レヴォーグ 新型 2020 内装。 レヴォーグのフルモデルチェンジは2020年11月頃 高度運転支援技術と次世代安全装備を備える

スバルインプレッサ新型モデルチェンジ情報2021年夏以降発売?|内外装の方向性はレヴォーグの変更次第

レヴォーグ 新型 2020 内装

詳しくは次の画像だ。 右ハンドルにもかかわらず、マルチファンクションディスプレイがないことから新型レヴォーグの内装の可能性が高い。 また、新型レガシィのような大型ディスプレイがあるように見える。 このことから、新型レヴォーグの内装イメージとしては、 新型レガシィのインテリアを、よりスポーティなテイストにしたデザインとなることが予想できる。 Check out the largest, most comfortable Legacy interior yet. 新型レヴォーグは国内スバルのフラグシップにふさわしいモデルとなる見通しから、レガシィクラスの内装と同等の質感に仕上げられる可能性は高いはずだ。 SNSで新型レヴォーグの内装が一部明らかに Twitter上では新型レヴォーグのテストカーと遭遇した時のスクープ写真を公開されている方が多数おられる。 その中でも、内装が見える状況で写真を撮ることができたこちらの型のツイート写真に注目していただきたい。 新型レヴォーグ フルモデルチェンジで内装に予想できる装備 新型レヴォーグにはスバル最新の技術が盛り込まれることから、 すでに新型フォレスター等に採用されている以下の装備が搭載される可能性は高いと予想できる。 ステアリングヒーター• 後席シートヒーター• 後席用エアコン• 運転席シート自動後退機能• 運転席シートポジションメモリー機能• ドライバーモニタリングシステム• 後席への荷物等置き忘れ防止機能のリヤシートリマインダー• 電動パワーリヤゲート さらに、新型レヴォーグに採用されるアイサイトには360度 全方位センシングに対応しているとのことなので、他の国産メーカーではほぼ採用済みの空中から見たように見える 360度ビューモニターの採用にも期待できる。 フルデジタル液晶メーターのオプション化 ちなみに、 12. 3インチサイズのフル液晶メーターがオプションで採用される可能性が有力。 今後、 新型レヴォーグのさらなる内装の情報公開があれば追ってお伝えする。

次の

【試乗して分かった!】スバル レヴォーグの内装の3つの欠点とは?

レヴォーグ 新型 2020 内装

スバルの現行インプレッサは2016年10月にフルモデルチェンジを受けて現行モデルとなっており、モデル登場から4年が経過しています。 順当にいけばインプレッサの最近のモデルサイクルは5年程度となっているため、早い場合で2021年の夏ごろ、遅い場合では2020年10月ごろとなることが考えられます。 なお、現行モデルインプレッサはプロトタイプが東京モーターショーで展示されていた経緯があるため、次世代型へのフルモデルチェンジも海外を含めたモーターショーでの出展、東京オートサロンでの出展などがあると考えてよいでしょう。 スバル新型インプレッサの予想価格は現行モデル同様、約200万円スタートと考えられます。 おそらくe-BOXERのないエントリーグレードも用意されるでしょう。 2019年のマイナーチェンジ価格は2,002,000円~2,706,000円となっています。 インプレッサフルモデルチェンジ後のエクステリア インプレッサの前にまずスバルの主軸となるレヴォーグが2020年内のフルモデルチェンジを予定しており、それ以降にはアウトバックの日本導入も予定されます。 その後にインプレッサがフルモデルチェンジすることが考えられ、このタイミング及びインプレッサの販売がある程度好調であるということを考えると、基本的にはエクステリアはキープコンセプトになる可能性が高いでしょう。 デザインのヒントとして次世代レヴォーグの方向性となります。 また、スバル車はLEDヘッドライトをプロジェクター式にしており、こちらも継続されると見ていいでしょう。 さらに、セダンは最近6ライトでキャビンを大型化するトレンドがあり、インプレッサG4はサイズ的にそのトレンドに入っていないため、4ライトのままの可能性が高めです。 スポーツ・XVのリアウィンドウ後部ピラーを黒く塗装するフローティングウィンドウ処理は、ややトレンドが去っている感がありインプレッサで採用される可能性は低いと見られます。 インプレッサフルモデルチェンジ後のボディカラー インプレッサのフルモデルチェンジで、ボディカラーは基本的に現行ベースで行われます。 現行に用意されている色はほとんど揃うでしょう。 新色は1色程度用意され2トーンカラー設定の可能性はかなり低くなります。 インプレッサフルモデルチェンジ後の内装 インプレッサのプラットフォームは現行モデルで刷新されているため、現行のアップデートにとどまり、サイズが現行と同等だった場合、大幅に広くはならずシートアレンジが大幅に変化することもありません。 インテリアデザインも基本的には次世代レヴォーグに近いものとなると考えてよいでしょう。 ただし、インパネ周りはコネクトサービスの搭載などで変化が考えられます。 また、ハンズフリーリアゲートの装備の可能性もあるでしょう。 パワーシートは現行をベースにより性能アップすると考えられます。 インプレッサフルモデルチェンジ後のパワートレイン インプレッサはフルモデルチェンジでも1. 6Lエンジンは何らかの形で継続され、タイミング的に刷新という可能性は低くて、性能は燃費を中心に向上するでしょう。 また、2. 0Lエンジンは次世代レヴォーグに採用予定の1. 8Lエンジンに近いものとなることも考えられます。 ただ、現行のFB20エンジンをアップデートする程度となるでしょう。 いずれにしても、リニアトロニックの搭載はほぼ確定的です。 スバルではトヨタのものをベースとした2モーター式ハイブリッドの研究もおこなわれており、こちらをインプレッサシリーズに搭載との話もあります。 この場合、WTLCモードで20. 搭載した場合は、XVとスポーツが有力でG4はやや確率が下がるでしょう。 プラグインハイブリッド採用の可能性は低めです。 足回りではAWD制御テクノロジーの向上も予定されているとのことです。 インプレッサフルモデルチェンジ後の先進装備 インプレッサはアイサイトのアップデートまたはバージョンアップが行われると見られます。 まず、 次世代レヴォーグの基本性能は受け継ぐものとみていいでしょう。 一方、運転支援システム採用の可能性はかなり低く、採用があったとしても日産のプロパイロットと同等クラスになるでしょう。 コネクテッドカーの装備はスバルではあまり発表していません。 ただ、タイミング的に 何らかのコネクトサービスは採用されると考えられます。 【2019年先進装備更新】アイサイトツーリングアシスト全グレード標準装備 アイサイトツーリングアシストの機能を更新し、全グレードに標準装備。 高速道路で全車速域において、アクセル・ブレーキ・ステアリング操作を自動アシストする機能です。 【動画】アイサイトツーリングアシスト機能 アイサイトツーリングアシスト更新内容• 車線中央維持機能• 全車速追従機能付きクルーズコントロール• 先行車追従操舵機能• 先行車追従操舵機能 アクセル・ブレーキ・ステアリング操作を自動アシストします。 後退時自動ブレーキシステム機能 後退時に車体後部内蔵ソナーセンサーで障害物を検知して音と表示で警告を促します。 安全・快適装備• アダプティブドライビングビーム• フロントビューモニター• リバース連動ドアミラー• 運転席シートポジションメモリー機能•

次の

【レヴォーグ 新型情報 リーク】発売日や予約、デザイン(内装、外装)、エンジン、燃費、スペック、価格予想などまとめ。2.4Lターボ投入の可能性も。

レヴォーグ 新型 2020 内装

新型レヴォーグこれまでの発表について 2018年3月6日~3月18日に開催されるジュネーブモーターショー2018で「SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT(ヴィジヴ ツアラー コンセプト)」を世界初公開した。 現地時間 3月6日 火 11:15より、SUBARUブースにてプレスカンファレンスをを行った。 「SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT」が新型レヴォーグのコンセプトモデルである。 2年後となる2020年に発売することになる。 「」をにて2019年10月23日14:00から世界初公開した。 「」を2020年1月10日から開催された「」にて初公開した。 新型レヴォーグについて 2代目新型「レヴォーグ」エクステリアはキープコンセプト。 パワーユニットは第4世代となる新開発「 1. 8L水平対向ターボエンジンFA18型」を搭載。 次世代プラットフォーム「 SUBARU GLOBAL PLATFORM SGP 」を採用。 高剛性化に寄与する「フルインナーフレーム構造」を採用。 Subaru Global Platform 衝突安全性のさらなる向上、軽量化、運動性能の向上、高効率パッケージングによる室内空間の拡大など、1クラス上の「動的質感」を実現すべく開発が続けられている。 衝突エネルギー吸収量を現行車比1. 4倍にするなど衝突安全性能を飛躍的に高めることで、乗員・乗客はもとより歩行者など周囲の人々も含めた安全性能を一層強化。 衝突安全性のさらなる向上、軽量化、運動性能の向上、高効率パッケージングによる室内空間の拡大など、1クラス上の「動的質感」を実現すべく開発が続けられている。 衝突エネルギー吸収量を現行車比1. 4倍にするなど衝突安全性能を飛躍的に高めることで、乗員・乗客はもとより歩行者など周囲の人々も含めた安全性能を一層強化しました。 新型レヴォーグ 高度運転支援技術 次世代アイサイト採用 SUBARUが2020年頃に実現を見込む高度運転支援技術を、水平対向エンジンやシンメトリカルAWDがもたらすハイパフォーマンスと融合し、SUBARUならではの安心で愉しいスポーツセダン像を表現。 性能を一層向上させた次世代アイサイト、レーダー、高精度GPS・地図等の採用により、究極の安全として「自動車事故ゼロ」の実現を追求していくとしている。 新型レヴォーグ「ドライバーモニタリングシステム」搭載 に搭載されたドライバーモニタリングシステムを搭載する。 運転手の顔を覚えて設定したシートポジションやドアミラーを自動調整する他、運転手が脇見や居眠り運転を予防する事も可能である。 新型レヴォーグ 次世代アイサイト標準搭載 新機能「TJA(トラフィック・ジャム・アシスト)」準自動運転システム 自動車専用道路 高速道路 の渋滞時追走機能。 渋滞時カーブ追従を可能にする。 全車速域でハンドル、アクセル、ブレーキを自動制御し運転をアシストする。 プリクラッシュブレーキ 衝突の危険があるとシステムが判断した場合、ドライバーに注意を喚起。 回避操作がない場合はブレーキ制御を行い、自動的に減速または停止します。 運転負荷を大幅に軽減。 一部高速道路の最高制限速度引き上げ予定に対応 後退時自動ブレーキシステム 後方障害物警告機能 Rレンジ時に車両後方に障害物を検知すると、MFDの表示と警告音で障害物の接近レベルをお知らせる。 後退時自動ブレーキ 障害物に接近して車両と追突の危険性がある場合、加速制御とブレーキ制御を行い、衝突回避を測る。 より明るく安全な夜間視界を確保 フロントビューモニター フロントグリル内エンブレム下に搭載したカメラの映像をMFDに映してドライバーの前方確認をサポート。 見通しの悪い交差点を通過時や、車庫から出るときでも前方左右をしっかり確認できる。 スマートリヤビューミラー 後方設置のカメラにより、荷室にたくさんの荷物や大きな荷物を載せていて、通常のミラーでは後方視野が得られないときでも後方の視野を確保。 また、助手席などからでも後方の状況を確認できる。 オートビーグルホールド 平地停車時にブレーキペダルから足を離してもVDCが車両停止を維持する。 長い信号の待ち時間や一般道での渋滞など、ブレーキペダルを踏み続けなければならないシーンでの利便性が向上する。 ステアリング連動ヘッドランプ ステアリング操作に合わせて車の進行方向を早期に照らすこことで、夜間でも視野をしっかり確保できる。 新型レヴォーグ 新開発 高精度マップ&ロケーター搭載 更にアイサイトによる高度な前方認識と全方位レーダーの組み合わせにより、車両周囲の交通環境や危険リスクを全方位で把握することに加え、高精度GPS、高精度地図データを活用することによって、自車位置を高精度に特定し、走行経路上のカーブ、車線等に応じた最適な制御を行う。 これらの技術により、前方直進時の衝突回避に加え、交差点右左折時や後退時の車両、自転車、歩行者との全方位での衝突回避を実現。 さらに、高速道路上における全車速での自動運転や自宅や商業施設等の駐車場での自動駐車を実現する。 GPSと準天頂衛星「みちびき」を介してロケーターが自車位置を正確に特定し、高精度マップで高速道路形状をクルマが把握することで、カーブ前減速や渋滞時のハンズオフ走行支援を実現しました。 オペレーターにより消防や警察に救援を要請するとともに協力病院とも連携することで、迅速な救命活動につなげる先進の救急自動通報システムを採用。 また、ドライバーが体調不良に陥るなどの緊急時には、ボタンひとつでオペレーターにつながるSOSコール機能も搭載。 新型レヴォーグ 搭載エンジンについて 新開発 1. 8L 水平対向直噴ターボエンジンを採用、第4世代となる新開発のBOXERターボエンジンにリーン(希薄)燃焼技術を採用し、加速性能と環境性能を高次元で両立。 豊かなトルクによるストレスのない質感高い走りを実現。 e-BOXER ハイブリッドモデル 2017年5月30日に開催された「Advertising Week Asia 2017」のインタビューでSUBARU(スバル)社長の吉永泰之氏は、トヨタ自動車のプラグインハイブリッド車(PHEV)技術を使った車両を2018年に米国で発売することを明らかにした。 スバルとトヨタは資本関係があり既にスバルはトヨタからハイブリッド技術での協力を受けている。 、に搭載した2. に搭載されたSUBARU StarDrive Technologyも搭載され、と同様に、2つの電気モーターとリチウムイオンバッテリー電力量:8. 8kWhを搭載し、EV走行も可能にしEV航続可能距離:27. 3km前後を可能にしたモデルとなった。 ヘキサゴングリルから始まる前傾姿勢の硬質なボディに、内側から強い圧力で張り出した躍動感あふれる4つのフェンダーを組み合わせ、走りの愉しさを強調しつつ、安心感を表現。 新型レヴォーグ 予約などについて 初代レヴォーグは販売 ディーラーにて2020年5月25日にオーダーストップとなった。 これはもちろん2代目となる新型レヴォーグの発売に伴うものだ。 新型は 2020年7月2日より先行予約がスタートする予定である。 発売後すぐに手に入れたい人はこの辺りでディーラーに足を運び始めてはいかがでしょうか? レヴォーグについては次へ.

次の