魚心 あれ ば 水 心 あり。 ことわざ・魚心あれば水心

水心あれば魚心

魚心 あれ ば 水 心 あり

【注釈】 相手の出方によって、こちらの対応の仕方も違ってくる。 相手が好意を示してくれれば、こちらも応じようというたとえ。 多く、相手の態度によって自分の行動をどうするか決めるという意で使われる。 水に棲む魚がその水に好意を持てば、水もその魚に好意を持つことから。 本来は「魚、心あれば、水、心あり(魚に心あれば、水に心あり)」であったが、後に誤って「魚心」「水心」とそれぞれ一語化したもの。 【出典】 - 【注意】 - 【類義】 網心あれば魚心//君心あれば民心あり/誘う水あればいなんぞと思う/ 【対義】 落花情あれども流水意なし 【英語】 Claw me and I will claw you. (私を掻いてくれたら、私も君を掻いてあげよう) Love is the loadstone of love. (愛は愛の磁石である) Serve me, serve you. (君が僕に尽くしてくれれば、僕も君に尽くそう) 【例文】 「水心あれば魚心だ。 相手が折れてきたのだから、こちらも受け入れよう」.

次の

「魚心あれば水心」の使い方を例文で解説!意味や語源・類語も紹介

魚心 あれ ば 水 心 あり

意味 相手のことを、本当に思う気持ちがあれば、相手も、それに応じて、好意を 示してくるものである、ということ。 解説 このことわざは、本来、「魚、心あれば、水、心あり」といっていたようで、水の中に 住んでいる魚に、水を思う本当の気持ちがあれば、水のほうも、同じように魚に対して、好意を もってくるということから生まれたようです。 「魚心」と「水心」が、1つの言葉に、 なってしまったため、このようになったようです。 また、逆に、相手が、こちらに好意を 示せば、こちらも、相手に対して、好意を持って対応しようという意味もあるようです。 「水心あれば魚心」とも言います。 このことわざは、友人の分類でも、よかったかもしれません。 重要語の意味 魚心=「うおごころ」と読み、魚が水を思う気持ち。 水心=「みずごころ」と読み、水が魚を思う気持ち。 好意=「こうい」と読み、あるものに対して、よく感じ、 心がひかれる気持ち。 好きだという気持ち。 いわれ(歴史)と重要度 江戸時代の浄瑠璃の一つ、関取千両幟(せきとりせんりょうのぼり)。

次の

「魚心あれば」とは?意味や使い方をことわざを含めてご紹介

魚心 あれ ば 水 心 あり

この心の 通じる国と通じない国がある。 昔は野蛮人と言われていたけれど 今では仮面をかぶり装って居る国が多くなった。 日本にも増えている。 住みにくくなっているのは確かである。 みなさんも気をつけて下さい。 より多くの事を知れば知識が色んな防御ができる。 楽しんで下さい。 日本を。 2.「魚心 うおごころ あれば水心」の略。 川・湖などの中央。 関取千両幟に「太夫が身を講はおれ次第、魚心あれば水心あり」とある。 〔情事語〕 先方が我に対して好意が有れば、我も亦先方に好意をもつこと。 関取千両幟に「太夫が身を構はおれ次第、魚心あれば水心あり」とある。 〔俗〕相手が我に対して好意があれば我も又相手に好意をもつを辞さずの意。 「魚心あれば水心あり」より出ず。 誠意又は報酬を匂わせた好意。 先方の気持ち次第で、こちらの態度も決まる。 ・(用法)相手の求めているものが、身勝手なものであったり不正なものであるときに、それにあわせ同様に正当でないものを求めるときに用いる 「どうだい、俺が教えてやろうか。 」彼女はこの上もなく喜んで、彼の手に接吻した。 「ああ私は、」とフランソアーズはクリストフに言った。 「その男をどんなにか愛するところでした。 」しかし役者はそのあとですぐに言い添えたのだった。 「ただ、お前にもわかってるだろうが、魚心あれば水心と言ってね……。 先方の気持ち次第で、こちらの態度も決まる。 相手に対する好意。 魚に水を思う心があれば、水も其の気持ちをくみとるであろうということ。 【魚心あれば水心の解説】 【注釈】 相手の出方によって、こちらの対応の仕方も違ってくる。 相手が好意を示してくれれば、こちらも応じようというたとえ。 多く、相手の態度によって自分の行動をどうするか決めるという意で使われる。 水に棲む魚がその水に好意を持てば、水もその魚に好意を持つことから。 本来は「魚、心あれば、水、心あり(魚に心あれば、水に心あり)」であったが、後に誤って「魚心」「水心」とそれぞれ一語化したもの。 【出典】 - 【注意】 - 【類義】 網心あれば魚心/君心あれば民心あり/誘う水あればいなんぞと思う/水心あれば魚心/落花流水の情 【対義】 落花情あれども流水意なし 【英語】 Claw me and I will claw you. (私を掻いてくれたら、私も君を掻いてあげよう) Love is the loadstone of love. (愛は愛の磁石である) Serve me, serve you. ・意味 相手のことを、本当に思う気持ちがあれば、相手も、それに応じて、好意を示してくるものである、ということ。 ・解説 このことわざは、本来、「魚、心あれば、水、心あり」といっていたようで、水の中に住んでいる魚に、水を思う本当の気持ちがあれば、水のほうも、同じように魚に対して、好意をもってくるということから生まれたようです。 「魚心」と「水心」が、1つの言葉に、なってしまったため、このようになったようです。 また、逆に、相手が、こちらに好意を示せば、こちらも、相手に対して、好意を持って対応しようという意味もあるようです。 「水心あれば魚心」とも言います。 このことわざは、友人の分類でも、よかったかもしれません。 ・重要語の意味 魚心=「うおごころ」と読み、魚が水を思う気持ち。 水心=「みずごころ」と読み、水が魚を思う気持ち。 好意=「こうい」と読み、あるものに対して、よく感じ、心がひかれる気持ち。 好きだという気持ち。 ・いわれ(歴史)と重要度 江戸時代の浄瑠璃の一つ、関取千両幟(せきとりせんりょうのぼり)。

次の