機種変更 line引き継ぎ。 LINEのトーク履歴を引き継ぐ方法|機種変更して消えたら復元できない!?

機種変更後LINEが引き継ぎ出来ない!失敗した場合の復元方法!トーク履歴やスタンプ、友達など復元しよう

機種変更 line引き継ぎ

iOSユーザーはこちら LINEのトーク履歴をバックアップする方法 Androidユーザーが『LINE』のトーク履歴をバックアップする際は、「Googleドライブ」を使用します。 複雑な操作はなく、手軽にトーク履歴のバックアップおよび引き継ぎがおこなえます。 0以上) トーク履歴をバックアップ・復元するときに利用する「Googleドライブ」とは、「Google」が提供するオンラインストレージサービスで、写真や動画、ファイルを無料で15GBまで保存可能です。 Android利用者なら基本的に「Googleアカウント」を持っているので、ほとんどの方が使えるはずです。 それでは『LINE』のトーク履歴をバックアップする流れを見ていきましょう。 トーク履歴を引き継ぐために旧端末ですべき4つの作業 『LINE』はアカウントだけでなくトーク履歴を引き継ぐことも可能。 これから説明する作業は、機種変更時にトーク履歴を引き継ぐために必要です。 ただAndroidからiPhoneなど、 異なるOS間の機種変更ではトーク履歴は引き継げません(その他、引き継げないデータは以下のとおり)。 そのため、『LINE』アプリのバージョンは最新になっているか確認しましょう。 「Gmail」など普段使用しているメールアドレスを登録するといいでしょう。 メールアドレス・パスワード・電話番号を『LINE』アカウントに登録しておけば、スマホを損失・紛失してもアカウントの引き継ぎはおこなえます。 もしメールアドレスとパスワードをどちらも登録していない状態で、『LINE』をアンインストールしてしまった場合、アカウントにログインする手段がなくなるので気をつけてください。 LINEホーム画面の設定ボタン 歯車マーク をタップし、「アカウント」を選択 機種変更後にすべきこと 旧端末にてトーク履歴のバックアップが完了したら、新端末での『LINE』アカウント引き継ぎおよびトーク履歴の復元をおこないます。 『LINE』に登録した電話番号・パスワード・メールアドレスのほか、Googleアカウントのメールアドレスも準備しておくと、トーク履歴の引き継ぎがスムーズです。 「ログイン」をタップし、「電話番号でログイン」を選択 『Facebook』からログインする場合は「Facebookで続ける」をタップして、『Facebook』に登録したメールアドレス・パスワードを入力してログインしてください。 トーク履歴のバックアップ・復元はGoogleドライブのみ 以前まではトークルームごとの履歴を「Keep」に保存し、そこから復元する方法がありました。 ですが、 Android版LINEのバージョン9. 0以降からは「Keep」からトーク履歴のインポートができなくなり、「Googleドライブ」に一括バックアップ・復元する方法のみとなっています。 バージョン9. 0より前にトーク履歴をバックアップしていたとしても、バージョン9. 0以降の『LINE』アプリにトーク履歴を復元することはできません。 現在「Keep」にはトーク履歴をテキスト形式で残しておけるだけで、復元はできないので注意してください。 こちらの記事もおすすめ.

次の

LINEの引き継ぎ設定を忘れて機種変更した・端末が壊れた時の対処方法

機種変更 line引き継ぎ

LINE(ライン)を使っているiPhoneやAndroidスマホを機種変更する際、「LINEスタンプを新機種に引き継ぎができないのか?」「削除されてしまって買い直さなければならないのではないか?」と疑問を抱くユーザーが少なくないようです。 結論から言えば、LINEアカウント自体を引き継げば、LINEスタンプに関するデータもすべて新端末に移行できます。 しかし、機種変更後のLINEトークにはデフォルトで入っているスタンプしか表示されないため、不安に思う人が多いはず。 そこで本記事では、LINEスタンプを新端末に引き継ぎ、元通りに復元する方法を紹介します。 引き継ぐ際の注意点や、引き継げないケースについても解説しているのでぜひ参考にしてください。 機種変更で引き継げるスタンプ関連データ• マイスタンプ・絵文字(有料・無料)• スタンプ・絵文字の購入履歴• プレゼントされたスタンプ・絵文字の履歴• プレゼントしたスタンプ・絵文字の履歴• LINEスタンプ プレミアムの利用履歴(スタンプの獲得コンテンツ、プラン購入履歴など) しかし、逆にLINEアカウント自体の引き継ぎに失敗したり、自分のアカウントを引き継がずに新規でアカウントを作成した場合、スタンプのデータは引き継げません。 LINEの引き継ぎ方法については、以下の記事に詳しくまとめています。 この記事を見ながら手順通り進めれば引き継げるようになっているので、機種変更の際は参考にしてください。 異なるOS間で「引き継げない」主なデータ• トーク履歴• 購入済みのLINEコイン残高• LINE Outのチャージ済みコールクレジット• 購入済みのLINEマンガコイン• 購入済みのLINEミュージックコイン• 購入済みのツムツムルビー 異なるOSへの機種変更においては、LINEコインのまま新端末に引き継ぐことができないので、必ずスタンプや絵文字などを購入してコイン残高を使い切ってしまいましょう。 新端末でLINEスタンプを復元(再ダウンロード)する方法 先に述べたように、LINEアカウント自体の引き継ぎに伴って、LINEスタンプのデータも勝手に新端末に移行されます。 しかし、自動で以前とまったく同じ状態に復元されるわけではありません。 機種変更後のLINEでは、トークルームで使えるスタンプが初期化されてしまいます。 そのため上の画像のように、機種変更直後はデフォルトで入っているLINEスタンプしか表示されません。 しかし、あくまで端末内のスタンプデータが初期化されているだけであり、アカウントの削除や変更をしない限りはスタンプを購入した権利を保有しつづけています。 きちんと再ダウンロードすれば、保有していたすべてのスタンプを元通り使うことができるので安心してください。 「マイスタンプ」画面で個々のスタンプの右にあるダウンロードボタンをタップします。 再ダウンロードするスタンプを1つずつ選択したい場合は、この方法を利用してください。 一括で再ダウンロードしたい場合は、画面下部の[すべてダウンロード]をタップします。 これで、以前と同じようにトークルームでスタンプが使えるようになります。 機種変更でLINEスタンプを引き継げないケース 機種変更でLINEスタンプを引き継げないケースも存在します。 事前に確認しておきましょう。 LINEアカウントの引き継ぎに失敗した そもそもLINEアカウントの引き継ぎに失敗したり、誤ってアカウントを削除してしまうと、LINEスタンプを含む全データを失ってしまいます。 ただ、故障や紛失などでアカウントを引き継げなかった場合、最後の頼みの綱として「問題報告フォーム」からLINE社に対応をお願いする方法が残されています。 スタンプなどの一部有料アイテムは、お問い合わせすることで移行できる可能性があるのです。 状況を整理した上で問題を報告してみましょう。

次の

機種変更後LINEが引き継ぎ出来ない!失敗した場合の復元方法!トーク履歴やスタンプ、友達など復元しよう

機種変更 line引き継ぎ

こんにちは!SNS LABOです!今回は機種変更後LINEが引き継ぎ出来ない場合の復元方法を紹介していきます。 せっかく新しいiPhoneやスマホを手に入れてもLINEの引き継ぎに失敗するととても困りますよね。 「メールアドレス、パスワードを忘れてしまった」「トーク履歴の復元に失敗してしまった」「エラーで2段階認証が出来ない」 といったさまざまな失敗ケースの報告があります。 それぞれの失敗、エラーの症状ごとに復元方法を解説しているので解決していってくださいね。 まずはチェック!Facebook連携はされていますか? Facebook認証はパスワードなどを万が一忘れてしまったときに便利なアカウント認証の方法。 万が一の場合を考えて連携しておいて損はないでしょう。 まずは自分のLINEアカウントでFacebookに連携しているかを確認!• Facebookの 『連携する』をタップ。 Facebookアプリから自動的にLINEに切り替わったら完了。 連携後は 『連携解除』が表示されます。 パスワードを忘れてしまった方 パスワードは自分のアカウント画面から確認することはできないため、パスワードを忘れてしまった場合にはパスワードを再設定する必要があります。 パスワード再設定メールが届かない? アプリにログインする際にパスワードを忘れてしまった時は 『パスワードを忘れた場合』をタップします。 この時LINEに登録した正しいメールアドレスを入力すると 『メールアドレス宛てにパスワード変更の案内メールをしました』というポップアップが表示されます。 このポップアップメッセージが表示されたのにも関わらずメールが届いていないという場合は次のことをチェックしてみてください。 迷惑メールフォルダに振り分けられていないか。 キャリアの迷惑メールブロックなどで『 lime. me』がはじかれていないか。 旧端末のメールアドレスを使用していないか。 ログイン制限がかかってしまった場合 LINEでのアカウント認証(メールアドレス・パスワードの入力)で 3回~5回ほど失敗すると、一時的にログイン制限がかかります。 この場合には 1時間程度時間をおいてから再度ログインするか、次の方法でLINEのデータを消去することで制限を解除できることもあります。 スマホの再起動• 『電話接続による認証』を選んで電話から認証番号を聞く。 Facebook認証でログインする。 LINEサーバの不具合である可能性がある場合は一定時間後に試す。 2段階認証ができない場合 『アカウント引き継ぎが許可されていません••• 』のエラーメッセージが出る場合は旧端末側で引き継ぎの設定が完了していないことがあります。 この場合は旧端末がインターネット(wifiなど)に接続されているか確認してください。 引き継ぎ許可をONにし忘れた場合は? 電話番号を変更していない場合にはSMS認証(または電話認証)でアカウント認証をすることが可能です。 どうしても認証ができない場合には、旧機種で登録していた情報をLINEのに報告することでアカウントを新機種に移行できる場合があります。 トーク履歴が引き継げなかった場合 Android端末での引き継ぎに失敗した場合-原因と対処方法 Androidでトークを引き継ぐにはいくつかの方法がありますが、LINEの他のデバイス(Gmailなども含む)にバックアップデータを保存した場合には、新しいAndroid端末でのトークデータの移行が正しく行われないとトーク履歴を引き継ぐことができません。 LINE KEEPを使ってトークのバックアップを取った場合は電波状況やLINEサーバーの不具合によって一時的に読み込みがエラーになることがありますが、条件の良い状態で再トライすると復元できることがほとんどです。 現在はGoogleドライブでバックアップ&復元の引き継ぎ方法が一番カンタンです! iPhoneでの引き継ぎに失敗した場合-原因と対処方法 iPhone版LINEのトーク履歴のバックアップはiCloudに作成されます。 必須の条件としてはiCloudに同じアカウントでログインしていることが必要ですが、iCloudに正しくログインしている場合には電波状況やLINEサーバーの不具合によってデータのダウンロードにエラーが発生している可能性があります。 この場合は電波状況 Wi-Fi、4G,LTEの切り替えをする やLINEサーバーが安定している時に再度トライしてみてください。 スタンプは異なるOS間でも引き継ぐことが可能です。 LINEアプリから右下 をタップ。 設定 をタップ。 『マイスタンプ』『my着せ替え』をタップ。 『すべてをダウンロード』をタップ。 購入履歴にスタンプがない場合 引き継ぎの際にアカウントを作り直した、アカウントを削除した場合はアカウント情報が消えてしまうため購入履歴からスタンプが消えてしまいます。 ツムツムなどのゲームアプリのアカウント引き継ぎに失敗した場合 ツムツムなどのLINEゲームアプリの情報はLINEアプリのアカウント情報と一緒に保存されています。 つまり、ツムツムのゲームデータを引き継ぐためには LINEのアカウントを間違いなく引き継ぐ必要があります。 ツムツムのデータを間違いなく引き継ぎたいという人は次の項目をチェック!• 旧端末側LINEで念のためFacebook認証もしておく。 新端末LINEアプリの初めの画面では『ログイン』を選択する。 新端末でLINEアカウントの移行が完了するまで旧端末を手元に置いておく。 (下取りなどに出さない) 新規登録したら友達が減った?理由とは アカウントを新規で作成する場合には 『自動で追加される友達』以外の友達はリストから消えることになります。 LINE以外に連絡手段がある友達は相手のLINEの QRコードのスクショなどを送信してもらうことでも友達追加することが可能。 直接友達に会う場合は 『ふるふる』を使えばOK。 すでに友達になっている人に、別の友達のLINE連絡先を直接トーク上に張り付けてもらうことも可能です。 【最終手段】あきらめてアカウントを新規登録する前に! いろいろな方法を試してもやっぱり新端末でのログイン、アカウント認証ができない(泣)という人は、アカウントを新規作成する前にから事情を報告してみましょう。 引き継ぎに関する問題報告の3つ目のプルダウンの 『アカウント・登録情報』、4つ目の 『アカウントを引き継ぎたい』を選択し、本人確認ができればデータ移行することが可能になる場合もあります。 ・関連記事•

次の