体臭 口臭 改善。 口臭と体臭の予防・対策ガイド

体臭の原因や種類と改善方法!体のニオイの元を消すには?

体臭 口臭 改善

ニオイは「体内」「皮膚面」「腸内」から 体のニオイは「体内由来の体臭」「皮膚面由来の体臭」「腸内由来の体臭」の3つに大きく分けられますが、それらのニオイの元は全て口から入った食べ物です。 ですから、体臭の予防は「食事に始まり食事で終わる」と言っても過言ではないでしょう。 基本は、まずニオイ成分の原料となる食材をできるだけ控えること。 そして、ニオイを抑える食材を積極的に摂取することです。 ニオイ成分の原料となる食材には、動物性のたんぱく質と脂質があります。 前者は分解されるとアンモニア、インドール、硫化水素など「腸内体臭」の原料になり、後者は加齢臭や皮脂臭の原料となります。 ですから、体臭予防の第一歩は、「肉食をできるだけ控えること」です。 しかし、たんぱく質は体の構成要素になり、脂質はエネルギー源や細胞膜の構成要素にもなる大切な栄養素です。 全く食べないわけにはいきません。 お肉が大好きな人も多いでしょう。 そこで大切になるのは、肉食をしたら「同時に消臭食品をバランスよく食べる」ということです。 ファーストチョイスはアルカリ性食品 積極的に食べたほうがよい消臭作用のある食材は、大きく3つのジャンルに分けられます。 第一のジャンルは「アルカリ性食品」です。 体液はほぼ中性に保たれていますが、食事によって酸性傾向に傾く場合とアルカリ傾向に傾く場合があります。 実は体臭予防に最も理想的なのは、「皮膚面は弱酸性で体内は弱アルカリ性」です。 皮膚面には善玉の常在菌がいて、弱酸性に保ち、病原性の強い菌の繁殖を防いでいます。 つまり皮膚面が弱酸性であれば、強いニオイをつくる菌の繁殖が抑えられ、体臭も予防されます。 しかし体内は、これとは逆です。 酸性傾向にあると、「ダイエット臭」のケトン体や「ミドル脂臭」の元になる乳酸などの酸性のニオイ成分が生じ、「体内体臭」の原因となるのです。 体液を弱アルカリ性傾向に保つ「アルカリ性食品」を食べることは、体臭予防のファーストチョイスと言ってよいでしょう。 体液を酸性傾向にする「酸性食品」には、牛肉や卵、マグロやカツオなど赤身の魚があります。 それらを中和してくれる「アルカリ性食品」の代表は梅干しです。 次にワカメ、メカブ、モズクなどの海藻、そしてホウレンソウやコマツナなどの緑色野菜や大豆製品があります。 梅干しは、体臭予防の王様です。 それだけでなく、梅干しの殺菌作用は口臭を予防し、含まれているクエン酸は汗のニオイも抑えます。 体内で酸・アルカリのバランスがとれていることは、健康である証拠です。 体臭を予防するバランスよい食事法をすれは、健康を保つことにもつながります。 皮膚からのニオイを防ぐビタミンCとE 第二のジャンルは、「抗酸化食品」です。 「皮膚面由来の体臭」には加齢臭やストレス臭がありますが、これらは皮脂腺の皮脂が活性酸素に電子を奪われて酸化することで生じます(皮膚面が酸性になるわけではありません)。 活性酸素には細菌の侵入を防ぐなどプラスのはたらきもありますが、反面、老化を進める要因にもなり、ニオイの原因も作ります。 この活性酸素の活動を抑制する働きを「抗酸化作用」といいます。 脂質の酸化と関係する体臭の予防には、毎日の食事で抗酸化作用のある食品を取る必要があります。 また、皮脂腺の皮脂が酸化されているということは、体内の細胞や血液中の脂質も酸化されている証しです。 生活習慣病の予防や身体の老化防止にも抗酸化食品は必要なのです。 抗酸化物質の筆頭はビタミン類、特にビタミンCとEです。 この両者はともに酸化を防ぎますので、一緒に摂取するとよいでしょう。 ビタミンCは人間の体の中で作ることができません。 また取りだめもできません。 ですから、朝昼晩の食事でこまめに取るのが効率的です。 ビタミンCは、パセリ、ホウレンソウ、コマツナなどの緑色野菜やレモン、アセロラ、オレンジ、キウイなどの果物や緑茶にも多く含まれています。 加齢臭などの皮膚面由来の体臭には、食べ物から取るだけでなく、レモン汁タオルやビタミンC入りの美容液で皮膚をマッサージするのも有効です。 ビタミンEは酸化しやすいので、植物油から摂取する場合は、ドレッシングなどにして非加熱のまま使うとよいでしょう。 玄米や胚芽にも多く含まれているので、主食を玄米や胚芽米、胚芽入りのパンなどにしてビタミンEを取り、ビタミンCの多い野菜や果物と一緒に、コンスタントに摂取するのがお勧めです。

次の

体臭を抑える食事法(上)消臭の王様は梅干し、加齢臭には緑茶 ニオイを防ぐなら和食を! : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

体臭 口臭 改善

体臭のニオイのもとは何? 気温の高い夏や運動時など人は大量の汗をかきますが、これは エクリン腺という汗腺から汗を排出することで、その気化熱によって皮膚表面の温度を下げ、体内の熱を発散させて体温の上昇を防ぐ働きがあるからです。 このエクリン腺から分泌される汗自体は殆どが水分のため、サラサラとしていて無臭なため汗自体が臭うということはありません。 また、緊張をした時や驚いた時などにも、人は「冷や汗」をかくものですが、こちらは アポクリン腺という汗腺から汗が分泌されます。 アポクリン腺は脇の下や陰部などに分布しており、たんぱく質や脂質を含んでいるためエクリン腺よりもニオイの成分は多いものの、汗をかいた直後は特に強いニオイを発するわけではありません。 しかし、エクリン腺・アポクリン腺から分泌された汗が、肌に付着したままでいると皮膚に棲みついている常在菌によって分解が進み、やがてニオイの元となるガスを発生させます。 つまり、体臭とは汗をかいたまま放置することによって、雑菌が増え、ガスを発生させることで起こるものと考えられます。 体臭の主な種類 体臭は、主に汗が菌によって分解されたことによるガスによるもの、とされていますが、それ以外にも周囲から体臭を見なされる様々なニオイがあります。 ここでは、その種類についてご紹介したいと思います。 口臭 文字通り、口からニオイが発生するものです。 口臭があると自覚している方の場合、自分の口臭が気になって人との距離を必要以上にとってしまったり、話す時に常に口を押えているなど、ストレスを感じやすくなります。 ワキガ 単なる汗臭さとは異なり、鼻にツンとくるような強いニオイを発します。 ただし、ワキガは病気と捉えている方も多いようですが、実際には病気ではなく体質の問題です。 足のニオイ 靴を脱ぐような座敷に上がる際、自分の足のニオイが気になって躊躇してしまうという方は多いのではないかと思います。 すえたような蒸れたニオイが足のニオイの特徴です。 汗の臭い 汗自体にはそれほどニオイはありませんが、エクリン腺、アポクリン腺の両方とも100%水分ではないため、厳密に言うと汗にもニオイがあります。 ミドル脂臭 ミドル脂臭という言葉は、聞き慣れない方も多いと思いますが、一般的に加齢臭が発生すると言われている40~50代の方よりも前の、30~40代で発生するニオイです。 加齢臭 中年のオジサンの代表的なニオイと言われているのが、加齢臭です。 なお、加齢臭は男性特有のものではなく、同年代の女性にも発生します。 ダイエット臭 ダイエット臭とは、極端な食事制限によって体内に必要な栄養が不足することで起こるニオイのことを言います。 ダイエットを意識したわけではなく、仕事などが忙しくてつい昼食を抜いてしまった、というような時、夕方くらいになると口の中に酸っぱいニオイが沸き上がってきたことはないでしょうか。 それがダイエット臭です。 それぞれの体臭の原因は? 体臭の種類がわかったところで、次に体臭の種類別の原因を見てみましょう。 口臭 口からニオイを発する口臭は、 タバコやアルコールなどの刺激物やニオイの強い食べ物を食べた時などに一時的に発生する場合から、虫歯、歯周病などの口腔由来の疾患、もしくは胃腸を始めたとした内臓の疾患によっても発生します。 ワキガ ワキガは、汗腺の中でもアポクリン腺が多い方やアポクリン腺からの汗の分泌が多い方に見られる体質です。 アポクリン腺からは、汗として水分の他にたんぱく質や脂質などが分泌されるため、そこに菌が付着すると強烈なニオイを発生させます。 足のニオイ 足には、体の中でも汗腺の中のエクリン腺が多く分布しています。 そのため、一日にコップ一杯もの汗をかくとも言われていますが、夏場を除いて毎日の殆どは靴下や靴を履いて生活をすることから、通気性が悪く足が蒸れやすくなり、汗に菌が繁殖してニオイを発してしまうのです。 汗の臭い 汗自体にはニオイは殆どありません。 しかし、 汗をかいたまま放っておくと、そこに菌が繁殖し、汗に含まれるアミノ酸やたんぱく質などが分解されることでニオイが発生します。 ミドル脂臭 加齢臭と混同されやすいミドル脂臭ですが、ニオイの原因ははっきりと異なります。 ミドル脂臭を発生させるのは、ジアセチルという物質で、加齢臭の元と言われている物質の約100倍もニオイが広がりやすいと言われています。 加齢臭 加齢臭の原因は、ノネナールという物質です。 ノネナールは、皮脂腺から分泌されるパルミトオレイン酸が過酸化物質と結合することで生成されるもので、年代が若い時は殆ど作られません。 このようなことから、ノネナールが原因のニオイが加齢臭と名付けられました。 ダイエット臭 無謀な食事制限を行うと、体内でエネルギーになる脂質や糖質の量が減るため、脳がそれを飢餓状態であると判断します。 飢餓状態になると、体脂肪や筋肉などを燃やしてエネルギーを生成しようとしますが、この時、通常とは異なる方法でエネルギーが作られることから、ケトン体や乳酸が同時に作られます。 ケトン体が体内で増えると、独特のツーンとした酸っぱいニオイを発生させます。 また、乳酸が増えると血中のアンモニア濃度が高くなりため、アンモニア臭い汗や口臭がするようになります。 体臭の特徴 普段、あまり汗をかかない人が運動などで汗を大量にかくと、自分の汗臭さに気付き「一刻も早く汗を流したい」と思うものです。 しかし一方で、毎日のように汗をかき、ニオイに慣れてしまうと、いつの間にかそれが当たり前になってしまい、特別汗臭さを感じなくなるようです。 身内や家族にワキガ体質の人がいる場合なども同様で、日頃からそのニオイをよく嗅いでいると、嗅覚が麻痺をしてしまいニオイをニオイとして認識しなくなるようです。 そのため、周囲の人にとっては明確なニオイの発生源であるのに、当の本人がそれを自覚していないというケースが起こり得ます。 またその反対に、周囲はニオイを特に感じていないにも関わらず、「自分は臭いのでは?」と必要以上に不安になる方も多いなど、体臭の感じ方や認識には個人差が影響するのが特徴と言えます。 体臭かどうかの自己診断チェック 自分のニオイが気になったら、手っ取り早いのは周囲の人に確認することですが、「ニオイを嗅いでみて」とはなかなか頼みづらいものですよね。 そのような時は、セルフチェックをしてみてはいかがでしょうか。 方法はとても簡単で、お風呂やシャワーに入る前、脱いだ服をビニール袋などに入れておきます。 そして、体を綺麗にした後、その袋の中のニオイを嗅いでみて下さい。 この時臭いと思ったら、それが周囲の人が普段嗅いでいるあなたのニオイです。 お風呂やシャワーに入ることで、嗅覚がリセットされるので、客観的に自分のニオイを判断することができます。 体臭と加齢臭の違い 体臭と加齢臭は、よく同じように思われますが、その原因からもわかる通り、全く異なるニオイとなります。 体臭は、汗によって増えた雑菌が汗に含まれるたんぱく質などを分解することで発生するガスが原因であり、一方の加齢臭はノネナールという物質が原因です。 このため、加齢臭がありながら汗による体臭を併発する場合もあり、その原因によって対策を講じる必要があります。 病気がわかる体臭の種類 汗をかいて、その汗を放置した場合、体臭がするというのはある意味、当たり前のことだと言えます。 しかし、汗をかいたわけでもないのに体からニオイがする時や、これまで嗅いだことのないようなニオイがする時は、病気の可能性があります。 では、体臭が症状として現れる病気には、どのようなものがあるのでしょうか。 糖尿病 ダイエット臭でも紹介した「ケトン体」ですが、実は糖尿病を発症すると同様にケトン体が発生し、甘酸っぱいニオイがするようになります。 胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍など 胃腸の病気になると、食べ物の消化・吸収機能が衰え、残った食べ物が腐敗して卵の腐ったようなニオイを発生させます。 腎臓機能の低下 体の老廃物を濾過し、尿として排出する働きのある腎臓の機能が衰えると、尿の量が減り、溜まった毒素が血中へと溶け出して、口や汗が尿のようなニオイになります。 肝機能の低下 肝臓では体内の有害物質を無害化する働きがありますが、肝臓の機能が低下すると有害物質の分解が滞り、それが血中に流れることで、口や汗からドブのような不快なニオイが発生します。 便秘によるもの 便秘が長期化すると、便が腸内で腐敗しそのニオイが腸壁から血液に流れ出し、肺に到達することで便のような口臭を発生させます。 体臭の対策法(体臭を抑えるには?) 体臭を抑えるためには、体臭の原因となる汗を肌に残さないようにすることが大切です。 汗をかいたら、こまめにタオルで拭くようにし、肌を常に清潔に保ちましょう。 ただし、汗が出ている最中に拭き取ってしまうと、体温が下がらないため汗が出続けてしまうので、汗が止まった頃合いを見て、しっかりと拭き取るようにして下さい。 体臭の改善方法 体臭を改善するには、毎日お風呂に入り体を清潔にするのがよいでしょう。 シャワーでも汗や汚れを洗い流すことはできますが、湯船にしっかりと浸かることで血行が促進され、汗や老廃物が排出されやすくなります。 また、緊張しやすい方は汗をかく頻度が高くなってしまいますが、お風呂でリラックスすることで交感神経の乱れを解消し、アポクリン腺から汗が分泌するのを抑える効果も期待できます。 体臭改善に効果のある食べ物は? 脂っこい食べ物や肉や魚などのたんぱく質は、体臭の元となる汗のニオイを強くしてしまいます。 また、これらは皮脂量を増やすため、皮膚に雑菌が繁殖しやすくなることから、毎日大量に摂取するのは控えましょう。 一方で、野菜に含まれるビタミンやミネラルは、汗を結び付く過酸化物質の生成を抑える働きがあることから、積極的に摂取するようにしましょう。 日常生活でできる体臭の予防法 タバコやアルコールには、ニオイを発生させる物質が含まれていることから、口臭を始めたとした体臭の原因になりやすいと言われていますが、実はそれだけではありません。 タバコやアルコールを摂取すると、体温を調節する中枢神経が刺激を受けて汗をかきやすくなったり、血中に溶け出した成分が体中を回るため、汗と一緒にそのニオイが放出されることから、体臭がキツくなると言われています。 タバコやアルコールを日常的に摂っているという方は、まずはその2つを止めてみることから始めてみましょう。 体臭を悪化させる5つのNG習慣 一見、体臭には関係ないように思えることも、実は体臭を悪化させる原因となってしまうケースがあります。 そこでここでは、体臭を悪化させるNG習慣を5つご紹介します。 便秘を放置する 数日に1回しかお通じがない方は、それが当たり前だと思うかも知れませんが、 便秘が続くとそれだけ腸内では便の発酵が進んでしまうため、そのニオイが口や汗から体臭として放出されてしまいます。 サイズの合わない靴を履いている 靴が小さすぎても大き過ぎても、歩く上で大きなストレスとなり、それが原因で汗をかきやすくなります。 元々足の裏には多くの汗腺があるため、足にできるだけストレスの掛からない靴を選ぶことが大切です。 喫煙、飲酒を日常的に行っている お酒を飲み過ぎて、お風呂に入らずに寝てしまうなどを繰り返すことも、体臭の原因になります。 ストレスが多い ストレスは、体内に活性酸素(過酸化水素)を発生させるため、ニオイの原因となります。 汗をかかない 真夏にエアコンの効いた部屋で長時間過ごすなど、汗を全くかかない生活を続けていると、汗腺の働きが衰え汗をかきにくくなります。 汗には体内の老廃物を排出する役割があるため、汚れが溜まりやすくなり、ニオイの原因となる場合があります。 体臭が改善されない時、病院は何科に行けばいいのか? セルフケアで体臭が改善されない場合、万が一の病気の可能性もあるため病院へ行くことをお勧めします。 体臭の原因が特定できない場合は、最初に内科へ行くのがよいでしょう。 内科では内臓の疾患を診てもらえるため、病気の有無を調べることができます。 ニオイの発生源がある程度わかる場合は、その場所に準じて科を選びましょう。 もし、ニオイが脇の下からするのではあれば皮膚科、口からなら歯科、陰部であれば婦人科や泌尿器科という具合です。 なお、上記で診てもらってもニオイの原因がわからない場合は、自分では臭いと思っているものの実際にはニオイがない「自臭症」の可能性があります。 自臭症による脅迫概念が抜けず、日常生活に支障が出ている時は、精神科や心療内科への受診をお勧めします。 体臭の原因や種類と改善方法!体のニオイの元を消すには?のまとめ 体臭は、毎日のちょっとした対策で軽減することが可能です。 周囲に不快な思いをさせないことは大切ですが、気にし過ぎてそれがストレスになりすぎないように注意しましょう。

次の

体臭を改善するための食事とは?有効な食品について紹介

体臭 口臭 改善

FREPUREのすごいところは、何といっても 口臭への対策ですね。 他の口臭サプリは、飲み込むタイプで、腸内環境を整えるものが大半でした。 確かに腸内が悪いと、内側から汚臭が出てくるのはわかるんだけど、そもそも口が臭い人には対応してないですよね。 FREPUREの良さは、なめるタイプで口の中の環境も綺麗にしてくれるんです。 歯磨き粉でも使われているなた豆成分なんかも使っていて、 食後でもすぐにリセット可能! 使い続けてみて一番驚いたことはやっぱい寝起き口腔内ですね。 疲れているときや、前日の夜ご飯がきついものを食べた時なんかは口の中が最悪状態だったんですけど、これを使い始めてからは全くそんなことがなくなったんです! これには本当に驚かされました。 私は薔薇が好きなので、とっても香りもよかったですし、お口の中に薔薇の香りが広がって、スッキリしたのですが・・・。 使用者のお声を見てみると、結構この薔薇の香りが強いという口コミも多数ありました。 おそらく5位なのもその理由ですねー。 薔薇好きにはとっても人気の高い口臭サプリですが、薔薇がそこまで好きではない方にとっても、匂いが逆に強すぎて気分が悪くなるようです。 人によってはトイレの芳香剤のような香りという人もいました。 好みの分かれる口臭サプリですが、個人的には一押しです!!.

次の