大島康徳 欠陥住宅 細田工務店。 大島康徳…阿佐ヶ谷の自宅が欠陥住宅で「細田工務店」と裁判になる?!

5千万円の驚愕の欠陥住宅!傾きで動悸、家中に水たまりカビだらけ、一晩中騒音 (2016年3月21日)

大島康徳 欠陥住宅 細田工務店

元野球選手の 大島康徳さん(おおしまやすのり)が購入した5000万円のご自宅。 それがまさかの 欠陥住宅だったのです。 自分の家を新しく建てて、これから新しい人生を生きていこう。 がんばるぞって思っているときに、家自体が 欠陥住宅でできあがっているだなんて誰も思わないですよね。 大島康徳さん(おおしまやすのり)が購入した自宅が残念ながら 欠陥住宅だったというのです。 それが原因で裁判沙汰にもなってしまっています。 そんな 大島康徳さん(おおしまやすのり)が爆報!THEフライデーに出演されます。 そこで 大島康徳さん(おおしまやすのり)が自宅を 欠陥住宅だと思った理由やがんになって住宅ローンは免除されないのかについてお話しをしていきます。 スポンサードリンク 目次• 5000万円もした家が、人間が生活できるような家ではなかったのです。 信じられませんよね。 新しい家、初めは嬉しくて嬉しくて仕方がなかったと思います。 その家に住んでいくにつれて、体調不良になったり、いろいろな家の欠陥が見えてきたりと絶望ですよね。 ローンがなくなるわけでもありませんし、家を建て直ししてくれるわけでもありません。 大島康徳さん(おおしまやすのり)の家を建てたハウスメーカーの対応も悪く、裁判沙汰になるしで散々な目に合われています。 人生の一番のお買い物である家の購入をする時に、信頼していたハウスメーカー、家が建て終わったら終わりと言わんばかりな態度をとるなんてひどすぎますよね。 家選びは信頼できるハウスメーカーなのか、そして信頼できる担当営業を見つけ出すのがもしかすると一番難しいのかもしれませんね。 大島康徳 おおしまやすのり はがんで住宅ローンは免除されないの? 家を購入した時期が1993年で、大腸がんと診断されたのが2016年の10月ですので、家を購入してから23年ですので住宅ローンが免除されないのかが気になって調べてみました。 私は、住宅ローンを組んだ人ががんと診断されるとローンは全員が免除になるものだと思っていたのですが、どうやらそうではないようです。 がんの特約付住宅ローンを組んだ人でしか住宅ローンの免除にはならないようなのです。 がんの特約付住宅ローンの中にも種類があって、がんと診断されてから入院が継続された場合や、仕事に従事できないといった状況になった場合に住宅ローンの免除の場合やがんと診断されただけで住宅ローンを免除される場合など、保険の内容によってさまざまでした。 しかも、 大島康徳さん(おおしまやすのり)は、野球選手でしたので、他の一般人に比べると保険を自由に選びにくいのです。 スポーツ選手の職業制限を受けたことによって、がんの特約付住宅ローンを組めていなかったかもしれません。 分かりませんがもしかすると、 大島康徳さん(おおしまやすのり)はがんなのに、住宅ローンを払い続けているのかもしれません。 スポンサードリンク 大島康徳(おおしまやすのり)の自宅が欠陥住宅!? がんで住宅ローンは免除されないの?のまとめ 大島康徳さん(おおしまやすのり)の自宅が 欠陥住宅でご本人は大腸がん、つらすぎますよね。 欠陥住宅の問題を抱えたこともストレスになっているのではないかと思います。 大島康徳さん(おおしまやすのり)の家を造ったハウスメーカーがそれなりの誠意ある対応をしてくれたらまだ、丸く収まることができたのかもしれませんが、最悪な対応をされていましたし、大島康徳さん(おおしまやすのり)をクレーマー扱いするなどの対応までしてきていましたので裁判沙汰にまでなってしまったのかもしれません。 きっと 大島康徳さん(おおしまやすのり)も、もしも一からやり直せるのなら、他のハウスメーカで一からやり直したいと思っているのではないかと思います。 これから家を建てようと考えているあなたはハウスメーカー選びの段階で失敗をしないようにしてくださいね。

次の

企業概要

大島康徳 欠陥住宅 細田工務店

大島康徳さんのご自宅 大島康徳さんのご自宅は、 場所:杉並区阿佐ヶ谷 1993年(平成5年)に建てられました。 杉並区と言えばとても人気のあるエリアですね。 プロ野球選手として活躍していた大島さんの夢のマイホーム 32坪の土地,半地下のある地上3階建ての注文住宅で 5000万超えの価格だったそうですよ。 当時、大島康徳さんは現役を引退した頃です。 頭の中にはこれからの解説者としての人生やマイホームの ローンなどのことでもいっぱいだったそうです。 ショックを受けたという声があるほどです。 最初に奥さまが 部屋の寒さに異変を感じたのです 尋常でない部屋の寒さ、そしてすきま風があることも発覚し、 それ以外に 設計図を無視している(コンセントの位置) 蛍光灯が落下する(接着剤で設置) 車庫が浸水し車がダメになってしまう エアコンから水があふれ出す 天上には黒々とした雨漏れの跡 お風呂場の床が抜け落ちる(劣化) などの異変が数珠つなぎに露呈されていくのです。 H工務店は杉並区にあった! 爆報!フライデー放送後、そのハウスメーカーはどこだ? という視聴者が多かったようですね。 H工務店だという情報が流れてからその会社のホームページ 開けない状態になっていましたもの。。 雨漏りを指摘する大島さん夫婦に対して 応急処置だといい、ティッシュを詰めて1年半ほったらかしにされたそうです。 困る事が出てきてH工務店に対応を依頼するほど、反対に大島さん夫婦を クレーマーとして受け入れたそうです。 そこで大島さんは建築ジャーナリストの岩山健一さんに家の検査を依頼し、 その検査結果を持って会社に対応を求めます。 そこまでしても返答のない状況です。 そうして2ヵ月が過ぎたある日、 突然裁判所から調停の書類が大島さん宛で届きました。 ハウスメーカー側が大島さんを訴えたのです。 ???????????????? その訴状には 大島さんの人格を否定するような表現がありました 驚いた大島さんはすぐに弁護士に相談して裁判をすることになりました。 ここから5年半も続く裁判が始まったのです。 杉並区阿佐ヶ谷でハウスメーカーを検索してみると 「細田工務店」(株式会社細田工務店)という建設会社がヒットします。 世の中にはこのように不誠実でいい加減なことをしながら生きている メーカーもあるんですね。 まとめ 大島康徳さんの欠陥住宅の事情をすべて知り複雑になりました。 それでも争いを続けることに終止符を打つことに。 現在、大島さん一家はマンションに引っ越して、 2LDKの部屋で暮らしています。 杉並区の自宅は建て替えが始まりました。 別の建設会社・秀光ビルド(株式会社秀光ビルド)に依頼をして 心機一転です。 大島さんは秀光ビルドの社長と直接お話をされて 信頼して任せているそうです。 とても胸が痛くなり切ないのは、大島さんの受けたストレスが そうとう強かったと想像できました。 現在の体調が良くなっていることは心身のストレスが ノーストレスに近いからなんでしょうね。 読んでくださりありがとうございます。

次の

大腸がんの大島康徳がTBSに抗議!欠陥住宅のハウスメーカーは?裁判や慰謝料は?

大島康徳 欠陥住宅 細田工務店

元プロ野球選手・監督で野球解説者でもある「大島康徳」さん。 プライベートでは5000万円を超える自宅を建て、1994年に引っ越していますが、この新居が欠陥住宅であることを告白しています。 では、そんな欠陥住宅とされる大島さんの自宅はどのような状況だったのでしょうか。 また、大島さんの自宅はどこのハウスメーカー・建設会社が建築してものだったのでしょうか。 名前:大島康徳(おおしまやすのり) 生年月日:1950年10月16日(68歳) 職業:元プロ野球選手・監督、野球解説者 出身:大分県中津市 学歴:大分県立中津工業高等学校 Sponsored Links 大島康徳さんの新居建設は1993年に、親戚と一緒にハウスメーカーHの先代社長に面談し、「安心して任せてください」と先代社長の右腕とされる建築部長を紹介されたことがきっかけで始まりました。 大島さんの要望としては地震に強い家であること、台所の食器棚は壁面収納で安全第一であること、防音・断熱であることをお願いしたと言います。 場所は大島さんの妻の実家が近い方が何かと都合が良いことから、東京都杉並区の阿佐ヶ谷を選びました。 土地の広さは32坪、半地下もある地上3階建てで、価格は5000万円を超えました。 自宅の建設はスムーズに進み、1994年に引渡しが終わります。 当時の大島さんはちょうど現役を引退した頃、これからのプロ野球解説の仕事や家のローンのことで頭がいっぱいで、妻の「(新居が)欠陥住宅ではないか?」という意見も、それほど重要視していませんでした。 しかし、徐々に大島さんも自宅の異変に気がつきます。 2002年に大島さんが監督を退任し、家にいる時間が多くなってからは、さらに家が不具合だらけであることに気がつきます。 一例をあげるのこのようなものでした。 ・断熱材が無い ・すきま風がすごい ・設計図を無視している ・蛍光灯を接着剤で固定している ・洗濯機で家が揺れる ・車庫が浸水する ・雨音でテレビの音も聞こえない ・エアコンから水があふれ出した etc 専門家の調査によると、16ヵ所もの大きな欠陥が見つかったとのことでした。 また、ハウスメーカーに自宅の欠陥に対して修繕の依頼をしても、こちらが費用を負担するケース以外は積極的に動いてくれなかったと言います。 酷い時には雨漏りを指摘すると、応急処置だと言ってその部分にティッシュを詰めて、1年半もほったらかしにされたと大島さんは語っていました。 こうしたハウスメーカーの不誠実な対応が重なったため、何度も催促せざるを得なかったのですが、その行為がクレイマーだとされてしまいます。 そこで大島さんは、建築ジャーナリストの岩山健一さんに家の検査を依頼し、その検査結果を持って会社に対応を求めたのですが、それでもなかなか回答を出てきませんでした。 そうして2ヵ月が過ぎたある日、突然裁判所から調停の書類がと届いたのです。 つまり、ハウスメーカー側が大島さんを訴えたのです。 その訴状には大島さんの人格を否定するような表現があったとのことで、到底納得できない事態に弁護士に相談して裁判をすることになりました。 ここから5年半も続く裁判が始まったのです。 持病を抱える大島さんにとって、この裁判はまさに命がけでした。 では、大島さんと裁判をすることになったこの「ハウスメーカーH」とはどんな会社だったのでしょうか? 杉並区阿佐ヶ谷でハウスメーカーを検索してみると「細田工務店」(株式会社細田工務店)という建設会社があがってきました。 細田工務店はイニシャ儿はHで、Wikipediaで「杉並区」を調べてみると、主な企業としても紹介されている地場のハウスメーカであることがわかります。 また、インターネット上でもいくつか大島さんが裁判をしていた建設会社が細田工務店だという記載もありました。 もちろん、推測の域を出ませんが、かなり可能性は高いのではないでしょうか。 裁判結果は到底納得のいくものではなかったという大島さん… 現在、大島さん一家はマンションに引っ越して、大人4人とペット1匹で2LDKの部屋で暮らしています。 杉並区の自宅は別の建設会社・秀光ビルド(株式会社秀光ビルド)に依頼しました。 大島さんは秀光ビルドの社長と直接会い、今回裁判に至ってしまった経緯や将来への不安などについて話したところ、誠意をもって対応してくれたとのことです。 長かった裁判も終わり、今度こそ大島さんが望むような自宅に家族みんなが安心して過ごせるようになればと願うばかりです。 Sponsored Links.

次の