切り干し 大根 保存 期間。 切り干し大根の保存方法

【冷凍できるの?】切り干し大根の冷凍保存方法とアレンジレシピ!

切り干し 大根 保存 期間

乾燥切り干し大根の賞味期限 切り干し大根は、大根を千切りにして天日干したものです。 使い方は、一度水やぬるま湯で乾燥させたものを戻す必要があります。 乾燥切り干し大根を保存する場合は常温で保存します。 賞味期限は半年から1年です。 冷蔵庫ではなくて常温で高温多湿の場所を避けて冷暗所で保存するようにします。 もしも、一年を過ぎてしまった乾燥切り干し大根を見つけてしまったらカビなどが生えていない場合は食べられるようですが、色が変わっていたりする場合はやめておく方が良いと思います。 私は、期限が切れている場合は安全のため食べない方が良いと思います。 歴史 切り干し大根は宮崎県で全国の9割生産されています。 江戸時代からの代表的な乾物でした。 当時は尾張(現愛知県)が主流でした。 明治に入り宮崎にも切り干し大根の原料が入り、今では宮崎で全国の9割が作られるようになりました。 スポンサードリンク 乾燥切り干し大根、作り方 自家製で作る乾燥切り干し大根の作り方です。 大根の皮をむいてから輪切りにして、拍子切りにします。 切った大根をザルなどに重ならないように並べて、天日干しします。 上手くいけば4日~1週間ほどで出来ます。 天気が良いことを願うばかりです。 ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存します。 この時、常温でも保存できますが高温になってしまうと切り干し大根の色が変色してしまうため冷蔵庫での保存をおすすめします。 生の大根より栄養分も高くなるので、干して切り干し大根にすることをおすすめします。 まとめ 切り干し大根の乾燥の賞味期限は半年から1年程度です。 自家製のものは密閉ではないので冷蔵庫保存をおすすめしますが、市販のものは常温で保存しても大丈夫です。 この時、高温多湿の場所に置かないように気を付けてくださいね。 賞味期限を過ぎてしまった切り干し大根も一応は食べられるようですが、安全を考えると私は食べない方が良いかと思います。 乾燥しているのである程度は大丈夫だとは思いますが、やはり破棄する方が良いでしょう。

次の

切り干し大根の冷凍保存期間はいつまで?味落ちの心配はあるの!?

切り干し 大根 保存 期間

乾燥切り干し大根の賞味期限 切り干し大根は、大根を千切りにして天日干したものです。 使い方は、一度水やぬるま湯で乾燥させたものを戻す必要があります。 乾燥切り干し大根を保存する場合は常温で保存します。 賞味期限は半年から1年です。 冷蔵庫ではなくて常温で高温多湿の場所を避けて冷暗所で保存するようにします。 もしも、一年を過ぎてしまった乾燥切り干し大根を見つけてしまったらカビなどが生えていない場合は食べられるようですが、色が変わっていたりする場合はやめておく方が良いと思います。 私は、期限が切れている場合は安全のため食べない方が良いと思います。 歴史 切り干し大根は宮崎県で全国の9割生産されています。 江戸時代からの代表的な乾物でした。 当時は尾張(現愛知県)が主流でした。 明治に入り宮崎にも切り干し大根の原料が入り、今では宮崎で全国の9割が作られるようになりました。 スポンサードリンク 乾燥切り干し大根、作り方 自家製で作る乾燥切り干し大根の作り方です。 大根の皮をむいてから輪切りにして、拍子切りにします。 切った大根をザルなどに重ならないように並べて、天日干しします。 上手くいけば4日~1週間ほどで出来ます。 天気が良いことを願うばかりです。 ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存します。 この時、常温でも保存できますが高温になってしまうと切り干し大根の色が変色してしまうため冷蔵庫での保存をおすすめします。 生の大根より栄養分も高くなるので、干して切り干し大根にすることをおすすめします。 まとめ 切り干し大根の乾燥の賞味期限は半年から1年程度です。 自家製のものは密閉ではないので冷蔵庫保存をおすすめしますが、市販のものは常温で保存しても大丈夫です。 この時、高温多湿の場所に置かないように気を付けてくださいね。 賞味期限を過ぎてしまった切り干し大根も一応は食べられるようですが、安全を考えると私は食べない方が良いかと思います。 乾燥しているのである程度は大丈夫だとは思いますが、やはり破棄する方が良いでしょう。

次の

家庭でも簡単に作れる!保存食としての切り干し大根

切り干し 大根 保存 期間

1、洗って皮をむく 大量の大根を良く洗って皮を剥きますが、 皮を剥く人と皮を付けたままの人がいます。 どちらでもお好みで構いません。 2、千切りにする 5ミリ厚くらいの厚さに千切りにします。 千切りにする人と、輪切りのまま干す人がいますが、どちらでもお好みで構いません。 3、干します 大き目の平らな竹ザルにまんべんなく広げて天日で干します。 干しかごでも干せますが、重いカゴを吊り下げる場所が必要です。 4、1週間~2週間干します。 その代わり、戻したときに沢山食べられます。 また、夜は室内の移動する方がいいですよ。 コツは、 なるべく広げて干して、風通しを良くすることです。 でも、湿度が冬に比べてかなり高いので、作るのが難しいです。 2、冷房を入れる時、風が一番当たる場所に置く。 たったこれだけでも、かなり違いがあります。 しっかり広げて、風通しを良くしてください。 夜には部屋へ入れて、風を当てる方が良いでしょう。 その中でも、北米やオセアニアでは乾燥している場所が多いので、 比較的切り干し大根を作りやすい環境です。 ただ、ネズミや鳥、その他の野生動物に十分気を付けながら作って下さい。 襲われる可能性は高いでしょう。 見た目は別で、日が当たって干すことができれば良いんですから。 ここでは、簡単で基本的な作り方を紹介します。 1、乾燥した切り干し大根を、水に戻します。 ボールや鍋に水を張って、30分~1時間浸しておきます。 この時、やや温い水がコツです。 同時にダシをとります。 ダシはお好みで構いませんが、いりこだしやかつおだしが一般的です。 ダシ x 2カップ、醤油 x 大さじ2、みりんと料理酒 x 大さじ1づつ 塩と砂糖で味を調えて下さい。 2、鍋に入れて沸騰させる 切り干し大根を、お湯で煮こぼすようくらい沸騰させて臭みをとります。 そのあと水にさらして冷ましたら、ざるに開けて水を切ります。 3、具を炒める 油はごま油がおすすめです。 入れる具材はお好みで構いません。 代表的なのは、 ニンジンと油揚げです。 でも、 シイタケや鶏肉の細切りを入れても美味しいですよ。 具材を炒めて焦げ目がついたら、切り干し大根を加えて炒めます。 4、煮る そのままフライパンの中にだし汁を入れて煮ます。 時々混ぜてください。 具に火が通ったらそのまま冷まします。 味が薄かったら、ちょっと醤油を加えてから火を止めてください。 5、冷めたら完成! 味は冷める時に染み込みます。 冷めたら完成! 最後に切り干し大根の作り方について 大根サラダも美味しいですけど、干すと保存が効く上に栄養価が上がって、 美容や健康に良いと切り干し大根は言われています。 しかも低カロリーで食物繊維も豊富なので、ダイエットにも向いています。 作り方は簡単でした。

次の