ヒソカ イケメン。 ハンターハンター ヒソカの素顔!ゴンとキルアの成長を考えてるヒソカさんの下腹部に違和感?え?違和感って何?

一番かっこいいのは誰か?ハンターハンターイケメンランキング20(ネタバレ注意)

ヒソカ イケメン

通報する 一番かっこいいのは誰か?ハンターハンターイケメンランキング20(ネタバレ注意) ハンターハンターは残酷な描写が多く、時にビジュアルで気持ち悪くなる人もいるだろう。 しかし、中には多くの女性ファンを獲得しているイケメンキャラも登場する。 ハンターハンターの世界はタダ外見が良いというキャラは少なく、一癖も二癖もあるキャラクターばかりだが、そんな個性的な所を含めてイケメンな魅力的なキャラクターは確かに存在する。 ここでは、そんな外見だけでなく個性・知力・生きざま等がイケメンなキャラクターも交え、ハンターハンターのイケメンキャラランキングをつくってみた。 賛否両論はあるかもしれないが、楽しんでいただけたら嬉しい。 ゴンはハンターハンターの主人公で、13歳の少年である。 13歳とはいえハンターとしての実力は高く、モラウ・ナックル・シュートというベテランハンターと共にキメラアント討伐に参加し、実は既に彼らと同等程度の戦闘力はもっている可能性もある。 ネフェルピトーとの戦いで念能力を失ったので、再び活躍するのはもう少し先の話かもしれない。 同じくベテランハンターのパームに恋愛感情を抱かれたことがあるが、パームの想いはゴンには届かなかったようである。 基本的に明るく他人想いの少年なので、そのやさしさに心惹かれる人物は男女問わず多い。 今はまだかわいい少年だが、後2~3年もすれば身体も大人になり、見た目からイケメンになる可能性がある。 しかし、ネフェルピトーと戦った時の肉体レベル程には成長しないで欲しいと願う読者は少なくないだろう(マッチョすぎて主人公っぽくないから)。 ゴンの魅力はなにも強さだけではないので、強さに特化したピトー戦時の肉体レベルまでは成長しなくても良い思う(父親のジンは割と普通体型なので)。 あそこまで成長しなくても、幻影旅団や12支んの戦闘向き能力者と戦えるくらいには、10代半ばにはなっていそうである。 女の子のような外見だが、キルアの弟である。 イケメンというよりは美少女という感じで、美少女ランキングであれば間違いなくトップ10に入っただろう。 黒髪のおかっぱ姿に着物という独特のスタイルで、非常にかわいい。 兄のキルアを気にかけているようだが、キルアの方は別にカルトのことは気にしているそぶりがない。 キルアより年下なはずなのに、キルアよりも早く念を覚えているという不思議な少年。 幻影旅団に入ったが、旅団の中ではまだまだ下っ端なようである。 しかし、潜在能力は高そうで、紙吹雪を操作する能力は美しいの一言。 紙吹雪をつかって盗聴のようなこともできる。 紙吹雪という性質上、モラウの念能力に近いようなことができるようになる気がする。

次の

【ハンターハンター】個人的にイケメンだと思うキャラクターランキングベスト7!

ヒソカ イケメン

ハンターハンターの主人公、ゴン・フリークスやゴンの友人のキルア・ゾルディックに対して「青い果実」と称し、興奮するといった圧倒的変態性。 強者を玩具(おもちゃ)とみなし、そのおもちゃと決闘をすることにさらに興奮するという戦闘狂です。 闘争本能が刺激されると、目ではなく股間を輝かせる癖がある。 ・性格 性格は「気まぐれで嘘つき」(ヒソカ本人談)。 つかみどころのない性格。 大事なものがあっという間にゴミに変わるらしいです。 好みの対象(強者)は老若男女を区別しない。 派手な装い(ピエロ風)のような装いをしているが、自称人見知り。 過ぎ去った過去はすぐに忘れてしまうため、自身の過去も語ることなく経歴は一切不明です。 舞台はヒソカが中学生から高校生くらいの年齢の設定から始まりました。 まだ念という概念すら知らない、若い頃のヒソカの物語です。 倒れていたヒソカがモリトニオ一座の座長モリトニオに拾われたところから物語は始まります。 モリトニオは念能力者で、モニトリオ一座のメンバーにも念を操れるものがいます。 モリトリオに念、オーラというものの存在を教えてもらい、その圧倒的才能で念を習得していきます。 なんと『練』を 1週間で習得。 凄まじい才能ですね。 そして戦闘中に『凝』までマスターします。 shonenjump. 過去を全く語らないヒソカの外伝ストーリなどはとても濃い内容なのでぜひ1回と言わず何回も読み直しましょう。 過去を知ったら、これからのヒソカも気になりますね。 現在( 2019年 9月 18日)は休載中なのですが、王位継承編での幻影旅団とヒソカの対決など続きが早く読みたいですね。 冨樫先生には頑張って連載し続けて欲しいです。

次の

ヒソカって爆発で失った手と足をバンジーガムとドッキリテクスチャーで再現し...

ヒソカ イケメン

陰でバンジーガムを隠して相手に張り付けたり、天井に張り付けて回避に使ったり、人間に張り付けて武器として使うなど様々な使い方があり、見ていて次どうするのか、と想像していくのが楽しい能力です。 クロロにやられた傷をドッキリテクスチャーで覆うだけで難なく動いていたので、もしかしたら回復の効果も備わっているのかもしれません。 ヒソカはゴンを高く評価している ハンター試験の間ゴンを高く評価していて、その将来性に目を光らせていました。 ゴンが麻痺の毒を受けた時には敵を殺してゴンを助け、イルミがゴンを殺そうとしたときには止めに入っていました。 簡単に殺しをするヒソカが将来絶対に強くなるゴンと戦闘するために生かしているというのは、なんだか純粋に戦闘が好きなんだと分かって、その期待を込めたゴンとの将来の戦闘が楽しみで仕方ありませんね。 天空闘技場では案外優しい面も見えたヒソカ 200階ラインから念能力で洗礼を受けなくさせるために通れなくさせていました。 キルアとゴンに対する優しさでしかありませんよね。 もちろん将来自分が戦うためですが。 ヒソカは髪を下しているときは信じられないほどかっこいい 髪を下しているときのヒソカはビスケも認める超イケメンです。 下している姿の方が人気が出そうですが、ヒソカと言えばオールバックのくねくねなのでやはりオールバックが安定ですね。 案外チームプレイもできるヒソカ レイザーとのバトルではゴンとキルアと協力してレイザーを倒しました。 個人プレイのイメージしかないヒソカですが、ここでは似合わないチームプレイを行って、完璧なサポートを行っていました。 奇術師ヒソカ=モロウまとめ 奇術師ヒソカ=モロウについて紹介していきましたが、ヒソカの圧倒的な戦闘力と強力な個性について理解を深めてもらえましたか?そんなヒソカにもゴンに優しい、チームプレイができるなどのギャップがあります。 チームプレイはヒソカの気まぐれですが、戦闘狂であることを考えると、ゴンへの優しさは将来自分の敵としてのふさわしい相手と認めたからに他なりません。 ゴンさんとヒソカの戦闘がいつか見られるかもしれませんね。

次の