ムフェト ライト。 【MHWI】ムフェトジーヴァ水速射ライト装備の紹介:徹甲榴弾運用も可能

【MHW:IB】ムフェト周回・最安定の覚醒水ライト装備と立ち回り紹介│Canine Conquers

ムフェト ライト

最近はPC版ばかりやっています。 PS4版かPC版か、ソロでやるなら断然PC版だと思ってます。 ロードが爆速だし画質もきれい、フレームレートも高くキャラやモンスターの動きがスムーズと良いことがほとんど。 ただ周りにPC版のユーザーがいないのでソロでやるしかないというのが唯一のネックだけども、もともとゲームは早朝にしかせず誰とも時間が合わないので特に問題でもないんですけどねー。 誰かPC版で早朝(AM5時〜10時)にご一緒できる人いれば声掛けてもらえると嬉しいんだけどw Twitterもやっているのでよかったら声かけてください! さて、PC版のキャラがだいぶ育ってきたので最近はムフェトをまわしています。 最近作ったムフェト用の装備を書いてみたいと思う。 PC版の方はまだ装飾品が充実していないので足りないスキルもありますが、 レア装飾品なしで組むとこんな感じっていう内容になっています。 ムフェト用ライト装備 覚醒水ライトが運良く早い段階で出てくれたのでさっそく採用。 水ライトはムフェトの報酬で優先的にもらった方が良いですねw 知ってる人も多いと思うけど欲しい武器種を装備してから報酬をもらうと、報酬の最後の2枠が装備している武器種と同じになります。 最初のうちはライトボウガンを装備してから報酬をもらうと水ライトが狙いやすくて良いかもしれませんね。 あと、覚醒水ライトのカスタム強化は 回復能力付与を付けています。 カスタム枠の拡張はまだしていません(素材が足りないので) カスタム枠拡張後は属性・状態異常強化を付ける予定。 攻撃で会心が発生した際に与える属性ダメージ(火、水、雷、氷、龍)がかなり高くなる。 胸のブラキ防具は持っていたものを流用しただけw 長く使うつもりはなかったのでこれくらいで大丈夫かなと。 Lv2以下だと流水弾の装填数は増えません。 この2発の差はかなり大きいので装飾品が充実してきたらつけようと思ってます。 あとカスタム強化の回復能力付与で割と体力が満タンを維持できるのでフルチャージは相性が良いかもしれません。 上記のスキルで実際にムフェトに行ってみた感想としてはちょっと火力が物足りないので、装飾品で挑戦者やフルチャージなど火力スキルを上げると良いと思います。 龍紋シリーズ スキル 水属性攻撃強化Lv6 弱点特効Lv1 逆恨みLv4 破壊王Lv1 回避性能Lv4 体術Lv1 体力増強Lv3 ひるみ軽減Lv1 超会心Lv3 業物/弾丸節約Lv1 属性やられ耐性Lv2 災禍転福Lv1 体力回復量UP シリーズスキル 龍脈覚醒 真・龍脈覚醒 龍紋シリーズ一式が作れるなら、さっきのシルバーソルベースよりも絶対にこちらの方が良いです。 火力が全然違うので。 つけておきたいスキルは先程のシルバーソルベースと基本は変わらないが、この龍紋シリーズの場合「逆恨み」はつけておきたい。 龍紋のシリーズスキル「真・龍脈覚醒」は「逆恨み」と相性が良いのは言うまでもないですよね。 体力ゲージに赤い部分がある間、攻撃力が上がる。 回避性能は意外と使える印象。 地面の爆発は回避性能があるとタイミングよく回避すれば被弾を免れられます。 先程のシルバーソルベースには付けるのを忘れてたけど 「ひるみ軽減」はLv1で良いのであった方が良いと思う。 これがないと、例えばムフェトがダウン時に頭に起爆榴弾を撃ちたい時に味方の攻撃でひるんでしまって不便な想いをしますw 最近思うんだけど「ひるみ軽減」はもうデフォルトでつけておくべきスキルなんじゃないかなぁw ムフェト用大剣装備 スキル 攻撃Lv4 集中Lv2 体力増強Lv3 回避距離UPLv1 属性やられ耐性Lv3 精霊の加護Lv1 超会心Lv3 ひるみ軽減Lv1 弱点特効Lv3 整備Lv1 破壊王Lv3 龍封力強化Lv1 回避性能Lv3 シリーズスキル 龍脈覚醒 真・龍脈覚醒 個人的には基本は水ライトで参加してボウガン系のメンバーが2人以上いるようなら、こちらの装備で出撃しようという考えです。 主に頭、胸、尻尾の破壊を目的としているので 破壊王Lv3を付けておきました。 今回護石で集中をつけているんだけど素材がすぐに集まりそうにないので当面はLv2の運用になりそう。 でも意外と集中Lv2でもいけたりするんですけどねw あと 龍封力強化をつけることで地脈エネルギーの枯渇を早めることができるので付けられるなら付けておきたいかなと。 これで部位破壊(尻尾、頭、胸)を狙っていきます。 終わりに 今回載せた装備は理想の装備ではないけど、これだけで充分ムフェトが楽しく狩れます。 ムフェトは野良でやると作業感がすごかったけど、最近は水ライトと大剣を使い分ける運用が楽しいですねw 今後は狩猟笛やハンマーなんかもやっていきたいと思ってるんですけどねー。

次の

【MHWアイスボーン】ムフェトジーヴァの弱点と攻略丨配信期間【モンハンワールド】|ゲームエイト

ムフェト ライト

ムフェトジーヴァの対策スキルは?ライトボウガン編 まずは、ムフェトジーヴァと戦う際の必須スキル・オススメスキルを紹介していきます。 体力増強 … 体力底上げで生存率を高めるスキル。 これがないと一撃死してしまう場面が増えるため、何がなんでもいれておきたい。 破壊王 … 部位破壊で報酬が増えるため。 かなり硬いので、破壊王スキルはほぼ必須。 その他にオススメのスキル• 超会心 … 会心攻撃時の火力アップスキル。 3(MAX)まで上げると、会心時のダメージが1. 4倍になる。 見切り … 会心率アップのため。 弱点特攻Lv. 使う属性に応じてLv. 6推奨。 個人的には、上記4つはほぼ必須。 スタミナをMAXにキープしないと発動しないため難しいと思われるかもしれませんが、ほとんどの攻撃はモンスターの周囲を回るように立ち回れば避けれるため、比較的簡単に発動できます。 1 超会心 Lv. 4 装衣(1) 転身の装衣・改 (1)(1) 好きな珠(1)x 2 装衣(2) 不動の装衣・改 (1)(1) 好きな珠(1)x 2 発動スキル(装飾品込み)• 真・会心撃【属性】(シルソル4部位シリーズスキル)• 見切り Lv. 雷属性攻撃強化 Lv. 風圧耐性 Lv. 体力増強 Lv. 超会心 Lv. 破壊王 Lv. 渾身 Lv. スリンガー装填数UP Lv. 1 シルソル4部位で発動する真・会心撃【属性】に加え、破壊王を組み込んだムフェトジーヴァ周回用の雷属性ライト装備です。 真・会心撃【属性】は会心攻撃時に属性ダメージを高くするスキルのため、会心率が大事になります。 マム・タロト周回の時にもかなり使われていた冥灯ライトですが、武器自体に弾丸節約スキルが付いているのはめちゃくちゃ強いです。 その上、素会心も10%でさらに大スロットも2つあるという、文句なしの性能。 見切りLv. 渾身Lv. ムフェトジーヴァは部位破壊をすることで報酬が増えるのですが、とにかく硬い…!! 部位破壊まで時間が結構かかるため、破壊王はほぼ必須 です。 壊れるまで殴るのだ! オススメポイント• 剣士では部位破壊が難しい両翼を破壊できる• 破壊王を入れているので、部位破壊がしやすい• クラッチで傷が入っていない部位にもそこそこのダメージを出せる• 装飾品の難易度がそこまで高くない デメリット• 理由は下記の通りです。 モンスターの体が非常に大きい• 距離を保つことで被弾率がかなり低い• クラッチの傷がなくても属性弾で良いダメージが出る この3つに加え、 近接武器では破壊することが極めて難しい両翼の部位破壊、PTに1人ライトボウガンがいれば可能です。 部位破壊をすると達成度が上がりもらえる報酬が増えるので、翼を破壊できるボウガン・弓はPTに最低でも1人は必須と思われます。 また、属性ライト使用時、ムフェトジーヴァからの敵視を取ることが非常に多かったです。 敵視条件は不明ですが、仮にDPSだとしたら、PTの中でもかなり火力を出せているということになります。 DPSとは「Damage Per Second」の略で「1秒あたりのダメージ」を意味する。 【まとめ】ムフェトジーヴァ周回には属性ライトが最適解? 脳死でムフェトジーヴァを周回したい方には、属性ライトが非常にオススメです。 両翼の部位破壊が可能な上、尻尾以外の部位は全て部位破壊を狙うことができます。 ムフェトジーヴァ周回の際には、最低でも破壊王Lv. 3を組み込んだ装備で戦いましょう! 「属性ライトを使ったことがない…」という方も、これを機に始めてみるのもアリだと思います。

次の

ムフェト戦でのライトボウガンでの立ち回り

ムフェト ライト

基本は地脈エネルギーを補給後に状態異常を狙う ライトボウガンは睡眠・麻痺といった状態異常を、任意のタイミングで入れることができるのが強み。 となると大事なのはタイミング。 基本は地脈エネルギーを補給後を狙うといいです。 特に3層では攻撃が激しいので、3層まで温存しておくといいかもしれません。 3層での狙い目は地脈エネルギー補給後かつ、ムフェトが臨界状態に移行したタイミングがベスト。 臨界状態ではダメージがよく通るし、お腹の部位破壊もあるので麻痺による拘束は効果的です。 さらに徹甲榴弾によるダウンと乗りダウンも狙えば、さらに安全になります。 地脈エネルギーを補給したときにでるNPCの会話で、あと何回地脈エネルギーを補給するのかを確認しつつ、麻痺、睡眠、徹甲榴弾、乗り拘束を計算すれば、ライトボウガンの独壇場でしょう。 その場をコントロールできるのが、ライトボウガン。 まぁムフェトを1周討伐なのか、2周討伐なのかで立ち回りは変わりますけどね。 ライトボウガンは敵視を取ることが多い? ムフェトから敵視を取る条件はよく分からないのですが、サークルメンバーがいうにはどうやらダメージを与えた総量に関係があるらしい。 ダウンによる攻撃チャンスが少なければ少ないほど、 ムフェト一式装備も相まって継続的にダメージを叩き出しているライトボウガンが敵視を取ってしまうのでしょう。 そこで大事なのが敵視を取ったあとのライトボウガンの立ち回り。 敵視を取ると攻撃が集中するわけですが、敵視を取ったものが逃げ回っていては、モンスターが走りまわって味方が攻撃できなくなります。 近接と遠距離の割合でいったら近接のほうが多いわけですから、近接が困りますし時間が限られているので無駄に浪費することになります。 敵視を取ったらモンスターをなるべく移動させず、味方が攻撃を安定して与えられるようにする必要があります。 とはいえライトボウガンに盾はありませんので、うまく捌く必要があります。 ムフェトは予備動作が分かりやすい部類だと思います。 敵視中の行動パターンは限られていると思って、覚えていけば捌けるようになります。 基本は攻撃を避けたら正面に戻る。 そうすることでモンスターがその場に留まるので味方が攻撃しやすくなります。 気をつけなくてはいけないのが、拘束攻撃。 距離が離れている場合、頻繁に使ってきます。 モンスターに向かって左に回避行動を取れば避けることができます。 引きつけてからでも避けられるので、わりと時間に猶予はある感じです。 厄介だと感じたのが両腕の叩きつけ攻撃。 予備動作を見てから避けても、少し触れるだけでビターンッとなります。 しばらく行動できなくなるので注意ですね。 両腕の叩きつけは距離が近い場合、ムフェトのお腹下あたりに位置取りすると頻繁にしてくるように感じました。 噛みつきや突進噛みつきは攻撃チャンス。 噛みつきは遅いので問題ないのですが、突進かみつきはフェイトを混ぜたような動きで割りと早い。 モンスターに対して自分がどの位置にいるかで、前転か右・左に回避行動を取りましょう。 またムフェトは敵視に関わらず、ブレスを予測撃ちしてきます。 あきらかにこちらにブレスを撃つように口をあけて、こちらを追尾したような動きを見せます。 この場合、同じ方向に走って逃げると確実にブレスがヒットしてしまいます。 よく見ると、ブレスを撃つタイミングでこちらの移動している方向に、クイッと動いてブレスを撃っています。 なので動きを追尾されていると思ったら、ブレスを撃つ寸前に逆側に回避するといいです。 敵視を維持、攻撃を捌くのが厳しい場合 また敵視は維持するために、攻撃を与え続ける必要もあります。 ライトボウガンは攻撃を避けながら、攻撃を当てることに長けてはいますが、ちょっとしたことで乙ってしまいます。 どうしても厳しいと思う場合は敵視を変わってもらうのがいいでしょう。 もしパーティーメンバーにランス、ガンランスがいるのであれば、敵視を変わってもらうのも手ですね。 ランスからすれば敵視取っている方が立ち回りやすいはずですし。 敵視を変わってもらうには、頭でスリンガー全弾発射の吹き飛ばしすれば、確定で敵視が移ります。 3層での落石に注意 3層でムフェトが天井に向かってレーザーを放つと落石が発生する。 落ちてきた岩はそのままムフェトの一撃必殺から逃れる遮蔽物になるのですが、落石がヒットすると拘束状態になってしまう。 どの武器にも言えることだが、落石の兆候が見られたら地面を確認すること。 落石してくる場所は地面が赤くなる。 落ちてくる岩の影?みたいなもののようで、地面を確認することで避けることができる。

次の