ノルマンディー サラブレッド レーシング。 ノルマンディーオーナーズクラブ 2018年産3次募集馬を発表 9頭

ノルマンディーサラブレッドレーシングの近走成績|競馬データベース

ノルマンディー サラブレッド レーシング

第一回中間発表 本日、ノルマンディーOC公式サイトにて、2018年産1次募集の申込状況に関する中間発表が上がりました。 15 ルーシーショーの18 103% 募集No. 17 シュヴァリエの18 82% 募集No. 26 ラーストチカの18 75% 募集No. 7 サイレントソニックの18 62% さすがに今年は50%超えが4頭と落ち着きました。 少し減ったなという印象だった昨年でも、中間発表時点で50%超えが7頭いた事を考えるとかなり落ち着いたと見ていいでしょう。 現段階でラーストチカまでは抽選有力という感じでしょうか。 今年の抽選はルーシーショーだけだと思っていたので、まだまだノルマンディーの底力を見せてはいますね^^ 意外だったのがシュヴァリエ以下の売れ方。 サイレントソニックがもう少し売れると思ってましたし、ラーストチカがここに入ってくるとは思いませんでした^^; 理由は当然1000万という安値募集のダメジャー産駒だからというのはわかりますが、他にもっと売れそうな仔がいたので、相対的にはもう少し様子見できる仔だろうと考えておりました。 その他の仔に関しては割れてるんじゃないかと思います。 今回のツアーに参加された方のブログ記事やツイートなどを見ても割と評価は分散されてますし、今回は特に突出した仔もいない反面、平均点をやや上回るような仔が多かったのも事実ですので、全体的な評価としても割れてきているような気もしますね。 15 ルーシーショーの18 95% 募集No. 7 サイレントソニックの18 78% 募集No. 26 ラーストチカの18 60% 募集No. 27 バチスタの18 50% 概ね似たような感じですが、この並びのほうがしっくりきます^^ ここでもラーストチカは人気ですね。 やはり1000万ダメジャーはなかなかの破壊力ということでしょう。 新規では地方募集馬のバチスタが入っています。 これもなんとなくこの方が「あるべき姿」っぽい感じはするのですがw 例年なら地方枠は会員でも確実に抽選になるはずですが、今年は動きが鈍そうです。 おそらく小さいことで嫌われてるところはあると思いますが、正直実馬も見た印象では久しぶりに『中央でも良いんじゃないの?』でした。 既存会員にとってはそれだけ中央募集馬に欲しい馬がいるということの裏返しなのかもしれませんが。 そこまでに動きがどう変わるのか興味深く見守りたいです。 1)モトヒメの18 ボンジュールメロンの18 今年の牝馬エース候補です。 ホッコータルマエ産駒といえば、上記にもあるように今年は一番人気のルーシーショーがいるのですが、ルーシーショーとは抽選の相性がおそらく悪いのでw、同じタルマエ産駒でかつ母系も良さそうなこちらにしました。 ルーシーショーは良くも悪くもルーシーショーですが、こちらは将一社長も仰ってた通りタルマエ感がしっかり出てると思います。 母はサンデー系にバクシンオー。 そこにキンカメ直仔のホッコータルマエなので、配合的にもバランスが良いかと考えています。 また、林徹厩舎への再チャレンジの意味合いも。 フェアリースキップでは結果は出ませんでしたが、馬との向き合い方は良かったですし、馬質の上がった今度こそやってくれると思っています。 3)シャルマンレーヌの18 シャルマンレーヌの18 正直迷いました。 現在左股関節炎で放牧中。 大きな怪我ではなく今後に影響はないとのことでしたが、実際に歩様に出ているのを見てしまうと心配が先に立ちます。 が、動画での動きはしっかりしたものであり、上2頭を見ても母系の能力はしっかりしていると思います。 加えて、アイルハヴアナザー産駒に残された時間も少ないですし、ここまで出資した唯一のアイルハヴアナザー産駒であるセルヴァはデビューに辿り着けませんでした。 ラフカディオ、アイルチャームの2頭は本ブログでも取り上げ、迷った挙げ句出資には至りませんでしたので、今回は先行にて迷いを断ち切ろうと思います^^ 以上3頭、今年のテーマは 『リベンジ』です。 ゴッホ産駒、アイルハヴ産駒のリベンジ、林徹厩舎のリベンジと3頭それぞれにリベンジがあります。

次の

ノルマンディー2018年産1次募集 中間発表とポチっ。

ノルマンディー サラブレッド レーシング

キョウエイマーチが制した1997年以来の雨中決戦となった桜花賞。 後方から脚を伸ばしたデアリングタクトが泥をかぶりながら突き抜け、ノルマンディーサラブレッドレーシングに待望のG1初制覇をもたらしました。 3戦3勝でのVはハギノトップレディ以来、40年ぶりの最小キャリア。 岡田スタッドグループ代表の岡田牧雄さんは、この歴史的な勝利が特別な1勝だったことを明かします。 レース後には兄でマイネル軍団の総帥である岡田繁幸さんからこんな電話があったそうです。 「(繁幸さん所有の)スマイルカナも3着に頑張ってくれたし、俺が代表で親父(蔚男さん=しげおさん)に線香をあげて報告しといたからな」 中央、地方で生産馬、所有馬によるG1勝利を積み重ねてきた岡田一族ですが、クラシックは初制覇。 「親父はクラシックを夢見ていたから、それを兄貴は感じていたのかな。 やっぱりクラシックは違うね」。 そういって目尻を下げた牧雄さんは、部屋にずらっと並ぶお祝いの花を見つめました。 お祝いの花とともに 日高町の長谷川牧場が生産したデアリングタクトは2年続けてセレクトセールに上場。 当歳セッションの2017年は主取りになりましたが、翌年の1歳セッションでノルマンディーファームが1200万円で落札しました。 「脚長でひょろっとしていて、繋ぎが立っていて、肩も立っていた。 ただ、ああいう馬は変わるんだよ。 私は将来、良くなるだろうなという馬を買うから」 牧雄さんは、伸びしろをたくさん残しながらも、光るものを感じたことを独特の言い回しで教えてくれました。 「背中に力があって、飛節が柔らかいからギュッと伸びたもんね。 歩かせた時のスピードも他の馬より速かった。 手先が硬いけど、歩くのが速い。 ダクに入っても同じように硬かったらダメだけど、キュンキュン沈む馬は大丈夫。 筋繊維が細やかで、筋肉が優秀なんだよ」 1歳時のデアリングタクト(2018年10月31日)ノルマンディーサラブレッドレーシング提供 2歳時のデアリングタクト(2019年8月30日)ノルマンディーサラブレッドレーシング提供 実際、育成に入っても評価は抜群だったそうです。 「追い切りをやると誰も追わない。 先着すればいいと思っているから。 こちらは2馬身、3馬身と引き離す姿を見たいんだけど、本気で走っちゃったら止まらないと言うわけ。 相当なパワー、能力だよね。 乗っている人が気持ちいいと言っていたからね」 背中や動きから伝わってくる非凡な能力。 クラブの募集でも同世代で一番申し込みが多かったといいます。 桜花賞は上がり3ハロンが38秒1と、非常に過酷な馬場で行われましたが、それを攻略できるタフさは育成時代に過ごしたえりもで身に着けたのかもしれません。 昼夜放牧を行っているえりも分場は日高に比べると厳しい環境です。 「熊が出る、アライグマも出る、鹿だらけだから夜中じゅう動いているんだ」と牧雄さん。 「えりもは1区画が30町歩くらいあってすごく広い。 馬たちはそこを動き続けているから、朝に見に行った時には疲れてグタッと寝ているんだ。 厚賀とか普通の10町歩の放牧地なら歩いていくと馬たちは立ち上がるけど、えりもは首を上げるくらいで無視されるからね。 首をまたいでも起きないくらい(笑い)」 えりも分場での育成で疲労が出た馬は日高に移動するそうですが、デアリングタクトはその期間に一度も戻ることがなかったそうです。 「体力があったんだろうね。 うちの馬が丈夫になって走るようになったのはえりもを使うようになってから」と牧雄さんは指摘します。 岡田スタッドグループの馬たちが不良馬場など過酷な馬場で好走することが多いのは、厳しい環境を乗り越えてきたからかもしれません。 3戦無敗で1冠目を制したデアリングタクト。 初戦は直線でスムーズさを欠く場面がありながら、残り150メートルで一気に抜け出して快勝。 エルフィンSは4馬身差の圧勝で桜花賞候補に名乗りを上げました。 そして、前残りの流れを後方から突き抜けた桜花賞。 そのどれもがインパクトのあるレースでした。 「桜花賞は4コーナーを回った時にあきらめたもん。 前の2頭で決まって、(デアリングタクトは)3着が限度っていうのが普通のレース。 あの馬場で、あの位置から届くなんてないよね。 次元が違うような気がした。 1戦目、2戦目、3戦目と明らかに強くなっている。 思っている以上の馬に、3度続けてなっているよね。 こんな一戦一戦驚かされるような馬はいない」と牧雄さんは目を丸くします。 日高町役場に飾られたデアリングタクトの垂れ幕 牧雄さんが「自分の中に残る馬」と挙げるのが、サイレンススズカ、ディープインパクト、アーモンドアイの3頭だそうです。 「アーモンドアイはディープインパクトに似ているし、ディープインパクトはサイレンススズカに似ている。 それに近づくくらい、(デアリングタクトも)いいところが似ている。 先天的なバネがあるよね。 無事にいって、秋にはアーモンドアイに近づくんじゃないか。 そんな夢まで見ている」 日本を代表する馬たちを引き合いに出したことが期待の大きさを示しています。 今後は回復次第で日本ダービーも選択肢に入っていますが、牝馬2冠を狙うプランが本線。 「もう一回、オークスで驚かせてくれないかな」 一走ごとに膨らんできた牧雄さんの夢に向かって、デアリングタクトが府中へと乗り込みます。 当歳時のデアリングタクト(右)長谷川牧場提供 当歳時のデアリングタクト(右)長谷川牧場提供.

次の

【オークス】ノルマンディー岡田牧雄代表「馬産地の励みに」

ノルマンディー サラブレッド レーシング

3歳未勝利馬たちにとって東京は最終週。 メンバーが揃いました。 馬名:アンブローニュ出走:東京1R ダ1600m 北村宏 由来:数字の1 仏 +パリ郊外の森林公園。 父名、母名より連想。 馬主: ノルマンディーTR 厩舎:美浦 根本厩舎 募集価格:1000万円 2. 種牡馬ヴァンセンヌのデビュー世代となります。 月1ペースで未勝利を使えるタフさはありながらも、父らしいスピードは鳴りをひそめ6戦連続掲示板外。 しかし、7戦目、府中のダートマイル不良馬場で先行からの初連対を果たしました。 今月はもうユーちゃんを仲間に迎え入れましたし、ちょっと当分はこの陣容でいいかなという感じです。 共有です。 YGG地方オーナーズさんが、元 ノルマンディー所属のランジョウというお馬さんを落としたので、一口、購入させていただいたというわけです。 正直、7頭も個人所有していると、もう一口(5%)では、あまりドキドキしなくなってしまって、例えばせっかくドラちゃんがレースで2着奮闘したのにそのレースを見過ごす、という失態を演じてしまうことにもなります。 そうそう、先週の金曜、ドラちゃんは2着に粘ってくれました(今更ですね)。 スタート、ポンと出て、うまく逃げねばって。 最後、勝ったかなと思ったのですが、ゴール手前で差されて、悔しい2着でした。 僕みたいな弱小馬主が下手 【 ノルマンディー特別募集】出走馬がなく久しぶりにノンビリとした週末です。 ノルマンディーの特別募集馬「ステイアライヴの18」2,360万円が急遽出てきました。 千葉競りでの馬体と動き、募集写真を確認して分析。 毎年注目している千葉競りの馬だったので少し悩みましたが、前回の「アドバンスクラーレの18」2,440万円と同様に、高額馬と栗東入厩を理由に出資は止めました。 馬体 特に後躯 と動きは「アドバンスクラーレの18」の方が良かったように思います。 何で3次募集にせずに、目立つような特別募集としたのかよくわからないです。 特別感をあまり感じませんし。 社台ファーム生産馬てとこ?各クラブ1才馬の募集が始まろうとする時期にこの価格は私には大き過ぎますし、2才馬にはスクリーンヒーロー産駒もいるので、興味は湧きませんでした。 でも今日の函館メインで、満口が近かったクイックメールの18の姉が勝った途端に満口になりましたね。 やはり販促には現役馬が勝つことが一番の特効薬のようです。 特別募集馬の販促に協力できるよう、明日出走の愛馬2頭も頑張って欲しいと思います。 ただ状況は相当に厳しいです。 阪神1レース一口馬主DBさんの予想は厳しく最低人気です。 21:50現在11番人気です。 3ヶ月の休み明け、体調も一息の状態なので、かなり厳しい状況です。 先行できず、末も一息 【 ノルマンディー特別募集馬個人的メモステイアライヴ18】サラッとね。 ステイアライヴ18はとにもかくにもスクリーンヒーロー産駒として可能性を見出せるかということに尽きます。 スクリーンヒーローは昔も今も大きく傾向は変わってなくて、やっぱり配合が大事な種牡馬です。 そして牡馬の場合は特に、繁殖の質が低い方が飛距離が出る変態です。 牝馬だと良血が走ってきてる印象ですね。 このあたりは面白いなと。 掘り下げたり なみにアブレイズヒーローとも似てますよ。 Nreyevっぽい血Neverbendっぽい血Haloとね。 さて、ステイアライヴ18。 厩舎はとっても気に入らないですが…買おうかな、と思っています。 この血統なら用事があります。 そりゃ高いですが、まぁ ノルマンディーで上級夢見るならこういうの行かないとと思いますね。 全然ダメでも驚かないですけどね。 笑今日のシュエットヌーベル(たまたま4口持ってます)で10万くらい入.

次の