テレビ 東京 モーニング サテライト。 佐々木明子

トランプ大統領 「FRBはよく間違える」:Newsモーニングサテライト(モーサテ):テレビ東京

テレビ 東京 モーニング サテライト

人物・来歴 [ ] 出身。 身長162。 専攻していたのは経営マーケティング。 所持資格は、2級、765、2級。 元々からに憧れていたが、各局のアナウンサー試験はことごとく不合格。 その後一般企業から内定をもらっていたが、先輩たちの話を聞くうちにやはりアナウンサーへの夢を捨てきれず、内定を辞退して再びアナウンサーを目指した。 に所属した後、現在はに所属している。 アイドル好きであり、大学時代所属していたサークルは「研究会」。 も「Z」が付く前からファンで、の脱退公演()も1部・2部共に観に行き、この公演が収録されたDVDにも自分が映り込んでいるという。 その後、もファンだとのこと。 祖母の祖父は、で暗殺された。 出演 [ ] テレビ [ ]• (2017年4月3日 - 2019年3月29日、)-お天気キャスター• 特集担当• (2019年4月2日 - 、TOKYO MX)- 火曜バーディ• 2020年3月19日 - 代表ゲスト ゲーム [ ]• (2016年、コナミ) - 秘書 役 脚注 [ ].

次の

トランプ大統領 「FRBはよく間違える」:Newsモーニングサテライト(モーサテ):テレビ東京

テレビ 東京 モーニング サテライト

モーニングサテライト現在のキャスター(2018年4月現在) まずはモーニングサテライト現在のキャスターを紹介します。 佐々木明子 2014年2月からメインキャスター。 サブキャスターからの昇格となっており、現在に至るまでキャスターを務めています。 2006年にはニューヨーク支局に異動し、アメリカ経済を生で伝えた経験を持つキャスターで、夕方のニュース担当になった経験もあり。 ラクロス日本代表にもなった経験があります。 趣味は世界遺産巡り、ゴルフ、書道、週末のお酒とのこと。 大浜平太郎 テレビ東京の解説委員。 アナウンサーとして入社し、1995年よりワールドビジネスサテライトのサブキャスターを担当。 その後は夕方の番組を担当しました。 経済リポートを数多く経験し、2018年4月からはモーニングサテライトの解説キャスターになりました。 趣味は読書とのこと。 西野志海 2016年7月に入社。 沖縄県出身。 水・木・金曜日の担当として、新しくキャスターの一員となりました。 野沢春日 2013年入社。 石川県出身のアナウンサーで、トライアスロンの経験もあるとのこと。 矢内雄一郎 2003年入社のアナウンサー。 群馬県出身。 モーニングサテライト過去のメインキャスター一覧 モーニングサテライト過去のキャスターを振り返っていきます。 槇徳子 1998年10月〜2004年3月まで、モーニングサテライトのメインキャスターを務めました。 その後はNEWS MARKET11にメインキャスターとして、出演する等、キャスターとして、活躍されていました。 現在はテレビ東京を退職しています。 本村由紀子 2004年〜2007年8月、一時産休を経て、2007年11月〜2009年3月までの期間、メインキャスターを務めました。 降板後はテレビドラマへの出演も果たすなど、多岐にわたる活躍をされています。 フリーアナウンサーであり、ソニーミュージックアーティスツ所属である。 池谷亨 2009年3月〜2014年2月まで、メインキャスターを務めました。 メインキャスター降板後はニューヨーク支局へ赴任することとなり、ニューヨーク支局からの出演となりました。 2017年からはゆうがたサテライトのメインキャスターとなっています。 モーニングサテライト過去のサブキャスター一覧 過去のサブキャスターを一覧にしました。 中川聡• 梅津智史• 吉田小江子• 池谷亨• 滝井礼乃• 佐々木明子(後のメインキャスター)• 林克征• 森田京之介• 秋元玲奈• 大浜平太郎• 植田萌子• 瀧口友里奈• 野沢春日• 鷲見玲奈• 伊藤京子• 紺野あさ美• 矢内雄一郎 サブキャスターは全日サブキャスターと曜日ごとの担当に分かれています。 まとめ テレビ東京系列で放送されているモーニングサテライト。 経済を中心に扱うニュースとして、人気を博しています。

次の

トランプ大統領 「FRBはよく間違える」:Newsモーニングサテライト(モーサテ):テレビ東京

テレビ 東京 モーニング サテライト

第2次補正予算案はきょうにも成立する見通し。 これにより国債も大幅に増発されることになった。 それを日銀が買う構図。 これが常態化すると心配では?。 東海東京証券・佐野一彦がスタジオで解説「今は有事なのでしょうがないという状況。 通常は財政ファイナンスと言われてもしょうがないが、有事なのでいつかは終わる。 今後、日銀も切り替えて量を減らしていく過程に入っていくるはず」「FRB(連邦準備制度理事会)は一番多かった時から比べると国債は10分の1までへっている。 一旦金利も上がり、株価急落もあったがとりあえず収まっている。 これから先、減らしていくと金利も再び上がりかねない。 その時のマーケットとのコミュニケーションの取り方は難しい。 量を減らす時うまく行かなくなったらイールドカーブコントロールを使うことになるのでは」「イールドカーブコントロールで日銀はうまくやっている。 FRBはイールドカーブコントロールによってうまくできるかもしれないという状況」。 日銀・黒田総裁、FRB・パウエル議長について言及。

次の