ミレニアル 世代。 ミレニアル世代の仕事観

ミレニアル世代とは?ミレニアル世代の特徴を詳しくご紹介!

ミレニアル 世代

INDEX• 世代ごとに特徴的な名前がつけられる現在。 新しく「ミレニアル世代」と呼ばれる世代が登場した。 世代が違うと考え方も異なり、相手がどのように考えているかを把握することが困難なこともある。 そこで、今回の記事では新たな世代「ミレニアル世代」の特徴について以下の順に解説していく。 ミレニアル世代について• ミレニアル世代とゆとり世代の違い• ミレニアル世代の特徴• ミレニアル世代への接し方 ミレニアル世代とは? ミレニアル世代とは、そもそもどのような世代を指すのだろうか? ミレニアルは英語で「千年紀の」の意味で、主に2000年代に成人や社会人になる世代のことを指し、1980年代から2000年代初頭までに生まれた人を指すことが多い。 ミレニアル世代が注目される理由は、学生時代からパソコンやスマホを使いこなすデジタルネイティブ世代であり、これまでの世代の生き方と異なる部分が多いからだ。 ゆとり世代とミレニアル世代の違いは、日本での呼び名であるか、アメリカでの呼び名であるかだ。 ゆとり世代は、文部科学省の学習指導要領が改正され、ゆとり教育を受けて育った1980年代後半から2000年代前半の人たちのことを一般的に指す。 ミレニアル世代は、前述したように「千年紀の」という意味のMilennialから発生した言葉。 アメリカでは、ミレニアル世代の労働力人口に占める割合が35%と1946年~1964年に生まれたベビーブーム世代の25%を上回っていることからも注目されている。 呼び名は違うが、ミレニアル世代とゆとり世代は、学生時代からインターネットに親しみがあるなどの共通点が多いのも特徴としてあげられる。 ミレニアル世代の特徴 ミレニアル世代の特徴を、以下の項目に分けて紹介する。 デジタルネイティブ• 興味や価値観• ライフスタイル• 働き方や仕事観• ファッション デジタルネイティブ ミレニアル世代の最大の特徴は、デジタルネイティブであることだ。 デジタルネイティブの世代は、インターネットをツールとしてではなく、ライフラインとして接してる。 そのため、コミュニケーションの取り方や価値観がこれまでの世代とは異なる。 デジタルネイティブの特徴としては、インターネットを通じて人と知り合う、対面のコミュニケーションが苦手、まずはインターネットで検索する、の3つが挙げられる。 デジタルネイティヴではない世代からすると、インターネットを通じて人と知り合うのは、知らない人と出会うため、危険と感じる人も多い。 だが、ミレニアル世代はインターネットを通じて結婚をする人も増えるなど、インターネットを通じて人と出会うことに抵抗がない。 むしろ、事前に人の内面を知れるため、ネットで知り合うことをメリットだとも感じている。 SNSやチャットでのやり取りを中心にしているため、対面のコミュニケーションが苦手だと感じる人が多いのも特徴。 自分自身のペースを大切にするため、自分の時間を奪われる対面や電話でのコミュニケーションよりも、自分の都合に合わせやすいチャットなどのツールでのコミュニケーションを得意としている。 また、何かをする際にまずはインターネットを活用して情報を検索するのもミレニアル世代の特徴。 インターネットでは必要な情報を瞬時に得ることができる。 人に質問するよりも、インターネットを活用して情報収集するのに長けているのだ。 SNSなどのオンラインコミュニティでの共感をより重視するようになったからだ。 これまでの世代と比べて、収入が減ったことも挙げられるが、それ以上に価値観の変化が大きく影響している。 また、ミレニアル世代は、ネットを通して様々な人とコミュニケーションを行っているため、ダイバーシティを受け入れる価値観が広まっている。 人と価値観が異なることを当然と捉え、自分の個性をより大切にしている。 ライフスタイルについて ミレニアル世代のライフスタイルは、シェアリングエコノミーの文化が浸透している。 マイカーやマイホームではなく、カーシェアリングやシェアハウスなどを利用するのが多いのも特徴だ。 シェアリングエコノミーの文化が浸透している理由として、ミレニアル世代がミニマリズムを意識していることが挙げられる。 ミニマリズムとは、もともと美術の分野で発達した概念で、完成度を追求するために必要最小限まで省略する表現スタイルだ。 所有物を減らして浮いたお金をその分、自分たちが興味のあることなどにお金を費やす。 また、ミレニアル世代は、恋愛や結婚に対しても以前の世代より多様な価値観を持っている。 LGBTなどの価値観を受け入れることと合わせて、個人主義が浸透しており、異性との恋愛や結婚に価値をあまり感じていない傾向にある。 他にも、ミレニアル世代は、ソーシャルグットに関心を抱く人が多い。 ソーシャルグットとは、地球環境や地域コミュニティなどの社会に対し、良いインパクトを与えられる活動やサービスのことを指す。 ミレニアル世代は、モノあまりと呼ばれる時代に育ち、これまでの大量生産大量消費の価値観とは違う価値観を持っているため、よりストーリー性やソーシャルグットを重要視するようになっている。 働き方や仕事観について ミレニアル世代の働き方や仕事観の特徴は、以下のようなものがある。 プライベートも重視する• 転職活動に対して抵抗がない• 働き方に柔軟性を求める• 起業やフリーランスなどの独立意識が高い ミレニアル世代は前述したように個人主義であるため、プライベートをより重視する。 バブルの頃のようなプライベートを犠牲にしてまで働くような猛烈社員は少なく、残業をして給料を増やすよりも、自分の自由な時間を重視している。 また、バブル崩壊やリーマンショックの影響もあり、終身雇用をあてにしていないため、転職活動に対してあまり抵抗がないのも特徴。 今の会社にいて自分の成長が見込めなくなった場合や、会社の方向性と自分の方向性が違うと感じた場合に転職という選択肢を選ぶ。 個人主義であるミレニアル世代は、会社に対して働き方の柔軟性を求める。 理由としては、満員電車や真夏にもかかわらずスーツ着用など、無意味なモノを嫌うからだ。 そのため、リモートワークやフレックスタイム制などの勤務形態を希望する人が多い。 働き方の自由を求める結果として、起業やフリーランスなどの独立意識が高いのもミレニアル世代の特徴。 インターネットの普及によって、ノマドワーカーなどの新たな働き方もSNSなどを通じて浸透してきており、憧れている人が多くなっている。 ファッションについて ミレニアル世代のファッションへの価値観が少し変化してきている。 ミレニアル世代はこれまで、安価でデザイン性の高いファストファッションを好んで着用していたのだが、製造工場での劣悪な労働環境や使用されている素材が河川や海を汚染する要因になっているなど、環境や社会にマイナスな影響を与えていることが明らかになった。 そのような中で、ソーシャルグットに敏感なミレニアル世代の中で、ファストファッション離れが進んでおりオーガニックな素材を使用したブランドが登場するなど、新たな動きが出ている。 ミレニアル世代とどのように接するか 前述したミレニアル世代の特徴を踏まえて上で、どのようにミレニアル世代と接していくのがいいのだろうか? 具体的には、以下のような接し方が重要になる。 違う考えを認め合う• 指示を明確に• 成功体験を積ませる ではそれぞれ詳しく解説していく。 違う考えを認め合う まずは、ミレニアル世代は違う考えを持っているのを認めることから始めるのが重要。 自分たちの考えとはまったく違う考え方をしている人と接すると、どうしても距離を置いてしまいがちだ。 一度距離を置いてしまうと、ミレニアル世代の方からも接しにくくなってしまう。 そのため、違う考え方に触れた時は「そういう考え方もあるんだな」と世代間のギャップを認め合うことをおすすめする。 くれぐれも、「昔はこうだった」とか「今時の若者は」と言わないよう心がけておくのがおすすめだ。 指示を明確に ミレニアル世代には、より指示を明確にしてあげるのが重要。 理由としては、ミレニアル世代はマニュアルに慣れ親しんで育った世代だからだ。 ミレニアル世代にとってマニュアルは仕事を効率良く進めるために重要なもので、仕事などを見て覚えるよりはるかに効率的。 効率の悪い働き方への嫌悪感が強いため、より効率良く働けるように明確な指示を出してあげたほうが良い。 事前に仕事のゴールや道筋が見えていることで、ミレニアル世代の働くモチベーションアップにもつながる。 成功体験を積ませる ミレニアル世代と一緒に仕事をする上で重要なのが、成功体験を積んでもらうことだ。 ミレニアル世代は、小さな頃からSNSのある生活を送っており、どうしても他人と比べてしまい、自分に自信を持てない人が増えている。 SNSを使うことで、これまでであれば、普段の生活で接するようなことがない人とも交流が持てるようになった。 しかし、その一方で、「あの人はあんなに頑張っているのに自分は全然頑張ってない」「自分のやっていることはまだまだだ」と他人へ劣等感を抱く人も増えている。 自己肯定感を高めるためには、小さなことでもいいので成功体験を積んでもらうのが重要。 「自分もやればできるんだ」と思ってもらうことで自信につながり、より新たなチャレンジに挑んでいきやすく、その一歩一歩を進んでいくことでより優秀な人材になる。 そのためにも、少しずつでいいので成功体験を積めるような経験を提供していくと良い。 まとめ 以下、今回の要点となる。 ミレニアル世代は、1980年代から2000年代初頭までに生まれた人を指す• ゆとり世代とミレニアル世代の違いは、呼び名の由来• ミレニアル世代はデジタルネイティブ世代• ブランド力などのモノへの消費より、体験などのコト消費にお金を使う• 働き方への柔軟性やフリーランスなどの独立や起業を好む• ミレニアル世代と接する際は、考え方の違いを認め合うのが重要 ミレニアル世代は、これからの社会を支えていく重要な世代。 生まれた頃からネットがあり、これまでの世代とは全く異なる。 異なる世代だから理解できないと諦めるのではなく、ミレニアル世代から積極的に学んでいくことが重要だ。 これからミレニアル世代は、消費の中心となる世代となっていくため、マーケティングに置いても重要視されている。 これからの時代を生き抜いていくためにも、ミレニアル世代を理解し、共存して働いてくことを意識することが大切になるだろう。

次の

ミレニアル世代って何? 当てはまる年代とその特徴を知ろう

ミレニアル 世代

ミレニアル世代とは? ミレニアル世代の定義 ミレニアル世代とはアメリカにおいて2000年代に成人・社会人となる世代を指します。 ミレニアルとは英語で「千年紀の」という意味を持っています。 1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、生まれた時からスマホやPCが身近なデジタルネイティブと呼ばれる世代や後述するY世代とも重なります。 ワシントンのシンク・タンク「Pew Research Center」が2014年に行った発表では、1981年から1996年の間に生まれた人々をミレニアル世代と定義しています。 ミレニアル世代の特徴 ミレニアル世代はデジタルネイティブである 先にお伝えした通り、ミレニアル世代はデジタルネイティブと呼ばれる世代でもあります。 デジタルネイティブとは、生まれて物心がつく頃にはインターネットをはじめとしたIT技術やパソコン、携帯電話(スマートフォン)といったIT製品が普及していた環境に育った世代をいいます。 初めてのデジタルネイティブであるミレニアル世代は前世代と比較して全般的に情報リテラシーに優れている傾向にあり、IT製品を利用した作業やインターネットでの情報検索をはじめ、近年ではSNSを利用した情報発信・情報共有が活発に行う等、先進技術に高い親和性を持った世代です。 ミレニアル世代は前世代と異なる価値観をもっている ミレニアル世代は個人主義であると言われていますが、一方で前世代においては他人との違いを「恥ずかしい」「変わっている」と捉えられがちであった個人の多様性を当たり前と受け入れている世代でもあります。 これは前世代と比較してインターネットやSNSを通じ、多くの個人の考え方に触れる機会が多いからであると考えられています。 消費に関する価値観も前世代と大きく異なり、前世代がマイホームやマイカー、洋服やアクセサリーといったファッション、ブランド品等の「モノ」に対して活発に消費が行われていたのに対して、ミレニアル世代はイベントやボランティア活動への参加等、共感や体験といった「コト」への消費に重きを置いています。 これは前世代と比較して収入が少ない等の経済的事情も影響していると考えられています。 「モノ」の保有には執着せず、他人と「モノ」を共有する「シェアリングサービス」の利用に理解があるのもミレニアル世代の特徴であり、日本においてはフリマやルームシェア、カーシェアや駐車場レンタル等が多く利用されています。 ミレニアル世代は人や仲間とのつながりを重要視 ミレニアル世代は個人主義であるされながら、他人とのつながりを大切にし仲間意識の強い世代とも言われています。 前世代までは仲間と言えば実際に合う親しい間柄の友人や知人を指しました。 しかし、SNSを日常的に利用し見ず知らずの他人と情報共有を活発に行うミレニアル世代は、直接会わずとも共感できる人や共通の趣味・興味を持つ人に対して仲間意識を持つ傾向にあります。 ミレニアル世代は仕事のワークライフバランスを重視する ミレニアル世代はワークライフバランスと福利厚生に重きを置いて就職する企業を選ぶ傾向にあります。 プライベートな時間を重視しており、在宅勤務やフレックスタイム制といった柔軟性に富んだ働き方を望む人も多いです。 所属する企業への帰属意識はあまり高くなく、終身雇用が当たり前だった前世代と比較して転職も活発です。 自由な時間の使い方として主となる仕事の他に副業として別の収入源を持つ人も多く、より自由な働き方を求め独立、起業やフリーランスといった選択をする人が多いのもミレニアル世代の特徴です。 ミレニアル世代は社会問題への関心や社会への貢献の意識が高い ミレニアル世代は2001年にアメリカで起きた同時多発テロ事件や2011年に日本で起きた東日本大震災、現在日本で大きな問題となってる自殺や過労死問題、セクハラやパワハラと言ったハラスメント問題等、数多くの社会問題を目にしたり耳にした世代です。 そのため、社会問題に強い関心を持ち、自身の信条のためにボランティアや寄付に参加する人が多いという特徴があります。 ミレニアル世代についての詳しい特徴はの記事にさらに解説していますので併せてご覧ください。 参考文献(参照 2018年10月23日)• (デジタル大辞泉/小学館、日本大百科全書(ニッポニカ)/小学館)• Y世代(ジェネレーションY)とは? Y世代の定義 Y世代とはアメリカにおけるX世代から続く世代を指します。 生まれた時期としてはミレニアル世代と重なり1980年代から2000年代初頭で、広義ではミレニアル世代とはほぼ同じ世代と言えます。 厳密な定義はないものの、日本においては特に1980年代初頭から1995年前後に生まれた世代を指し、バブル崩壊後のいわゆる「失われた20年」に青少年期を過ごし、就職氷河期を経験したことから「氷河期世代」とも呼ばれています。 Y世代の特徴 Y世代は自我が強い・個人主義 Y世代はミレニアル世代とほぼ同義と言えます。 従ってその特徴もほぼ共通のものとなります。 ミレニアル世代の解説の項でも少し述べましたが、ミレニアル世代(Y世代)個人主義であると言われており、しっかりとした考えを持っている一方で、自我が強く協調性はあまり高くないとされています。 「個性」や「自分らしさ」を重要視しており、例えば、Y世代が前世代と比較して積極的に転職を行うのも、自身の価値観と所属している企業の価値観が一致しないためであることが多いです。 Y世代は既成の枠にとらわれない Y世代には社会に対して進歩的な考え方を持っている人が多いと言われています。 既存の事柄に疑問を持ち最適化や改善を模索したり、企業において柔軟な勤務形態を求めたり、社会的な面ではアメリカにおける同性婚や大麻合法化への賛成、日本においては夫婦別姓への賛成等、既成の枠にとらわれず、より良い形に変えていこうという意思が強いのもY世代の特徴です。 Y世代は保守的な価値観 既成の枠にとらわれない考え方を持っている人が多い一方で、価値観が保守的である人が多いのもY世代の特徴です。 これはバブル崩壊以降の就職難や収入減の影響が大きく、様々な面において安定を求める考え方が主流であるためで、仕事においてはワークライフバランスを最重要視し、熱心に働きより高い地位へ出世したいといった上昇志向はあまり持ち合わせているとは言えません。 プライベートな時間を確保でき安定した生活を望む人が多く、過酷な労働は避ける傾向にあります。 参考文献(参照 2018年10月23日)• (デジタル大辞泉/小学館)• Z世代とは? Z世代の定義 Z世代とはY世代から続く新たな世代で、1990年代後半から2000年代の初め頃に生まれた若年世代を指します。 当初はY世代とZ世代を一括りにしてミレニアル世代と呼ばれていましたが、生まれた頃からIT技術や製品に囲まれて育ったZ世代はY世代とはまた違った感性を持っているのではないかと考えられ、マーケティング調査が進められました。 調査が進んだ結果、Z世代はミレニアル世代やY世代とは違った特徴が見受けられ、今後のトレンドを作り出していく新たな世代として、現在大きな注目を集めています。 Z世代の特徴 Z世代もミレニアル世代と同じくデジタルネイティブである ミレニアル世代やY世代と同様にZ世代もデジタルネイティブです。 生まれた頃からIT技術や製品が普及した環境で育ったZ世代は、ミレニアル世代やY世代以上にデジタルに対する造詣が深いと言えます。 タブレットやスマートフォンといった最新のIT機器を自在に使いこなし、インターネットやSNSを利用するZ世代にはデジタルの便利さに潜む危険性についても理解している人が多いです。 アメリカにおいてはZ世代の半数以上がデジタル機器の使いすぎを自覚し、使用を控えるべきだと認識していることが調査の結果わかりました。 SNS等を利用する際にも自身の個人情報を不用意に登録したり掲載しないようにしたり、Webカメラ等のデバイスから個人情報が盗まれないようにといった危機管理意識が高いのもZ世代の特徴です。 Z世代はプライバシーを尊重する Z世代はSNSでの不用意なツイートや写真の投稿が大変危険であることを認識しており、ミレニアル世代やY世代とは異なり一線を引いた形でSNSを利用しています。 プライベートな生活の様子がオンラインに流出しないように投稿したメッセージや写真が自動で削除されるSNSを好んで利用する等、自身やその周囲のプライバシーの保護に注意を払っている点は、同じくSNSを活発に利用するミレニアル世代やY世代との大きな違いでしょう。 Z世代はブランドより本質を重視する Z世代は製品やサービスを購入・利用するときに、ブランドではなく製品やサービスそのものの本質に価値を求める傾向にあります。 表面的なブランドに対してはZ世代は価値を見出さず、日常生活に根差した「本物」のブランドを評価します。 広告に対してもZ世代はリアルさを求めることから、市場では現在、広告にも現実を反映しリアルな要素を取り入れたアプローチへと変化させつつあります。 一方で、生まれた頃から便利なIT技術やデジタル製品に囲まれて育ったZ世代は、便利な製品やサービスを提供するブランドを高く評価し、新しいコンセプトを前向きに受け入れる一面もあります。 日常と関係の深いリアルな本物を求めるZ世代でも、革新的で新しいコンセプトに対しては興味を持つ人が多いです。 参考文献(参照 2018年10月23日)• ミレニアル世代、Y世代、Z世代の特徴と違いまとめ ミレニアル世代とY世代・Z世代について、それぞれの特徴と違いについて解説して参りましたがいかがでしたでしょうか。 ミレニアル世代とY世代、Z世代は幼少期もしくは生まれた頃から多くのIT技術や製品に囲まれて育ち、デジタルな環境や生活に慣れ親しんだ新しいデジタルネイティブ世代です。 生まれ育った環境が全く違うことからそれまでの世代とは性格や価値観、ライフスタイルに大きな隔たりがあるとされています。 2025年にはミレニアル世代とY世代が世界の労働人口の75%を占めると言われており、近い将来に世界の消費活動の大部分もまた、ミレニアル世代とY世代、その後にはZ世代が占めるようになります。 今後を担う世代に対しても効果的なマーケティングを行えるよう、まずはしっかりとミレニアル世代とY世代・Z世代の特徴を把握しましょう。 ミレニアル世代についての特徴はの記事にてさらに詳しく解説していますので併せてご覧ください。 自社でもSNSを活用してマーケティングをしよう!とは言ったものの、自社アカウントの運用やSNS広告など、その手法は多岐に渡ります。 なんとなく自社公式アカウントを開設してみても、 思うようにフォロワーが伸びなかったり、売上につながらないという悩みを抱える企業は非常に多いのが現状です。 その一方、 SNSの利用者は7200万人を超え、SNSをうまく活用することができた企業は 認知拡大や売上増加の大きなチャンスを掴んでいます。 何から始めて良いのか分からないとお困りの企業担当者は、「SNSマーケティング」の専門家にしっかりと相談しましょう。 インスタラボを運営するFind Model(ソーシャルワイヤー 株 )は、 ・ ナショナルクライアント様を中心とした 事例・実績は1500件以上 ・ インスタグラムに特化した 国内最大級メディア「インスタラボ」運営の豊富なナレッジ ・ 企業SNSマーケティングの戦略コンサルティングから公式アカウントの運用代行やSNS広告運用までワンストップサポート 豊富な事例やナレッジをベースに、貴社のマーケティング課題を解決します。 ぜひこの機会に SNSを活用したマーケティングの実施を検討していきましょう。

次の

ミレニアル世代はどんな人?消費動向と価値観を探る

ミレニアル 世代

Z世代の概要 アメリカで1960年~1974年生まれを 「X世代」と名付けられたことに始まり、 その後の1975~1990年代前半生まれが 「Y世代」、 1990年代後半~2000年生まれが「Z世代」と呼ばれています。 この中で 「Y世代」は 「ミレニアル世代」とも呼ばれています。 今まではこの「Y世代」と「Z世代」をひっくるめて考え、 「ミレニアル世代」と言うワードでくくっている節がありました。 ミレニアル世代は、生まれた時からインターネットに親しんでいるということから、 他の世代と嗜好性などが大きく異なるのではと考えられ、 過去例に見ない程にマーケティング調査をされた層です。 そして、その調査が進んだ結果、 ミレニアル世代の中でも更に特徴的な要素が見受けられ、 新たに区別がなされたのが1990年代後半以降生まれの 「Z世代」です。 Z世代の特徴 主に以下のような特徴があります。 11を経験しているため、 社会課題への意識が高い。 まとめると、インターネットを使った オーディエンスの増幅と 情報取得能力が極めて高く、そのノウハウに精通しているが故に、 タイミングとセグメンテーションに非常に敏感な層だ、ということが言えます。 そして、上述の特長によって、個々人が拡散力を持つ インフルエンサーである可能性が高いということも言えますね。 Z世代への期待 先ほど述べたように、高い能力を備えているとされるZ世代は、 若くして会社経営を行っているという例も多く、 彼ら自身がいかにして、彼らを含むZ世代の購買欲をコントロールするのか、その手腕に注目が集まっています。 また、この世代は全世界に 20億人存在すると言われており、 極めて高い購買力を持つとされています。 参考: まとめ いかがでしょう。 ミレニアル世代と全く異なる「Z世代」、 ご理解いただけたでしょうか。 まとめてみると、今後彼らを含む新しい消費者に対して、 いかにオンラインでアプローチする必要性が高いかが分かりますね。 SNSやデジタル広告を活用するだけでなく、 オフラインとオンラインを繋ぐ取り組みが必要になってきそうです。 「Z世代との付き合い方が分からない!」などのお悩みから、 販促に関するご相談、販促支援のご依頼まで、お気軽にご連絡下さい!.

次の