アブ ローラー 腹 斜 筋。 腹筋ローラーは効果なし?鍛えられる部位・腹筋を割る正しい方法を徹底解説

腹筋ローラーは効果なし?鍛えられる部位・腹筋を割る正しい方法を徹底解説

アブ ローラー 腹 斜 筋

腹筋ローラーを効果的に使用するポイント• 腹筋ローラーを使うと、 どの筋肉が使われるのか• どうすれば、 腹筋だけを重点的に鍛えられるか• どんな時に 腹筋に効いていないのか まず腹筋ローラーで鍛えられる筋肉を知り、その動きを把握しましょう。 それにより どんな時に腹筋が使われているのかが理解できます。 さらに腹筋を重点的に虐められる、 具体的なやり方をご理解いただけます。 それにより 無駄なく腹筋を刺激できる動作が習得できます。 最後は どんな時に腹筋以外の筋肉を使っているかを把握しましょう。 それにより 実は腹筋効いてませんでした事件を未然に回避できるでしょう。 では早速、ぞれぞれの項目を詳しく見てみましょう!まずは腹筋ローラーを使うと、 どの筋肉に効果があるのでしょうか。 スポンサー様 腹筋ローラーで鍛えられる筋肉 効果的な膝コロのやり方• 背筋で伸長しないよう、 背中を少し丸める(引き寄せ・押し出し時)• 腕・肩・背中を、 それぞれ固定する(引き寄せ・押し出し時)• 腹筋で引き戻しやすいよう、 手首を返す(引き寄せ時)• おへそを見ながら、 お腹を丸める(引き寄せ時)• 反動を使わないように、 低速でコロコロする(引き寄せ・押し出し時)• 自分の可動域を知り、 腕を伸ばしきらない(押し出し時)• 収縮時は、しっかり 息を吐ききる(引き寄せ時)• 腹筋に効いていることを確認する(引き寄せ・押し出し時) なんとお忙しい。 膝コロ一つでなんと奥が深い、さすがは最高筋トレグッズ『 腹筋ローラー師匠』です。 では各内容を、イラスト付きで詳しくご説明します。 背筋で伸長しないよう、背中を少し丸める そして 反動を使わないことも、筋トレ全体で大切なポイントです。 ゆっくりとした動作で、 体の反動を使用した膝コロを、全面的に禁止しましょう。 ここでは腹筋をジワリと虐め倒し、同時に 各フォームを丁寧に確認しましょう。 腹筋に効いている感じをゆっくり確認すれば、最終的には 無意識で腹筋を重点的に鍛えられるでしょう。 自分の可動域を知り、腕を伸ばしきらない そして次に、 押し出し時の注意点です。 ここでは過度に押し出さず、 腹筋が伸びきってしまわないようにしましょう。 まず膝コロに限らず、腹筋ローラーを前に出しすぎると、伸びきった腹筋を収縮させられず、腹筋以外の筋肉が出動します。 試しに一度やってみると、 腕・肩・背中がビシバシ痛くなります。 ( 全身を鍛える使い方でもあります) この状況では 腹筋の収縮割合は減り、変なクセもついてしまいます。 そのためあまり押し出さず、 腹筋で引き戻せる範囲に留めると最高です。 収縮時は、しっかり息を吐き出す そして特に引き戻し時には、 呼吸にも注意しましょう。 膝コロでローラーを引き戻す際、 しっかり息を吐きながら行うと効果的です。 同時に腹筋に力を入れながら、ぎゅっと収縮させるイメージで。 これで 押し出しの伸長と 引き寄せの収縮を、しっかり享受できます。 これは腹筋の動きを確認するためと、筋トレ時の呼吸法に基づくもの。 筋トレの 収縮時に息を吐き、 伸長に息を吸うという原則に基づきます。 もちろんダンベルなど、一部の高負荷トレーニングには呼吸法の例外がございます。 しかし 筋肉の流れを確認する膝コロでは、この呼吸法も大切な要素です。 腹筋ローラーってどんな筋トレなの? ここで少し、腹筋ローラーという筋トレについてお話しさせていただきます。 このトレーニングとは、簡単に どの様な筋収縮が行われるのでしょう。 まず腹筋ローラーでの腹筋運動は、 伸張性収縮に分類されます。 次回膝コロを行われる際、次の筋収縮をイメージいただくと良いかもしれません。 この 伸張性収縮は、ダンベル等の高負荷の筋トレにも見られます。 筋肥大にも大変効果的で、より高レベルなボディメイクに適した伸縮・伸長運動だと考えられています。 そしてその筋収縮の負担は大きく、その分 筋肉痛も起きやすい。 腹筋ローラーもこの伸張性収縮の動作を持っているため、本来筋肉痛が非常に起きやすい筋トレです。 そのため、膝コロ前の ストレッチも大切だとされます。 同時に筋肉に過剰な負担をかけない、 節度のある膝コロが必要となります。 ( ストレッチは不要だとする見解も最近は多く見られます) 不用意に腰や腹筋を痛めてしまっては、元も子もありません。 筋肉痛を求めるだけでは、理想の腹筋はおあずけです。 では最後に、 腹筋に効いているかの確認方法も見てみましょう。 スポンサー様 プロテイン並みに高たんぱくなおつまみ・お菓子なら🍩! 腹筋に効いているかの確認方法 腹筋に効いているかの確認事項• 背部に ピキピキとした痛みを感じるか• 引き戻し・押し出し時に、 息苦しさを感じるか• 膝コロ終了時に、 手首が疲労していないか• 一体これらの内容は、どんな意味合いを持つのでしょう。 背部にピキピキとした痛みを感じていないか まずこれは 背中が丸まっていない・ 背筋を使用してる時に散見されます。 広背筋などを使って引き戻し、 腹筋を十分に使えていない場合に見られます。 これはゆっくり30回程度行うと、体感しやすいポイントです。 引き戻し・押し出し時に、息苦しさを感じないか これは膝コロ中に 背中が反っている場合に、良く起きる現象です。 これは全体的に体が沈み、それを 腕や肩の力で支えている状態です。 息苦しさを感じる理由は、背中が反っているため圧力がかかり、 肺が圧迫されているから。 もちろん理想とする腹筋の動きも期待できず、効果も下がってしまいます。 膝コロ終了時に、手首が疲労していないか さらに腕や肩を固定しきれず 手首や腕がメインで働いている場合、手首が疲労しやすくなります。 本来添え木の様に腕を固定すれば、手首への負担も最小限に抑えられます。 あくまで上半身は動かさず、腹筋のみで伸長・収縮させるイメージをお持ち下さい。 膝コロ前と比べて、膝コロ後はしっかり腹筋が固くなっているでしょうか? 本来ハードに腹筋を酷使する、膝コロです。 疲労具合に見合うだけの、 カチコチ感は得られたでしょうか? さらに事前に 通常の腹筋をやっておくと、腹筋の疲労感も感じやすくなります。 少し疲労を感じる程度の腹筋を行い、そのまま膝コロに突入しましょう。 特に腹筋が適切に虐められている場合、 押し出し時の痛みはハンパではありません。 それは膝コロの 伸張性収縮の特徴が、正しく影響している証拠と言えるでしょう。 手に取るように腹筋の痛みが分かり、正しいフォームも習得しやすい。 是非そのタイミングを見逃さず、 前述のポイントを全てご実践ください! そうすればきっと、皆様の腹筋は悲鳴を上げます。 こんなに疲労しているのに、さらに過酷な動きをさせるのかと。 それはまるで、 残業中に残業を言い渡されるようなもの。 恐らく皆様の腹筋は、先週の私のような社畜感を満喫できるでしょう! サイト利用規約 当サイトは リンクフリーですので、ご自由にリンクを張っていただければ幸いです。 レシピご紹介も大歓迎です。 (ご紹介時は全工程の転写は禁止させて頂き、レシピリンクを頂きますよう宜しくお願い致します。 )又レシピの著作権は当サイトに帰属し、いかなる場合にも著作権の放棄は致しません。 当サイトに掲載されているコンテンツをご利用になり、いかなる問題が生じた場合にも、当サイトは一切の責任を負いません。 独自レシピと誤認される転載も禁止させていただきますので、何卒ご容赦ください。 またリンク付き(工程転載・記載は禁止とさせていただきます)であれば、まとめサイトへの掲載も問題ありません。 尚、当サイトに登場するキャラクター及びその職威は架空の物です。 実在するものではありません。

次の

アブローラー1日20回で腹筋バキバキになるよ!まだ腹筋台で1日1000回とかやってないよね?

アブ ローラー 腹 斜 筋

運動不足で普段アブローラーやってない人が1日で20回やったら、次の日かなりの確率で筋肉痛になります。 朝起き上がるのもつらいくらい激痛の(笑) もちろん膝は床に付けません。 膝を床に付けると一気に負荷が軽くなりますからね。 できない場合は無理をせずに最初は膝を床に付けてやりましょう。 筋トレは裏切らないので、その内、膝を床に付けずにできるようになります。 1回1回、なるべく腕から足のつま先までを床と身体が平行になるように伸ばしきって下さい。 腰や腕が曲がったまま途中で止めると腰は楽ですが、腹筋への負荷は弱くなりますので効果が落ちます。 1日20回と書きましたが、毎日やらなくても腹筋はバキバキになります。 週2、3回やれば1~2ヶ月もあればだいぶ変わります。 私も平均週2回くらいしかやってませんし。 しっかりやれば筋肉痛にもなるしね。 休めること(超回復)も大事です。 というよりある程度腹筋がないと2、3回でもきついと思います。 膝を床に付けずに連続して20回できるのであれば相当腹筋が強いので、 1日100回くらいやらないとトレーニングにはならないと思うけど(笑) 実際私も6、7回を3セットくらいが多いですし。 多い時でも5~10セットです。 私は多分頑張っても連続で10~15回が限界だと思う。 今度何回できるか試してみます。 1日20回なら1セットごとに軽く休憩しながらでも5分もかからないですね。 まさか、まだ腹筋台で1日1000回上体起こしとかしてないですよね? 昭和か!(笑) 時間ももったいないよ。 忙しい今の時代、みんな時間ないでしょ。 これからは時短筋トレ(短時間高強度トレ)の時代さ。 ランニングもかな。 だらだら1時間以上走るよりも、20分ダッシュしてさっさと切り上げるみたいな。 高強度時短トレといったら、 クロスフィットトレーニングや タバタ式トレーニングが有名かな。 もう「時間がない」は言い訳にはできないぜ!? 忙しくても運動はなるべくしましょうね。 食事、運動、睡眠の3つはセットだ! 目次• 腹筋毎日1000回!?ご苦労様です!いい加減変わろうぜ(笑) 忙しい今の時代そんなにやってる人いないと思いますが、腹筋台で状態起こし1000回とかやってもそんなに腹筋付かないですよ? 昭和じゃないんだから。 筋肉痛とか大してならないでしょ? 毎日できてるとしたら、それだけ毎日しっかり鍛えられていないということです。 筋肉付いてるとしても効率が悪すぎる。 筋持久力は多少付くかもしれないけど。 というより腹筋1000回って休まずやっても30分くらいはかかるよね? それだったら30分走った方が、 腹筋も少しは鍛えられるし脂肪も落ちるし全身運動にもなってカロリーも消費できるので、おすすめです。 腹筋1000回やるような根性があれば、毎日30分走るのも楽勝でしょう。 でも、腹筋鍛えるのは好きだけど、走るのは嫌いって人も多そうだな。。 1000回もできるってことは相当自分にとって負荷が軽いということ。 筋トレ(無酸素運動)っていうより有酸素運動みたいなもんでしょ。 同じ昭和でも、鉄棒でレッグレイズ(脚上げ)した方が回数も時間も少なく効率よく鍛えられますよ。 レッグレイズは昭和でもないか(笑) 今でも健在か。 あとは鉄棒に脚かけて上体起こしとか。 ボクサーがやってそうなやつですね。 1回1回のしんどさはシットアップの比じゃないです。 他にレッグワイパー(鉄棒にぶら下がって脚を横に振る)も横っ腹メインだけどいいですね。 この3つ実際私もそれぞれ週1、2回やってます。 おすすめです。 でも毎日でも週何回かでも腹筋1000回やるのを継続してるだけでも、ある意味すごいことですけどね。 真似はできないし、したくもないけど(笑) 特に女性にはきついので、最初は床に膝をついてからでもOK! 運動不足の方や日頃から腹筋を鍛えてない方はおそらく床に膝を付けずにやるのは厳しいかもしれません。 特に筋力の劣る女性は。 アブローラーは膝を付けないと脚の力はそんなに使いませんが、腕や背中辺りは結構使います。 例えばディップスやダンベルで上腕三頭筋(二の腕)をパンパンになるまで 鍛えてからアブローラーをやると、お腹よりも先に腕が疲れてしまうと思います。 なので腕が疲れてない状態でやりましょう。 床に膝を付けると格段に負荷が落ちますが(腕立て伏せと一緒)、 それでもやり慣れてない場合は最初数十回やるだけでも翌日筋肉痛になると思います。 でもやり続けていれば、回数も増えていきますし、いつかは膝を床に付けずにできるようになります。 女性にとってはかなり難易度が高いので、あまり無茶はしないでください。 無理にアブローラーや筋トレをやらないでも、走ってるだけでも腹筋はある程度鍛えられますから。 アブローラーは筋肉痛になりやすい=筋肉が付きやすい アブローラーは筋トレの中でもかなり筋肉痛になりやすい種目ですね。 多少個人差あると思いますが、私はアブローラーでしっかりトレーニングをした翌日に筋肉痛に全くならなかった覚えがないです。 最近は慣れてきたからかそこまで追い込んでないからか、 「笑うだけでも痛む」ほどの激痛レベルの筋肉痛にはなりませんが、 「朝起きる時ちょっとつらい」レベルくらいの筋肉痛にはしょっちゅうなります。 筋肉痛になりやすいということは、超回復して筋肉痛が完治すれば 以前より筋肉が付くということですから、筋肉が付きやすいということですね。 毎回のように筋肉痛がくれば、短期間で腹筋バキバキになるのも納得できますよね。 毎日じゃなく週2回で十分です アブローラーはしっかりやればほぼ筋肉痛になるので、毎日はやらなくてもよいかと思います。 中々筋肉痛にならないくらい腹筋が超バキバキに発達したら、毎日やっても問題ないかと思いますが。 めっちゃ筋肉痛がある状態でアブローラーやるとやばいです(笑) 他の部位の筋トレでもそうですが、 筋肉痛がある時くらいはお腹を休ませてあげて(トレーニングを休んで)もよいと思います。 トレーニング内容や体力によっては1週間レベルの筋肉痛になる場合もあると思いますので、 しっかり追い込めるのであれば週1でも筋肉付いていくと思います。 逆に筋肉痛にもならないくらいの負荷や回数でしかやらない場合は、 週3回やっても中々腹筋は変わらないかもしれませんね。 短期間で筋肉を付ける場合は、週何回とかよりも、 1回1回のトレーニングを集中してやるようにしましょう。 ウォーキングやランニングなどの有酸素運動は筋肉痛にはなりにくいので毎日でもできると思いますが、 筋トレは同じ部位は毎日やらなくてもよいと思います。 (筋肉痛になるくらいしっかりやる場合) 膝を床に付けずに連続で5回できるようになれば腹筋は割れてるはず 上でもか書きましたが、私はアブローラーは連続で10回~15回くらいしかできません。 腕や腰をしっかり伸ばしきってやった場合です。 それで腹筋が割れているので、おそらく連続で5回以上できるようになれば腹筋はすでに割れてるはずです。 もちろん腹筋への刺激(筋トレ)はアブローラーだけでなく、 ランニングやダッシュ、フローウィン、サイドベンド、鉄棒でのレッグレイズ、レッグワイパーなどもやってはいますが。 でも腹筋が1番筋肉痛になってるのは間違いなくアブローラーですね。 例外として、筋肉も付いたけどたくさん食べて脂肪も付いちゃってる場合は 腹筋の上に脂肪が覆いかぶさってしまっているかもしれませんが。。 標準体重以下であれば腹筋割れるはずです。 巨漢のボブサップなんかでも割れてますからね。 やれば割れるさ!ありがとお!!! 腹直筋は鍛えられるけど腹斜筋はあまり鍛えられない アブローラーは腹直筋にはかなり効きますけど、腹斜筋にはあまりというかほとんど効きません。 筋肉痛はほぼ腹直筋のみです。 シックスパッドと言われる部分ですね。 腹直筋の中でも特に鍛えられるのが下腹部ですね。 膀胱のあたりかな。 逆に上部のみぞおちのあたりは筋肉痛も弱いので、そんなには鍛えられないです。 あと広背筋のあたりも少しですが筋肉痛になりやすいですね。 ほかに腕力の弱い人は最初の方は二の腕あたりもなりやすいと思います。 腹斜筋と言われる横っ腹のあたりは全くと言っていいほど筋肉痛にはならないので そんなに鍛えられていないはずです。 まあ実際やらなくても、なんとなくでも腹斜筋は大して使われないことは想像できるかとは思いますが。 ところで腹斜筋の筋肉と言えばクリスティアーノ・ロナウドがきれいですね。 腹斜筋のトレーニングのおすすめはレッグワイパー、サイドベンド、フローウィン 腹直筋だけでなく、腹斜筋も鍛えたい方も多いはずです。 腹斜筋は意識しないと中々鍛えにくい箇所です。 腹斜筋のおすすめのトレーニングは、レッグワイパー、サイドベンド、フローウィンの3つです。 レッグワイパーとサイドベンドは筋トレの一種ですが、 フローウィン FLOWIN は筋トレ器具です。 フローウィンについてはで詳しく書いてます。 パッドとシートを使って、脚を固定して上半身をくねらせて横っ腹を刺激します。 サッカー日本代表の長友選手も愛用しています。 横っ腹だけでなく、色んなトレーニングができるので体幹を中心に全身を鍛えることができます。 文章じゃ分かりにくいと思いますので、下に動画張っておきます。 これもアブローラー同様に、見た目は楽そうですが実際にやってみると結構きついです。 レッグワイパーは鉄棒やぶら下がり器具にぶら下がって脚を上げて左右に振ります。 これは自重ではそんなに負荷が高くはない(と思う)ので慣れてくると4、50回くらいできてしまいます。 それでもしっかりやれば筋肉痛にはなりやすい方ですね。 サイドベンドは片手にダンベル持って上体を横に上げ下げするトレーニングですね。 すみません、説明が下手で(笑) 詳しく知りたい方はググって下さい。 サイドベンドも筋肉痛になりやすいですね。 私は20kg前後のダンベルでトレーニングしてます。 腹筋を割るには筋トレだけでなく食事も大事 筋トレだけでなく食事もかなり大事です。 上でもちょこっと書きましたが、いくらしっかり腹筋を鍛えても、 それ以上にたくさん食べてたら中々腹筋を割るのは難しいです。 特に腹筋を割るには体脂肪率を極力増やさないというか、脂肪はあまり付けない方がいいです。 食事内容や量の割に体脂肪率が高い方は、 筋トレだけでなくランニングなどの有酸素運動を取り入れると体脂肪率は落ちやすいですし腹筋も割れやすくなります。 特に走らなくてもボディビルダーのように、食事も徹底して脂肪が極端に少なければ腹筋は割れるでしょうけど。 なので、私のように細マッチョみたいな体型の方は比較的腹筋がバキバキになりやすいと思います。 陸上選手やボクサーみたいな体型ですかね。 ちなみに、私は体脂肪率は6%台です。 体脂肪率12~15%くらいであればうっすらでも腹筋は割れて見えると思います。 ちなみに私はトレーニング以上に食事やサプリメントにはかなり気を使っています。 正直、私は毎日の運動量は大したことありませんが、食生活に関してはかなりストイックです。 ボディビルダーなんかとはまた違ったストイックさですかね。 私の場合は減量期とかないので、1年通してずっと同じような食事内容です。 「今日は何食べよう?」とか考えなくていいので、ある意味楽ですけどね。 詳しくはをご覧ください。 アブローラーまとめ 腹筋(特に腹直筋)を短時間で効率よく鍛えるならアブローラーはとてもおすすめです。 最初は、特に女性は膝を付けてやっても結構きついかもしれないので、無理はしないでください。 ランニングや他の筋トレ同様、慣れない内、特に1番最初にやった時なんかは 翌日激しい筋肉痛に襲われるかと思いますが、 継続していると次第に筋肉痛にもなりにくくなってきますので。 くれぐれも3日坊主で止めないでくださいね(笑) 他の筋トレやランニングもそうですが、 継続していれば必ず効果は現れてきますし、体型も変わります。 確実にね。 何しろ、、、 食事と筋トレは裏切らない!!! からね。 ふっ、今回も決まったな。

次の

腹筋ローラー慣れてきた!次はモンスターマンローラーで片手アブローラーに挑戦!

アブ ローラー 腹 斜 筋

腹筋ローラーは背筋に効く? 腹筋ローラーの基礎をおさらい まずは腹筋ローラーで鍛えることができる部位について説明します。 腹筋ローラーで鍛えられる部位 腹筋ローラで鍛えられる箇所としては大きくわけて3部位になります。 一つずつどの部位か詳しくみてみましょう。 腹直筋・腹斜筋 まずは、腹筋ローラーで効果がもっともある部分です。 腹筋の代名詞でもある腹直筋・斜腹筋です。 体の箇所としては、腹直筋は腹筋の真ん中になり、腹斜筋はそのサイドになります。 「体幹を鍛えて強いボディーを作ろう!」などとよく言われますが、まさにこの部分になります。 この部分がアンダースコアとなり体幹を強くしていくのです。 鍛えることで、お腹周りをシャープにして、腹筋を割ることに繋がっていきます。 また、腰の痛みの緩和まで効果があるといわれています。 脊柱起立筋 背中の上の方にある筋肉で9つの総称名となります。 上半身の背中部分の大半をしめる筋肉であり、普段の生活ではあまり負担がかかる場所ではないので鍛えるのが難しい筋肉でもあります。 「男は背中で見せる!」ではありませんが、この部分を鍛えると背中周りが大きくなり貫禄がかなりつきます。 広背筋 背中の腰から上にかけて逆三角形になっている大きな筋肉がありその部分になります。 よくこの部分を鍛えるときれいで美しい逆三角形の肉体をつくることができます。 また、姿勢もよくなっていくといいましたが、実際に広背筋を鍛えると上半身を支えているのに大きな役目を担っている筋肉なので猫背がなおると腹筋周りの脂肪も上手くとることができるのです。 普段の生活でも広背筋を鍛えると重たい荷物なども簡単に持てるようになります。 背筋も鍛えられる!腹筋ローラーの基本「膝コロ」 お待たせしました。 いよいよ腹筋ローラーでのトレーニング方法を説明していきます。 ちょっとここでもう一度振り返ると腹筋ローラーでは腹筋を鍛えることもできるのですが、背筋も鍛えることができるのを忘れないでください。 やはり鍛えられる筋肉を意識するのとしないで鍛えるのでは雲泥の差が出てきます。 膝コロのやり方 腹筋ローラーの基礎でもある膝コロの基本的なトレーニング方法を説明します。 最初は誰でも出来ないので少しずつ継続することで簡単にできるようになるのでそのあたりを覚えておいてください。 膝コロの効果 大事な効果ですが、腹筋よりも背筋の方に効果があるのが実態です。 膝コロでの腹筋ローラーでは、背中の方に負担がかかり脊柱起立筋を中心に鍛えることができます。 あくまで鍛えられる中心としては背中になりますが、腹筋への効果もあります。 最初の頃は筋肉痛になると思いますが、大きな筋肉を鍛えることになるので毎日トレーニングしても問題ありません。 また、膝コロを継続していくと姿勢がよくなり猫背がなおることで自然とお腹もへこんできます。 効果絶大です。 膝コロ50回チャレンジ 膝コロを継続して続けられるようになってきたら、少しだけゲーム感覚として50回チャレンジを週に一回ほど入れるとさらに効果がでてきますので取り組んでみるのがおすすめです。 また、毎日同じトレーニングを続けていると飽きてくるのでこのように少しアクセントをつけることをおすすめします。 最初は無理せず50回を目安に挑戦していきちょっとずつ回数を増やしていくのも面白いかも知れません。 立ちコロも効果絶大! 腹筋ローラーの上級者向けの立ちコロは筋肉への効果が抜群です。 膝コロで慣れてきたら挑戦してみてください。 今まで膝コロをやっていたので筋肉痛にはなることはないと思っていたのですが、意外と筋肉痛になり効果の違いにびっくりします。 膝コロ同様に最初は一回もできないかも知れませんが、こちらも徐々に試してみてください。 立ちコロをする際のポイントとしては、膝コロでは膝を中心に支えていましたが、立ちコロではつま先での支えになりますので、滑りにくい場所で行ってください。 また伸びきった後に最初の姿勢に戻る時に少し腕の筋肉を使い戻すことになるので腕の筋肉も多少つきます。 まとめ 腹筋ローラーで鍛えることができる場所が意外と多いです。 上半身を中心に鍛えることができ家で手軽にできるのが腹筋ローラーの特徴になっています。 ちょっとした器具なのですが、使ってみると長年の筋トレで注目させていることがよくわかります。 腹筋を割りたい方も背筋も鍛えたい方もこれ一つで問題が解決できますので是非とも試して欲しい商品です。 また、継続がなかなできていない方は習慣化するために何かのついでに腹筋ローラーをさせるのが習慣化するコツです。 例えば着替える時に行う、歯磨きを行った後に行うなど私生活で毎日することの何かとセットすると継続できます。

次の