メープルもみじ。 メープルもみじフィナンシェ 「楓乃樹」 株式会社サンエール

メープルもみじフィナンシェ 口コミレビュー 広島銘菓

メープルもみじ

もみじ?メープル?広島のもみじ型おみやげ 日帰りで広島に行ってきました。 おみやげとしてもみじ饅頭を買おうとしたら、思ったよりもいろんな種類が・・・フィナンシェやラングドシャがありましたが、最近のもみじモチーフのお菓子はメープル味なのでしょうか?定番のもみじまんじゅうもチョコレートコーティングだし。 気になったもみじ型のお菓子を買って食べてみました。 広島みやげと言えば 広島に行ってきました。 厳密には広島県福山市なので、広島でも東寄り。 しかも日帰りなので、そんなに観光もできていません。 でも「広島に行ってくる」と友人らに話した手前、一応おみやげを・・・。 広島のおみやげの定番といえば、ベタにもみじ饅頭が浮かびます。 もみじまんじゅうって何てことのない素朴な和菓子だけど、おいしくて落ち着きます。 もみじなお菓子 もみじまんじゅうを買おうとお土産コーナーに行ったら、もみじをモチーフにしたお菓子が思った以上にいっぱいありました。 ここで素朴な疑問が・・・春でも、もみじアイテムがいっぱいなのでしょうか?私が広島へ行ったのは11月で、かろうじて紅葉シーズンでしたが、桜の春や酷暑の夏、紅葉が散った冬でも、広島にはもみじモチーフてんこ盛りなのかな? さて今回買ったお菓子はこんな感じ。 メープルもみじフィナンシェ• 広島もみじラングドシャ そして、チョコレートコーティングされたもみじ饅頭です。 メープルもみじフィナンシェ メープルもみじフィナンシェは行く前に調べていて、最初から買うことを決めていました。 購入を決めた理由は• フィナンシェが好き• メープル味が好き おみやげじゃなくても、スイーツとして普通に美味しそう、というのが一番の理由かもしれません。 でもインパクトがあったのは• もみじなのにメープルって?? という違和感です。 『もみじだし、そりゃメープル味にもなるよねー』と思っていたのですが、よく考えたらもみじはメープルじゃない・・・!?あれっ? ツッコミごたえのある、愉快なお菓子だと思います。 原材料には、ばっちりメープルシュガーが使われております。 私としましては、日本の山の秋の紅葉とメープルシュガーに、共通の感覚を持てないのであります。 おみやげにぴったりな個包装。 日持ちは購入から1ヶ月弱になっていました。 販売店の入荷状況にもよると思います ちょっと丸っこいシルエットのもみじです。 香りは、しっかりメープル。 メープル好きとして、期待が高まります。 味は・・・うん、フィナンシェですね。 特に「このメープルが効いてウマイ!」というわけではありません。 外側はカリッと、中心はしっとり食感。 メリハリがあっていい感じ。 甘みは強めですが、フィナンシェ好きから見て、充分な及第点です。 小さめサイズですが、食べるとカッと血糖値が上がる感じ。 ある意味まんじゅうっぽいかも。 友人に差し入れしたら、気に入ってくれたみたいです。 甘いもの好きの方ならハズレはないお土産だと思います。 箱の中に小さなパンフレットが入っていました。 「もみじの国 広島」として、もみじをアピールしつつ・・・ フィナンシェ、チョコレート。 ラングドシャに、メープルまんじゅう・・・ チーズムースブリュレ、バウムクーヘン スフレチーズケーキ・・・ もはや、もみじ型ではありません。 かろうじて「MAPLE MOMIJI」「メープルもみじ」と付いていますが・・・ 「もみじ=メープル味」という勘違いを起こしそうな勢いです。 これはカナダのおみやげなのでしょうか? 正直、無茶苦茶だって思うけど、どれもおいしそうなのがまた憎らしい。 サイトを見たら、メイプルシリーズとしてまだまだ他の商品もありました。 もう、広島土産じゃなくてメープル菓子として惹かれています。 広島もみじラングドシャ もみじラングドシャは買う予定はなかったのですが、メープルもみじフィナンシェと同じメーカーだったので購入してみました。 個包装ごとにバラして配るおみやげなので、2品を1セットにして配ります。 「もみじ」と名乗りながら、まったくもみじ成分を感じない、四角いラングドシャです。 温泉地のおみやげと変わりありません。 そこが土産物らしくて、逆に好ましく思えてしまいます。 ちょっと固めのクッキー生地に、甘みが強めのホワイトチョコレートがサンドされています。 どことなくメープルシロップの香りを感じます。 が、成分表を見ると「メープル」の記載が見当たりません! ・・・もみじ=メープルではないんだな。 「もみじ」と書いてあるお菓子はメープル味だとウッカリ勘違いしていました。 広島もみじラングドシャは、クッキーとしては可もなく不可もなく。 日持ちがいいので、お友達や会社でも配りやすいおみやげだと思います。 変わり種もみじまんじゅう メープルもみじフィナンシェは職場のおみやげとして旅行前にチェックして買いました。 それとは別に、自分用のおみやげが欲しい!定番のもみじまんじゅうも食べたい!でも家族が少ないから、箱買いすると食べきれなさそう・・・と思っていたら、バラ売りをしているお店がありました。 にしき堂のすごいところは、もみじまんじゅうの種類が豊富なところ!それが1コから買えるのはうれしいポイントです。 いろんな味を1つずつ買えます。 私はチョコレートコーティングの2種類を購入しました。 普通のもみじまんじゅうも買ったのだけど、友達にチョコ味を渡したら「普通のにしてよ〜」と言われて持っていかれましたw 持ち帰り時にちょっと溶けちゃいました。 うん、やっぱり溶けてる。 品名「メープルチョコレート スイート 」と書いてあります。 やっぱり、もみじ=メープルなの?? 本当にわからなくなってきました。 カットしてみました。 まさかのチョコレート生地・・・!普通の白い生地だと思い込んでいたので、ちょっと驚き。 匂いはチョコレートの香りです。 ふんわり軽い食感で、食べやすい。 もみじまんじゅうの生地って一般的にぎっしり重めのイメージですが、軽いです。 まぁ和菓子ではなく、洋菓子というカテゴリなんでしょうね。 おみやげ向きというよりも、コンビニで手軽に買って食べたいお菓子でした。 続いてホワイトチョコレートコーティングのもみじまんじゅう。 l 白という膨張色のためか、通常のチョコレートコーティングよりもボテッとしたフォルムに見えます。 裏側から見ると、もみじまんじゅう本体の線がよくわかりました。 チョコレートコーティングの方がチョコレート生地だったので、ホワイトチョコレートも同じ感じで無地の生地が入っていると思ったら・・・ まさかのクリーム入り!驚きです。 原材料を見ると、チーズクリーム餡のようです。 意外でした。 チーズ味がちょっと苦手な私ですが、チーズっぽさは低く「チーズクリーム」と言われなければ気づかない程度でした。 ホワイトチョコレートだし、チーズクリームだし、ちょっと重めのお菓子です。 同じチョコレートもみじまんじゅうでも、黒と白では全然違う感覚です。 はじめに食べた黒いチョコレートに比べ、ホワイトはガッツリ甘いです。 食感は、チーズクリームが入っているからモソモソします。 ホワイトチョコレートのもみじまんじゅうは好みが分かれそうですね。 今回私が買ったのはチョコレートコーティングのもみじまんじゅう2種類ですが、サイトを見てもバラ売りのまんじゅうはたくさんありますね! 「あたらしもみじ」「すこやかもみじ」はネーミング的に気になるし、ドラえもんとコラボした「どこでもみじ」なんてのもあります。 店頭でもバラ買いできる商品は決まっているでしょうけど、バラ買いでいろいろ楽しめるのはいいですね。 オンラインショップだとバラ買いはできないけど、箱入りなので進物にピッタリですね。 むしろ広島にゆっくり観光に行って、もみじみやげを研究してみたいと思いました。

次の

メープルもみじフォンデュ(欠品中です)

メープルもみじ

Sponsored Links もみじとかえでの違い!名前の由来は? 童謡に紅葉(もみじ)という歌がありますね。 歌詞の中には もみじ・かえでと 違う種の植物の様に歌われています。 紅葉(こうよう・もみじ)と言いますが、 植物分類上でもみじもかえでも カエデ科カエデ属の植物で、 かえで(楓)の中で色を変えるもの=もみじと呼ぶ様です。 もみじという名は紅花などより 染料を揉み出す もみづから由来しており、 しみ出す様に草木の色づきが似ているところから 名付けられたといいます。 紅葉(こうよう)の意味も草木が赤(紅)と 元の緑から色を変える様をいいますよね? かえでは葉の形がカエルの手に似ていた事から カエル手=かえでになったと言います。 Sponsored Links もみじとかえでの見分け方は?園芸や盆栽では別物? 植物分類の上では区別がなく同じものですが、 盆栽や園芸では別物と扱われています。 園芸では・・・ ・もみじ 葉の切れ込みが 深くて多い(イロハモミジ・ヤマモミジなど) ・かえで 葉の切れ込みが 浅い(トウカエデ、イタヤカエデ) そして 盆栽では園芸の意味にプラスして、 もみじには秋の紅葉で赤く色を変えるもの、 かえでには大きい葉であるもの。 また、この区別をしているのは 日本のみで、 種類も日本に多いのだそうです。 そして秋に紅葉狩りや紅葉を娯楽としているのも 他に類がなく日本のみの習慣なのだそうです。 メープルシロップはかえでからできている!? ホットケーキや料理に使う甘い メープルシロップ。 カナダを代表する植物で国旗に描かれているのは サトウカエデという種類の植物です。 英語ではもみじも楓も メープルと呼び、 特に日本のもみじは ジャパニーズメープルと表されます。 カナダのサトウカエデは英語でメイプルリーフ。 80年代にはこのメイプルリーフが 描かれた金貨が日本では人気を博しました。 なぜカナダの国旗はサトウカエデなのか? 自生している事もそうですが、食べ物がない開拓時代の冬季に 先住民の教えによりカエデの樹液をすすり生きのびた ・・・という話しがあり、 そうした厳しい自然と暮らしを象徴しています。 メープルシロップの作り方は初春時期に 樹幹に1cmほどの穴を数カ所空け、管を差し込み、 ブリキの缶をつるして樹液を採取します。 3~5%の糖分を含んだ樹液を約3週間で得る事ができ、 それを煮詰めて凝縮させたのがメープルシロップです。 また、地元では綺麗な雪の上に メイプルシロップを垂らし水飴状になったものを スティックに巻き付た メイプルタフィーを楽しみます。 寒暖差の厳しい時期にのみ採取し、 年に1度のお楽しみはこれだけではなく、 収穫祭を行うのだそうです。

次の

生メイプルもみじぷりん バッケンモーツアルト

メープルもみじ

お届け・送料について お買上げいただいた商品は、ヤマト運輸株式会社にてお届け致します。 送料は、お届け地域により異なりますので、[]をご確認くださいませ。 お届け時間のご指定を承ります。 ご指定いただける時間帯は、午前中/14時〜16時/16時〜18時/18時〜20時/19時〜21時 よりお選びいただけます。 但し、時間指定いただいた場合でも、事情により指定時間内に配達ができない場合もございます。 予めご了承くださいませ。 お届けについての詳細、送料等は[]をご確認ください。 お支払方法 お支払方法は、クレジットカード/代金引換/コンビニ決済/銀行振込のいずれかよりお選びいただけます。 お支払についての詳細、手数料等は[]をご確認ください。 返品・交換 お客様のご都合での返品は受け付けておりません。 ただし、商品の不良などの場合は、商品ご到着後3日以内に電話連絡いただいたもののみお受け致します。

次の