太陽星座 月星座 組み合わせ。 体の相性や異性として好きな人は金星星座と火星星座の相性で分かる!│tamaの部屋~カバラ数秘術と星座占いのホントのところ~

太陽星座と月星座の相性をエレメントで考えよう

太陽星座 月星座 組み合わせ

恋愛には 「 相性」が大切です。 「相性が良い」と2人の関係はスムースですが、「相性が悪い」と何かと角が立ちやすいもの・・・。 しかし、 「相性が悪い2人に未来はない!」 ・・・というわけではありません。 そもそも、 完璧な相性などあるわけありません。 ですので、「2人がどういう相性なのか?」を理解して、うまく付き合ってゆけば良いのです。 今回は「月星座」を使って2人の相性を調べる方法をお伝えします。 「月星座」で恋愛の相性を調べる方法 スポンサーリンク 相性は「月星座」で見るべき 相性を調べるには、血液型、名前、生年月日、星座・・・色々あります。 しかし、相性は 「月星座」で見ると一番良いのです。 【月星座】はそれとは別のものです。 あなたが生まれた時「月がどの星座に位置していたか?」で決まるものなのです。 「太陽星座」と「月星座」の違いとは? 「太陽星座」と「月星座」では表すものが違います。 太陽星座は「こう生きたい!」という 人生の目的を表します。 月星座は「そもそも私はこういう人!」という 性格を表しています。 太陽星座は 「 人生目的」を、月星座は 「 性格」を表しているのです。 そして、人の性格は「月」がコントロールしています。 ですので、相性を占うには、お互いの「月星座」を見るのが一番ベストな方法なのです。 恋愛の相性は「月星座」を要チェック! 特に、 恋愛の相性は「月星座」に色濃く出ます。 恋は「理性」よりも「感性」でするものですよね?• あの人が好き・・・• 一緒にいて心地良い・・・• 心がときめく・・・ こうした感覚は「月星座」がコントロールしているものなのです。 ですので、恋愛の相性は「月星座」で調べると良いのです。 月星座で2人の相性を調べる方法 ・・・それでは、さっそく、相性を「月星座」で調べてみましょう。 詳しくは、以下のリンクからお調べください。 「月星座占い」とは何か? 「月星座」に関してとてもわかりやすく解説しています。 「そもそも月星座とは何か?」を知りたい方はこちら! ご自分とお相手の「月星座」を調べる! 「月星座」を調べるにはホロスコープを作成することが必要です。 こちらでは、簡単にホロスコープを作り「月星座」を知る方法を解説しています。 月星座の相性を見る! お互いの「月星座」がわかったら、さっそく相性を見てみましょう。 以下のページは、「月星座」だけでなく「太陽星座」に置きかえてみても納得できることが多いはずです。 ぜひやってみてください。 スポンサーリンク.

次の

女性には月星座が最重要?!月星座と合う男性と結婚すべし!|葵宇宙aoisora

太陽星座 月星座 組み合わせ

太陽星座とは? 太陽星座とは、あなたが生まれたときのホロスコープ上で太陽が位置している星座を指します。 例えば「あなたの星座は魚座です」というのを星座占いでよく言いますよね。 これは西洋占星術の世界では「あなたの太陽星座は魚座です」という意味です。 あるいは「あなたが生まれたとき、太陽は地球から見て魚座の方角にありました」と説明する場合もあります。 下の画像の人は牡牛座が太陽星座ということになります。 太陽の年齢域(25歳~35歳) 年齢域とは、その惑星の星座の特性が前面に出やすい時期のことです。 太陽の年齢域は25歳~35歳です。 人生のなかで気力・体力ともに充実している時期ですね。 このことから太陽星座はその人の人生の方向性やアイデンティティを示してくれると考えられています。 とはいえ太陽星座を見る一般的な星占いで、「獅子座だから目立ちたがり屋です」なんて書かれていても、当たっていないと思うことがありますよね。 そういうときは、太陽星座以外の星座が獅子座以外である場合が多いです。 太陽星座が獅子座なのに引っ込み思案な子がいたら、月星座が蟹座や乙女座かもしれません。 太陽から力を引き出すには? 太陽から力を引き出して特性を発揮するには、自分で決断して自己表現していくことが大切です。 太陽のエネルギーがプラスに働いていると、自信が自信を呼んでぐんぐん推進力があがります。 あなたの性質や頑張りたいこと、人生の目標は太陽星座の影響を大きく受けているので、太陽のちからを使うことで人生を前向きに進めていけるのです。 「自分の人生は自分で選び取っていこう」という積極的な姿勢が、太陽のちからを存分に発揮するコツと言えるでしょう。 太陽星座でわかるあなたの1年のサイクル 太陽星座を知ることであなたの1年のサイクルがわかります。 これには、太陽はほぼ1年で空の上に描かれた12星座を一回りすることが関係しています。 誕生日になると、太陽はあなたの太陽星座の位置から新しいスタートを切り、毎月おなじ時期におなじ星座の上を運行することになるわけです。 太陽はそのときどきに通りかかった星座の影響を受けますが、1年で一回りするため、例年おなじ月におなじ星座の影響を受けることになるのです。 「私は5月に出会いのきっかけを得ることが多い」 「どの職場、どんな仕事でもなぜか11月になると忙しくなる」 上記のようなことを言う人をときどき見かけますが、あながち間違いではありません。 太陽星座を知ることで、あなたの人生に影響をあたえる1年のサイクルが見えてきます。 牡羊座の太陽 12月末から1月に仕事面で新たなスタートを切ることが多いです。 恋愛面では7月下旬から8月が関係を発展させやすい時期。 9月下旬から10月には恋愛に限らず大切な人との出会いが増えるでしょう。 ただし、牡羊座は見落としが多いので注意が必要です。 この時期に出会った人との関係は大切にしましょう。 牡牛座の太陽 毎年5月下旬から6月いっぱいに金運がアップします。 価値のある物や財産を手にする機会が増えます。 牡牛座の恋愛は8月末から10月のはじめにかけて、また10月末から11月に出会いが多いです。 仕事面では1月末から2月にかけて新しい業務やポジションを担いやすいので、それとなく覚悟をしておいてください。 双子座の太陽 7月末から8月、1月末から2月にかけて旅行に出るとプラスになります。 双子座の恋の季節は9月末から10月いっぱいに盛りあがります。 フリーの人は11月から12月にかけて新しい出会いが増えます。 それまでに自分磨きをしておきましょう。 2月下旬から3月いっぱいに仕事のチャンスが巡ってきますので、春先はめいっぱい頑張ってください。 蟹座の太陽 蟹座は9月末から10月までは精神的に不安定です。 殻を破って新しい自分に変わりたい願望が強まります。 それを超えると恋愛モードに突入。 10月末から11月、12月下旬~1月は恋の炎が燃えあがるときです。 仕事面では3月末~4月に負荷がかかりやすいので、頑張って耐え抜きましょう。 獅子座の太陽 恋愛は11月末から12月に勢いが出ます。 シングルの人は1月末から2月前半に出会いのチャンスが多いです。 野心的に仕事に取り組めるのは4月下旬から5月にかけて。 奮闘中の獅子座に五月病は無縁でしょう。 むしろ休みが入ってもどかしくなる人も。 乙女座の太陽 10月末~11月に勉強意欲や向上心がぐっと強まります。 この時期に研鑽に勤しむと後で助けになることが多いです。 乙女座の恋愛運があがるのは12月末から1月、2月末から3月にかけてです。 5月末から6月いっぱいまでは仕事での頑張りが期待される時期です。 天秤座の太陽 恋愛関係を発展させたい相手がいるなら新年すぐ、もしくは1月末から2月頃にいい流れが巡ってきやすいです。 お相手のいない天秤座の良い出会いは3月下旬から4月いっぱいまで。 6月下旬から7月は仕事のチャンスが回ってきやすい時期です。 蠍座の太陽 蠍座の恋愛は2月下旬から3月が一番熱い時期です。 シングルの人は4月下旬~5月いっぱいまで良縁に恵まれます。 毎年7月下旬から8月にかけて、仕事面での大きな決断を迫られやすいです。 射手座の太陽 恋愛をするなら3月下旬から4月、5月下旬~6月が良いでしょう。 仕事面では8月後半から9月に頼られることが多いので、チャンスを逃さないよう必死で食らいついていってください。 射手座の人はモチベーション次第で運勢を何倍にも強めるほどの力があります。 山羊座の太陽 出会いを期待するなら4月下旬から5月、6月下旬から7月です。 新しい場所に顔を出すようにしてください。 山羊座の人は毎年9月末から10月にかけて、仕事に限らずチャンスが巡ってきます。 ただし、課題という形で現れる場合も。 目標や確信をもって動ける時期なので、この時期に取り組んだことは確実な成果につながりやすいです。 水瓶座の太陽 水瓶座の恋のはじまりは5月下旬から6月、7月下旬から8月に多いです。 仕事面では10月末から11月が奮闘期。 なかなかエンジンがかからなくても、一度やり始めたらスムーズに進められるはずです。 魚座の太陽 恋に落ちやすい時期は毎年6月下旬から7月いっぱい、8月下旬から9月にかけてです。 魚座の人は11月末から12月のあいだに、仕事の面で新たな局面が見えてきます。 この時期はいつもより用心深く周囲を見渡してください。 太陽星座は月星座と組みあわせて見ることが大切 太陽星座は月星座とセットで占われることが多いです。 というのも、太陽星座がパブリックな人生に影響をあたえるとしたら、月星座は私生活を司っているからです。 要するに、太陽星座と月星座がちぐはぐだと表の顔と裏の顔がまったく違う人になったり、矛盾した願望や欲求を抱きやすくなります。 太陽星座と月星座の組み合わせが良い人 太陽星座と月星座の組み合わせが良い人というのは、星座のエレメントが揃っている人のことです。 関連記事: 星座のエレメントが同じ種類だと、公私の両面にわたって性格が一致します。 また、積極的に動きまわる日中とリラックスしている夜の行動も一致しやすいため、ストレスを感じることが減ります。 例えば、太陽星座が獅子座で月星座が牡羊座の人はエネルギッシュで堂々とした人になるでしょう。 この組み合わせの場合、獅子座の派手好きで目立ちたがりな表の顔を、牡羊座の目標に向けて頑張ろうという野心強い裏の顔が支えることになります。 人目のつかないところで猛烈に努力して、そのちからで太陽星座の獅子座がよりいっそう輝く感じです。 また、月牡羊座はどこかへ出掛けたり目的に向かって突っ走っているときに元気が出ますが、太陽獅子座も同じタイプです。 やりたいようにやって楽しみながら、同時に人生目標を達成できるでしょう。 太陽星座と月星座の組み合わせが悪い人 反対に太陽星座と月星座の組み合わせが悪い場合は、星座のエレメントの相性が悪いです。 星座のエレメントがちぐはぐな場合、両立しづらい欲望を抱くことになりストレスが溜まりやすくなります。 例えば、太陽星座が射手座で月星座が蟹座の人を考えてみましょう。 射手座の特性のせいで色々な場所に旅行したり、様々な舞台で自由に活躍したい、冒険したいと思っているのに、その欲望を蟹座がせき止めることになります。 蟹座は自分のいまいる場所を守ったり、同じところに留まることを重んじる星座です。 新しい環境に足を踏みだすのが怖いという憶病なところもあります。 結果として「今と違う環境に移りたいのに、怖くて実行に移せない」という悩みを抱えることになります。 しかし組み合わせが悪くても、それを理解してうまく切り分けられれば幸せになることができます。 大切なのは月星座と太陽星座の性質を理解した上で、それぞれのバイオリズムにあわせて行動することです。 太陽星座であなたの1年を有意義に過ごしましょう! あなたの性格だけでなく、1年のサイクルまでわかってしまう太陽星座。 星占いでは性質や恋愛傾向までしか解説されませんが、西洋占星術の世界では1年のバイオリズムや月星座との相性までわかってしまうところが面白いですよね! ぜひ太陽星座に示されるサイクルを気に掛けつつ、1年を有意義に過ごしてください。

次の

【パパっと】太陽〇〇座×月牡羊座の組み合わせ【キレる】

太陽星座 月星座 組み合わせ

もっと知りたい!月星座と太陽星座の違いや自分の月星座、太陽星座の調べ方について 普通の星座は知っているけれど、「月星座」は聞きなれないかもしれません。 しかしいま占いの世界でこの「月星座」は大きく注目されています。 月星座とは、生まれた日に月がどの星座の位置に入っているかということに注目します。 月はかなり私たちの生活に影響を与えていることを知っていると思いますが、潮の満ち引きもこの月の影響によるものです。 また満月になると散乱する動物や植物など、自然界は月による影響は多大なものです。 この「月星座」に注目することで、普段の星座占いだけではなく、さらに深く様々なことを知ることができます。 それではこの「月星座」についてさらに詳しくご紹介します。 これは自分が生まれた月日に太陽がどの位置にあったのかという夏らしとを基準にその星座に当てはめて理解する方法です。 この太陽星座でわかるのは、自分の生まれ持っている性格や気質、あるいは人生のテーマなどの大きなものです。 またその星座の違いにより職業の向き不向きや長所や短所などを知ることができます。 では「月星座」はどのようなものかというと、自分が生まれた日に月が夜空のどの位置にあったのかということに着目します。 また月そのものが自分の星座(太陽星座)に与える影響を調べることにより、太陽星座では知られない、さらにその先にある詳細を知ることができます。 例えば、星座占いといっても12星座の分類だけでその人の性格などの詳細を知ることは難しいと言えます。 しかしこの月星座に注目することで、さらに詳しい詳細を知ることができるのです。 月星座ではどんなことを知ることができるの? 例えば「太陽星座」が大きな意味で自分の性格や特徴を表していることが言えますが、月星座で知ることができるのは、「自分の裏側」です。 自分でも気づいていない自分の性格や特徴、傾向、あるいは心の奥にある無意識の欲望などを知ることができます。 この「月星座」を知ることにより、自分でもまだ自覚していない自分や。 本来の自分を知ることができるようになります。 また、今、悩みがあればそれに対してどのように解決したらいいのかということや、自分がなんのために生まれ、なんのために生きるのかという深い洞察を知ることができます。 自分の太陽星座だけではなく、月星座のことを理解すれば、さらに深く自分や気になる相手のことを知ることができるでしょう。 また太陽星座が「建前の自分」で月星座が「本音の自分」と当てはめて考えることもできます。 自分の中でその両方の側面をよく理解しておくことが大切です。 太陽星座の調べ方 太陽星座は自分が何日に生まれたのかという生年月日をもとに調べます。 月の後半から次の月の後半までが一区切りの星座とされています。 牡羊座3月21日〜4月19日。 おうし座4月20日〜5月20日。 ふたご座5月21日〜6月21日。 かに座6月22日〜7月22日。 しし座7月23日〜8月22日。 おとめ座8月23日〜9月22日。 てんびん座9月23日〜10月23日。 さそり座10月24日〜11月22日。 いて座11月23日〜12月21日。 やぎ座12月22日〜1月19日。 みずがめ座1月20日〜2月18日。 うお座2月19日〜3月20日となります。 また太陽星座は4つのエレメントに分かれます。 活動的で活発な「火」はおひつじ座、獅子座、いて座を示します。 地にドシッと足をつけ安定感のある「地」はおうし座、おとめ座、やぎ座を示します。 知的で思慮深い「風」はふたご座、てんびん座、みずがめ座を示します。 感性や物事への直感的感覚に優れている「水」はかに座、サソリ座、うお座を示します。 自分が何座に生まれているかをチェックすることで、表向きの自分の性格や傾向を知ることができるでしょう。 また雑誌やテレビなどの占いでも太陽星座は用いられているので、容易にチェックすることもできます。 月星座の調べ方 自分の本音や隠された課題を知ることができるのは月星座の役割です。 これを知ることでしっかりとこれからの自分が進むべき方向を確認することもできるでしょう。 月星座は自分が何年の何月何日、何時に生まれたのかという、生まれた時間までわかるとより正確にデータを知ることができます。 月の軌道によって同じ誕生日であっても深夜に生まれたのか、早朝に生まれたのかで星座が変化してきます。 最近は生年月日や生まれた時間を入力することで簡単に月星座を割り出してくれるサイトもあるので利用してみるといいでしょう。 またホロスコープの表を使い占う訃報もあります。 ご自分の月星座を知っていくと今後も役に立つでしょう。 太陽星座の12の特徴 おひつじ座:リーダー的で思いついたら実行する行動派。 おうし座:のんびりじっくりと行動する癒し系。 ふたご座:新しいことが好きでコミュニケーションが得意。 かに座:きちんとした性格で変化を好まずじっくりと腰を据える。 しし座:情熱的に動き、強い運気と性質を持つ。 おとめ座:世話好きで心優しい奉仕型。 てんびん座:頭の回転が早くバランスと器用さがある。 さそり座:孤独を愛し真理を探究する研究家。 いて座:前向きに行動し、自由を愛する。 やぎ座:何事も慎重に物事を見極める力を持つ。 みずがめ座:マイペースに我が道を歩む芸術家タイプ。 うお座:ロマンティストでミステリアスな魅力がある。 月星座の12の特徴 おひつじ座:現実よりも空想や妄想好き。 おうし座:他者よりも自分優先し、生活祈願を固める。 ふたご座:社交的で素直に自分の気持ちを表す。 かに座:依存心が若干強いが可愛げがある。 しし座:ユーモアがあり楽天的に考える力がある。 おとめ座:控えめで人を支える生き方を好む。 てんびん座:広い視点で物事を見渡すことができる力あり。 さそり座:誰かに構ってもらうことを好み、孤独を嫌う。 いて座:おおらかで生きたいように生きる自立力。 やぎ座:プライベートゾーンをしっかりと作り守る。 みずがめ座:あたらしい世界に飛び出していく冒険家。 うお座:過去に足を引っ張られやすい繊細さ。 太陽星座と月星座を踏まえて物事を見ていくとさらに詳しい詳細を知ることができるでしょう。 micaneの占いは楽しんで頂けましたか? 「micaneの占い師に個別鑑定をしてもらいたい…。 」 「もっと無料の占いを試して見たい…。 」 「鑑定結果で悩みをなくして幸せになる方法を知りたい…。

次の