岡村 隆史 マスク。 岡村隆史、大炎上の“女性蔑視”発言のウラに25年続く「言うたった感」

ナイナイ岡村の「公開説教返し」に矢部「気分を害したんならごめんなさい」(スポニチアネックス)

岡村 隆史 マスク

4月23日深夜放送のラジオ『オールナイトニッポン』内で、番組のホストを務めるナインティナインの岡村隆史が女性蔑視と取れる発言をして大炎上したことは記憶に新しいところ。 翌週30日の放送でことの重大さに気づいた岡村が謝罪文を読み上げ、それを援護する形で急遽、相方の矢部浩之が登場し、やや辛辣な公開説教を行いました。 そこで一旦、騒動は鎮静すると思いきや…。 「そもそも岡村は女性の貧困問題の構造を理解していない。 これを機に知らしめてやろうじゃないか」と、フェミニストらがSNSで改めて声を荒げだし、ラジオとは無関係の他局出演番組の降板を求める署名運動にまで発展。 批判の根拠は当然明確で、落ち度は軽口を叩いた岡村にあることは間違いないのですが、それにしたって常軌を逸した叩かれ方と、ネットで日に日に膨らむ岡村への憎悪の連鎖は、公開処刑そのもので見ていてあまり気持ちの良いものではありません。 ナインティナインと一緒に仕事をしたことがあるテレビ局関係者は、次のように話します。 「僕の聞いてる話では、ラジオ局の方にメールや電話での抗議が相変わらず続いているものの、現場内の混乱は収まりつつあるということ。 岡村さんの女性蔑視発言をする傍らでヘラヘラ笑っていたオールナイトニッポンの番組スタッフ達もかなり猛省しているようで、ノリだったとはいえ軽率だったと社内の人間に詫びを入れたそうです。 それから相方を叱責するために前触れなく登場した相方・矢部くんに対しての業界内の評価は悪くないですよ。 難しい立場だったと思いますが、コンビのために尽力する姿勢が垣間見れて、あれはあれで正解だったと思います」 PR.

次の

岡村隆史は降板?活動休止?女性軽視発言で全レギュラー番組への影響は?|らぼぴっくこむ

岡村 隆史 マスク

2020年2月27日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』 毎週木 25:00-27:00 にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、新型コロナウイルスの影響で、観覧客を入れずに番組収録を行っていると明かしていた。 岡村隆史:コロナウイルスの影響というのもありまして、バラエティなんかもそうなんですけど、お客さんを入れずにやったりとか。 そういうことがあるんですけど。 みんなスタッフさん、マスク着用とか。 そういうことがあるんですけども。 もう打ち合わせができない。 だから、ネタ出しとかね、そういうのができないんですよ。 大人数での企画で、あんなん、こんなんっていう。 打ち合わせがもうできない、と。 ちょっと変則的になってくるみたいなんですよ。 だからもしかしたら総集編とかね、そういうことで、新しいああしよう、こうしようっていう、打ち合わせができないって、今日番組のスタッフの方が言ってたんで。 僕らなんかも、「この企画でいきましょう」って言うてた企画が、「いや、ちょっと今、これお客さんも入れませんし」って、お客さんをジャッジしたりせなアカンかったりとか。 そういうのとか、街中でワーッと色んな人に声かけて、みたいなんも、ちょっと難しくなってきた、ということで、色々、企画も二転三転してきているんですけど。 まぁまぁ、早く収束したらエエなぁと思うんですけれども。 これもだから、もうどうしていいのか。 マスクもね、「このマスクはあまり予防できない」とかね。

次の

【画像】黒木メイサも手作り!岡村隆史やカトパンなど芸能人の布マスク

岡村 隆史 マスク

さんの、でのを切り取っただけを読んで、でぶん殴るのはだめだ。 非常によくない、と言いたい。 -- 私の話始まって恐縮だが、にされている。 に対し、となっている。 、、、子や孫。 によってそれぞれだが、守らなきゃいけない人のため、皆が多くをにしている状況だと思っている。 そんな中、守るを選べたら、と常々思う。 なんてアホが多いことだろう。 でも、アホだといって見捨てるわけにない。 職責上、上、のを決め、をこなしていくない。 ただ、合間を縫ってを見れば、ばかりを振りかざし、人を傷つけるアホの多さにする。 することは多いに。 がやであれ、やであっても、のとして厳しくすることはでありでもある。 目にするたいていのは、で的ではなら、「アホやな」くらいに思ってこなかった。 その守らなきゃいけないアホ達が、じゃんじゃんと一線を越えている。 さんの話を全するつもりはないけれど、を読まずに切り取って、を振りかざしてぶん殴ることが、どれだけなことかわかっているのだろうか。 がだ傷つかない・傷付けてもいいと思っているのだろうか。 それともを聞とがないのだろうか。 聞とがないのだとしたら、なぜ又聞きで人をぶん殴れるのか。 この瞬間、「いやそのは音声で聞いた」という人は何で聴いたのか?のか? なんて、嫌なら聴かなければいい。 それに終始する。 がそれをにするは、たいてい「つなこと言ってたぜ!」とクソつなくされたを読まされる。 そこにもクソもない。 でぶん殴ること以上に、を読まずにぶん殴ることはとてつもなくだ。 であれば「アホやな」でできるが、今回は。 で声を上げれば、それは大きな影響を生む。 ひとりのですらを変えられるだ。 「は影響力があるを伴う」というなら、上でしているにも十分な影響力がある。 がさんを守るよりもを優先している状況を見れば、さすがにできて欲しい。 改めて。 さんの、でのを切り取っただけを読んで、でぶん殴るのはだめだ。 非常によくない。 更にはさんの病歴にまでが始まっている。 何がしたいんだ?して欲しいのか? もそんなアホを守るために、をこなしていく。 このをで挙げることのもぜひ汲み取って欲しい。 -- さんが、どうかこれ以上深く傷つかないことを。

次の