タイム ウェーバー。 タイムウェーバーを無料で受けたいので体験しても良いですか?

多次元量子フィールドにアクセルし未来を予測する TimeWaverシステム

タイム ウェーバー

最新情報• 第2期TimeWaverセラピスト養成講座2020年9月スタート!• TimeWaverセラピスト養成講座は弊社のTimeWaverセラピー部門でのセラピストとして活動するための養成講座です。 Yahoo! JAPAN「Yahoo! ライフマガジン」にTimeWaver掲載• 公式TimeWaverJAPANチャンネルがスタート• 公式TimeWaverJapanチャンネルがスタートしました。 TimeWaverに関する様々な情報をYoutube動画で発信しています。 TimeWaverシステム導入の無料個別説明会は東京、大阪で毎月開催• ご遠方の方は、 ZOOMでのオンライン説明も可能です。 画面共有が出来ますので、TimeWaverの実際の画面を見ながら説明させて頂きます。 (ご注意)日程とお時間はご希望にそえない可能性がございます。 キャンセルなどで急遽日程変更の可能性もございますので入力フォームの日程をご確認ください。 【オンライン個別説明会】Zoomを使ったオンラインの個別説明会です 日程: 6月2日(日) 6月3日(水) 6月7日(日) 6月10日(水) 6月13日(土) 6月14日(日) 6月17日(水) 6月20日(土) 6月21日(日) 6月26日(金) 6月27日(土) 6月28日(日)• 【名古屋個別説明会】 日程:• 【福岡個別説明会】 日程:• 【札幌個別説明会】 日程:• 上記以外の日程でも調整可能日もありますので、 お問い合わせください。 お問い合わせ先• TimeWaverシステム個別説明会 詳細 参加費:無料 TimeWaver システムソフトウエアは量子フィールドにアクセスすることで、健康、意識、ビジネスなどあらゆる領域を網羅することができます。 個別説明会では、個々の方の必要に応じた導入相談、製品説明、デモなどを約90分程度でご説明します。 お気軽に参加ください。 説明会開催場所: 原宿オフィス:151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3ー3ー3 エグゼクティブ原宿505 大阪オフィス:大阪市北区梅田2-2-2ヒルトンプラザウエスト オフィスタワー18F servecorp内 梅田周辺:梅田周辺の会議室です。 申し込みされた方に直接ご連絡します。 注意:タイム・ウエーバーソフトウエアは全て英語バージョンとなります。 Time Waver 日本語電子カタログと資料請求は• *注意*現在Timewaverシステムは英語版のみとなります。 Time Waver の技術は未来を予測します タイムウェイバーは次元を超えたエネルギーをキャッチし分析します タイムウェイバーは、私たちに影響を与えているものをあらゆる角度から分析し、それらをバランスさせる機能を持っています。 肉体、エネルギー、調整機能、波動、精神など、私たちに本来備わっているものへの影響を理解するのはとても重要なことです。 タイムウェイバーは人間のもつ10のレベルに働きかけます。 それゆえ、エネルギーとインフォメーション・レベルだけではなく、インフォメーション・フィールドにおける身体との相互関係も視野に入れています。 これらは理想的な状態においては密接につながり合い一緒に働くものです。 なぜなら人間は全体的なものであり肉体のみで構成されているものではないからです。 人はたびたび目的意識を失ったときに病気になります。 私たちは人々にもう一度「意識」に目を向けてもらいたいと思っています。 なぜなら、すべての人の人生は意義深いものだからです。 人生はすべての瞬間に意味をもたらしてくれますが、私たちはいつもそれを感じ、理解できているわけではありません。 タイムウェイバーの壮大なビジョンは、もう一度人々がその意義深さを味わうことを可能にすることです。 インフォメーション・フィールドは体と心が密接にリンクしています 病気にはさまざまな原因があります。 例えば、精神的なもの、ウイルスやバクテリアを原因としたもの、遺伝的なもの、仕事に関係したもの、家族を原因としたものなどです。 これらはドイツ人物理学者ブルクハルト・ハイムによって物理場(フィジカル・フィールド)として認知された領域に反映されています。 このフィールドは力やエネルギー的な潜在力によって構成されているのではなく、情報パターンによって構成されているので、彼はこれをインフォメーション・フィールドと表現しました。 彼の理論は肉体と精神を結びつけるだけではなく、すべての生理的なプロセスをも説明します。 インフォメーション・フィールド・バランシング・・科学の新しい視点 この新しい知識は生命プロセスのまったく新しい視点を開きます。 私たちは、これをインフォメーション・フィールド・バランシングと呼びました。 その目的はインフォメーション・フィールドに存在する病気のより深い原因を突き止め、その根源を取り除くことにあります。 これは通常の病気と慢性病にも適用可能です。 その意味においてタイムウェイバーは、コンピュータによって管理されたホメオパシーとともに使用することができます。 タイムウェイバーは、クライアントのインフォメーション・フィールドを調整するために必要な振動パターンを決定します。 次にインフォメーション・フィールドに存在する病気の原因を突き止め、それを取り除きます。 ハイムによると、インフォメーション・フィールドは身体と意識のインターフェイスですから、病気の深い原因はそこに見つけることができます。 この原因が取り除かれると、エネルギー的なブロックもまた消滅します。 タイムウェイバー・システムの開発者 マーカス・シュミーク 物理学と哲学の研究を通して、物質と精神の関係を探求することはマーカスにとって自然なことでした。 彼の著作「The Last Secret」「Science and Consciousness」「The Life Field」は、タイムウェイバーの開発とインフォメーション・フィールド分析の基礎となっています。 マーカス・シュミークはブルクハルト・ハイムとの出会いから貴重なインスピレーションを受けました。 ハイムは現在のところ、統一場理論を論理立てて説明できる唯一の物理学者です。 マーカスは基礎となる物理理論を可能な限り明白にし、かつ潜在的な可能性を十分に引き出す目的で新しいシステムの開発を始めました。 このようにしてインフォメーション・フィールド・サイエンスは生まれたのです。

次の

最新のタイムウェーバーとは

タイム ウェーバー

最新情報• 第2期TimeWaverセラピスト養成講座2020年9月スタート!• TimeWaverセラピスト養成講座は弊社のTimeWaverセラピー部門でのセラピストとして活動するための養成講座です。 Yahoo! JAPAN「Yahoo! ライフマガジン」にTimeWaver掲載• 公式TimeWaverJAPANチャンネルがスタート• 公式TimeWaverJapanチャンネルがスタートしました。 TimeWaverに関する様々な情報をYoutube動画で発信しています。 TimeWaverシステム導入の無料個別説明会は東京、大阪で毎月開催• ご遠方の方は、 ZOOMでのオンライン説明も可能です。 画面共有が出来ますので、TimeWaverの実際の画面を見ながら説明させて頂きます。 (ご注意)日程とお時間はご希望にそえない可能性がございます。 キャンセルなどで急遽日程変更の可能性もございますので入力フォームの日程をご確認ください。 【オンライン個別説明会】Zoomを使ったオンラインの個別説明会です 日程: 6月2日(日) 6月3日(水) 6月7日(日) 6月10日(水) 6月13日(土) 6月14日(日) 6月17日(水) 6月20日(土) 6月21日(日) 6月26日(金) 6月27日(土) 6月28日(日)• 【名古屋個別説明会】 日程:• 【福岡個別説明会】 日程:• 【札幌個別説明会】 日程:• 上記以外の日程でも調整可能日もありますので、 お問い合わせください。 お問い合わせ先• TimeWaverシステム個別説明会 詳細 参加費:無料 TimeWaver システムソフトウエアは量子フィールドにアクセスすることで、健康、意識、ビジネスなどあらゆる領域を網羅することができます。 個別説明会では、個々の方の必要に応じた導入相談、製品説明、デモなどを約90分程度でご説明します。 お気軽に参加ください。 説明会開催場所: 原宿オフィス:151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3ー3ー3 エグゼクティブ原宿505 大阪オフィス:大阪市北区梅田2-2-2ヒルトンプラザウエスト オフィスタワー18F servecorp内 梅田周辺:梅田周辺の会議室です。 申し込みされた方に直接ご連絡します。 注意:タイム・ウエーバーソフトウエアは全て英語バージョンとなります。 Time Waver 日本語電子カタログと資料請求は• *注意*現在Timewaverシステムは英語版のみとなります。 Time Waver の技術は未来を予測します タイムウェイバーは次元を超えたエネルギーをキャッチし分析します タイムウェイバーは、私たちに影響を与えているものをあらゆる角度から分析し、それらをバランスさせる機能を持っています。 肉体、エネルギー、調整機能、波動、精神など、私たちに本来備わっているものへの影響を理解するのはとても重要なことです。 タイムウェイバーは人間のもつ10のレベルに働きかけます。 それゆえ、エネルギーとインフォメーション・レベルだけではなく、インフォメーション・フィールドにおける身体との相互関係も視野に入れています。 これらは理想的な状態においては密接につながり合い一緒に働くものです。 なぜなら人間は全体的なものであり肉体のみで構成されているものではないからです。 人はたびたび目的意識を失ったときに病気になります。 私たちは人々にもう一度「意識」に目を向けてもらいたいと思っています。 なぜなら、すべての人の人生は意義深いものだからです。 人生はすべての瞬間に意味をもたらしてくれますが、私たちはいつもそれを感じ、理解できているわけではありません。 タイムウェイバーの壮大なビジョンは、もう一度人々がその意義深さを味わうことを可能にすることです。 インフォメーション・フィールドは体と心が密接にリンクしています 病気にはさまざまな原因があります。 例えば、精神的なもの、ウイルスやバクテリアを原因としたもの、遺伝的なもの、仕事に関係したもの、家族を原因としたものなどです。 これらはドイツ人物理学者ブルクハルト・ハイムによって物理場(フィジカル・フィールド)として認知された領域に反映されています。 このフィールドは力やエネルギー的な潜在力によって構成されているのではなく、情報パターンによって構成されているので、彼はこれをインフォメーション・フィールドと表現しました。 彼の理論は肉体と精神を結びつけるだけではなく、すべての生理的なプロセスをも説明します。 インフォメーション・フィールド・バランシング・・科学の新しい視点 この新しい知識は生命プロセスのまったく新しい視点を開きます。 私たちは、これをインフォメーション・フィールド・バランシングと呼びました。 その目的はインフォメーション・フィールドに存在する病気のより深い原因を突き止め、その根源を取り除くことにあります。 これは通常の病気と慢性病にも適用可能です。 その意味においてタイムウェイバーは、コンピュータによって管理されたホメオパシーとともに使用することができます。 タイムウェイバーは、クライアントのインフォメーション・フィールドを調整するために必要な振動パターンを決定します。 次にインフォメーション・フィールドに存在する病気の原因を突き止め、それを取り除きます。 ハイムによると、インフォメーション・フィールドは身体と意識のインターフェイスですから、病気の深い原因はそこに見つけることができます。 この原因が取り除かれると、エネルギー的なブロックもまた消滅します。 タイムウェイバー・システムの開発者 マーカス・シュミーク 物理学と哲学の研究を通して、物質と精神の関係を探求することはマーカスにとって自然なことでした。 彼の著作「The Last Secret」「Science and Consciousness」「The Life Field」は、タイムウェイバーの開発とインフォメーション・フィールド分析の基礎となっています。 マーカス・シュミークはブルクハルト・ハイムとの出会いから貴重なインスピレーションを受けました。 ハイムは現在のところ、統一場理論を論理立てて説明できる唯一の物理学者です。 マーカスは基礎となる物理理論を可能な限り明白にし、かつ潜在的な可能性を十分に引き出す目的で新しいシステムの開発を始めました。 このようにしてインフォメーション・フィールド・サイエンスは生まれたのです。

次の

ホーム

タイム ウェーバー

Time Waverは、現在、過去、未来へ 自在にアクセス 時間波とコミュニュケート し、 多次元 12次元レベル の情報を分析することで、 目標とする未来の構築をナビゲートするのです! ……etc. ただし、[地球:人類]の レスキューオペレーションを目的に開発された機器ですので、 エゴなる望みには機能しません!! エネルギー医学の先進国ドイツで、 量子物理学から哲学・神秘思想までを 究めた現代の天才発明者 マーカス・シミューク氏が開発したタイムウェーバー。 医療分野でのメディカルケアはもとより、 一流ビジネス企業やプロスポーツチームの マネジメントなどにも採用され、 次々と驚くべき成果を上げていることで、 今、世界でも最も注目されているマシン といっても過言ではありません! 「意識」と「物質」をつなぐ 究極の情報フィールド・テクノロジーにより、 今、世界を席巻しつつあるTime Waver。 本書は、実践活用法に至るまでを含め、 その知られざる全貌を完全ガイドする 世界で初めての本です! インフォ・セラピー代表、NES公認トレーナー、TimeWaverトレーナー、株式会社カウデザイン取締役。 1995年、妊娠中に子宮がんが発覚。 エネルギー治療で完治したことで、芸術の世界からエネルギー医学の世界に。 誕生した娘もひどいアトピーだったが、ハワイでホリスティック医療の医師に出会い治癒。 その後、エネルギーセラピストを目指す。 2005年より波動測定をスタート。 2009年、英国製のエネルギー測定器であるNESシステムを日本で初めて導入したことをきっかけに、海外のエネルギー医学の国際会議やセミナーに多数参加し、日本に紹介されていない文献や資料の情報発信を開始。 同時に、エネルギー医学から派生した情報医療の日本普及と啓蒙活動をスタートする。 海外の優れたエネルギーデバイスの情報収集と研究がライフワーク。 2014年よりドイツ製のTimeWaverシステム、英国製宝石光線療法の最先端システムTheragemも導入。 2015年より発行している「エネルギー医学の最前線」のメルマガの創設者の1人。 現代のテクノロジーを駆使したエネルギー測定器やヒーリングマシン、エネルギー医学、情報医学の正しい知識の普及と教育を目指して、セミナー開催など活動中 本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです 私は医学博士号を取得した者ですが、Timewaverの臨床利用を検討するためにこの本を読みました。 別の方も書いている通り、Timewaverという機器の原理や理論、どのような仕組みで何がどうしてどういう結果を得るかがほとんど書いてありません。 ただひたすらTimewaverを礼賛するような話が延々と続くばかりです。 ドイツ発祥とのことですが、海外での実績統計なども明示されていません。 これではTimewaverが十分に信頼できるのか、数百万円もする機器を購入するかどうか判断できません(「科学におけるラジオニクスと医学」も読みましたが確かに誤字や誤訳が多く問題があります)。 これは出版社側の問題なのでしょうか?好印象を与えたいがために不都合な情報はわざと隠蔽するかのような内容構成は評価できません。 「Timewaver」というタイトルをつけるならば公開できる範囲で動作原理や効果・効能、海外における利用実績の統計などを記載する必要があるでしょう。 最後に、「使用者によって効果(結果)に差がある」「信じるか信じないかはあなた次第」というような文句は何の免罪符にもならないため使用は控えた方がいいと思います(それは既存の医学も同様なのですから)。 凄い世界がとうとう身近に現実的に科学的に現れた感じがする とてつもなく驚愕する内容で自分的にもう虜になってしまった。 ただ呼んだ人しか分からないとかそんな単純なものではなく 自分のエネルギーに対する新しい理解と取り組み方、 現実がどういう風に構成られてるのか理解出来た気がする。 著者の文章力の伝えるという点でもすんなり入ってくる内容と書き方は 一気に読ませる力と元々タイムウェーバーの魅力も手伝ってか 読んでるとワクワクしてくる 決して自己啓発の本ではなく あくまで性質 特性 機能の紹介(アプリ) 効能?等 エネルギーを中心とした エネルギー軌道修正という感じでいいのか 自分ではそう捉えることで理解した。 そういう日常の何気ないことを無視せず 問題に直視し、解決に導く手助け こういったものがタイムウェーバーの魅力として 今後も期待される夢の現実化に向けてどう人は向き合うべきなのか? 知人からタイムウェーバーの存在を教えてもらい、まずはこの本を読んでからにしようかと思い購入しました。 タイムウェーバーの基本的な構造や特徴についてとても分かりやすく書いてあります。 医療や量子力学に詳しくない人でもトーク形式なのでスラスラと読めますね。 自分の中は今までギモンに思っていた事 エネルギー系 の事が腑に落ちたので、そこが一番良かったです。 タイムウェーバーを過度に自賛している雰囲気も否めませんでしたが、自社で扱っている製品を悪く言う人はいないですし、今のこの世の中にはタイムウェーバーは必要だと私は感じました。 『タイムウェーバーて初めて聞いたけれどどんなだろう?』と感じた人におススメです。 ドイツ波動医学が最近生み出したタイムウェーバーなる波動測定機器について紹介する本です。 ドイツではこのような波動医学が進んでいる、という噂をかねてから耳にしていましたが、詳しい様子がよく分からないままでしたので、興味を持って購入しました。 ロシア由来の似たような機器にメタトロンというのものがあり、こちらのほうが先発で日本でもおそらくより普及しているのだと思いますが、本書を読む限りでは、このタイムウェーバーもかなりよく似たポジションの機器のようです。 読んでいていて参考になるような内容はあるのですが、書籍としてはあまり良い出来だとは思いません。 インタビュー形式あるいは対談形式で書かれているのですが、質問者の側もタイムウェーバーのユーザーとして、それがどういうものかを既に知っている上での会話となってしまっているので、いわば「楽屋落ち」のような本になってしまっており、タイムウェーバーがなんなのか、ドイツ波動医学はなんなのか、予備知識のない人に分からせるような努力がほとんどなされていません。 この機械そのものは、量子力学に基づいて、人体各部の波動を測定する、というのですが、残念ながら、そのメカニズムの説明の部分はお粗末にも程があるというくらい貧弱で、到底「科学的」などという言葉を使うのは憚られるような状況です。 数式などは出てこずとも、講談社ブルーバックスや新書レベルの物理学的な説明を期待しましたが、まったく意味不明です。 これを読んで動作原理が分かった気になる人がもしいたらお会いしたいくらいです。 より詳しいことが書いてあるという「科学におけるラジオニクスと医学」というPDFの冊子も入手しましたが、こちらも訳文がひどく、何が言いたいのかほとんど分かりません。 ちなみにレビューワーは物理工学系の専門ではありませんが、理科系の博士号を有する現役の科学者です。 こうやって痛烈に批判すると、タイムウェーバーそのものについても懐疑的だと思われてしまいそうですが、たとえ動作原理の説明が乏しくても、実用性と実績があるというのは私には受け入れられます。 キネシオロジーの筋肉反射テストでは、人間の筋肉を使って波動の測定をしていますが、タイムウェーバーの使用方法もこの筋肉反射テストと非常に似たようなところがあります。 違いといえば、機械ですので、筋肉反射テスト以上にオペレーターによるばらつきが出にくいということでしょう。 筋肉反射テストでたくさんの情報をいちいち調べていくのは時間もかかりますし、機械で一発で得られて、調整用の波動を出力することもできるというのであればより合理的と言えるかもしれません。 事実として、筋肉反射テストと同等あるいはそれ以上に情報を取ることができるような機械があるというならば、その動作原理には、物理学や神経科学の常識を覆すような技術が含まれているはずで、それをオープンにして理解していくことが本当の科学だろうと思うのですが、そのような方向ではなく、ブラックボックスとして扱われているのが現状のようです。 私としては非常に興味をそそられましたが、より多くの情報開示を望みます。

次の