メガ テスター。 テスターの使い方2

絶縁抵抗計(メガテスター)を使った漏電チェック方法(漏電箇所特定)

メガ テスター

よく電気は見えないから怖いと聞きます。 僕もそうでした。 その見えない電気を見えるようにするのがテスターです。 極論、電気が来てるか来てないか? がわかるだけでも、かなり違います。 例を挙げます。 この時点で、モーターがNGかどうかは判定できていますので、NGならモーター 交換すれば良いし、電気が来てないのであれば、そこより前のチェックとなるので、 修理を頼むか、という1次判定ができます。 電気がきているのに回らない=モーターダメだ。 電気が来てないから回らない=なんで電気が来ないかの調査。 あとは修理を頼むか、自分で治すかを決めるだけです。 面倒くさいですけど。 NC機械のモーターの多くはAC200V(3相交流200V)で動きます。 赤 白 黒 の赤ー白 白ー黒 赤ー黒 を計測し、3つが全部AC200VかかっていればOKなんです。 (UVW U-V V-W U-W 上の写真のテスターのダイヤルをACVの250に合わせて、測定すればOKです。 (交流250Vレンジ)一番右にいったところが250のライン上の数値を読めばよいだけです。 針が右いっぱいまで振れて50のメモリの所のラインを読めばOKです。 DC10Vに合わせると、針が振り切れますのでやめてください。 こちらは、テスターの赤黒を逆につなげば逆に針が振れますので注意です。 まずは測定対象が何ボルトか?直流か交流か?は分からんとどうにもなりません。 NC機械はAC100(コンセント)200V(モーター動力) DCはセンサー信号関係5V 12V 24V辺りが使われてます。 導通は回路がONしてるかOFFしてるかのチェックになります。 リミットスイッチなどのチェック) 抵抗に関しては、実際の機械修理現場で判断するには、一般的なテスターだけでは荷が重いかもしれません。 (モーター ファンモーターなどの絶縁チェックまで視野に入れた場合。 ) モーター関係のチェックの場合、線間抵抗(UVW3本ライン間の抵抗チェック)と絶縁抵抗(UVWラインとモーターのケース・ボディ間)の2つをチェックしますが、一般的なテスターで計るのは線間(コイル)抵抗になります。 躯体 モーターケース 対コイルの抵抗を測るのが「絶縁抵抗」です、このとき使うのがメガーテスター 絶縁抵抗計)となります。 ブレーカが落ちるなどの現象は、機械ボディ側にAC200Vが漏れてきているということなので、絶縁のチェックとなるわけです。 要はアース側とUVWの関係ですね。 一般的なテスターでUVW(赤 白 黒)の3本の抵抗値のチェックなら問題なく測定できます。 (下の写真はファンモーター不具合チェック時の写真。 黒ー白間が悪い状態)針の振れが違うのがわかると思います。 ちなみにこの状態でアンプのヒューズが飛びました。 リンク先以下の通り。 参考リンク先 この時の修理も機会を見て公開します。 3相の針の振れが同じなら問題ないというぐらいの理解で良いのではないかな?全部が同じに悪くなるということもないだろうということで。 絶縁が悪くなってブレーカを飛ばす時など、ボディ側との絶縁チェックでは、メガテスターを使います。 (125~500Vの電圧をかけてチェックする)一般的なテスターの抵抗レンジではほとんど読み取れません。 下記写真が絶縁抵抗計。 メガテスター。 まずは、電気が来てるか来てないか?ここを測定できるようにしましょう。

次の

絶縁抵抗計(メガテスター)を使った漏電チェック方法(漏電箇所特定)

メガ テスター

テスター側から抵抗に 電気を流すこと によって測定• 抵抗測定は、測ろうとする回路は (電源を入れず)電気を流さない状態で測定• 電圧測定などでは、測ろうとする回路は( 電源を入れて)電気を流した状態で測定します。 注意として 完成した回路の抵抗に電圧のように、抵抗測定でテスターを当てた場合は 正確には測れません。 回路がぐるっと回っているので、 全体の合成抵抗になってしまいます。 各抵抗レンジのによってズレがでるので0に調節をしてから抵抗を測ります。 (つまみ回しても0に調整しきれないほどズレているときは、テスターの電池が消耗している) デジタルテスターはこんな0調整は必要ない デジタルテスターでは、測定は方法は同じですが、レンジを合わせるだけで、目盛りを読む必要がない。 4.導通検査 導通検査とは、 つながっているかどうか(導通がある)を判定することです。 電気的につながっていて、電気が流るかの確認。 電子工作では頻繁に使うのが導通のチェック 以下のような場合によくテスターの導通検査が使われます• 配線の入り口と出口に当てて、配線が断線していないか• スイッチやプラグのONチェック• また複数本束のコードのどれか1本を探す、確認のためになど導通検査はよく使います。 基板にハンダ付けをすると隣とつながってしまったり、つながってそうな微妙なところの検査 ここで使用のアナログテスターには 1. 5V、9VBatt. レンジがある デジタルテスターにあるさまざまな機能 デジタルテスターにだけある(アナログテスターにはない) 便利な機能について デジタルテスター(DMM)には電気、回路の測定以外に、• コンデンサの容量• 周波数、 デューティ比• トランジスタの増幅率 などを測定する機能が多くの機種についています。 これらはテスターによって操作方法が異なる。 電子部品の測定に使うので、必要があればテスターの操作説明をみて調べるのがよいでしょう。 コンデンサ容量測定 コンデンサの容量をテスターで測定できます。 CAPレンジに合わせ、リード棒をコンデンサの足に当てると容量が測定できます。 周波数を測れるテスター(DMM)はよくありますが、デューティ比が測れるのは必要なとき重宝します。 必要な場合だけ使うので、使い慣れてからで十分です。 本 紹介 以前リンク紹介していた 「テスタとディジタル・マルチメータの使い方」 (CQ出版) について この本を見たとき、このホームページの当記事「テスターを使う」 と構成や説明、展開がかなり類似していると思いました。 (初版のみ確認) リンク削除するにあたり、両者を読まれた方は類似性を感じることがあると思いますので、 当記事 「テスターを使う」は 自分で作って書いた内容であり、この本を見て、このホームページ記事「テスターを使う」を作成したのではないことをここに記しておきます。 身近な交流といえば、家のコンセントの100V(電気を売っているので商用電源と呼ばれたりする)になりますが、初心者は試しにでも、 最初はコレに手を出すのはやめときましょう。 高電流が流せる 危険な電源です。。。 (私はそこまでやらかしたことはないです・・しかし上の一つだけは経験ズミ 笑 大げさに書きましたが、テスターの使い方をココで見ているような人はコンセントに触ってはいけません! (すぐ手近にあるのでテスターを当てたくなりますが、テスターの使い方に慣れてからにしましょう) 家庭用コンセントの電源を使うキットや回路を作る、調べるときはいろんな意味で電池電源の回路の何倍もキケンです。 製作、検査には普段の何倍もの注意を払って取り組みましょう。 交流電圧測定 交流電圧の測定も、レンジをAC電圧レンジにして、同様に電圧を測ります。 しかし、コンセントの商用電源のような交流電圧は、 プラス、マイナスが入れ替わる交流電圧です。 テスターで測ると、この刻々と変わる電圧は、 どの電圧を表示するのでしょうか? 表示は 実効値を表示することになっています。 実効値はエネルギーとして考えた直流値でややこしいのですが、100Vのサイン波なら(家のコンセント)、一番上昇したmax電圧が100Vではなく、maxが141Vということになります。 電球を光らせると、直流、交流で同じ明るさになるような電圧と考えたらいいでしょう。 だいたいこんな関係があります。 テスターの故障診断チェック テスターが壊れたか? おかしい! と思うその前に テスターが正常に測れないとき? (ありがちな テスターのチェック)• リード棒の線の付け根の差し込みが不完全 おもいっきり差し込んでみる(リード線差し込み式でない、直付けのものもある。。 これは線を曲げたときの接触を確認)• リード棒先の金属が劣化している 金メッキでないものは、風化して金属表面が劣化しやすい。 すると、当てても接触が悪くなる。 電圧を測るのに電流測定で測っている・・ 電圧と電流でリード線位置を差し替えるものがある• 知らん間にヒューズが飛んでいる・・ 意外とよくあります 中をあけてヒューズを見ましょう• 電池は新しいが電池BOX部のツメの接触不良で電源がきていない 古いと電池部分の接触ツメの酸化、接触不良、腐食などで電池から電源が伝わってない。 (デジカメとかでもよくある)接点のツメを紙ヤスリで磨いたりして導通をよくしましょう.

次の

絶縁抵抗計

メガ テスター

絶縁抵抗とは 絶縁抵抗とは導体がしっかり外部に電気が漏れないようになっているかをチェックしています。 電路がしっかり保護されていれば電気は外に漏れることなく回路を流れます。 つまり絶縁がいい状態とは導体が外部から確実に切り離されて導体のみを電気が流れます。 被覆が劣化したり損傷されているとそこから外部に漏れて絶縁が悪くなります。 導体の絶縁体が高い抵抗をもっているかをしらべます。 絶縁の抵抗が高ければ電流を外に漏らすことはないです。 なので絶縁抵抗はの計測をしていることになります。 絶縁抵抗には電路や機器と 対アース絶縁抵抗と電路同士の 線間絶縁抵抗の二種類があります。 対アース絶縁抵抗(対地絶縁抵抗) アースに対して絶縁状態が良好かを計測します。 対アースの絶縁が悪いとしていることになります。 絶縁抵抗系の片方をアース極に接続してチェックしたい配線にプローブを当てます。 線間絶縁抵抗 導線間の絶縁抵抗を計測します。 線間の絶縁が悪いということはになっている可能性があります。 地絡部分とメガテスターのアースクリップ間で回路が成立します。 この抵抗値が高いが低いかを計測しています。 電磁接触器の二次側の端子に赤色のプローブを1相づつ順番に当てていきます。 モーターの内部でそれぞれの配線はつながっている ので基本的には3相とも 絶縁抵抗の値は同じ数字になります。 しかし回路のどこかに断線箇所があることも考えれれるので三相とも計測します。 この状態で運転した場合、使用しているブレーカーによって違いが出ます。 地絡検出機能付きのブレーカーであれば地絡を検出してブレーカーをトリップさせますが 地絡検出機能がないとブレーカーをトリップすることがありません。 同じ数字にならないケース どこかに断線箇所があるケースだと絶縁抵抗の数値にばらつきがでます。 その断線箇所がモーター内部である場合は外観ではわからないのでマルチテスターで モーターのそれぞれのコイル抵抗を計測してどれが断線しているかを診断します。 ただ断線している場合はモーターが欠相運転になり残っている2相の電流が増えます。 この状態で運転を計測させるとしてモーターを保護します。 線間絶縁抵抗 配線同士の絶縁状態を確認します。 配線にそれぞれアースとプローブをあてます。 これで電磁開閉器の二次側からモーターの一次側の線間の 絶縁が測定できます。 三相すべての組み合わせを計測します。 火花による発生による火災等の災害につながる恐れもあります。 電気が他の配線に流れて意図しない機器の誤作動、誤検出を引き起こす可能性もあります。 多芯のキャブタイヤケーブルでは同時に多数の配線が混色している可能性が あるのでねじれや曲げ戻しの多いケーブルの調査は組み合わせが多く大変です。

次の