スマホ セキュリティ ノートン。 モバイルセキュリティは大丈夫?PC・スマホのセキュリティはノートン

スマホのセキュリティ対策はどうしてる?最低限やるべき必要なコト

スマホ セキュリティ ノートン

当時かなり話題になっていて、実際にどのような手口で『乗っ取り・遠隔操作』ができるのか検証VTRが放送されていたのを覚えています。 主な被害は大きく分けて2種類あります。 あなたに直接的な被害がある場合と、サイバー攻撃を行う時に隠れ蓑として使われる場合です。 ・乗っ取られたパソコンで掲示板に殺人予告などを書きこまれ、誤認逮捕される ・仮想通貨のデータマイニングのリソースして使われる ・位置情報を割り出しストーカー行為をされる これは、実際にあったものです。 他にも被害は多岐にわたります。 セキュリティ対策を怠ると、これと同じようなことが『あなたのスマホで起こる可能性がある』んです。 7月20日にアメリカで大量のTwitter乗っ取り被害が相次ぎました。 日本でも早めの対策が急がれます。 氏名・住所・クレジットカード情報が盗まれる ウイルスに感染すると、スマホの中に入っている個人情報やクレジットカード情報が盗まれ、 不正利用されてしまいます。 『身に覚えのない請求』が来た場合、真っ先にウイルスを疑いましょう。 2019年のクレジットカードの不正利用による被害額は 272億円と、一昨年の131.8憶円と比べてわかるように、その被害は年々大きくなっています。 カメラの悪用・盗撮・盗聴 ウイルスによりスマホを乗っ取られると、勝手にスマホのカメラで写真や動画を取られ、それがウイルス元のファイルに保存されてしまいます。 どんなデバイスにも対応• 自動バックアップ• 不正アクセスの遮断• Wi-Fiの送受信データを暗号化する• Webカメラの乗っ取りを防止 どんなデバイスにも対応 はPC・タブレット・スマホのあらゆるデバイスに対応しています。 ノートンには5台まで登録できるプランがあるので、1つはパソコン、1つはタブレット、3つは家族のスマホ・・・という使い方もできます。 auやdocomoなどの携帯キャリアのウイルス対策プランが月額200~300円なのと比べると、ノートンは格安でセキュリティも高いことがわかります。 自動バックアップ ノートンの安全性の高いクラウドストレージであなたのデータを保護。 不正プログラムによるデータの損失に備えることができます。 不正アクセスの遮断 あなたのパソコンやスマホに入っていく情報、出ていく通信を監視します。 不正な接続からの侵入や悪意のある接触を防ぎます。 Wi-Fiの送受信データを暗号化する 気を付けて欲しいのが『フリーWi-Fi』です。 フリーWi-Fiはコンビニや飲食店など様々な場所で提供されていて、名前の通り誰でも利用できます。 公共無線LANや無料Wi-Fiスポットなどとも呼ばれています。 しかし、データの暗号化がされていないフリーWi-Fiをつなぐと あなたの情報が他者から丸見えの状態になってしまいます。 あなたのWebサイトの閲覧履歴からLINEのやり取りが盗み見られるほか、ウイルスを送り付けられることもあります。 を利用すると送受信データを金融機関レベルの技術で暗号化されます。 国内だけではなく、海外でもしっかり守られるので、海外旅行へも安心してパソコンやスマホを持っていくことができます。 Webカメラの乗っ取りを防止 パソコンやスマホを乗っ取られ、内蔵されているカメラからのぞき見されないように、カメラへの接続を監視し、サイバー犯罪者からの不正アクセスから守ります。 スマホはAndroidが特に注意が必要 スマホでAndroidをお使いの方は得に注意しなければなりません。 iPhoneはウイルス、マルウェア(悪意のあるソフトやコード)対策がしっかりしているのに対し、Androidは危険と言われています。 理由としては、iPhoneのアプリは全てApp store(アップル社が運営するアプリストア)の審査を通したモノのみに対し、Androidは審査のない、いわゆる『野良アプリ』も存在する為です。 iPhoneのセキュリティが高く、狙われにくい分Androidへの攻撃が増えています。

次の

スマホのセキュリティはどうすればいいの? 最低限これだけはやっておきたいスマホの設定7選

スマホ セキュリティ ノートン

「ノートン・セキュリティ」は何が変わった?最初に結論だけ。 基本的な変更点は「マルチデバイス対応」になったこと。 組み合わせは自由。 Windows2台+Mac1台とか。 大きな変更点はそれくらいだと思う。 つまり、売り方が変わっただけ。 ノートンを作っている「シマンテック」はアメリカの会社。 に行こうとすると日本向ページに飛ばされるが、がんばって米サイトに行ってみると。。。 米本家HPでは、最新ソフトの「」は存在しない。 (米版Wikiで見ても同じ状況) 最新版は「ノートン360」で、「ノートン・セキュリティ」は日本法人がパッケージングを変えただけなんじゃないかな。 (リリースをググればわかるかもしれないけど) だから、個人的な結論として「」を買うかは。。。 どっちが良いか? 個人的には、バックアップは不要だと思う。 必要であれば、なりなり使えばよいんじゃないかな? 米会社が信頼出来ないなら、とか。 まぁ、あっても良いとは思うけど。 「ノートン・モバイルセキュリティ」はiPhone対応?ていうか必要? もう少し新製品のラインナップをみてみる。 「」はちょっと特殊で、「」に含まれる「スマホ向けアプリ」を切り出したもの。 PCを持ってない人には関係あるが、そうでないほとんどの人には必要ない。 まず、ウィルス対策の機能はAndroid版のみなので注意。 iPhone向けには以下の機能がiPhoneアプリで提供されるだけ。 apple. Apple• ユーティリティ• (買えばついてくるけど、別に必要ない) また、iPhoneではアンチウィルスソフトは、ガラケーがそうだったように、必要性が薄い。 というか、Appleが市販のアンチウィルスソフトが動けるようにしてないので、商品がない。 Androidと違って。 次にAndroid向けの話。 携帯キャリアのスマホを買うと、基本的にはウィルス対策ソフト(大抵は)がプリインされている。 ただし、残念ながらドコモ以外は有料。 auとソフトバンクは、上記のキャリアのウィルス対策ソフトを使うより、「」を買ってPCとAndroidに適用すれば安くつく。 PCを持ってない場合は、、、うーん。 どっち使ってもいいんじゃない? キャリア版の方が、サービスに密着した保護はしてくれそう。 いずれにしろ、AndoroidはWindowsと同じように魑魅魍魎の世界なので、ウィルス対策ソフトは必要と思う。 旧製品「ノートン・アンチウィルス」、「ノートン・インターネットセキュリティ」、「ノートン360」の違い 新商品のラインナップはざっくりと見たので、旧製品のラインナップも整理してみる。 シマンテックの旧製品ラインナップは、簡単に言うと以下。 「」は、更に前の製品名で言うと「ノートン システムワークス」にあたる。 延長する場合の料金は安くなる。 どの程度安くなるかはモノや時期によるが、さっき「」 12000円くらい の1年延長は3980円だった。 また、Windows8対応など新OSへの対応もちゃんとされている。 まず「3年版」。 その名の通り、3年間使え、1年あたりの値段はちょっと下がる。 「2年版」「3年版」がある。 次に「YAMADAエディション」。 YAMADA電機でパソコンを買った時に「一緒にノートンはどうですか?安くしますよ?」で買えるエディション。 別にYAMADAでパソコン買ってなくても、問題なく使える。 輸入盤と違って日本向商品には違いなく、安くなっているのでおすすめだが、最新の「ノートン セキュリティ」ではYAMADAエディションは見かけない。 「同時購入版」として安いのがあるが、1台まで有効な廉価版なので注意。 それから「海外版」「 並行 輸入盤」、「アジア版」。 要は並行輸入にあたるので、使えると思うけど。。。 英語や業者の信頼性、保証の部分でアレコレ心配するくらいなら、辞めたほうがよい。 一般的にはおすすめできない。 「優待版」。 「優待版」の定義は、 ・ノートンの旧商品を使ってる人への新商品の優待販売 ・別会社から乗り換えてくれる人への優待販売 なので、現在なんらかのアンチウィルスを使っていれば適用される。 ほとんど人はそうだと思うので、気にする必要はないかと。 最後に「Mac版」。 新商品ラインナップでは、ベースとなる「」がマルチデバイス対応となったので、現行では存在しない。 「ノートン・セキュリティ」はどこで買えば安い? 「ここが安い」とは一概にはいいにくい。 まぁ、安くなっても2000円程度だし、探しながら妥協点を探すしかないかなぁ。 bousaid. 運良く「2年版」や「3年版」があれば、パッケージを買うと安くつく場合も。 購入したパッケージについてきたシリアルをソフトに入力するイメージ。 ノートンのHPやソフト上から延長するより、安くつくことが多い。 ただし、「マルチデバイス」が欲しい場合は、商品名に「」とあるのをチェック。 (マルチデバイス版は安いのが、なかなか見つからないかも) ノートンのHPやソフト上から「延長」すると高くつくが、確実ではある。

次の

ノートンのデバイス向けセキュリティをインストールする

スマホ セキュリティ ノートン

Contents• iPhoneセキュリティ対策の具体的な方法 OSやアプリを最新バージョンに保つ iPhoneのOSであるiOSでは、これまでに多くの脆弱性が発見されており、端末にインストール済みの正規アプリを不正アプリに置き換えられてしまう脆弱性等も存在しました。 2019年に入ってからもiOSの脆弱性を悪用し、訪問するだけでマルウェアをダウンロードさせてiPhoneに感染させてしまうWebサイトなども見つかっています。 参考 このような脆弱性が見つかるとOSがアップデートされて脆弱性は解消されますが、今後いつ新たな脆弱性が見つかるかわかりません。 このような脆弱性の悪用を回避するためにもOSを最新バージョンにしておく必要があります。 iOSのアップデートの通知が届いたらできるだけ早く適用し、iPhoneを最新の状態に保ちましょう。 また、ご利用中のアプリにも同じことがいえます。 脆弱性が発見されると、マルウェアの感染により遠隔操作されたり、情報漏洩させたりされてしまいますのでアプリも新バージョンがリリースされたら速やかに適用できるよう自動更新を有効にしておきましょう。 ただし、AppStoreにも不正アプリが紛れ込む可能性がゼロではないため、よさそうなアプリを見つけたとしても、アプリを入れる前に必ずアプリ名や開発元を検索し、評判などを確認するのが無難でしょう。 いまの時代、クチコミはインターネット上に書かれていることが多いですからね。 上記のようなことより、iOS向けのアプリを「AppStore」以外の場所で見つけたとしても、そのようなアプリはインストールしないようにしましょう。 不正なマルウェア等に感染してしまうリスクが高まります。 メールやSMS、SNSのURLリンク、ネット広告などを不用意に開かない よくサイバー攻撃として利用されるメールへの標的型攻撃には注意が必要です。 何らかの理由をつけてURLリンクを開かせようとするメールやSMSは、あなたを不正サイトへ誘導するために送りつけられたものかもしれません。 たとえ実在する企業、更には実際に取引がある企業名だとしても注意が必要です。 最近ではSNS内のURLリンクやWeb上の広告も不正サイトの誘導口になっていることがありますので、不用意にURLなどをクリックしてしまうことは避けましょう。 アカウントを厳重に管理する iPhoneでは、Apple IDと連動してサービスを受けられるものが多いのですが、そのApple IDへの不正アクセスの被害が多くあります。 そのためApple IDなどのアカウントの不正利用を防ぐ必要があります。 その最も効果的な方法は、二段階認証(二要素認証)です。 Apple IDの利用にあたっては二段階認証(二要素認証)を必ず有効にしましょう。 二段階認証(二要素認証)は、Appleのサービスのログイン時にIDとパスワードだけでなく、登録したスマホなどのデバイスで取得できる認証コードの入力も必要になるため、第三者がログインすることは困難になります。 iPhoneのセキュリティ設定を確認する iPhoneの盗難、紛失時に、第三者に不正利用されにくくするため、必ず画面ロックをかけておきましょう。 Air Dropをオフにする iOS7以降のiPhoneに搭載されるAirDropも、最近電車内や街中で見知らぬ人に不快な画像を送りつけられたりするなどのいたずらに使われたり、個人情報を漏洩させてしまうリスクがあります。 使わないときはAirDropの設定もオフにしておくと良いでしょう。 Air Dropは、メールアドレスやファイルの共有サービスなどを利用せずに、近くにいる人と簡単にデータを共有できる便利な機能ですが、それを悪用して不特定多数のiPhoneユーザーに有害な画像を送る「デジタル痴漢」が問題になっています。 Air Dropをずっとオン(受信する)設定にしておくと、このような被害を受けてしまう可能性もあることから、受信しないもしくは受信対象を縮小して、見知らぬ人からのデータ転送を退けましょう! Air Dropをオフにする手順 「設定」>「一般」>「Air Drop」 Safariのプライバシー設定を見直す SafariはiOSにおいてデフォルトで利用するブラウザとして設定されているWEBブラウザです。 インターネットとつながる部分においての入り口となるアプリという事になりますので、設定において「プライバシーとセキュリティ」をしっかりとチェックしておきましょう。 おすすめの設定は下記になります。 各項目の内容とおすすめの設定方法を説明いたします。 サイト越えトラッキングを防ぐ インターネット上の行動を追跡されたくない人は、この項目にチェックをしておきましょう。 一部のサイトでは、ユーザの行動に合わせた広告を出すために、購入履歴やWEBサイトの閲覧履歴などがトラッキングされています。 その情報をトラッキングされたくない場合は、この部分を「オン」にしておけば、トラッキングデータは定期的に削除してくれます。 すべてのCookieをブロック Cookie クッキー とは、WEBサーバが接続してきたWEBブラウザに情報を一時保存するしくみのことで、この機能を使うと、IPアドレスなどログイン時の情報を記録して次回のログインを自動化するといったことが可能になります。 その便利さからほとんどのWEBブラウザがサポートしています。 Cookieをブロックしてしまうことはセキュリティ上は少し有効なことがあるかもしれませんが、悪質なサイトなどの閲覧に関しては特に関係のない機能となっています。 またすべてのCookieをブロックすると、会員機能を持ったWEBサービスなどの利便性がとても悪くなってしまうので、この項目については「オフ」にしておくことをお勧めします。 詐欺Webサイトの警告 これにチェックを入れておくと、Safariでフィッシングサイトの可能性があるサイトに接続したとき、警告を表示してくれます。 これは、色々なサイトでオンラインショッピングを楽しむ方に限らず、ほとんどの方がオンにしておくべき設定です。 モーションと画面の向きのアクセス この項目を有効にしないと、Webブラウザで実行されるスクリプト内からのモーションデータの取得ができなくなるというものです。 この設定がオフになっていた場合、たとえばiPhoneの動きに応じて表示を変更するようなコンテンツがそのままでは動作しなくなる可能性がありますが、デフォルトで「オフ」となっているため、特に特別んサイトにアクセスしない人は、ひとまず「オフ」にしておくことが良いでしょう。 カメラとマイクのアクセス WEBブラウザーやそのほかのアプリが「カメラ」「マイク」の機能にアクセスするかどうかを設定する部分になります。 Safariなどのアプリを使って、インターネット上でいろいろなサイトを見ているときに、悪意のあるサイトがあり不正に「カメラ」「マイク」が動作してしまうことなどを防ぐことが可能になります。 特に普段カメラやマイクを使わない方、音声入力などの機能を使わない方は「オフ」にしておく方が良いでしょう Apple Payの確認 こちらは、訪れたサイトにApple Payの有無の確認を許可するかの設定です。 これを「オン」にすると、Apple社やその子会社・代理業者があなたの情報の一部を収集したり送信したりすることに同意したことになります。 なるべく情報を出したくないという方は、この設定は「オフ」にしておきましょう。 それでもウイルス対策が気になるならソフト・アプリを導入 iPhone用セキュリティ対策アプリの選び方 iPhoneのセキュリティ対策を行うためのアプリはどのように選べば良いのでしょうか。 実は最近までiPhone用のセキュリティ対策アプリは事実上ありませんでした。 しかし、現在では危険性について認識されてきたこともあり、大手セキュリティベンダーを含む各社からアプリがリリースされています。 そこで、選ぶ基準としてはPC用などと同じように以下の通りとなります。 ウィルス検知機能は十分かどうか• 軽量で高速で動作するか• 盗難・紛失等の対策があればなおよし これを踏まえて、iPhoneで使える代表的なセキュリティ対策アプリをいくつか比較してみましょう。 iPhone用セキュリティ対策主要4アプリについて ノートンモバイルセキュリティ セキュリティベンダー大手のシマンテック社によるアプリです。 シマンテック社はノートンシリーズとしてPC用のセキュリティ対策ソフトをリリースしているのでご存知の方も多いでしょう。 紛失、盗難時にアラームが出せる• 紛失、盗難時に位置情報で場所を確認できる• 24時間のサポート体制が整っている 短所• iPhone版ではウィルススキャン機能等はなく、あくまで紛失・盗難にあった際のサポートのみ ウィルスバスターモバイル セキュリティベンダー大手のトレンドマイクロ社によるアプリです。 トレンドマイクロ社はPC用のウィルスバスターシリーズで有名です。 Webサイトのスキャンなどや脅威対策機能も充実している• facebookやTwitterなどのSNSのプライバシー設定機能を持っている• データバックアップ機能を持っている 短所• 値段が多少高価 ダウンロード1年版¥3,065 ダウンロード2年版¥5,637 Kaspersky Safe Browser ロシアのセキュリティベンダーであるカスペルスキー社によるアプリです。 このアプリはセキュリティ対応のブラウザです。 Webサイトの脅威防止機能が充実している(アンチフィッシング機能など)• ブロックするWebサイトの種類を自由に設定できる 短所• あくまでもブラウザなので、iPhone全体のセキュリティ対策は出来ない。 マカフィー・モバイル・セキュリティ セキュリティベンダー大手のマカフィー社によるアプリです。 紛失、盗難時のデータ保護などの機能が充実している• 紛失、盗難時の位置検索ができる• データのバックアップ機能がある 短所• あくまで紛失、盗難時に向けた機能に特化しており、セキュリティ対策機能としては弱い。 総合的なセキュリティは「ウィルスバスターモバイル」 ここまで、下記4種のアプリを見てみました。 シマンテック社の「」• トレンドマイクロ社の「」• カスペルスキー社の「」• マカフィー社の「」 これら4種を改めて見てみると、iPhone向けのセキュリティ対策アプリについては、現状は盗難や紛失への対策など特定の機能に特化しているものがほとんどであることがわかります。 ここで紹介したものについても総合的なセキュリティ対策アプリと言えるのは「ウィルスバスターモバイル」だけです。 したがって、アプリの使い方としては「ウィルスバスターモバイル」がオススメと言えるでしょう。 このアプリを使うことで、iPhoneをセキュリティ上の脅威から効率よく確実に守ることが出来るのではないでしょうか。 よくスマートフォンのセキュリティ対策といえばAndroidの話でiPhoneは関係ないと思われているケースがありますが、それは完全な誤りです。 iPhoneを狙うXcodeGhostのようなウィルスの例もあります。 決してiPhoneも安全ではないのです。

次の