女子 クラミジア おりもの 写真。 【医師監修】おりものが大量に出るのは病気? 疑われる5つの病気と原因(マイナビウーマン子育て)

おりものはカラダのサイン|サラサーティ|小林製薬

女子 クラミジア おりもの 写真

おりものは多少あるのが普通。 気にしすぎるのは逆効果なこともあるのです おりものは膣や子宮の出口で作られる分泌物が混ざったもの。 膣内に潤いを保ち、雑菌の侵入や増殖を防ぐ働きを持っています。 口の中の唾液や目にとっての涙と同じようなものです。 おりものの中にはデーテルライン桿菌(かんきん)という「善玉菌」がいて、大腸菌やカンジダ真菌などの雑菌が増えないように働いています。 この善玉菌が少なくなったりいなくなったりすると、膣内の抵抗力が落ちて感染を起こしやすくなってしまいます。 よく抗生物質を飲むとカンジダ膣炎になる人がいますが、これは抗生物質によって一時的に善玉菌まで除菌されてしまうため。 カンジダはカビの一種で抗生物質が効かないため、善玉菌によるバリアがなくなると増えやすくなるのです。 また、おりものを気にしすぎるあまり、トイレに行くたびにビデで洗ってしまう人もいるようですが、これは善玉菌まで洗い流してしまうので逆に感染を起こしやすくしてしまいます。 ビデを使うのは月経の時期だけにして、過度に洗いすぎないよう注意が必要です。 正常なおりものの状態 婦人科を受診する患者さんで、月経不順や不正出血に並んで多いのが「おりもの異常」。 しかし、おりものの不安を訴える患者さんでも実際に拝見すると本当に異常なおりものが出ている方はそれほど多くなく、気にしすぎなことがほとんどです。 正常なおりものは、半透明~白っぽい色で卵白のように少し粘り気があります。 乾くと少しポソポソしたクリーム色の状態になることがありますが、これは異常ではありません。 月経直後は臭いが強めのこともありますが、それ以外の時期はあまり臭いがないのが普通。 おりものシートをつけっぱなしにしたり、タンポンを入れっぱなしたりすると雑菌が増えるため臭いが強くなることがあります。 おりもの量の変化は異常ではない おりものはホルモンの影響を受けて状態や量が変わり、排卵期や月経直前はおりものが増える傾向にあります。 おりものの量も汗と同じように個人差があるので、ちょっと多めだなと思っても多少下着につく程度の量はあまり気にする必要はありません。 たまに「おりものの量が多く、常におりものシートをつけていないと落ち着かない」という人がいますが、他の病気への感染がないと確認できればおりものの量を無理に減らす治療をする必要はありません。 ただ、おりものシートを常用していることで雑菌が増え、それによっておりもの量が増えるという悪循環に陥っている可能性があるので、シートをつけっぱなしにするのはやめましょう。 排卵期や月経前の一時的な増加以外では、感染があったときや膣内に異物があったときにおりもの量が増えます。 おりものが急に増え、生理周期に関係なく量が減らないといった異変があった場合、一度きちんと検査を受けた方がいいでしょう。 「おりものが増えていない=病気ではない」とは言い切れないので、おりものの量だけで異常の有無を判断することはできないのです。 おりもの異常から疑われる主な病気一覧 おりものの状態別に、疑われる病気を簡単にまとめてみました。 ただし以下の内容だけで自己診断せず、病院での検査を受けることが正しい治療の第一歩です。 や、などの可能性があります。 いったん治まっても必ず婦人科で検査を受けましょう。 クラミジアはひどくなると熱が出たり、下腹が痛くなったりすることがあります。 抗生物質を1~2週間飲めば治療できますが、炎症が卵管まで広がると不妊症の原因になることも。 雑菌なら自然に治ることもありますが、淋菌の場合は抗生物質の点滴でしっかり治療する必要があります。 雑菌でも腟内に抗生物質のタブレットを入れることで殺菌できます。 自然に治ることもありますが、何度も繰り返したり痒みがひどい場合は受診し、膣剤などを処方してもらいましょう。 2~3日様子を見て改善しないようなら、早めに受診しましょう。 雑菌の場合、1週間ほど腟内に抗生物質のタブレットを入れることで改善が期待できます。 性交渉を控えて早めに検査を受ける必要があります。 飲み薬と膣内に入れるタブレットを10日ほど使えば治療できます。 異常なおりものは臭いや色もチェック 血液が混じったピンクや茶色のおりものや、明らかに普段と違う黄緑色のおりものが出た場合は、性行為感染症を始め、子宮頸がんなどの大きな病気が潜んでいる可能性もあります。 また、痒みが強かったり、臭いがいつもと違う場合も、注意が必要。 「」の項目も確認の上、一度婦人科を受診するようにしましょう。 【関連記事】•

次の

おりものの異常・正常なおりものとの違い【婦人科医が解説】 [オトナ女子の不調・カラダの悩み

女子 クラミジア おりもの 写真

おりものについては気軽に相談できる話題でもないため、人知れず悩んでいる人もいるでしょう。 いつもより量が多いのは、病気のサインなのでしょうか。 おりものの量が多い時に考えられる原因を知り、適切に対処できるようにしていきましょう。 この記事の監修ドクター 産婦人科専門医 中林稔 先生 日本医科大学卒業、虎の門病院医長を経て、現在三楽病院産婦人科部長。 診療のみならず、学会・各地講演をはじめとする医学の普及活動を行う傍ら、教育にも幅広く従事しており、2008年には中林助産師学院を共同設立。 医師+(いしぷらす)所属 そもそも、おりものって何? なぜ出るの? 下着につく粘り気のある液体、それがおりものです。 まずは、なぜ出るのか、どんな役割があるのかについて見ていきましょう。 おりものが出るのは自然なこと 子宮や腟からの分泌物のことを言います。 生理的な現象で出るものなので、多少のおりものがあるのは自然なことです。 ただし、急に量が増えたり、色や匂いに変化が現れたりした時には、何か病気(感染症など)が隠れている場合があります。 いつもとは違うなと感じたら、医療機関を受診するようにしましょう。 おりものの役割を知っておこう 腟内をキレイにしたり、潤いを保ったり……。 おりものは、腟の自浄作用という役割を担っており、女性の体にとってとても重要な働きをしています。 (1)体内の老廃物を排出する 女性器からの分泌物を体外に排出する (2)潤いを保つ 腟内のうるおいを保ち、雑菌の侵入や増殖を防ぐ。 セックスの時には潤滑剤の役割をする (3)受精の手助けをする 精子の侵入を助け、妊娠をするためにも必要な存在 正常なおりものの量や状態って? 正常なおりものとは、どのような状態なのでしょう。 月経周期によって量や状態が変わることも、知っておきたい情報です。 健康なおりものは乳白色 健康な女性のおりものは、乳白色で、ヨーグルトのような少し酸っぱい匂いがするのが一般的。 酸っぱい匂いがするのは、腟の中にいる乳酸桿菌が乳酸を分泌しているためです。 そのおかげで、腟内は酸性に保たれ、雑菌が増えないようになっています。 いつもの状態を知ることが大切!月経周期とおりものの量や変化 おりものの色や量には、個人差があります。 「ちょっと多いかな?」と感じても、気にしすぎかもしれません。 大切なことは、自分のいつもの状態を知っておくこと。 おりものの量は、月経周期によっても変化します。 自分のおりもののパターンを把握しておけば、おりものの変化にいち早く気づくことができ、排卵日なども予想しやすくなります。 月経周期でおりものの量は変わる ・生理(月経)後:直後の量は少なめで、サラッとした感じ。 ・排卵前(低温期):最も量が増える時期。 半透明の粘り気のあるおりものが2〜3日続きます。 匂いは強くありません。 ・排卵後(高温期):だんだん量が減っていく。 ・生理(月経)前:量が増え始め、下着につくと黄色っぽく見えるようなおりものが出ます。 比較的においも強くなります。 年齢によって変わる?おりものの量 おりものの量は年齢によっても変化します。 女性ホルモンの分泌が安定している20〜30代の性成熟期には量が多く、40代以降になると減っていきます。 その後、閉経するとおりものの量はとても少なくなります。 それに伴い、腟の浄化作用が低下して、腟炎などを起こしやすくなるので注意しましょう。 おりものの量が多い時に注意したい5つの感染症 おりものの量が急に増えた、酒粕のようなおりものが大量に出るなど、おりものの変化は、病気のサインかもしれません。 いつもとは違うと感じたら、早めに医療機関を受診するようにしましょう。 細菌性腟症 <原因> 腟感染症のうち、最もよくみられるのがこの「細菌性腟症」。 これを起こす特定の菌というものはなく、原因は明らかになっていませんが、腟の自浄作用の要である乳酸桿菌が何らかの原因で減少し、複数の細菌が増加することで発症します。 性的パートナーが多いこと、子宮内避妊具(IUD)の使用などが、リスク要因と言われています。 <症状と注意点> 特徴的な症状は、灰色のサラサラとしたおりもので、ときに悪臭がすることも。 細菌性腟症は、子宮内膜炎や卵管炎、骨盤腹膜炎といった病気の原因になることがあり、妊婦さんでは早産などのリスクが高まることがあるので、注意が必要です。 腟トリコモナス症 <原因> トリコモナス原虫によって起こる感染症で、セックスで感染することが多いとされています。 まれに下着、タオル、浴槽などで感染することもあります。 <症状と注意点> 典型的な症状は、悪臭、泡状の黄色や黄緑色をしたおりもの、外陰部のかゆみ。 男性は症状が出ないケースが多いため、パートナーも一緒に治療することが大切です。 性器カンジダ症(外陰腟カンジダ症) <原因> カンジダというカビの一種によって外陰部や腟に起こる炎症で、多くの女性が一生に一度は経験する言われるくらい頻度の高い病気です。 カンジダは、もともと腟内に存在するのですが、病気などで抵抗力が落ちたときや抗生物質を服用した後や妊娠中などには、異常に増えすぎて不快な症状が出るようになるとされています。 <症状と注意点> 外陰部の激しいかゆみ・腫れ、カッテージチーズや酒粕状のおりものがあったら、この病気の疑いがあります。 パートナーにも検査や治療をしてもらうことが大切です。 細菌性腟炎 <原因> 細菌性腟「症」と名前が紛らわしいですが、細菌性腟「炎」では、大腸菌やブドウ球菌、連鎖球菌などの細菌が増えて、腟の自浄作用が低下して起こる炎症です。 疲労や病気で抵抗力が落ちることやホルモンバランスの乱れなども、自浄作用を弱める原因となります。 <症状と注意点> 膿のようなおりものが増える、腟の腫れや灼熱感(熱くてひりひりするような感覚)などが特徴です。 おりものにかぶれ、外陰炎を起こすこともあります。 性器クラミジア感染症 <原因> 性交によりクラミジアという細菌に感染して起こります。 近年、若者、とくに若い女性に感染者が多く、性感染症のなかで最も多く見られると言われています。 <症状と注意点> 水っぽいおりものが流れ出るくらい大量に出るようになります。 女性では症状が軽く感染しているのに気づかないことも多いのですが、放置すると不妊症や子宮外妊娠(異所性妊娠)の原因になるとされています。 このほか、子宮頸部悪性腺腫、子宮頸がん、子宮体がんでも、おりものが増えることがあります。 おりものに血が混じる、変な匂いがするといった変化も見逃さないようにして、異常があったら医療機関を受診するようにしましょう。 また、病気ではありませんが、妊娠すると、妊娠周期が進むごとにおりものが増えていきます。 これも予備知識として知っておくと良いですね。 まとめ おりものは、個人差が大きく、排卵期など月経周期によっても変化するものです。 まずは自分のおりものの様子やパターンを知っておくことが大切です。 いつもと明らかに違う様子のおりものが大量に出たり、不正出血や腹痛、異常な匂いなどを伴うような場合には、自己判断せずに、婦人科を受診し、適切な診断をしてもらうようにしましょう。 umin. 必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。 本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます.

次の

クラミジアの解説 症状や感染経路・検査や治療について│STD研究所

女子 クラミジア おりもの 写真

こんにちは 一般人ですが、妊娠中にカンジダになったことがあります 痒いのと、下り物が増えました 体力が弱ってる時になりやすいそうで、塗り薬であっけなく治まりました。 ドクターに言い出すのが恥ずかしくて、我慢してたのが惜しいくらいでした その時思い出したのですが、私も小学校の時に時折、そういうことがあったのに 恥ずかしくて親に言えなかったんです。 〈なんの経験もないのに、「せ、性病!?」とかおもいこんでしまって、、、) ついでに言うと、1歳の赤ちゃんも同じものになりました。 皮膚科で薬をいただきました。 ですから、考え込まずに普通の 皮膚などの病気と同じだよ、と 受診される方が良いと思いました。 〈ちょっと患部を綿棒でこすって 検査されましたので、恥ずかしいかも、ですが、、、〉 お大事に、、、。 婦人科受診をお勧めします。 かゆみもあって頻繁に下着を取り替えるほどのおりものであればなんらかの感染症の可能性が高いです。 体調は大丈夫でしょうか?おりものが出る前に体調を崩していたとか、薬を飲んだとかはありませんか?抵抗力が落ちていれば便の汚れなどに由来する性器感染はありえます。 もうひとつ、4年生では可能性は低いのですが、小学校高学年であれば汚れた指や物を入れたりという原因もありです。 (診たことはないのですが、婦人科で診たらサインペンのキャップが入っていたなどと言うケースがあるようです。 )その場合、本人は母親にも言うに言われず、知らない振りを決め込みつつ、おりものに悩むと言うことになります。 後半のは杞憂だと思いますが、ぜひ受診してください。 A ベストアンサー 通常、黄緑色のおりものはトリコモナス膣炎の可能性があるそうです。 ただ、これは性交渉によって感染することがほとんどなので可能性は低いと思います。 また、外陰膣炎という症状もあるようで、大腸菌などの一般細菌が原因だそうです。 もし膣炎だとしたら小児科では内診が出来ないと思いますので婦人科にいかれたほうが良いのでは・・・もちろん、#1の方がおっしゃるように心の傷が心配ですが、病院を転々とするのもつらいのではと思います。 もちろん、それはお母さんの決めることではありますが・・・。 似たような症状の解説がありましたので(患者は2歳児ですが。 )、URLつけておきます。 ご参考までに。 はやくよくなりますように。 okinawa. med. htm Q 小5の娘についての質問です。 この1ヶ月くらいの間に、おりものが出るようになりました。 生理の前兆かもしれないな・・と本人も自覚しているのですが おりものによって下着が汚れるのをすごく嫌がり コットン100%のものを使わせたりしたのですが すぐにかぶれてしまいました。 かぶれはフェミニーナ軟膏を塗ろうと思っています。 かぶれてしまう以上、 下着を頻繁に変えさせるしか方法はないと思っているのですが 学校に行っている間に、何度も下着を交換したりするのが不自由なようです。 汚れたらすぐに不快感になり、でも授業の間でトイレに行くことも出来なかったり 下校中に汚れたりなどがすごく嫌なようで・・ とにかく神経質になってしまっていて困っています。 私自身、そこまで不快に感じた記憶もなく 大人になってからはおりものシートで全然平気なので。。 このままだと、生理が始まりナプキンになったら もっと大変な思いをするのではないかと心配です。 何か良い方法はないかと探しています。 また、同じように小学生などの娘さんがおりものシートを使用して かぶれなかった商品名などがあれば教えて下さい。 小5の娘についての質問です。 この1ヶ月くらいの間に、おりものが出るようになりました。 生理の前兆かもしれないな・・と本人も自覚しているのですが おりものによって下着が汚れるのをすごく嫌がり コットン100%のものを使わせたりしたのですが すぐにかぶれてしまいました。 かぶれはフェミニーナ軟膏を塗ろうと思っています。 かぶれてしまう以上、 下着を頻繁に変えさせるしか方法はないと思っているのですが 学校に行っている間に、何度も下着を交換したりするのが不自由なようです。 A ベストアンサー 私の娘は小学一年生の時、胸が少しふくらみ小児内分泌の専門医を受診しました。 一時的なホルモンバランスの崩れだったらしく(同時期に背もぐんと伸びていました)、 その後胸はぺったんこに戻りました。 その時のお医者様の話です。 「思春期早発症」または「性早発症」という病気もあるそうで(ネット検索すると色々出てきます)、女の子の目安としては以下の通りとの事です。 1. 7歳未満で乳房発育がある。 (一般的に8~13歳) 2.8歳未満で陰毛発生、小陰唇色素沈着などの外陰部早熟、あるいは腋毛発生がある。 (恥毛の発生・一般的に9~14. 5歳) 3. 9歳未満で初経がある。 (一般的に10~14. 5歳) 質問者様のお子様はこの基準で見ると正常の範囲内ですね? 我が娘が1年生で受診した時でさえ、「年齢的には『正常』と『治療対象』の境目くらいです」と言われました。 お嬢様はもう3年生ですし、それほどご心配なさらなくても大丈夫かな?と思います。 お友達よりやや早め、というくらいでしょうか。 あと、お医者様に「お母さんは何歳何ヶ月で初潮を迎えましたか」と聞かれました。 早めだったお母さんの娘は、早めなことが多いそうです。 私の娘は小学一年生の時、胸が少しふくらみ小児内分泌の専門医を受診しました。 一時的なホルモンバランスの崩れだったらしく(同時期に背もぐんと伸びていました)、 その後胸はぺったんこに戻りました。 その時のお医者様の話です。 「思春期早発症」または「性早発症」という病気もあるそうで(ネット検索すると色々出てきます)、女の子の目安としては以下の通りとの事です。 1. 7歳未満で乳房発育がある。 (一般的に8~13歳) 2.8歳未満で陰毛発生、小陰唇色素沈着などの外陰部... Q 5歳の娘ですが、昨日からおりものがあります。 半年ほど前に初めて、黄色いおりものが大量にあり、 ビックリしてあわてて婦人科を受診しました。 その時は飲み薬を何日分かいただきましたが、翌日には止まっていました。 今回はその時に比べるとずっと少量ですが、娘も二度目のせいか 「気持ち悪い」「かゆい」などとしきりに気になるようです。 前回の婦人科を受診すれば良いのでしょうが、またあの診察台に上がらされ 痛い思い(おりものを採取する時、痛がったのです)をさせるのかと思うと 女親としてはいたたまれない思いでとても可哀相で、 また本人もすごくイヤがっているのです。 おりものはすごく気になってイヤ、でも病院もイヤ、という感じで悩んでいます。 友人の話などでは、「しばらく様子みてたらそのうち治るよ」と気楽な意見が 多いのですが、それで良いものでしょうか? 私が見た感じでも、そうタチの悪いおりものではないようですが... また、市販で子供にも使える軟膏などはあるのでしょうか? ご回答、よろしくお願いします。 5歳の娘ですが、昨日からおりものがあります。 半年ほど前に初めて、黄色いおりものが大量にあり、 ビックリしてあわてて婦人科を受診しました。 その時は飲み薬を何日分かいただきましたが、翌日には止まっていました。 今回はその時に比べるとずっと少量ですが、娘も二度目のせいか 「気持ち悪い」「かゆい」などとしきりに気になるようです。 前回の婦人科を受診すれば良いのでしょうが、またあの診察台に上がらさ... A ベストアンサー 基本的には産婦人科受診をおすすめします。 ただ、取り合えずは、下着をこまめに替えるとかトイレにいったときにさっと陰部を微温湯で洗い流すなどして清潔を保つと不快感が軽減するのではないでしょうか。 ただし、膣の中まで洗うのは本来の自浄作用を妨げてしまうので、あくまでも外陰部のみです。 お風呂の際は石鹸をつかわないようにします。 デリケートな部分ですので、石鹸は刺激となる場合があります。 また、ベビー石鹸などはむしろ大人の石鹸よりも殺菌成分のつよいことがあるので、香料の入っていない普通の石鹸を使用した方が無難ですで。 それでも不快なおりものが続くようでしたら、すぐ産婦人科へ行ったほうがよいと思います。 それと、市販の軟膏はやめた方がよいと思います。 市販の軟膏には殺菌効果の強いものがあると思いますので、下手をするとかぶれの原因になるかも知れません。 特に小さいお子さんのことですから慎重になさったほうが良いと思います。 以前産婦人科の先生から、市販薬をぬってかえって症状が悪化して来院される患者さんがふえていると聞いたことがあります。 A ベストアンサー こんにちは。 またきました。 小さい子でも女性器の構造はあるので、それなりの分泌物はあります。 つまりいわゆる「おりもの」でしょう。 ただ、成人女性と違う所は、まだ月経周期がないので、関係するホルモンが出ておらず、その為に、本来なら膣の中を酸性に保っている常在細菌というものがちゃんと出来ておらず、いろんな雑菌の集団状態な所です。 そのため、チーズみたいな物が付く事も珍しくないです。 お風呂などで局所をきれいに洗ってあげてください。 ただ、血が混じってるのかな? と思うような場合は一度見てもらった方がいい場合があります 滅多にないのですが一応。 Q 小学校高学年になる娘の膣カンジダに悩んでいます。 先月、風邪を引いて市販の薬を飲ませたらひどい咳だったにもにもかかわらず翌日にはピタリと治まり喜んでいたのですが、二日も経った頃から膣付近を異常にかゆがり産婦人科で診てもらうとカンジダだと言われました。 抗真菌剤をもらいましたが完治までに二週間近くかかってしまいました。 今回も風邪を引き、39度にもなる高熱でしたが点滴で翌日には平熱に戻りました。 しかし、やはり同じく膣付近をかゆがるのできっと同じだろうと思い、以前もらった薬を塗り一週間ぐらいになります。 しかし、今回は赤い発疹が増えて肛門辺りも赤くなっており、薬を塗れば治まるようですが時間とともに猛烈にかゆみが復活するみたいです。 しかし、全体的な赤みはひいてきたような気がします。 質問は、風邪を引くたびにカンジダにかからずに済む方法があれば教えて頂きたいのです。 それと、娘のようなこどもでも膣カンジダにかかるのはおかしいでしょうか。 ひょっとしたら、私は小さい頃から風呂の度にせっけんで洗わせているのですが、それも良くないのかなぁと気になっています。。 A ベストアンサー 風邪をひいて体の免疫力が低下したため、カンジダの症状が起きたのだと思います。 風邪薬(特に抗生物質入り)を飲むと膣内の常在菌(デーデルライン桿菌)まで殺してしまいます。 この菌は膣内のPHを酸性に保って、細菌の侵入を阻止しています。 きれいに洗いすぎるとこの菌までいなくなりますので、細菌が侵入しやすくなります。 この菌は女性にとって必要な菌ですので、殺さないようにしてください。 しかし風邪薬を飲むと風邪の菌と一緒に、この菌まで殺してしまいますので風邪薬を出来るだけ控えるか、風邪薬と一緒に整腸剤を飲んで善玉菌を増やすようにすると良いと聞いたことがあります。 この病気は一度かかると再発しやすいので、根気良く治療を続けるのが大事です。 kbnsm. html A ベストアンサー 普通のおりものだと思いますよ^^ 乾けば黄色くなります。 ほかには、その色が変化する(チョコレート色とか、ピンクとか)こともありますが、臭いに異常(腐敗臭や、膿臭)がなければ、あまり心配いらないと思いますよ。 異常な時の臭いは、鼻を近づけなくてもわかります。 おりものは病気のシグナルでもあります。 「普段」を良く覚えておいて、変化があればその都度調べてみて下さいね。 女の子から、女の人への準備が、あなたの中で着々と進んでいる証拠です。 不潔にしないことが肝心ですので、パンツのまま、地べたに座ったり、汚い水(池とか)には入らないようにしましょう。 お姉さんが生理になってないからと言って、あなたもその年齢までならないとは限りません。 もういつ始まっても不思議ではないので、生理用品の準備はしておきましょう。 学校や外出先ではじまったら慌てちゃうので、ナプキンを一個、いつもカバンに入れておきましょう。 Q 娘が小4です。 ずっと仲がよかった二人の女子から「避けたいから」と外されて3ヶ月ほどです。 聞かされた理由は、「付いてこないで」だそうです。 その後は他の友達と過ごしたりしながらいました。 その二人も都合よく、誰も相手がいないときに娘を誘ったり。 親としては、都合のいい態度の友達を追いかけるようなことをしないように諭し、 それは見守ってきました。 一ヶ月ほど前から、別の友達Aに無視されるようになったとのことでした。 思い当たるとすれば、ヒソヒソ話を毎日目の前でされたことについて、「やめて」とAに訴えたことか。 辛くてしんどくて、それでも他の友達とすごしていましたが、ついに上の二人とAがグループとなり。 唯一娘が心許していた友達を囲い込み、娘が一人になってしまいました。 よくある小学校高学年女子の姿なのでしょうか? 娘には他に思い当たる節がないようで、それも困るのですが。 どちらかというと、のんびりしていて争いが嫌いなKYな部分も十分あるタイプの娘です。 一人で立っていられる子で、誰かがいないと不安で、、、などはありません。 最近は一人図書室ですごしているようです。 しかし、昨日は娘の拠り所の図書室で彼女らが固まって娘一人外した状態を更に作り上げたようです。 今日、学校を休むことになりました。 ひどくショックを受けたようで。 親として、友達の変化については話しました。 今まで仲良くしていた友達との成長伴うズレもあるだろうし、思い当たる節が原因であれば今後の自分の立ち振る舞いを見直すのも一つの手だということも話しました。 クラスで孤立するようなエスカレートすることがあれば、そこが一つの線引きとして担任に状況だけお伝えしておきたいとは思います。 これでいいのか?見守ることしかできないのですが。 今日休むことはリセットさせてやりたいと思い、娘の決断を受け入れました。 親が今の段階で担任に話すなどと口を挟むことはよくないかと思います。 が、何をしてやればいいのか? 涙する娘に対して。 アドバイスをお願いします。 本当に辛いです、よろしくお願いします。 娘が小4です。 ずっと仲がよかった二人の女子から「避けたいから」と外されて3ヶ月ほどです。 聞かされた理由は、「付いてこないで」だそうです。 その後は他の友達と過ごしたりしながらいました。 その二人も都合よく、誰も相手がいないときに娘を誘ったり。 親としては、都合のいい態度の友達を追いかけるようなことをしないように諭し、 それは見守ってきました。 一ヶ月ほど前から、別の友達Aに無視されるようになったとのことでした。 思い当たるとすれば、ヒソヒソ話を毎日目の前でされたことについて... A ベストアンサー 参考になればと長文失礼致します。 私の娘も同じくらいの頃、学校で少し孤立する状況になったことがあります。 朝、「仲間はずれになっている」と、突然泣き出して発覚しました。 娘も最初は心あたりがないとずっと言っていて、 確かに話の大枠では原因がなさそうに見えたのですが、 子どもは無意識に自分の都合のいい形で話を作ってしまうことがあるので 娘の意見ばかり聞いても客観的に見られないかもしれないと思い、 できるだけ客観的に聞くようにも意識しました。 話を聞くときはできるだけ聞き出す形に誘導してあげて、 原因や改善策がハッキリするまでは自分から意見を言ったり、 決めつけて話していかないことが大事ではないかと思いました。 原因もなくそういったことにならないだろうという思いがあったので 私としては「やはり・・・」という感じです。 ただ、本当に「そんなことで?」というほどのとても小さなことで、 普通にしていたらとても気づきませんし、 そのときも「原因があるとすればこれかなあ・・・?」という程度のものでした。 (あとから聞いてみると、どうやら本当にそれがきっかけだったようです) ですから親やイジメられている側としては、 原因がないと思えるかもしれませんが、 きっかけや原因がゼロということは、ほとんどない気がします。 そんなことをしている間にも仲間外れやイジメはエスカレートしていき、 どうやらほかの学年の子が、娘とクラスメイトのやりとりを見て 先生に言ったらしく、それにより介入したことがあったそうです。 しかし、心配していたように、それにより状況は悪化。 娘は毎日泣いていました。 その間、娘に言ったことは、「とにかく相手に何を言われても、 悪口や相手を責めるような、自分が言われて嫌なことは 絶対に言わないこと(先生に対しても)。 相手が誰でも優しく・親切にすること。 自分がされたらうれしいことを相手にしてあげるということ。 だからつらかったら言ってごらん」 ということでした。 それと並行して「何も原因がなくてそんなことされるのはおかしい気がする。 何かなかったか一緒に考えてみよう」 「イジメたり仲間外れする人は、とても寂しい子。 本当は相手を仲良くしたいと思っている子なんだ」 ということを繰り返しやりとりしました。 仕事が忙しくて、夜遅くに帰ったときは話せないときもありましたが、 それでも朝4時や5時に起きて話を聞いたりして、 時間があるときは、少しでもいいからできるだけ 彼女の話を聞いてあげるようにしました。 そのため、その子の影響で孤立しているのではないかと判断して その子に手紙を書いてみたらどうかと娘に持ちかけてみました。 「私は少しずつでも仲良くしたいと思っている。 」 「大好きな人に悪口・を言われるのはとても悲しい。 」 という、娘なりに彼女と仲良くしたい思いをつづらせました。 私の方でも簡単に添削もして、微妙そうなことは削除、 できるだけ相手に気持ちが伝わるようにまとめさせました。 もちろん絶対に嘘は入れないことが条件で。 書いた直後は大きく変わりませんでしたが、 やはり小学生ということで良心が痛んだのでしょう。 少しずつながら一緒にやりとりすることが増え、 ほかの子たちもそれに習って、今は普通に仲良くしているようです。 この期間は3~4ヶ月といったところでしょうか。 それと、娘としては 「お母さんによく話を聞いてもらえたこと」 「味方になってくれるって言ってくれたこと」 「一緒になってどうするべきかを考えてくれたこと」 がうれしかったようです。 とにかくよく聞いてあげてください。 参考にならなかったら申し訳ありませんが、 改善のきっかけになればと書かせていただきました。 おつらいと思いますが良い結果につながることを祈っています。 参考になればと長文失礼致します。 私の娘も同じくらいの頃、学校で少し孤立する状況になったことがあります。 朝、「仲間はずれになっている」と、突然泣き出して発覚しました。 娘も最初は心あたりがないとずっと言っていて、 確かに話の大枠では原因がなさそうに見えたのですが、 子どもは無意識に自分の都合のいい形で話を作ってしまうことがあるので 娘の意見ばかり聞いても客観的に見られないかもしれないと思い、 できるだけ客観的に聞くようにも意識しました。 話を聞くときはできるだけ聞き出す形に誘... Q 6才の女の子です。 夏休みにはいった途端、ヘルパンギーナや夏風邪で高熱を出していました。 やっと熱が下がったと思ったら、パンツに「カビカビ」した白いおりものがたくさん付着していて痒みもあるみたいです。 ずっと熱を出していたので、お風呂にも入れず体を拭くくらいしかしていませんでした。 (不潔にしていたからでしょうか?) 気づいてから2日たち、トイレに行くたびにシャワーで清潔にしていると少しおりものの量も減ったような気がします。 気になるのは、おばあちゃんが「クラミジア」にかかっているのですが、1週間程前に娘と一緒にお風呂に入ったんです。 子供でもそういった病気にうつったりするのでしょうか?。 病院に行こうかなと思っていますが、小児科、婦人科どちらがいいのでしょうか? よろしくお願いします。 A ベストアンサー Q/子供でもそういった病気にうつったりするのでしょうか? A/クラミジアは通常お風呂では感染しませんね。 性的な行為が伴ったりすれば別ですけどね。 それに、かゆみなどがあることなどから、先に解答があるようにカンジタ皮膚炎の可能性が高いですね。 (カンジタとは、カビの一種が原因で、性器の周りなどに常に存在するが、通常は免疫が働き悪さはしない。 抵抗力や免疫力が低下すると発症するものです。 清潔を保てば発症率は抑えられるため、病気の時でもできる限り清潔にすると良いですよ。 よほど苦しいのに無理にすることはないですが・・・) これは、抗真菌薬を使って治療し、2週間前後で直ります。 このとき、他の薬を併用することは極力避ける必要があります。 (別の薬を服用中は医師の診察を受けましょう) 別に、薬を使わなくとも清潔にしていれば、時間は多少掛かりますが改善します。 ちなみに、クラミジアの場合は女性では自覚症状はほとんどとありません。 また、感染すると子宮内膜症などの女性器の病気、尿道炎などの尿道の病気、結膜炎などの目の病気の原因となります。 感染は、性交を中心として、胎児などの母子感染もあり、感染した新生児では新生児肺炎の原因になることもあります。 質問を読む限りでは、こちらとは違う。 Q/小児科、婦人科どちらがいいのでしょうか? A/既に解答があるように婦人科(小児婦人科を持つ医院がお近くにあればそれが確実です)を受診すると良いでしょう。 まあ、小児科でも診察してくれるか、紹介が受けられるはずですから、どちらでないといけないと言うわけではありません。 (普通は門前払いを受けることはない) 小児科=子供の病気を全体的に扱う。 多くの方は内科的な治療を中心と考える場合が多いですが、小児科では外科治療などもこなす小児医療全般のエキスパートです。 ただし、全般は広いですから、医師によっては苦手なところもある。 どこに行けばよいか不明な時にはかかりつけの小児科から紹介を受けると良いかも・・・ 婦人科=女性の病気/健康を中心に診療を行う。 (あくまで中心であって、一般的な内科的な治療等も可能です、医者ですから当然ですけどね) 知られていないが年齢制限は特にない。 (医院によっては子供を見ないこともあるかも知れませんが・・・たぶんそれはしないでしょう) 小児婦人科=小児を対象(もしくは専門)とした婦人科、婦人科と平行して行う医院が多い。 Q/子供でもそういった病気にうつったりするのでしょうか? A/クラミジアは通常お風呂では感染しませんね。 性的な行為が伴ったりすれば別ですけどね。 それに、かゆみなどがあることなどから、先に解答があるようにカンジタ皮膚炎の可能性が高いですね。 (カンジタとは、カビの一種が原因で、性器の周りなどに常に存在するが、通常は免疫が働き悪さはしない。 抵抗力や免疫力が低下すると発症するものです。 清潔を保てば発症率は抑えられるため、病気の時でもできる限り清潔にすると良いですよ。 よほど苦し...

次の