ロバート ウォルター ズ 評判。 ロバートウォルターズ「英語を活かした転職」で評判の転職エージェント

ロバートウォルターズジャパンという会社のコンサルタントから突然ヘッ...

ロバート ウォルター ズ 評判

「SCORPION/スコーピオン」シーズン1が日本でも始まりましたね。 主演は 、「ボディ・オブ・プルーフ/死体の証言」で アダム・ルーカスを演じる エリス・ガベルです。 Photo:CBS このドラマは、冒頭に「ウォルター・オブライエンの物語」とあるように、ウォルター・オブライエンという実在の人物がモデルになっています。 彼はIQ197の天才で、「Scorpion Computer Serices」という会社のCEOを務めています。 オブライエンについては、もどうぞ。 ドラマによって彼は注目されるようになり、その経歴や実績がいろいろなところで取り上げられるようになったのですが・・・。 「彼の主張には誤りがあるのでは?」という声があちこちから上がっているようです。 そのあたりを取り上げたを見つけたのでご紹介したいと思います。 長いので、要約しました。 ***** ハッカー対スコーピオン: ドラマ『スコーピオン』で話題のウォルター・オブライエンの実像を徹底解明 ウォルター・オブライエンが主張する「実績」について、ITエキスパートやコンピュータオタクは疑問を抱いているようだ。 ドラマ『スコーピオン』は実話なのか? CBSのドラマ 『スコーピオン』は、 ウォルター・オブライエンというIQ197の実在のハッカーをモデルにしている。 「スコーピオン」は彼が実際に使用していたハッカー名であり、オブライエンはこのドラマのエグゼクティブプロデューサーでもある。 オブライエンはさまざまなメディアに登場し、彼の実績などが紹介されているが、ITの専門家、ハッカー、コンピュータオタクたちの間では、「矛盾や誇張があるのではないか」という声が上がっているという。 そこで、真実を解明するために、オブライエン本人に疑問をぶつけてみることにした。 ウォルター・オブライエン(Photo: courtesy of CBS) 我々の質問に対して、オブライエンはメールで回答してくれた。 ただし、「仕事や実績については機密保持契約の対象になっている内容は公開できない点と、時間の関係で回答できない質問がある点を理解いただきたい」という条件付きだ。 IQ について 「Google検索のIQトップ10リストにオブライエンの名前がない」という点について、オブライエンは「IQテストを受けたのはわずか9歳で、リストへの登録に書類が必要だとは知らなかった」と答えている。 コンピュータオリンピックへの出場 オブライエンのWebサイトによると、1993年アルゼンチンで開催されたコンピュータオリンピック(旧称:Informational Olympiad in Informatics)にアイルランド代表で出場した、とある。 ところが、その年の参加者に彼の名前はない。 これについて、彼はこうコメントしている。 「アイルランドからの参加申込書が締め切りを過ぎていたからだ。 我々は例外措置として参加を認められた。 アイルランドは登録されていないが、参加したのは事実だ。 」 参加証明書(イベント開催者の署名がある) バナーの前で記念撮影(オブライエンは右端) 事業規模と拠点 Scorpion Computer Servicesについては、世界20カ国に2600人の従業員を擁し、13億ドルの売り上げを達成しているという情報もあれば、事業規模は100~1000万ドル、従業員は1~15人、アパートの一室が拠点、という情報もある。 さらにややこしいのは、オブライエンのWebサイトに「Scorpion」の社名が入ったビルの画像が掲載されている点だ。 このビルは、ドイツのバート・ドリーブルクにあるにそっくりなのだ。 オブライエンによると、「Scorpion Computer Servicesは不要なコスト削減のためバーチャルオフィスで展開している。 およそ2600人の契約社員がいて、大規模なソフトウェアの問題解決に対応できる体制がある」という。 「ほとんどのシステムはクラウドベースまたはクライアントの大規模データセンターに設置されている。 仕事はクライアントの設備でオンサイトで行うか、ラップトップからリモートで行っている。 住所には私書箱を使用している」。 写真については、「誤解を招く画像を掲載してしまい、申し訳なく思っている。 クールな画像だったのでWebサイトのデザイナーが数年前に掲載した。 ガラスにサソリのシッポが映っている点と背景に空が映っていない点から、実物の画像ではないことは明らかだと思うのだが。 しかし、本社ビルと誤解してしまう人もいるだろう」。 ドラマ制作のきっかけ 『SCORPION/スコーピオン』のドラマ制作のきかっけについても、矛盾があるという。 オブライエンによると、彼がスクーター・ブラウン(ドラマのエグゼクティブプロデューサーの1人)にアプローチし、自らをモデルにしたドラマ制作のアイデアを持ち込んだという。 オブライエンいわく、「優秀な人材を獲得するために、天才的スキルを持つオーディエンスにアピールしたかった」。 ところがブラウン氏は、ウォルターにアプローチしたのは自分だ、と主張している。 ただし、Techmanity(シリコンバレーのテクノロジイベント)でのカンファレンスを記録した動画では、オブライエンとブラウン氏が登場し、「オブライエンのバージョン」が語られていた。 1つ紹介しよう。 オブライエンはボストンマラソンの爆破犯逮捕に貢献したと言っているが、詳細がはっきりしない。 半径2マイルにあるすべてのカメラでモーショントラッキングを行ったという説や、「顔認識テクノロジ」を使ったという説がある。 それだけ大量のデータを収集/処理するには、膨大な設備と処理能力が必要になるだろう。 それを3日足らずで完了するとは、信じがたい。 最先端の感情認識ソフトウェアがどれだけ高度な機能を備えているかは不明だが、絶えず行き来する無数の人々の表情を、何千もの監視カメラで識別するなんて可能なのだろうか。 たとえコンピュータで処理可能だとしても、膨大なデータの中から爆破犯を特定するのは、大量の干し草の山の中から針を探すようなものだ。 これに対してオブライアンは、「私の会社の業務は、特に軍や政府機関に関連するものについては、秘密保持契約の対象になっているので詳しい内容を開示できない」とコメントしている。 そして、「私は、自分の仕事、会社、そして我々が成し遂げてきた素晴らしい実績に誇りを持っている」と締めくくった。 [Photo: Adam Taylor, courtesy of CBS] スポンサーリンク ちょっとした感想 この記事に掲載されている内容は一部でしょうから、もっといろいろあるんですよね。 いずれも「公式なエビデンスがない!」というのが論点のようですが、13歳の時にNASAをハッキングして軍のヘリが来たってだけで、もう十分な証明になってる気がするけど・・・。 それに、ハッカー名が「サソリ」だなんて、なんだか男の子らしくて可愛いじゃないですか。 制作側も、ドラマ制作にあたってある程度、裏は取っているはずだと思うのです。 また、最新テクノロジについては、米軍がバックにいるのならば「あり」なのかな、と思います。 だって、UFOのテクノロジさえ持っているとウワサされる米軍ですよ~(『Xファイル』の見過ぎか・・・)。 我々民間人が想像もつかないテクノロジが開発されていても不思議はないけど。 ビルの画像については「それはアカンだろ~笑」と思いましたが・・・。 サソリのシッポと空がないってことで、オブライエン氏としては「実写ではないのは一目瞭然」、紛らわしいかどうかなんて考えもつかなかたんでしょうね。 それが天才というものか。 話題を集めるということは、それだけ人気が高いということですよね。 この記事は、2014年10月のものです。 これからもオブライエン氏をウォッチしていきたいと思います! いずれにしても、ドラマはドキュメンタリーではありません。 引き続き楽しみましょう! 『SCORPION/スコーピオン』に関する記事一覧はこちら: スポンサーリンク•

次の

世界が認めた本当に美味しい日本酒銘柄10選!ロバート・パーカーが格付けを発表! | VOKKA [ヴォッカ]

ロバート ウォルター ズ 評判

ロバート・ウォルターズは、外資系企業への転職に強みを持っている転職エージェントです。 ロバート・ウォルターズは、リクルートエージェントやDODAなどの日系の転職エージェントではなく、本社をイギリスに持ち、ブリュッセル(ベルギー)、メルボルン(オーストラリア)、ニューヨーク(アメリカ)、アムステルダム(オランダ)など、世界中に27の拠点をもっている、グローバル系の転職エージェントになります。 もちろん「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」として日本にも拠点があり、東京と大阪にオフィスを構えています。 転職エージェント「ロバートウォルターズ」の拠点 ロバートウォルターズは2015年現在、下記のように世界各国に27の拠点を持っています。 オーストラリア• ベルギー• ブラジル• フランス• ドイツ• インドネシア• アイルランド• 日本(東京、大阪) 東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東急ビル14階 大阪府大阪市北区豊崎3-19-3 ピアスタワー15階• ルクセンブルグ• マレーシア• オランダ• ニュージーランド• シンガポール• 南アフリカ• スペイン• スイス• UAE• イギリス• アメリカ• ベトナム 日本だと東京と大阪に拠点を持っている「ロバートウォルターズ」の口コミや評判は? 日本だと東京と大阪に拠点を持っている転職エージェントのロバートウォルターズですが、外資系企業、日系グローバル企業への転職に強みを持っていることが口コミや評判からわかります。 「ロバートウォルターズ」は、バイリンガルスペシャリスト向けの転職や、大手企業のグローバル人材採用の支援に力を入れている印象が強いですね。 を使うことで、ハローワークや転職サイトを使うよりも、満足いく転職活動がおくれる可能性が高くなるので、ぜひ活用してみてください。

次の

ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社の会社概要|エン ミドルの転職

ロバート ウォルター ズ 評判

ヘッドハンティングされてオフィスで簡単な打ち合わせもしました。 案件紹介に関しては他社でも扱うような案件や要望と違うものが最初は多かった印象です。 ただ、要望と違う部分があり、なぜ応募しないのかを伝えていくと、徐々にこの案件は他では見たことがないというものを紹介してくれるようになっていきました。 また、エージェントによるのかもしれませんが、私の担当者は英文レジュメや面接練習もかなり積極的に付き合ってくれました。 直前の面接キャンセル調整などもうまくやってくれたので真面目なエージェントという印象です。 ちなみに登録したのはこのエージェントだけではなく、JACリクルートメントを含む外資系エージェントです。 外資系エージェントの場合、選考に進めば連絡は来ますが、選考に進まない場合はほぼ連絡が来ませんでしたし、なかったことになります。 最初は日系エージェントのみを使っていたので、その点は慣れるまでは驚きました。 今回は時間をかけて納得出来る会社を探そうと他のエージェント(日本企業のエージェント)も使ってみましたが、結局はRWJで転職先が決まりました。 RWJからは外資系、日系と計6社の紹介があり、そのうちの4社の面接を受け、その後現在の会社に決まっています。 日系エージェントからは7社の企業紹介があり、応募もしましたが、面接まで進んだのは2社、最終面接は1社でした。 私見ですが、エージェントの担当者は採用企業からの信用力が強いのではないかと思います。 RWJの担当者は外国人、日本人といましたが、他エージェントと比べても良いコミュニケーションが取れたと思います。 人それぞれで好き嫌いはあると思いますが、私は利用して良かったと思っています。 ここは外国籍のリクルーターが多いのと、私自身が外資系企業への転職希望だったため、担当者の方も外国籍でした。 面談後はメールも電話もがんがん来ました。 時には希望していないのに派遣の仕事なども結構プッシュされました。 丁重にお断りすると誰か友達や同僚でこのポジションに興味がある人はいない?と、日本人の感覚ではあり得ないような事もリクエストされました。 また、他のリクルーターの方で、コンフィデンシャルのまま紹介してくれた案件もあり、まだ社名も明かせないし、業務内容も詳細は決まってない。 でも大手だからどう?といった結構アバウトな方もいらっしゃいました。 一方で相性が合うリクルーターの案件だと募集の背景や、部内の人間関係、会社の雰囲気や歴史など丁寧に教えてくれる方もいました。 比較的大手エージェントなので案件は抱えていると思います。 外資系又はグローバル企業系への転職を考えているならRWJは知名度は高いです。

次の