ハチの巣 放置。 【小さい】蜂の巣の取り方|自分で駆除するなら巣で種類を見分けよう|きになるきにする

早めの対処が肝心!作り始めのハチの巣に対して取るべき行動とは

ハチの巣 放置

オオスズメバチ オオスズメバチは、日本国内に生息しているハチの中でも大きなハチであり、刺されると猛毒が体内に回ることもあり、場合によってはアナフィラキシーショックを起こして死にいたることもあります。 オオスズメバチの巣は、樹木の空洞の中や、土中に作られることが多く、空き家の場合は軒先や床下の通気口などを使って巣が作られることがあります。 また、 オオスズメバチは気性が荒いので、空き家の周辺で出会ったら、むやみに刺激しないようにしましょう。 特に晩夏から秋にかけては、攻撃性が高まるので、見かけたら静かに後ずさりしてその場を離れるのが賢明です。 特に、跳ね音をさせながら周囲を飛んでいる場合は、既に攻撃態勢に入ったことを意味しますので、静かに音をたてないように、後ずさりしながらその場を離れましょう。 スズメバチ スズメバチには先ほど紹介したオオスズメバチだけではなく、多少小型のキイロスズメバチ・コガタスズメバチなどがいます。 これらのハチは、都市部への適応能力が高いこともあり、空き家の屋根裏や軒下に巣をつくる例が多く、空き家を管理しているつもりでも、知らない間に巣を作られてしまうこともあります。 これらのハチとオオスズメバチの違いは、その狂暴性です。 もともと スズメバチ科のハチは凶暴な性質ですが、小型のスズメバチであれば、こちらが攻撃的な姿勢をとらなければ、何の問題もありません。 どうしてもスズメバチが近付いてきたら、静かに後ずさりするように逃げれば問題はありません。 オオスズメバチと同様に、攻撃直前には跳ね音をさせる習慣がありますから、覚えておきましょう。 アシナガバチ アシナガバチは、スズメバチとは違って攻撃性が多少控えめなハチです。 でも、その分集団行動をすることが多く、一度攻撃態勢に入ると、スズメバチとは比べ物にならないほど、集団で襲いかかって来ることもあります。 アシナガバチは、空き家の軒先や車庫など、雨露の影響のない場所を見つけて巣を作ることがあります。 また、雨露のあまりかからない樹木などの植え込みの中に巣を作ることもあるので、近づいて初めてハチが飛び出してきた時には、既に刺されてしまっているような場合もあります。 それに、 アシナガバチの種類によっては強烈な毒を持ち、刺された痛みも尋常ではないハチもいます。 特に、住宅や都市部にも生息するセグロアシナガバチやキアシナガバチは、特に毒性が強いです。 これらのハチに刺されてしまうと、痛みや腫れ、かゆみもひどく、スズメバチと同様でアナフィラキシーショックを起こして死亡する場合も少なくありません。 特に、1度アシナガバチに刺された人は、その後再び刺された時のアナフィラキシーショックが激しいので、複数回刺された時にはすぐに病院に行きましょう。 クマバチ クマバチは「クマンバチ」と呼ばれることもある、ミツバチ科のハチです。 ミツバチですから、刺されてもスズメバチほどの毒性はありませんが、針が太いので、刺されたらそれを抜き取ることが難しいことがあるので、結局病院に直行するような場合もあります。 クマバチは古い木材の隙間に巣を作ることが多いです。 また、庭木の樹木の空洞に巣を作ることもあるので、空き家に巣を作ることも多いハチです。 ミツバチ科であることもあってスズメバチと比べても攻撃性が少ないので、人が近づいた程度で攻撃してくることはありませんが、女王ハチの産卵期には攻撃性が多少増すので 接近して避退するような威嚇飛行を始めた時には、静かにその場を立ち去りましょう。 あと、庭木の樹木がある場合、その樹木に花が咲くような種別であれば、当然クマバチがやって来ることが多くなるので、樹木の剪定などを行って、ハチがやってこない環境を整えておくこともお勧めです。 ハチの巣の場所によって駆除の方法は異なる! 室外のエコ給湯 エコキュートなどの給湯器は、機器と家の外壁の隙間や、機器の内部、機器から出ている排水部分などがハチの巣作りに適した場所です。 もし、機器の中にハチの巣が出来てしまったら、安易に殺虫剤などを散布しないようにしましょう。 と言うのも、殺虫剤は可燃性ガスですので、機器の運転中に殺虫剤を噴射すると、内部の電気や熱によって発火する危険があるのです。 また、機器が可燃性ガスを浴びてしまうと故障することもありますから、素人がなにも顧みずに殺虫剤を散布することは機器の故障の原因にもなってしまいます。 どうしても 中の巣を駆除する際は、まず給湯器の電源を切ることが基本ですが、給湯器の電源をオフにすると再始動をする時に素人ではうまく対応できないこともあるので、 事前に専門業者に相談してから駆除することをお勧めします。 軒下 軒下は、雨露をしのぐことが出来ることもあり、オオスズメバチやアシナガバチなどが巣作りをしやすい場所です。 もし、巣を見つけてしまったら早めに取り除くことが基本ですが、長い棒を振りかざして叩き落とそうとすると、その姿を見てハチが攻撃を仕掛けてくることがあるので危険です。 最近では10メートルほど噴射できるバズーカ型殺虫剤もありますから、まずそれを巣に直接散布してハチの勢いを止め、それから物理的に巣を破壊する方法がよいでしょう。 (アマゾン・楽天の商品リンク) あと、気をつけたいのは強風などが原因で、ある日巣が落下してしまうことです。 落下してしまうと当然巣が壊れてしまい、中にいるハチが大量に周辺を飛び交いさらには興奮状態になっていますから、周辺の住民が刺されてしまう危険性が高まります。 ですので、 軒下に巣が出来てしまっている時は、速やかに駆除することをお勧めします。 玄関 空き家の玄関先も、人気が無ければ雨露をしのぐには絶好の場所です。 特に、オオスズメバチやアシナガバチなどが巣を作ることがあります。 これも、軒下にできる巣と同様で、安全な場所から殺虫剤を噴霧してハチの勢いを止めてから、物理的に巣を破壊しましょう。 ただし、玄関は軒下と違って巣そのものに近づいて駆除することも可能で、作業もしやすいのですが、その分、ハチの攻撃を受けやすくなりますから、 殺虫剤を噴霧しただけで安心するのではなく、その後のハチの動きを十分確認しながら、次の作業に取り掛かることだけでは忘れないでください。 ちなみに、玄関の巣も軒下の巣と同様で、目の前の道路を人が歩いているだけでも、ハチが興奮して攻撃を仕掛けることもあります。 周辺の住民に迷惑をかけないためにも、速やかに駆除することを検討しましょう。 天井裏 天井裏にハチが入り込むなんて信じられないかもしれません。 でも、空き家になるとメンテナンスが行き届かなくなることもあり、瓦の隙間や、通気口の破れた部分が出来て、そこからハチが天井裏に侵入することもあります。 天井裏は、雨露もしのげるし、外敵もやってきませんから、ハチにしてみればこんなに安全な場所は存在しませんから、あっという間に巣を大きくしてしまうのです。 天井裏に巣を作ってしまった場合、外部から何らかの方法で巣を取り除くことは不可能ですから、専門業者に依頼して駆除した方が早いです。 駆除業者については後ほどの章で詳しくご紹介します。 素人でも、殺虫剤の散布ぐらいは可能かもしれませんが、天井裏はそもそも人が入り込んでもなかなか身動きがとりにくい場所です。 100%殺虫剤でハチを駆除できればいいですが、それが出来なければ生き残りのハチに刺される危険もあります。 でも、身動きがとりにくい場所で、ハチから逃げることは極めて難しいでしょう。 ですので、 天井裏のハチについては、素人がどうにかしようとすると危険なので、専門業者に依頼した方が安全かつ確実です。 換気扇 換気扇と言っても、換気扇の内部ではなく、換気扇の排気口の部分です。 外壁の一部をくりぬいてダクトが出ているような場合が多いですが、ここも雨露がしのげるので、絶好の巣作りスポットなのです。 ここに巣を作られると恐いのが、排気口の内部に巣を作られているので、人間が巣を目視で見つけにくいことです。 無警戒で近づいた結果、いきなりハチが出てきて刺されてしまうことも多いのです。 換気扇の場合は、殺虫剤を吹きかけようとすると、その形状の都合上、ぎりぎりまで接近しないと噴射できない欠点があります。 もちろん、換気扇が動作しようものなら、殺虫剤と電気が関連して発火する危険性があることも注意してください。 ハチの駆除は自分でやるか?業者に頼むべきか? 自分で駆除する場合 自分で駆除する場合には、まず駆除剤を購入することです。 駆除剤には、ハチ専用のものも市販されるようになってきましたが、当然普通の害虫用のものより、ハチ専用の方が、もちろん効果もあります。 実際には、購入時に駆除したいハチの種類に対応した駆除剤を購入しましょう。 駆除剤を購入する時は、なるべく遠距離からでも発射できるバズーカタイプのものをお勧めします。 市販されている駆除剤では最大10メートルの被距離を持つものもあるので、駆除時にはなるべく遠距離から攻撃できるものを選びましょう。 あと、 バルサンのように煙タイプの駆除剤も、天井裏などの局部に薬剤を散布する場合には利用価値があります。 ただし、風向きなどで巣の方に駆除剤が回って行かない場合もあるので、屋外での使用には適していないことを理解しておきましょう。 業者にお願いする 距離が近すぎるとか、薬剤が届かない場所に巣がある場合には、もう専門業者に駆除を依頼する方が安全です。 もちろん、 費用はかかりますが、安全を脅かされるとか、空き家の周辺の住民がハチに刺されてしまい訴訟沙汰になってしまうよりは、出費としては安いものと考えた方がいいでしょう。 ハチの駆除を行ってくれるのは、ハウスクリーニングを行える業者や、便利屋さんが多いです。 ハウスクリーニングの業界最大手「ダスキン」では、ハチの巣駆除サービスとして、は緒の種類に応じて金額を定めて、有料でハチの巣の駆除を行ってくれます。 アシナガバチの場合は税込21,600円、スズメバチの場合は税込48,600円で駆除してくれます。 この金額は巣1つあたりの単価なので、複数の巣がある場合にはその数だけ金額がアップします。 (ダスキンの蜂駆除のリンク) 一方、便利屋さんになると、一般的な価格ですが、アシナガバチの場合は10,000円程度、スズメバチの場合は30,000円程度で巣の駆除を請け負ってくれる場合がありますが、 スズメバチの場合は危険と判断した場合は駆除を請け負ってくれない場合もあります。 金額に納得できない場合や、少しでも安価で巣の駆除をして欲しい場合は、これらの業者さんとの間で見積もりをとり、比較した結果、依頼する業者を選ぶこともいいでしょう。 見積もりに際しては、実際に現場や酢の状況を確認する必要があるので、巣を見つけてから実際に駆除するまでの間に時間がかかります。 その間にハチが空き家周辺の住民に被害を与えるようなことがありえます。 駆除するにあたって、やはり 金額のことは気になるでしょうが、危険を除去することを最優先することも考えてください。 業者が分からない場合は同業者の協会に相談しよう いざ、巣を駆除しようとした時に、空き家の近所でハチの駆除を行っている業者がなかなか見つからない場合があります。 ハチの駆除をする専門業者はインターネットなどで検索すると見つかることもあります。 もし、見つけられない場合は空き家のある自治体に相談すると、専門業者を紹介してくれることもあります。 また、各都道府県には「ペストコントロール協会」があります。 ペストコントロール協会は、ネズミやシロアリなど、害虫を駆除する業者の集まっている組織なので、スズメバチの駆除業者も参加しているので、相談してみると適切な業者を紹介してくれます。 巣を駆除した後にまた巣を作らせない再発防止のポイント 空き家に集まって来るハチを一網打尽にする「ハチ取り剤」を活用しよう そもそも空き家は、巣を作りやすい場所であることには間違いありません。 そうなると、その場所に物理的に近づけないようにネットを張ったり、殺虫剤を撒いておくことで、ハチが近付かないように予防しておく以外に方法はありません。 まずは、 巣を駆除した後でもしばらくは注意を払っておくことが必要です。 最近では、ハチの好む香りや蜜を周囲に拡散させ、寄ってきたハチを一網打尽にする「ハチ取り剤」も登場しています。 あと、空き家に存在する通気口の破損個所などは、ハチが侵入しやすい場所になるので、その破損は速やかに修繕することをお勧めします。 隣家の空き家に蜂の巣ができているのを発見した場合 隣家と連絡がつかない場合は誰に言えばよいのか? 実際、あなたの家の隣が空き家になったからと言っても、その管理を誰がしているのかを知っている場合もあれば、知らない場合もあるはずです。 誰かが空き家の管理をしていれば、定期的な管理の段階で巣を見つけることもできるでしょうが、管理すら放置されている空き家の場合は、ハチの巣が出来ているのを見つけた時には、既に手遅れになっていることもありえます。 実際、空き家にハチの巣が出来ているのを見つけるのは、空き家の隣人であることが多いです。 いつもそこで暮らしていれば、スズメバチをやけに多く見かけるようになるなど、空き家の変化に気づくことも多いからです。 もし、 空き家の持ち主や管理人が分からない場合は、自治体に相談するしかありません。 自治体で直接ハチの巣の駆除はしてくれませんが、空き家の持ち主を調べて、持ち主に対して対応するように指導してくれることまでは対応してくれます。 特に最近では、空き家に関する住環境のトラブルが多いので、自治体でも空き家対応セクションを設けていることが多いので、相談するのは比較的簡単になっています。 気になっている場合は、早めに相談してみることをお勧めします。 隣の空き家に勝手に入ってハチの巣を駆除するのは違法? ハチの巣の駆除を待っている間にも、ハチに刺される危険性は日ごとに高まってきます。 あまりにも危険な状態が続いたため、勝手に空き家に入ってきてハチの巣を駆除したくなる気持ちも芽生えるでしょう。 ですが、 いくら危険を回避するためとはいえ、他人の住居に勝手に立ち入るのは違法です。 刑法130条には「正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物」に侵入する罪が「住居侵入罪」として明記されています。 ですから、隣人の立場として、自分の家がスズメバチで危険にさらされているのに、空き家に巣があるといっても、違法であるがゆえに手出しが出来ないのです。 空き家が多くなっている昨今、日本各地でこのような事例は増えており、管理者を探しているうちにハチの巣が大きくなってしまい、結果的に専門業者にゆだねないと駆除できない状態になってしまうのです。 空き家の管理者がその責任を問われることも 実際、ハチの巣ができたことで、周辺の住居に危険が生じる場合があります。 民法では、ハチに刺されるなどの被害が生じた場合は、ハチの巣がある土地や建物の所有者に責任があることとされています。 ハチが勝手に空き家に巣をつくったのだから、これは自然の摂理だから不可抗力だと言い張っても、持ち主が責任を負わなくて済むわけではありません。 むしろ、危険なハチの巣ができても放置したままであった「管理不十分」さが認定されてしまい、防げる事故を放置したこととされるのが一般的です。 実際、空き家に出来たハチの巣が原因で、スズメバチに通行人などが刺されて被害を負ったことで、空き家の管理者がその責任を問われた事例も実際にあるのです。 もし、あなたの住まいの近くの空き家にハチの巣が出来ている場合は、まず空き家の管理者に相談して対応を依頼するのが基本です。 自治体によっては、出来ている巣を駆除してくれる自治体もあるようですが、実際に自治体が巣を駆除するのは公共用地や道路などの巣だけであって、 個人の所有地にできているハチの巣は、空き家と言えど管理者や持ち主がいる物件ですので、自治体では駆除はしてくれないことを覚えておきましょう。 隣人に緊急時の連絡先として、自分の連絡先を伝えておく 空き家の持ち主としては、ハチの巣が出来ないように毎日見張っているわけにもいきませんし、遠方に住んでいる場合は定期的に家の清掃などで一時的に帰宅することも難しいでしょう。 空き家の持ち主として理想なのは、ハウスクリーニングサービスを活用して清掃をする中で、ハチの巣を早期発見して駆除することです。 でも、費用負担のことを考えるとそこまでの費用を掛けられない事情もあるでしょう。 空き家の様子をチェックすることは、持ち主として必要なことですが、それがままならない場合、せめて 隣人に緊急時の連絡先として、自分の連絡先を伝えておくだけでも、何かあった時に連絡が入るので、対応も早くなります。

次の

アシナガバチの巣を放置して大後悔!駆除方法を知って早めの対処を|ハチ駆除・蜂の巣駆除・退治:8,000円(税抜)~&ご利用シェアNO.1|ハチ110番

ハチの巣 放置

オオスズメバチ オオスズメバチは、日本国内に生息しているハチの中でも大きなハチであり、刺されると猛毒が体内に回ることもあり、場合によってはアナフィラキシーショックを起こして死にいたることもあります。 オオスズメバチの巣は、樹木の空洞の中や、土中に作られることが多く、空き家の場合は軒先や床下の通気口などを使って巣が作られることがあります。 また、 オオスズメバチは気性が荒いので、空き家の周辺で出会ったら、むやみに刺激しないようにしましょう。 特に晩夏から秋にかけては、攻撃性が高まるので、見かけたら静かに後ずさりしてその場を離れるのが賢明です。 特に、跳ね音をさせながら周囲を飛んでいる場合は、既に攻撃態勢に入ったことを意味しますので、静かに音をたてないように、後ずさりしながらその場を離れましょう。 スズメバチ スズメバチには先ほど紹介したオオスズメバチだけではなく、多少小型のキイロスズメバチ・コガタスズメバチなどがいます。 これらのハチは、都市部への適応能力が高いこともあり、空き家の屋根裏や軒下に巣をつくる例が多く、空き家を管理しているつもりでも、知らない間に巣を作られてしまうこともあります。 これらのハチとオオスズメバチの違いは、その狂暴性です。 もともと スズメバチ科のハチは凶暴な性質ですが、小型のスズメバチであれば、こちらが攻撃的な姿勢をとらなければ、何の問題もありません。 どうしてもスズメバチが近付いてきたら、静かに後ずさりするように逃げれば問題はありません。 オオスズメバチと同様に、攻撃直前には跳ね音をさせる習慣がありますから、覚えておきましょう。 アシナガバチ アシナガバチは、スズメバチとは違って攻撃性が多少控えめなハチです。 でも、その分集団行動をすることが多く、一度攻撃態勢に入ると、スズメバチとは比べ物にならないほど、集団で襲いかかって来ることもあります。 アシナガバチは、空き家の軒先や車庫など、雨露の影響のない場所を見つけて巣を作ることがあります。 また、雨露のあまりかからない樹木などの植え込みの中に巣を作ることもあるので、近づいて初めてハチが飛び出してきた時には、既に刺されてしまっているような場合もあります。 それに、 アシナガバチの種類によっては強烈な毒を持ち、刺された痛みも尋常ではないハチもいます。 特に、住宅や都市部にも生息するセグロアシナガバチやキアシナガバチは、特に毒性が強いです。 これらのハチに刺されてしまうと、痛みや腫れ、かゆみもひどく、スズメバチと同様でアナフィラキシーショックを起こして死亡する場合も少なくありません。 特に、1度アシナガバチに刺された人は、その後再び刺された時のアナフィラキシーショックが激しいので、複数回刺された時にはすぐに病院に行きましょう。 クマバチ クマバチは「クマンバチ」と呼ばれることもある、ミツバチ科のハチです。 ミツバチですから、刺されてもスズメバチほどの毒性はありませんが、針が太いので、刺されたらそれを抜き取ることが難しいことがあるので、結局病院に直行するような場合もあります。 クマバチは古い木材の隙間に巣を作ることが多いです。 また、庭木の樹木の空洞に巣を作ることもあるので、空き家に巣を作ることも多いハチです。 ミツバチ科であることもあってスズメバチと比べても攻撃性が少ないので、人が近づいた程度で攻撃してくることはありませんが、女王ハチの産卵期には攻撃性が多少増すので 接近して避退するような威嚇飛行を始めた時には、静かにその場を立ち去りましょう。 あと、庭木の樹木がある場合、その樹木に花が咲くような種別であれば、当然クマバチがやって来ることが多くなるので、樹木の剪定などを行って、ハチがやってこない環境を整えておくこともお勧めです。 ハチの巣の場所によって駆除の方法は異なる! 室外のエコ給湯 エコキュートなどの給湯器は、機器と家の外壁の隙間や、機器の内部、機器から出ている排水部分などがハチの巣作りに適した場所です。 もし、機器の中にハチの巣が出来てしまったら、安易に殺虫剤などを散布しないようにしましょう。 と言うのも、殺虫剤は可燃性ガスですので、機器の運転中に殺虫剤を噴射すると、内部の電気や熱によって発火する危険があるのです。 また、機器が可燃性ガスを浴びてしまうと故障することもありますから、素人がなにも顧みずに殺虫剤を散布することは機器の故障の原因にもなってしまいます。 どうしても 中の巣を駆除する際は、まず給湯器の電源を切ることが基本ですが、給湯器の電源をオフにすると再始動をする時に素人ではうまく対応できないこともあるので、 事前に専門業者に相談してから駆除することをお勧めします。 軒下 軒下は、雨露をしのぐことが出来ることもあり、オオスズメバチやアシナガバチなどが巣作りをしやすい場所です。 もし、巣を見つけてしまったら早めに取り除くことが基本ですが、長い棒を振りかざして叩き落とそうとすると、その姿を見てハチが攻撃を仕掛けてくることがあるので危険です。 最近では10メートルほど噴射できるバズーカ型殺虫剤もありますから、まずそれを巣に直接散布してハチの勢いを止め、それから物理的に巣を破壊する方法がよいでしょう。 (アマゾン・楽天の商品リンク) あと、気をつけたいのは強風などが原因で、ある日巣が落下してしまうことです。 落下してしまうと当然巣が壊れてしまい、中にいるハチが大量に周辺を飛び交いさらには興奮状態になっていますから、周辺の住民が刺されてしまう危険性が高まります。 ですので、 軒下に巣が出来てしまっている時は、速やかに駆除することをお勧めします。 玄関 空き家の玄関先も、人気が無ければ雨露をしのぐには絶好の場所です。 特に、オオスズメバチやアシナガバチなどが巣を作ることがあります。 これも、軒下にできる巣と同様で、安全な場所から殺虫剤を噴霧してハチの勢いを止めてから、物理的に巣を破壊しましょう。 ただし、玄関は軒下と違って巣そのものに近づいて駆除することも可能で、作業もしやすいのですが、その分、ハチの攻撃を受けやすくなりますから、 殺虫剤を噴霧しただけで安心するのではなく、その後のハチの動きを十分確認しながら、次の作業に取り掛かることだけでは忘れないでください。 ちなみに、玄関の巣も軒下の巣と同様で、目の前の道路を人が歩いているだけでも、ハチが興奮して攻撃を仕掛けることもあります。 周辺の住民に迷惑をかけないためにも、速やかに駆除することを検討しましょう。 天井裏 天井裏にハチが入り込むなんて信じられないかもしれません。 でも、空き家になるとメンテナンスが行き届かなくなることもあり、瓦の隙間や、通気口の破れた部分が出来て、そこからハチが天井裏に侵入することもあります。 天井裏は、雨露もしのげるし、外敵もやってきませんから、ハチにしてみればこんなに安全な場所は存在しませんから、あっという間に巣を大きくしてしまうのです。 天井裏に巣を作ってしまった場合、外部から何らかの方法で巣を取り除くことは不可能ですから、専門業者に依頼して駆除した方が早いです。 駆除業者については後ほどの章で詳しくご紹介します。 素人でも、殺虫剤の散布ぐらいは可能かもしれませんが、天井裏はそもそも人が入り込んでもなかなか身動きがとりにくい場所です。 100%殺虫剤でハチを駆除できればいいですが、それが出来なければ生き残りのハチに刺される危険もあります。 でも、身動きがとりにくい場所で、ハチから逃げることは極めて難しいでしょう。 ですので、 天井裏のハチについては、素人がどうにかしようとすると危険なので、専門業者に依頼した方が安全かつ確実です。 換気扇 換気扇と言っても、換気扇の内部ではなく、換気扇の排気口の部分です。 外壁の一部をくりぬいてダクトが出ているような場合が多いですが、ここも雨露がしのげるので、絶好の巣作りスポットなのです。 ここに巣を作られると恐いのが、排気口の内部に巣を作られているので、人間が巣を目視で見つけにくいことです。 無警戒で近づいた結果、いきなりハチが出てきて刺されてしまうことも多いのです。 換気扇の場合は、殺虫剤を吹きかけようとすると、その形状の都合上、ぎりぎりまで接近しないと噴射できない欠点があります。 もちろん、換気扇が動作しようものなら、殺虫剤と電気が関連して発火する危険性があることも注意してください。 ハチの駆除は自分でやるか?業者に頼むべきか? 自分で駆除する場合 自分で駆除する場合には、まず駆除剤を購入することです。 駆除剤には、ハチ専用のものも市販されるようになってきましたが、当然普通の害虫用のものより、ハチ専用の方が、もちろん効果もあります。 実際には、購入時に駆除したいハチの種類に対応した駆除剤を購入しましょう。 駆除剤を購入する時は、なるべく遠距離からでも発射できるバズーカタイプのものをお勧めします。 市販されている駆除剤では最大10メートルの被距離を持つものもあるので、駆除時にはなるべく遠距離から攻撃できるものを選びましょう。 あと、 バルサンのように煙タイプの駆除剤も、天井裏などの局部に薬剤を散布する場合には利用価値があります。 ただし、風向きなどで巣の方に駆除剤が回って行かない場合もあるので、屋外での使用には適していないことを理解しておきましょう。 業者にお願いする 距離が近すぎるとか、薬剤が届かない場所に巣がある場合には、もう専門業者に駆除を依頼する方が安全です。 もちろん、 費用はかかりますが、安全を脅かされるとか、空き家の周辺の住民がハチに刺されてしまい訴訟沙汰になってしまうよりは、出費としては安いものと考えた方がいいでしょう。 ハチの駆除を行ってくれるのは、ハウスクリーニングを行える業者や、便利屋さんが多いです。 ハウスクリーニングの業界最大手「ダスキン」では、ハチの巣駆除サービスとして、は緒の種類に応じて金額を定めて、有料でハチの巣の駆除を行ってくれます。 アシナガバチの場合は税込21,600円、スズメバチの場合は税込48,600円で駆除してくれます。 この金額は巣1つあたりの単価なので、複数の巣がある場合にはその数だけ金額がアップします。 (ダスキンの蜂駆除のリンク) 一方、便利屋さんになると、一般的な価格ですが、アシナガバチの場合は10,000円程度、スズメバチの場合は30,000円程度で巣の駆除を請け負ってくれる場合がありますが、 スズメバチの場合は危険と判断した場合は駆除を請け負ってくれない場合もあります。 金額に納得できない場合や、少しでも安価で巣の駆除をして欲しい場合は、これらの業者さんとの間で見積もりをとり、比較した結果、依頼する業者を選ぶこともいいでしょう。 見積もりに際しては、実際に現場や酢の状況を確認する必要があるので、巣を見つけてから実際に駆除するまでの間に時間がかかります。 その間にハチが空き家周辺の住民に被害を与えるようなことがありえます。 駆除するにあたって、やはり 金額のことは気になるでしょうが、危険を除去することを最優先することも考えてください。 業者が分からない場合は同業者の協会に相談しよう いざ、巣を駆除しようとした時に、空き家の近所でハチの駆除を行っている業者がなかなか見つからない場合があります。 ハチの駆除をする専門業者はインターネットなどで検索すると見つかることもあります。 もし、見つけられない場合は空き家のある自治体に相談すると、専門業者を紹介してくれることもあります。 また、各都道府県には「ペストコントロール協会」があります。 ペストコントロール協会は、ネズミやシロアリなど、害虫を駆除する業者の集まっている組織なので、スズメバチの駆除業者も参加しているので、相談してみると適切な業者を紹介してくれます。 巣を駆除した後にまた巣を作らせない再発防止のポイント 空き家に集まって来るハチを一網打尽にする「ハチ取り剤」を活用しよう そもそも空き家は、巣を作りやすい場所であることには間違いありません。 そうなると、その場所に物理的に近づけないようにネットを張ったり、殺虫剤を撒いておくことで、ハチが近付かないように予防しておく以外に方法はありません。 まずは、 巣を駆除した後でもしばらくは注意を払っておくことが必要です。 最近では、ハチの好む香りや蜜を周囲に拡散させ、寄ってきたハチを一網打尽にする「ハチ取り剤」も登場しています。 あと、空き家に存在する通気口の破損個所などは、ハチが侵入しやすい場所になるので、その破損は速やかに修繕することをお勧めします。 隣家の空き家に蜂の巣ができているのを発見した場合 隣家と連絡がつかない場合は誰に言えばよいのか? 実際、あなたの家の隣が空き家になったからと言っても、その管理を誰がしているのかを知っている場合もあれば、知らない場合もあるはずです。 誰かが空き家の管理をしていれば、定期的な管理の段階で巣を見つけることもできるでしょうが、管理すら放置されている空き家の場合は、ハチの巣が出来ているのを見つけた時には、既に手遅れになっていることもありえます。 実際、空き家にハチの巣が出来ているのを見つけるのは、空き家の隣人であることが多いです。 いつもそこで暮らしていれば、スズメバチをやけに多く見かけるようになるなど、空き家の変化に気づくことも多いからです。 もし、 空き家の持ち主や管理人が分からない場合は、自治体に相談するしかありません。 自治体で直接ハチの巣の駆除はしてくれませんが、空き家の持ち主を調べて、持ち主に対して対応するように指導してくれることまでは対応してくれます。 特に最近では、空き家に関する住環境のトラブルが多いので、自治体でも空き家対応セクションを設けていることが多いので、相談するのは比較的簡単になっています。 気になっている場合は、早めに相談してみることをお勧めします。 隣の空き家に勝手に入ってハチの巣を駆除するのは違法? ハチの巣の駆除を待っている間にも、ハチに刺される危険性は日ごとに高まってきます。 あまりにも危険な状態が続いたため、勝手に空き家に入ってきてハチの巣を駆除したくなる気持ちも芽生えるでしょう。 ですが、 いくら危険を回避するためとはいえ、他人の住居に勝手に立ち入るのは違法です。 刑法130条には「正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物」に侵入する罪が「住居侵入罪」として明記されています。 ですから、隣人の立場として、自分の家がスズメバチで危険にさらされているのに、空き家に巣があるといっても、違法であるがゆえに手出しが出来ないのです。 空き家が多くなっている昨今、日本各地でこのような事例は増えており、管理者を探しているうちにハチの巣が大きくなってしまい、結果的に専門業者にゆだねないと駆除できない状態になってしまうのです。 空き家の管理者がその責任を問われることも 実際、ハチの巣ができたことで、周辺の住居に危険が生じる場合があります。 民法では、ハチに刺されるなどの被害が生じた場合は、ハチの巣がある土地や建物の所有者に責任があることとされています。 ハチが勝手に空き家に巣をつくったのだから、これは自然の摂理だから不可抗力だと言い張っても、持ち主が責任を負わなくて済むわけではありません。 むしろ、危険なハチの巣ができても放置したままであった「管理不十分」さが認定されてしまい、防げる事故を放置したこととされるのが一般的です。 実際、空き家に出来たハチの巣が原因で、スズメバチに通行人などが刺されて被害を負ったことで、空き家の管理者がその責任を問われた事例も実際にあるのです。 もし、あなたの住まいの近くの空き家にハチの巣が出来ている場合は、まず空き家の管理者に相談して対応を依頼するのが基本です。 自治体によっては、出来ている巣を駆除してくれる自治体もあるようですが、実際に自治体が巣を駆除するのは公共用地や道路などの巣だけであって、 個人の所有地にできているハチの巣は、空き家と言えど管理者や持ち主がいる物件ですので、自治体では駆除はしてくれないことを覚えておきましょう。 隣人に緊急時の連絡先として、自分の連絡先を伝えておく 空き家の持ち主としては、ハチの巣が出来ないように毎日見張っているわけにもいきませんし、遠方に住んでいる場合は定期的に家の清掃などで一時的に帰宅することも難しいでしょう。 空き家の持ち主として理想なのは、ハウスクリーニングサービスを活用して清掃をする中で、ハチの巣を早期発見して駆除することです。 でも、費用負担のことを考えるとそこまでの費用を掛けられない事情もあるでしょう。 空き家の様子をチェックすることは、持ち主として必要なことですが、それがままならない場合、せめて 隣人に緊急時の連絡先として、自分の連絡先を伝えておくだけでも、何かあった時に連絡が入るので、対応も早くなります。

次の

軒下?屋根裏?場所によって違う、ハチの巣駆除を成功させるコツ

ハチの巣 放置

最近、ベランダに出るのがおっくう。 だって、洗濯物を干すにもビクビクしながら干さなければならないので。 その理由は、最近私の家のベランダに蜂の巣ができたから。 こんな悩みを皆さんは抱えていませんか。 マンションのベランダにできた蜂の巣、今はそんなに大きくないので、今のうちに退治してやる、そう思っている方は、まずはこの記事を読んでからでも遅くはありません。 というのも、蜂の巣駆除は、正しい駆除方法で行わないと蜂に攻撃されたり、再び同じ場所に巣を作られたりするからです。 私自身、初めてあしなが蜂の巣を駆除したとき、今回ご紹介する方法を知らなくて、気付かないうちに同じ所に再度巣を作られてしまいました。 気付かなかったこともあり、蜂に手を刺されてしまい、手が2倍くらい腫れて、2週間ほど生活に支障が出てしまい大変でした。 どうも蜂の習性「戻り蜂」が原因だったようです。 もう刺されるのはコリゴリですね…。 今回の記事では、私と同じように「蜂に絶対に刺されたくない!」という方に向けて、2度と巣を作らせないために、蜂の巣が小さいうちにやっておきたい対処法をご紹介します。 1 蜂の巣は小さいうちに駆除した方がいいのか? 巣が大きくなれば、蜂に刺されるリスクが増え危険です。 巣は小さなうちに対処しましょう。 しかし、性格が大人しく刺激を与えない限り、『何もしてこないハチ』もいます。 例えばコガタスズメバチ等がそうです。 コガタスズメバチような蜂の巣は放っておいても、近付かなければ、実は大丈夫だったりします。 しかし、アパート等の集合住宅の場合、近所の方や訪問者の方が誤って刺激を与えてしまうことがあります。 よって、不安なら、巣が小さいときに駆除した方がいいでしょう。 巣はそのまま放っておくと、どんどん大きくなります。 そうなると蜂の数が急増します。 蜂は集団で襲ってくるため、駆除のリスクも高くなり、駆除にかかる費用も高くなってしまいます。 2 蜂退治に効果的な時間帯や天候 自力で駆除をするのはかなりリスクを伴います。 蜂に反撃されるかもしれませんし、また準備に時間や費用がかかってしまうものです。 まずは、自治体や業者に相談することをオススメします。 自治体や業者に相談した上で、予算が合わない、すぐに駆除してくれないなどで条件が合わなかった場合は、自力で駆除するしかなくなります。 万が一自分で駆除をされる場合は、『駆除の時間帯』に気をつけるだけでリスクが一気に下がりますので、何も知らないより安全に巣を駆除することができます。 リスクが下がる時間帯 アシナガ蜂をはじめ、蜂の多くは、夕方から早朝にかけて活動が鈍り、眠りにつきます。 よって、 『夕方7時以降から早朝6時くらいまでに駆除すること』をオススメしています。 基本的に、昼間は人間と同じく、蜂も活発に行動している時間帯なので、攻撃されるリスクがありますのでオススメしていません。 また、巣にも「全ての蜂」がいる可能性も少ないので、「駆除した!」と喜んでいると、巣の外で活動していた仲間が戻ってきた時に襲われてしまう可能性もあります。 なので、蜂の活動前の「早朝6時くらいか、蜂の活動が弱まる夕方7時以降」が駆除に最も適した時間帯です。 駆除がオススメの天候 雨の日は羽が濡れて行動しにくくなります。 餌を探しに出る働き蜂も活動が激減するので、巣の中に多くの蜂が存在する可能性が高まります。 なので、 雨の日を狙って巣を駆除すれば、巣にいる蜂を一網打尽にする可能性も高まります。 3 巣が小さいうちに駆除をする方法とコツ 蜂の巣を駆除すると決めたら、次に巣の状態をしっかり確認しましょう。 自力で蜂の巣を駆除するのなら、 『巣の大きさがせいぜい10センチくらいまで』です。 それだと蜂の巣には数十匹程度しかいないからです。 巣が10センチより大きい場合は、蜂の数も増え(最大で1000匹くらいになります)、蜂に刺される可能性が非常に高まり、危険なのでやめましょう。 またスズメ蜂の中でも、オオスズメバチやキイロスズメバチは凶暴なため、巣自体に近付くのは避けましょう。 プロの目から考えても、オオスズメバチやキイロスズメバチなどの凶暴な蜂の巣駆除は、自力で駆除するのはオススメしていません。 さて、駆除ですが、厚さ3cm以上の厚手の服(蜂の針は長くて3センチくらいあるため)を身にまとい、蜂の反撃を避けるため、巣から2~3メートル距離をとって、巣に向かって殺虫剤スプレーをしばらく(5秒以上)ふきつけます。 ちなみに殺虫剤はハチノック(薬剤の最大到達距離3メートル)がオススメです。 蜂の動きがなくなったことを確認した後、蜂の巣を棒で落とし、袋に入れます。 (袋は二重三重にしておきましょう。 袋一つだと、蜂は袋をかみ切ったり、針で突き破ったりして、出てくるかもしれません。 袋から蜂が出てしますと、元の場所にまた巣を作ってしますかもしれません。 そして、巣のあった場所に殺虫剤を数十秒間ふきつけておきましょう。 こうすることで、難を逃れた蜂が巣に戻ってくる(戻り蜂といいます)のを防ぎます。 4 二度と巣を作らせない!巣を落とした後にやる後処理 殺虫剤を振りかけておく 巣を駆除したら、殺虫剤を巣のあった場所にしっかり振りかけておきましょう。 ピレスロイド系の成分が入った殺虫剤は、蜂除けになります。 これで戻り蜂を防ぐことができます。 ピレスロイド系の成分が入ったオススメの殺虫剤は、で詳しく書いてますので合わせてお読みください。 木酢水を巣があった近くに置いておく また、木酢液(もくさくえき)から木酢水を作り、巣のあった付近に置いておくという手軽な方法もあります。 木酢液は、炭で出る煙を冷やして液化したものです。 炭のにおい(火のにおい)を虫は本能的に嫌います。 蜂も例外ではなく、木酢水で蜂除けが可能なのです。 まとめ いかがだったでしょうか。 蜂の巣は基本的には小さいうちに駆除した方がいいのですが、人との接触があまりないような場所にあった場合、駆除しなくてもいいでしょう。 そして、その蜂が危険な蜂かどうか確認してからでも遅くはありません。 駆除をする場合、まずは自治体・業者に相談しましょう。 やむを得ず自力で行う場合、蜂の活動が弱まる夕方から早朝にかけて行うのがいいでしょう。 その時に、防護服か厚手の服を身にまとい、巣から2~3メートル離れたところで、巣に向かって殺虫剤スプレー(ハチノック等)をふきつけます。 その後棒で落とし、袋に入れます(袋は二重三重にしておきましょう)。 そして、巣のあった場所に殺虫剤を何度もふきつけておきましょう。 こうすることで、再び同じ場所に巣を作らせません。 殺虫剤が気になる方は、木酢液を巣のあった場所に置いて、蜂除けを行いましょう。 しばらく置いておくと、蜂は完全に近付かなくなり、これで二度と同じ場所に巣は作らなくなります。

次の