ピティナ 課題 曲 チャレンジ。 2020ピティナ・ピアノコンペティション課題曲チャレンジ!

ピティナ『課題曲チャレンジ』を利用してスキルアップしましょう!

ピティナ 課題 曲 チャレンジ

1904年、ハンガリー農民の歌ううたに心を奪われてから、バルトークは民謡の収集を志し、1906年から本格的な民謡の収集を開始した。 1907年の夏には、チーク県(現在ルーマニア)に訪れ、1ヶ月以上にわたって民謡収集を行っている。 この旅の途中で、バルトークはある羊飼いの老人が吹く笛に感動し、この旋律を、笛とピアノのために編曲した。 その数ヶ月後、それをピアノ独奏用に編曲したものが、この《3つのチーク県の民謡》である。 これは、バルトークが民族音楽を編曲したはじめてのピアノ作品である。 第1曲:村人が吹く笛による、単純な旋律が、さまざまな装飾音をもって奏される。 即興的要素の強い装飾であり、その演奏は容易とはいえない。 ドリア調。 第2曲:エオリア旋法による旋律が、テンポを微妙なゆれの中で奏される。 親に反対をうける恋人同士の嘆きを歌った歌。 第3曲:テンポジュストではっきりと刻まれる拍にのせて、民俗音楽の旋律がうたわれる。 徴兵命令により、故郷への別れを告げる少年たちの歌。 なお、この曲に登場する旋律は、《8つのハンガリー民謡》の第五曲でも、用いられている。 3曲中、演奏難易度は、比較的容易。

次の

ピティナ課題曲チャレンジのご案内♪

ピティナ 課題 曲 チャレンジ

新型コロナウイルス感染拡大の影響が長期化するなか、全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)は、ピアノ学習者のために演奏動画による評価を行う「課題曲チャレンジ」を開催する。 44年目を迎えたピティナ・ピアノコンペティションの実地開催が今年は困難となったため、代替プロジェクトとして実施し、チャレンジの場を提供する。 参加者は、自身で級を選択し、2020年度ピアノコンペティションA2〜F級の課題曲に予定されていた楽曲のなかから2曲を自宅で演奏。 その模様をスマートフォン・タブレットなどの端末で撮影し、動画を提出することにより、コンペティションの審査員から到達度についての講評とアドバイスをもらうことができる。 相対評価・順位付けは行わない。 参加者には、認定証や賞状、2021年のコンペティション参加クーポンなどが贈呈される。 エントリー期間は2020年6月30日まで。 なお、デュオ部門連弾の課題曲チャレンジも行われる予定で、6月4日に要項が発表される。 8月以降に予定されているピティナ・ピアノコンペティション特級、Pre特級、G級の二次予選以降の審査は、5月28日現在、実地での開催が予定されているが、今後の状況により変更の可能性があるという。 2020ピティナ・ピアノコンペティション 課題曲チャレンジ Tags: Post navigation.

次の

ピティナがオンラインで「課題曲チャレンジ」を開催

ピティナ 課題 曲 チャレンジ

4期チャレンジの方は前期と後期で別々の動画として撮影してください。 1本の動画に 時代順で2曲通しで演奏したものを収録してください。 曲中、曲間の編集・加工は禁止です。 (セルフ撮影の場合、第一音より前、最終音よりあとの空白のみカット可。 演奏の視聴に妨げになるような雑音の混入はできるだけ避けてください。 ただし、電車の音などやむをえない環境音については、評価時に考慮します。 演奏前のお辞儀、氏名・曲名の申告は不要です。 またご自身のお名前等の個人情報がわかるものは極力映らないようご配慮ください。 映像は何度でも撮り直し可能ですが、課題として提出できるのは前期・後期で各1作品だけです。 撮影したものから 最高のテイクをご提出ください。

次の