オリエンタルショートヘア。 猫の品種の一覧

オリエンタルショートヘアの子猫を探す|専門ブリーダー直販の子猫販売【みんなの子猫ブリーダー】

オリエンタルショートヘア

猫にはがあり、一種として同じものはありません。 猫好きの人もいれば猫は苦手という人もいます。 好みは人それぞれです。 今回の記事では、好き嫌いがはっきりと分かれるオリエンタルショートヘアという猫についてご紹介します。 オリエンタルショートヘアについて知っておきたいこと 多くのファンを持つオリエンタルショートヘアは、誰もがです。 今までの猫の概念が覆るようなこの猫種について、これから詳しく見ていきましょう。 歴史と起源 理由は明確ではありませんが、 オリエンタルショートヘアはタイが原産と考えられています。 多くの人はシャムと勘違いしていましたが、よく見ると大きな違いがあることに気が付いたようです。 最初、オリエンタルショートヘアはあまり人気のなかった猫種ですが、最近ではバンコクにいる猫の半数がこの品種の血を引くといいます。 そんなオリエンタルショートヘアですが、1920年に初めて英国からやってきた際、タイの国民に選ばれたのはシャムでした。 オリエンタルショートヘアを猫種の一つとして確立することが検討されたのは1950年になってからでした。 そして、1968年にはアメリカのブリーダーもオリエンタルショートヘアに興味を持ち始め、1970年代に名を持つ品種となったのでした。 関連記事『』 特徴 中型に分類されるオリエンタルショートヘアの体型は、ほっそりとスリムで。 肩幅は腰幅より狭いですが、力強さも兼ね備えた品種でもあります。 バランスの整った頭はくさび型で、細長いスナウトと首も特徴的です。 注目すべきは、大きくとがった耳です。 耳の先端はピンとまっすぐに立っていることが好ましいとされています。 その姿は有名なスフィンクスを彷彿とさせます。 細長い後ろ足の先には小さな肉球があります。 柔らかく短いつやのある被毛は、スリムなボディーやしっぽを覆っています。 合わせて読みたい『』 はブチ模様、ブラック、ブルー、ブラウン、レッド、クリーム、シナモン色などバラエティー豊富です。 ほとんどがこの毛色・毛柄のどれかに当てはまりますが、その他にもバイカラー(二色)・ブリンドル・ダークの色味の幅で少なくとも12以上のバリエーションがあると言われています。 性格 オリエンタルショートヘアは、の性格に似ているところがあります。 人懐っこいと思うと拗ねたりわがままになったりすることもあり、 気ままな猫の象徴ともいっても過言ではないでしょう。 通常の猫より好奇心旺盛で、常に知的な刺激を欲しがる傾向にあります。 人懐っこく甘えん坊で、他の猫や人間にもよくことで関係を築こうとします。 しかし、これはそのような気分の時だけのようです。 オリエンタルショートヘアは 不快な状況に陥っても落ち着きを保つことができる猫です。 しかし、上でお伝えした通り自由気ままな性格のため、そのような気分でないと違う行動に出ることもあるかもしれません。 いずれにしても、注目して欲しい、かまって欲しいという気持ちが行動の根底にあることは間違いないようです。 また、オリエンタルショートヘアは、子猫のときから明らかですが、他の猫よりも力強い鳴き声が特徴でもあります。 室内の生活にもすぐに慣れ親しみますが、元々はアウトドア派の猫種でもあるため、散歩に連れていくのもいいでしょう。 生命の神秘さえ感じさせるオリエンタルショートヘア。 愛情深く、気ままで、優しいペットを求めているのであれば、オリエンタルショートヘアを飼ってみるのもいいかもしれません。

次の

オリエンタルショートヘアの人気の毛色は黒!子猫の値段・販売価格について

オリエンタルショートヘア

これがオリエンタルの原型と言われています。 1977年には「オリエンタルショートヘア」としてに公認されました。 また、シャムに長毛種の遺伝子が紛れ込み、突然変異によって生まれた猫は「オリエンタルロングヘア」として公認されています。 特徴 スラっとした細い体、V字型の頭、ブルーの目、大きな耳など基本的にはの特徴を受け継いでいます。 シャムとの違いは毛色や毛柄の豊富さです。 胴体、四肢、尻尾が細長くて痩せ型の猫を「オリエンタルタイプ」と呼びますが、その体型の由来となっている猫種です。 性格 神経質なところはと似ていますが、人懐っこさや甘えん坊な性格はシャム以上と言われます。 運動能力が高く遊び好きで、飼い主と遊ぶことをとても好みます。 病気、怪我、注意点 に似て遺伝性の疾患が多いため、体調や行動に異変が現れたらすぐに気づけるよう、日頃から注意を払ってあげる必要があります。 活発で高いところが大好きなので、キャッタワーなどを用意して上下運動ができるようにするのも大切です。 ショートヘアは1日1回、ロングヘアは1日2回くらいを目安にブラッシングしてあげるとよいでしょう。 オリエンタルショートヘアの動画.

次の

かわいい猫図鑑

オリエンタルショートヘア

オリエンタルショートヘアーは、ポイントカラーのみが認められているシャム(サイアミーズ)をカラフルにした猫種。 細く優美な体に長い四肢をもち、 すべての毛色とパターンが認められているオリエンタルショートヘアーの特徴や性格についてご紹介します。 オリエンタルショートヘアーの魅力 オリエンタルショートヘアーは、 ほっそりと優美で引き締まった体、長い四肢、大きな耳、アーモンド形の目など、シャムの体の特徴をすべて引き継ぎながら、 150種類以上もの毛色とパターンが認められています。 とても甘えん坊で人懐っこい性格や、 運動能力の高さも魅力です。 これらはあくまで目安ですので、飼育環境や状況、個体により異なることがあります。 性格 シャムと同じく 甘えん坊で、つねに飼い主さんのそばに寄り添い、 遊んでもらうことを好みます。 肩やひざにのってコミュニケーションを図り、存在感をアピールします。 大きさ シャムより一回り大きく、体重は3~5kg程度。 骨格が細く、優美ですらりとした体型です。 長い円筒形の体は筋肉質で引き締まっています。 顔はくさび型で、大きな耳が輪郭のくさび型をさらに強調しています。 体重 3~5㎏ 毛色の種類 オリエンタルショートヘアーの毛色とパターンは、 150種類以上が認められています。 被毛は身体にピタリと張り付き、サテンのような手触りと輝きです。 まれに現れる長毛の個体は、当初は排除されていましたが、近年、オリエンタルロングヘアとして分類されました。 短毛・長毛を合わせてオリエンタルと呼ばれています。 目色は基本的にグリーンですが、毛色がホワイトやバイカラーの場合はブルーとオッドアイも認められます。 迎え入れ方、価格相場 愛猫の迎え入れ方にはペットショップ、ブリーダーから、保護猫などさまざまな方法があります。 例えばペットショップで購入する場合だと、下記のような価格相場です。 スキンシップが大好きなので、 一緒にいる時間を積極的に作ってあげられる人、楽しい遊びに付き合ってあげられる人などが向いているでしょう。 ポイント(2)誤食につながるものは片付けて 猫の健康のためにも、屋内飼育がおすすめです。 猫は基本的に薄明薄暮性の動物で、日中は寝て過ごすことが多いため、安心して寝られるスペースを用意してあげましょう。 また、オリエンタルショートヘアーは 運動能力が高く、上下運動を好むので、猫タワーを設置したり、上っても大丈夫な場所を部屋に作ってあげたりするといいですね。 留守番をさせるときは、入ってほしくない場所には行けないよう制限し、誤食につながるような細かいものなどは片付けておきましょう。 ポイント(3)年齢と目的に応じたフードを与えて 主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、 総合栄養食を与えましょう。 一般食は、栄養バランスよりも食いつきを重視しているため、主食には不向きです。 フードのパッケージの裏に総合栄養食と記載されているものを選んで。 猫は、成長や年齢ごとに必要とされる各栄養素の量が異なります。 「子猫用」「成猫用」「シニア猫用」「体重管理用」など、 年齢と目的に応じたフードを与えましょう。 また、猫はもともと飲水量が少なくても生きていける体の構造ですが、そのぶん、結石症や腎臓病にかかりやすいので、なるべく水分を摂らせるよう注意しましょう。 ポイント(4)1日5~10分以上は集中して遊びを オリエンタルショートヘアーはとても活発。 お気に入りのおもちゃを使うなどして、 1日に最低でも5~10分以上は集中して遊んであげましょう。 ポイント(5)ブラッシングでスキンシップを 獣毛ブラシやラバーブラシで、やさしくマッサージをするようにブラッシングを。 被毛は短く少ないので、頻繁に行う必要はありませんが、飼い主さんとのコミュニケーションが大好きなオリエンタルショートヘアーには、 ごほうび代わりにブラッシングを行うのもよいでしょう。 また、 飼い主さんの手のひらで体をなでてあげることも喜びます。 まとめ シャムがタイからイギリスに輸入された1800年代後期、シャムと似た細身の体型で、シャムとは異なる毛色・パターンの猫たちもイギリスにもたらされましたが、当時はほとんど注目されませんでした。 ところが、1950年以降注目され始め、多くのブリーダーによりさまざまな毛色の猫が作出されるようになりました。 1972年、アメリカのシャムのブリーダーが、イギリスで見たこれらの猫たちを「オリエンタルショートヘアー」として母国に紹介しました。 その後、より美しい体型と豊富な毛色・パターンが作出された結果、1977年にCFAにより公認されました。 オリエンタルショートヘアーに似た猫の種類 監修 高野八重子先生 CFAオールブリード国際審査員。 サンフラワーキャットクラブセクレタリー、 ヤマザキ動物専門学校において「ネコ学・審査とグルーミング」の講義を担当。 著書に「猫の教科書」(緑書房 高野賢治氏との共著)、「猫の手入れがわかる本」(誠文堂新光社)などがある。

次の