第4位から発表していくぞ! ・第4位 ファミリーマート Tポイントを10000ポイント以上所有している筆者としては残念だが、最下位はファミリーマート。 購入したのは ファミポテ(皮付き)で税込158円。 一言でいうと、 ポテトに覇気がない……。 食感がモサッとしているというか。 ポテトは時間の経過により食感が落ちる面もあるし、たまたま購入した商品がそうだったのかもしれない。 しかし店頭に並んでいる以上、筆者の手にした商品をもって「ファミマのポテト」だと評価されても、それは仕方のないことなのだ。 とにかくポテトは食感が命。 食感が冴えないファミマを最下位とさせていただいた。 また、ファミポテは自分で塩をかけてシャカシャカして食べるスタイル。 最初これは良いと思った。 自分好みの濃さにできるからね。 ただ実際にやってみると、なかなか ベストな塩加減というのが難しい。 塩の小袋には「全量を目安に」と書かれているが、全部かけると辛いような気もする……。 そして、シャカシャカしても各ポテトに均等に塩をまぶすのが難しい。 残念ながら、ポテトではあまり元気がなかったファミリーマート。 ぜひ他の商品で巻き返してほしい。 ・第3位 セブンイレブン 第3位はセブンイレブン。 購入したのは 「サクッとフライドポテト」で税込162円。 食感・塩加減ともに 可もなく不可もなくといった感じで、評価に困る。 商品名に「サクッと」とあるものの、そこまで食感がサクッとしているわけではない。 ややパンチを欠いた印象。 そして価格は今回紹介する4商品のなかで2番目に高いものの、ボリュームは圧倒的に少なかった。 ・第2位 ミニストップ 第2位はミニストップ。 購入したのは エックスフライドポテトで税込203円。 これは今回の検証でコンビニ数店舗を巡った筆者の印象だが、他3チェーンではポテトを扱っている店舗とそうでない店舗がまちまちなのに対し、ミニストップではほぼ例外なくエックスフライドポテトを置いているような気がする。 主力的な位置づけの商品というだけあって、味は申し分なし。 商品名のとおりエックス型の形状をしており、これが 飽きの来ないサクサクした食感を演出している。 今回紹介する商品のなかでは最もサクサク寄りの食感ながら、ポテト本来のホクホク感も残している。 価格は最も高いものの、味の良さを考慮すれば文句はないだろう。 それでも2位に甘んじたのは、さらなるインパクトを残した商品があるということだ。 その商品とは……! ・第1位 ローソン 第1位はローソン。 購入したのは フライドポテトで税込140円。 一目見て、筆者は思った。 こいつが優勝だな……と。 だって「美味しいポテトの見本」みたいなルックスをしているんだもん。 皮ごとザックリとカットされたポテトは、他3チェーンの追随を許さぬ圧倒的な 「じゃがいも感」を放っている。 そして食べてみると、やはり感じるのは圧倒的な「じゃがいも感」! ホクホク加減がダンチなのだ。 これですよ。 私がポテトに求めているものは。 百年の知己に出会ったような気分である。 しかも、今回ラインナップした商品のなかでは断トツで美味しいにもかかわらず、価格は何と最安の税込140円……。 圧倒的な差を付けての優勝である。 というわけで、大手コンビニのポテトを食べ比べる今回の企画はローソンの圧倒的優勝に終わった。 しかしコンビニ商品は日進月歩のスピードで進化を遂げているだけに、新商品が投入されれば他チェーンの巻き返しも十分にあるだろう。 それまで私はローソンのポテトを食いながら待つ! Report: Photo:RocketNews24.

次の