革靴 シワ 入れ。 革靴についたシワの取り方とシワが当たって痛いときの対処法

革靴のシワはスチームアイロンで復活!ヒビになる前に日々伸ばそう!|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

革靴 シワ 入れ

この記事のもくじ• なぜ新品の靴に手入れが必要なのか 新品の靴を手入れする目的は 2 つ、「保湿」と「防水」です。 新品の靴は 革が乾燥した状態になっています。 私が知る限り、革靴は、製造が終わった後、クリームで保湿されてワックスでコーティングされています。 ただ、そのあと保管、搬送され、店頭に並んで…と、実際に手元に届く頃には、かなりの時間が経過しています。 せっかく塗られたクリームやワックスも、いざ履くタイミングでは劣化していて、乾燥した状態になっています。 乾燥は、革靴にとって大敵です。 「保湿」と「防水」は、乾燥した靴に起こりやすい以下の問題を防ぐためにおこないます。 ひび割れを防ぐため まず、乾燥した状態で履いてしまうと、踏み込んだときに履きジワに細かいヒビ割れができてしまう可能性があります。 履いた直後に大きくヒビ割れてしまう、というわけではありません。 ただ、細かいヒビでも、一度ヒビができてしまうと、履き込むうちにだんだんとヒビ割れが大きくなり、靴の寿命が一気に短くなります。 履いた瞬間に細かいヒビ割れが起きないように、乳化性クリームで「保湿」をしておきます。 染みを防ぐため また、乾燥していると水分が染み込みやすいため、シミができやすいです。 シミは、主に色のついた水(たとえば、泥水やジュースなど)が革に染み込むことによってできます。 日頃からしっかりクリームが塗られている革は、繊維の間に油分がしっかり入っているため、シミができにくいと言われています。 逆に、新品の靴はシミができやすい状態です。 履き下ろしてすぐ、何かをこぼしてシミができてしまったら…と想像するだけでもテンションが下がりますよね。 シミができるのを避けるためにも、防水スプレーを使って最低限の「防水」はしておきましょう。 参考: 新品の靴の手入れに必要な道具 それでは、実際に新品の靴に「保湿」と「防水」を施すための道具をご紹介します。 ご紹介する道具は、どれも一般的な靴磨き用品です。 すでに持っている方は、読み流していただいてかまいません。 初めて革靴を手入れされる方は、これを機にまとめて購入しておくといいでしょう。 新品の手入れだけでなく、定期的な手入れでも活躍してくれます。 シューキーパー シューツリーとも呼ばれます。 こちらは、手入れの際に靴の中にいれておくことで、靴の形が固定され、乳化性クリームなどが塗りやすくなります。 また、着用したあとに靴に入れておくことで、ソールの反りを軽減して靴の形をきれいに保っておくことができます。 新品の靴の手入れ方法 4 ステップ それでは、手入れの方法をご紹介します。 簡単 4 ステップです。 靴紐を外して、シューツリーを入れる まずは、手入れの邪魔になる靴紐を外しておきましょう。 外羽根(ダービー)の場合は、全て外してしまってかまいません。 内羽根(オックスフォード)の場合は、全部はずしてしまうと再度通すのが大変なので、一つだけ通した状態で残しておくといいでしょう。 その後、シューツリーを入れて形を整えます。 靴紐を外して、シューツリーを入れる」の動画 2. 馬毛ブラシでホコリを落とす 次に、馬毛ブラシでホコリを払い落とします。 新品なので、ホコリまみれではありません。 ササッと軽くブラッシングするだけで十分です。 ブラシを持っていない方は、布で乾拭きしましょう。 馬毛ブラシでホコリを落とす」の動画 3. 乳化性クリームで保湿する ホコリを払い落として綺麗にした革を、乳化性クリームで保湿します。 指にクロスを巻いて、これぐらいのクリームを布にとります。 「」で布の巻き方をご紹介していますので、はじめての方はこちらをご参照ください。 右側、左側、つま先、甲と順番に、乳化性クリームを取っては塗ってを繰り返します。 履いたときに足に当たって痛い箇所があれば、当たる箇所の裏地(ライニング)にも乳化性クリームを塗っておきましょう。 少し柔らかくなって馴染みが良くなります。 乳化性クリームで保湿する」の動画 4. 防水スプレーを吹いて磨く 乳化性クリームでしっかりと保湿したら、防水スプレーを吹きます。 使い方はスプレーによって異なります。 この記事で使用しているコロニルの防水スプレーの場合は、20 ~ 30 cm ほど離して、全体にスプレーを吹き、一度乾かしてから再度スプレーを吹きます。 最後に綺麗な布で磨けば、完成です! 「4. 防水スプレーを吹いて磨く」の動画 手入れの他に新品の革靴を履く前にしたほうがいいこと 「さぁ、履き下ろそう!」とその前にあと 2 つほどしておくことがあります。 もう少しだけお付き合いください。 トゥスチールを付ける 履き始めの革靴のアウトソールはとても固く、つま先が過剰にすり減って、すぐに修理が必要になる場合があります。 そこで「トゥスチール」というものを付けることで、つま先がすり減るのを防止することができます。 修理屋さんに行けば、3000 円ほどで付けることができます。 人は歩く動作のなかで、地面を蹴り上げます。 アウトソールが固いと、蹴り上げるときにつま先がこすれて、どんどんすり減ってしまいます。 つま先が削れると見た目が悪いですし、すぐにオールソールや革やゴムのパッチを当てる修理が必要になってしまいます。 個人的には、トゥスチールが必要なのは、グッドイヤー・ウェルト製法、またはハンドソーン・ウェルト製法の靴だと思っています。 これらの製法の靴は、履き始めのソールが固く、つま先が比較的減りやすいからです。 逆に、マッケイ製法やセメント製法の靴の場合は、履き始めからソールの反りが良く、つま先が過剰にすり減ってしまうことがないため、トゥスチールは不要です。 ちなみに、トゥスチールを付けて歩いたとき「カチカチ」という音が気になる方は、ラバーやレザーで補強する方法もあります。 オールソールとは 靴底全体を交換する修理のこと。 ヒールがすり減った場合は、トップリフトというかかとの層だけを交換することができます。 しかし、つま先は靴底全体と一体で作られているので、すり減ってしまった場合は交換ができません。 革やゴムなどのパッチを当てる修理をするか、ソールを全て張り替えるオールソールをする必要があります。 履き下ろしのシワ入れ さらにもうひとつしておくといいのが「シワ入れ」です。 靴の履きジワは、足を踏み込んだときに、靴が曲がることによってできます。 なかには足の甲の高さが左右で違う人もいます。 そういう人の場合、足の甲と靴のアッパーとの隙間が左右で違ってくるため、左右で履きジワの入る箇所が違ってきます。 私もそのうちの一人で、私の場合は甲が薄く、左右で高さも異なるため、既成靴のサイズが合わないことが多いのです。 そのままの状態で履いてしまうと、たいてい左右で履きジワの入り方が違ってしまいます。 そして、一度入った履きジワは、もう戻りません。 サイズがあっていれば、シワ入れしなくとも自然な履きジワが入るのですが、「いつも左右でシワの入り方が違って嫌だな…」という方は、履き下ろすときに履きジワのクセをつける「シワ入れ」をしておきましょう。 シワ入れの方法は、靴下を 2 重や 3 重履いて足をパンパンにした状態で靴を履きます。 靴下を重ねて履くことで、足と靴の間の余分なスペースがなくなり、普段履くよりも比較的きれいで自然な履きジワがつくはずです。 15 分くらい歩けば、シワのクセがつきます。 「もっと履きジワにこだわりたい!」という方は、ペンを使用したシワ入れの方法があります。 私は、シワ感をより楽しめるコードバン素材の靴の場合、この方法を実施しています。 ペンを使用したシワ入れの方法は、の記事で分かりやすく解説されています。 興味のある方は、ぜひ試してみてください。 履きジワも革靴の醍醐味、綺麗に入っていた方が愛着が湧きます。 そのほかにも質問事項などありましたら、コメントでお気軽にご質問ください。 ハーフラバーは貼ったほうがいいの? レザーソールがツルツル滑って気になる方は、貼りましょう。 こちらも、トゥスチールと同じように修理屋さんで貼ってもらうことが可能です。 雨の日にレザーソールを履くと、とても滑りやすいです。 雨の日用として使用する靴の場合は、貼っておいたほうがいいでしょう。 ソールを曲げてクセづけした方がいいの? 履き始めはソールが固いので、クセづけをしたくなる気持ちもわかりますが、しない方がいいでしょう。 自分の足の屈曲以上にソールが曲がってしまうと、とても歩きにくくて疲れてしまいますし、形も崩れます。 何度か履いて歩いて、自分の足にあった自然なソールのクセづけをしましょう。 スエードレザーの靴はどうしたらいいの? スエードレザーやヌバックレザーは、スムースレザーと違ってヒビ割れてしまうことはありませんので、乳化性クリームを使用したお手入れは不要です。 ただし、水分を吸収しやすい素材のため、履きおろす前に防水スプレーは吹くようにしましょう。 おわりに これで、新品の靴を心置きなく履くことができます、お疲れさまでした。 すぐに履きたい気持ちを抑えて、お手入れをしたり履きジワをつけたりすると、履く前から愛着が湧いてきます。 愛着が湧いた革靴は、お手入れも定期的にしたくなりますし、大切にしたい気持ちが出てくるので、結果的に靴の寿命も長くなります。 新品の状態から、しっかりと手入れして履き込んだ革靴は、あなたにとって特別な一足になることは間違いありません。 ここまで読んでいただきありがとうございました。

次の

革靴をおろす前に皺入れは絶対やらないと誓う

革靴 シワ 入れ

越石です。 革靴にハマるまでは靴の 「履き皺」なんてまったく気にしていませんでした。 まったくです。 しかし、革靴にハマり、さらに靴磨きにハマると「履き皺」が気になってしょうがありません。 とは言え靴に皺が入るのはしょうがありません。 履けば必ず入るものです。 そうして足に馴染むものです。 しかし 「履き皺の入り方」が気になるのです。 細かい皺、太い皺、割れた皺、浮いた皺、それは良い皺?悪い皺?・・・これが気になるのです。 そしてその皺は、色や、ブランドや、価格帯、サイズによって入り方も様々なのです。 そんなわけで今回は手持ちの革靴の「履き皺」をクローズアップしてみました。 購入時期や履く頻度もバラバラですので参考程度に。 上のクロケット&ジョーンズが定価8万〜9万円なのに対し、革靴初心者にも大人気の価格帯である3万円のエントリーモデルになります。 製造元は英国老舗のバーカーです。 購入して1年足らずで週1回程度の頻度で履いていますが今のところ細かめの綺麗な皺が入っています。 年始のセールで手に入れたです。 こちらはまだ購入して半年も経っていないのですが、足の形にフィットしているため履き心地が非常に良く、履く頻度も高めになっています。 皺はブーツのように複数本入っていますが、今のところ悪くありません。 一般的に黒よりも茶色の革のほうが柔らかいそうです。 しかし皺部分が白く色抜けするのも茶色の特徴。 私はこれで悩んできました。 で、こちらのロイドフットウェアのセミブローグですが、購入してまだ半年程度で、さらに使用頻度も月に4〜5回と低めで、まだまだ履き込んだとは言えませんが、色抜けはそれほどなく、ほぼ一文字に細かい綺麗な皺が入っています。 すごくいい感じです。 茶色の靴は経年変化が大きいためこの先どうなるか楽しみな一足です。 セミブローグと同じくVシリーズの茶色ですが、皺はかなり深めの太く浮いたものが入っています。 履くたびに皺が白くなるためを入れています。 これは少し汚目の皺です。 中古で購入したのでどの程度履かれたものかは分かりませんが、靴底もあまり減っていなかったのでそこまで履き込まれたものではないと思われます。 鞣しの段階でフッ素を入れ込んでいるので、雨の日でも面白いように水を弾いてくれる便利な一足。 重宝してます。 皺は細かく比較的大量に入っているのですが、一本一本は細いため悪くありません。 いや、むしろいい感じです。 これまた中古で購入したのでどれくらいの回数履かれたのかは不明ですが、すごくいい感じです。 このクオリティならもう一足雨用にシャインオアレインを新品で購入しても良いかなと考えています。 三越のセールで購入しましたが、ダイナイトソール仕様になるので、コベントリーと同じ一番安価なシリーズになると思われます。 一見細かい皺なのですが、サイズが少し大きかったのか履いた時に深く皺が出てしまいます。 同じく。 日比谷店のセールで購入したダイナイトソールのコベントリーシリーズです。 こちらもサイズが少し大きかったのか深く皺が複数本入っています。 しかしブーツでこれくらいの皺ならむしろ味です。 いい感じです。 ユナイテッドアローズのアウトレットで購入しました。 こちらが問題児です。 写真の通り、一本一本の皺が太く盛り上がり、さらに全体的にも大きく盛り上がっています。 つま先がボコボコなのは雨の日に履いてしまったからです。 ジャランスリワヤでは以前ウイングチップでも太目の皺が入ってしまったことがあり、革に当たりハズレがあるように思います。 先日購入したばかりでまだ2回しか履いておらず、シューツリーを入れると皺が消えてしまう状態のため、どんな皺が入るかはこれからのお楽しみです。 同様になんかも購入後数回しか履いていないため今回は紹介していません。 これらの靴も履き込んだらまた紹介したいと思います。 以上となりますが、ブランドや革の質はもちろんのこと、サイズ感や履き方、そしてシューケアによっても皺の入り方は変わります。 あくまで一例として何かの参考になればと思います。 ロイドフットウェアの店舗一覧や通販、歴史についてまとめてみました。 スコッチグレインの店舗一覧をまとめました。 パラブーツシャンボードの購入から評価までまとめました。 タグホイヤーのアウトレット店舗まとめ記事 リゾルト(RESOLUTE)の取扱店一覧記事 クロケット&ジョーンズの取り扱い店舗を一覧にまとめました。 エドワードグリーン(EDWARD GREEN)の取扱店舗を一覧にまとめました。 オールデン「ローファー」の購入記事 【New Balance】ニューバランスM1400のブラック(BKS)とネイビー(NV)の購入記事 【New Balance】ニューバランスM996 GY(グレー)の購入記事 JMウエストンのゴルフ(J. WESTON 641 GOLF)の購入記事。 JMウエストンのローファー(J. WESTON 180)の購入記事。 トリッカーズのバートン(黒)の購入記事 ループウィラーのパーカー購入記事 リゾルト711の購入記事 ついに手に入れた憧れのタグホイヤー モナコの購入記事 リアルマスターコレクション「サーバイン」の購入記事 カテゴリー• 579• 196• 161• 115• 1 最近のコメント• に 越石 より• に 昔アドバイスしたもの より• に 越石 より アーカイブ アーカイブ.

次の

革靴のシワの伸ばし方!キレイに伸ばして目立たなくするコツは?

革靴 シワ 入れ

新しい革靴の卸し方? 新品の 革靴を履く前に、あらかじめボールペンなどで革靴の甲を押さえつけて 皺のクセをつけておくと、綺麗な皺をキープできると言われています。 この方法であれば革靴の甲の理想的な位置に皺が刻まれ、しかも皺の位置が左右均等になると言われています。 実際に革靴の専門店でも購入時にこの皺の位置決めをされる事がありますし、専門書などでも紹介されているテクニックです。 これが悪いとは言わないのですが、個人的には必ずしも行わなくても良いのではないかと思えてしまいます。 革靴に皺が綺麗に入る事が理想ではありますが、自分の足の形や動きに馴染む皺になるとは限りません。 革靴の皺はオーダーメイド 私は中古の革靴を履いたことがないのですが、他人の足の形に合わせて皺が刻まれた革靴が、いきなり別の人の足にピタリと合う可能性は低いはずです。 足の肉付き、骨格、重心の位置、動き方までピタリと合うなんて、双子の兄弟でもない限り難しいと思います。 ボールペンなどで革靴にわざわざ皺を入れることにも、同じような違和感があります。 その皺が足の形や動きとピタリ合うのでしょうか?結局はその皺プラス、自分の足に合わせた皺が重なるだけのような気もします。 あらかじめつけた皺のクセのまま、その後も皺の位置をキープ出来るのもおかしな話です。 左右の足の形に合わせて作られたビスポーク(オーダーメード)であれば、その辺も計算されて革のサイズを合わせてくれるのかも知れませんが、左右のサイズが同じ既成靴だと皺の出方も変わってしまいます。 多くの人は左右の足の形や筋肉の付き方に差があるので、既成靴だと両足がピタリとフィットする事は稀です。 大抵はサイズが大きい方の足に合わせることになるので、どうしても小さな方の革靴はブカブカで皺が出やすくなってしまいます。 ですが、その革靴の皺は必要があって刻まれたものです。 革靴が自分の足の形に合わせて変化してくれたのであり、馴染んできた証でもあります。 この写真は革靴を壁によりかけただけですが、皺の刻まれ方が左右で全然違うことがわかると思います。 私の足は左のほうが大きいので、左足に合わせてサイズを決めるのですが、あまり皺が入っていないのが分かると思います。 もしこの革靴の購入時にボールペンで皺の癖を付けていると、小さい方の足の右側の革靴には、綺麗に皺が入ったかも知れませんが、サイズの合っている左足には不必要な皺が入ることになってしまいます。 基本的に効き足のほうが踏ん張る機会が多いので、足の筋肉の付き方に差がでるのは仕方がありません。 特に成長期にスポーツをしていた人ほど、左右で靴のサイズが違う傾向があります。 左右で違う事は当たり前の事なので、微調節ができる靴紐が重要なポイントになるのですが、スリッポンタイプのように靴紐がない革靴だと、それこそビスポークでもない限りフィットする事はありません。 スニーカーのように伸縮性のある生地でフィットしやすい靴だと、靴紐を緩めて固定していてもそれなりにフィットしてくれますが、革靴に限って言うときちんと靴紐を結ぶ事が重要なポイントになってきます。 靴の中底も体重を掛けられる事で徐々に沈んでいくので、どんどん履き主の足の形に合わせて馴染んでいくのですが、革靴の皺はその都度変化していくものなので、購入時に決めてしまう必要もないのではないでしょうか。 サイズ合わせの重要性 革靴に深い皺が刻まれている人というのは、サイズが大き過ぎる事がほとんどです。 一般的に革靴はスニーカーよりも0. 5~1cmぐらい小さなサイズになるのですが、初めて革靴を購入する新社会人だと、今までと同じような感覚で革靴のサイズを選んでしまうので、皺も大きくなる傾向があります。 革靴の購入時には、きちんと両足を履いて踵に合わせてから靴紐を結び、しっかりとフィット感を確かめる事が重要です。 指先が当たるほど窮屈なサイズを選んでしまうのはNGなのですが、横幅が少しぐらい窮屈なのはOKです。 徐々に靴底が沈み込みながら革も伸びて馴染んでいってくれます。 このような選び方をしていない人ほど、革靴のサイズが大き過ぎるので皺も深く刻まれる事になり、それこそ位置決めをする意味もあるのかも知れませんが、きちんとフィットしている革靴だと、そもそも大きな皺が出るものでもありません。 また靴の購入時で気をつけてほしいのは、試し履きをする時間帯です。 夕方や夜だと足がむくんでいる可能性があるので、その時間でピタリだとしても、朝はブカブカになる場合もあります。 足のむくみ具合は人それぞれ違うので何ともいえませんが、革が伸びることを考えると、むくむ前の朝方の足のサイズに合わせたほうが良いかと思います。 逆に足がむくんでいる夕方に合わせた方が窮屈にならずに済むといった意見もあり、履き初めて間もない頃の靴擦れ防止としては理にかなっているのですが、このような選び方をしてしまうと皺も大きく刻まれてしまいます。 洋服でも身体にフィットしているものほど余計な皺が出ないように、革靴に大きな皺が刻まれる事というのは、 革が縮んで隙間を埋めようとした結果です。 縮んだ事で馴染んでくれたわけであり、それ自体は決して悪い事でもありません。 明らかにサイズが大きな場合は別ですが、多少の皺は足に馴染んできてくれた証なので、むしろ愛するべき対象なのではないでしょうか。 なるべくなら綺麗な皺を付けたいと考えるのが悪いとは言いませんが、そもそものサイズ合わせが適当だと、その皺を維持できるものではありませんし、足に馴染みにくくなってしまうかも知れません。 皺は個性 革靴の刻まれた皺というのは、あなたの足の形に合わせてくれた結果なので、必ずしも毛嫌いする必要もないのではないでしょうか。 明らかにブカブカなサイズを選んでしまった結果、深く刻まれて皺なのであれば、厚みのある中敷きを入れて調節する事で和らぐ事も出来ますが、きちんとフィットした革靴に刻まれた皺であれば、そもそも見栄えが悪いほど深い皺にならないものです。 バランスよく綺麗な皺が刻まれた革靴も素敵だとは思いますが、自分の足の形に合わせて刻まれた皺のほうが、愛着がわくのではないでしょうか。 深く刻まれた皺は、あなたが革靴と共に歩んできた歴史でもあります。 何をもってカッコいい革靴と定義するのかにもよりますが、一部のコレクターのように皺ひとつない展示品のような革靴が良いと考える人は多くないと思います。 きちんとメンテナンスをして良い状態を保ち、持ち主の汗が染みこみ、革が伸びては縮み、皺が深く刻みこまれ、革が柔らかくなり、足裏の形に合わせて靴底が沈み、持ち主との一体感が生まれた革靴の方が、個人的にはカッコいいなと思います。 ろくにメンテナンスをしていないと、皺が刻まれた箇所の革がひび割れてしまい、無残な姿になってしまいますが、細かな皺があちこちに出ているのに綺麗な状態を保っている革靴からは、持ち主の愛情が伝わってくるものです。 靴磨きをするようになると分かるのですが、靴の状態というのは持ち主の愛情の差がまざまざと現れるだけに、その人の考え方まで見えてくる事があります。 常にピカピカに磨かれた革靴が良いとも限らないのですが、見えないところにも手を抜かない誠実な人だなとか、逆に上辺だけの奴だなとか、様々な事が推測できるようになります。 皺が目立つ革靴でも、反り返っていないとシューキーパーを入れて保護しているなとか分かりますし、傷の付き方から脱ぎ方(靴同士を擦り合わせる等)が分かったり、靴紐の結び方から履き方が想像できるようになります。 「足元を見る」という言葉があるように、目立たないからこそ手を抜きやすい足元には様々な情報が含まれているので、皺ひとつとっても様々な事が分かるものです。 馴染むの究極形 元プロ野球選手の新庄剛志さんは、思い入れのある安いグローブ(確か7000円ぐらい)を現役時代にずっと使っていました。 何度も修理に出しまで使い続け、メジャーに行っても日本に復帰しても、その安いグローブを使って超一流の守備をしていました。 exblog. 新庄さんの一流の守備の極意を探る番組で本人が語っていたのですが、打球に素早く反応する為には身体の力を極限まで抜くことがポイントなんだそうで、馴染んでいない新しいグローブだと、手に力を入れて握っていないといけないのでダメなんだそうです。 一方で馴染んだグローブだと手に意識を向ける必要がないので、極限まで脱力出来るので素早い反応が出来るとの事でした。 blogimg. jpg 新庄さんの手の形に馴染んだグローブは、どんなに高級な革で作っても代わりにはなりません。 私は高校野球経験者なので、硬式野球のグローブを所有していたのですが、7000円のグローブはとんでもない安物です。 当時でも安くても2万円ぐらいはしていましたし、ちょっと良い物だと5万円ぐらい当たり前の世界でした。 一流のプロ野球選手であれば、オーダーで何十万ものグローブを使っていても不思議ではありませんが、彼がそこを選択しなかった事が凄く印象に残りました。 自分の足に馴染んだ革靴というのも、替えが効かない素晴らしい物なのではないでしょうか。 安い革靴だと靴底が接着剤でくっついているので交換が難しいのですが、踵のすり減りぐらいであれば補修材などで対処できますし、スーパーやホームセンターなどにある修理屋さんで直してもらう事もできます。 ある程度の価格の革靴であれば、靴底が縫い付けられているので丸ごと交換をする事も可能ですし、きちんとメンテナンスをして良い状態を保っている革靴であれば、10年ぐらい履き続ける事も可能です。 自分の汗を吸って足の形に合わせて変形した革靴も、新庄剛志さんのグローブのように大切に扱う事で、最高のフィット感を実現してくれるのではないでしょうか。 まとめ 皺は革靴に宿る美 サイズが合っていない洋服に出る皺というのは不格好なものですが、きちんとサイズを合わせた洋服に出る自然な皺は美しいものです。 何度もオーバーホールをしながら使い続けている腕時計の細かなキズも素敵なものです。 新品にはない輝きが宿っていきます。 長年履き続けたジーパンに刻まれたキズや皺や色褪せが似合うのは持ち主だけです。 ダーメジ加工されたジーンズだと、キズや色褪せたポイントが微妙にずれて不自然さが漂ってしまいます。 革靴の皺も同じではないでしょうか。 不自然に付けられた皺よりも、持ち主の足の形に合わせて自然に刻まれた皺には美が宿ります。 革靴を愛してきた歴史が刻まれているのであり、必ずしも左右対称の美しい皺である必要はありません。 革靴を履く時にきちんと靴ベラを使い、靴紐を結び直し、脱ぐ時にも靴紐を緩めて手を使って脱いでいると、履き口が傷んだり広がる事もありません。 雑に扱ってきた革靴に付いてしまう傷や皺には美は宿りませんが、きちんとメンテナンスしながら脱ぎ履きをしてきた革靴には美が宿ります。 上質な革を用いた高級ブランドの革靴を購入しても、普段の扱い方が雑だと良い状態は保てませんし、不格好な皺や傷がついてしまいます。 革靴の皺というのは、良くも悪くも持ち主の向き合い方がよく現れているので、真剣に向き合ってみる価値があるのではないでしょうか。 定期的に靴磨きをしたり、シューキーパーを入れたり、中敷きで調節する事で皺の出方も変わってきます。 新品の革靴に皺をつけたり、ジーパンにダメージ加工をすると、自分好みのデザインにはなるかも知れませんが、そこに美が宿るかというと微妙です。 革靴でも洋服でもジーパンでもそうなのですが、柔らかくしたいだけなら、ぐちゃぐちゃに揉み込んでしまえば良いのですが、それだと張りを保っていてほしいところまで柔らかくなってしまうので、ヨレヨレになってしまいます。 洋服なら関節などの可動部ではない箇所の生地や縫い目は、適度な張りを保ってくれていた方が良く、逆に可動部の生地や縫製は実際に動く事で徐々に柔らかくなって馴染んでいきます。 このような自分の身体に馴染んだ洋服というのは、新品の洋服にはないフィット感や機能美が宿ります。 ただメンテナンスがいまいちだと、せっかく身体に馴染んできた頃に傷んで寿命を迎えてしまいます。 これは革靴でも同じであり、日頃から丁寧に向き合う事で余計な皺や傷やヨレを防いでおかないと、せっかく馴染んできた頃にボロボロになって寿命を迎えてしまいます。 数ヶ月置きに新品の革靴に買い替えている人であれば、ろくにメンテナンスをしなくても皺がひび割れてしまう事もないのかも知れませんが、そこに美は宿りません。 きちんと革靴をメンテナンスしながら丁寧に脱ぎ履きをして向き合っていると、革の質による皺の出方の差に気がついたり、デザインによる皺の出方(見え方)にも気がつくようになるので、どんどん相性の良い革靴というものが見えてきます。 皺が目立ちやすい一枚革の革靴だと、上質な革でないと良い状態が保てませんし、逆に装飾的なデザインが多い革靴だと、それほど目立たないという事も理解できるようになります。 革の色によっても相性がありますし、自分の環境によっても相性の良しあしが分かるようになります。 革靴に刻まれた皺と向き合う事で、様々な気づきが得られるものなので、毛嫌いせずに真剣に向き合ってみてください。 自分の足に合わせて適応してくれた皺と向き合う事で、より一層愛着がわいてきますし、メンテナンスだけでなく履き方や脱ぎ方や歩き方といった事にも意識が向くようになるので、どんどん洗練された美が宿っていくものです。 三流ドラマや映画の役者のその場限りの衣装や革靴だと、どことなく不自然さが漂ってしまうように、馴染む事や愛着の差が印象を左右する事は珍しい事ではないですよ。

次の