要件定義書 サンプル。 Kaleido Modeling » rcp

超上流から攻めるIT化の事例集:要件定義:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

要件定義書 サンプル

要求仕様書(要求定義書)は、システムやソフトウェア開発の設計者が依頼内容(要件)に合わせて、開発をする場合にかかる費用やスケジュールなどを詳細に記載した書類のことです。 設計者と依頼者との間では実際に開発者が開発を始める前に、設計者が依頼者へ提示して使用されます。 開発を始める前に依頼者に提示しておくことで依頼者と開発者との間での認識のズレを防ぐことができるので、システムやソフトウェア開発の世界では多く用いられています。 システムやソフトウェアの開発者は、依頼者からの要件に沿ったシステムやソフトウェアを開発しなければなりません。 このため、開発者は依頼されたシステムやソフトウェアの概要が書かれた要求仕様書(要求定義書)を通して依頼内容を把握し、開発に役立てることになります。 目的を記載しておくことで、開発前に依頼者との認識のズレを防げることはもちろん、開発中も開発者が依頼者の要件からずれることなく開発を進めることができます。 このため、目的は後から見ても分かりやすく詳細に記載することが大切です。 開発過程で開発方法が当初の予定から変わってしまっても、決められた目的を基準に開発を進めることができますので、依頼者の要件からずれることを防止できます。 要求仕様書を作成する設計者側からすれば十分な余裕を持って設定された納期でも、開発者が別の仕事を多く抱えている場合には設計者が組んだ納期に対応できない場合があります。 このため、要求仕様書に記載する納期を決める際は、要求仕様書を作成する設計者が一方的に決めるのではなく、開発者のスケジュールを考慮した上で決めることが大切になります。 開発を進める段階になってから、開発者のスケジュールと合わないことが分かるとその分対応に時間がかかってしまいますが、事前に日程を打ち合わせてから納期を明記して依頼者に提示することで、開発をスムーズに進めることができますよ。 機能一覧は、どのようなソフトウェアやシステムを開発するのか記載する項目になります。 依頼者の主なニーズに対して開発者がどんなものを開発するのか記載する部分になりますので、専門知識のない依頼者にも理解しやすいように、文章だけでなく図なども使って記載するようにしましょう。 必要であれば、イメージ画像を作成して掲載するのも効果的です。 費用をあまりに少なく設定してしまうと開発段階で実施できることが少なく、そのままの費用設定だと要件に応えられなくなってしまう恐れが出てきます。 しかし、あまりに余裕を持って高く見積もり過ぎてしまうと依頼者から不信感を持たれてしまう場合もありますので、費用の項目は、開発に関わる人数、開発の規模、テストの回数などを踏まえて的確な判断をした上で見積もりをし、記載するようにしましょう。 開発環境は、どのような環境でシステムやソフトウェアを開発するかを記載する項目になります。 実際にシステムやソフトウェアを利用する依頼者の状況に対応できるものを開発できなければ意味がないので、Macのパソコンを使用するかWindowsのパソコンを使用するかなど依頼者が提示した要件に合わせたものを開発できる場所を設定することがポイントです。 目的を記載する場合の例文には、Aという帳簿の項目Bを項目Cに変更するという内容の「A帳簿から、項目Bの代わりに項目Cを加える。 」というものがあります。 要求仕様書の目的の項目は、この例文のように「何をどうするのか」ということを明確にすることで、開発者はもちろん依頼者にも理解してもらいやすくなりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 納期を記載する場合には、プログラムの設計段階や開発段階など、段階ごとの具体的な開発スケジュールと一緒に記載するようにしましょう。 例えば、一番上に月を記載して、その下に矢印を使ってどの時期からどの時期までがどの段階かを記すと分かりやすくなります。 また、納期だけを知らせるよりも、納期と一緒に納品までの詳細なスケジュールを知らせることで、依頼者を安心させることもできます。 開発内容の例文には「AのデータからBを出力する」というものがあります。 この例文のように、開発内容は目的を達成するために具体的に実施することを記載する項目になります。 知識が少ない依頼者も読むことになりますので、開発者向けではなく依頼者が理解しやすいように書くようにしましょう。 なお、以下の記事では要求仕様書をはじめ、さまざまな仕様書の種類や書き方などについて紹介されています。 興味のある方はこちらの記事もぜひチェックしてみてくださいね。 費用は合計金額だけでなく、内訳として段階ごとにかかる金額を記載しましょう。 また、なぜその金額になるのかを依頼者に理解してもらうために、段階ごとに必要な開発者の人数など、根拠となる内容を一緒に書くと良いでしょう。 ソフトウェアの要求仕様書を英語で書くと「software required specifications」という表現になります。 requireには元々要求する、specificationには仕様という意味があります。 このため、requireを別の単語に情報をプラスできる過去分詞のrequiredに変更して、それに続けていくつかの仕様を表すspecificationsを書くことで「仕様書」を表すことができます。 これに加えて、最初に「software」と記載することでソフトウェアの要求仕様書という意味になります。 ちなみに、システムの要求仕様書の場合にはsoftwareの部分をsystemに変えればOKです。 開発内容の項目を作成する場合に使える表現になりますが、英語で書くと「We have to evaluate the impact on the costs. 」となります。 evaluateには判断するという意味があり、impactは海外では実施内容を意味する場合に使われる単語です。 on the costsには費用に合ったという意味があるので、これらを英文にすると「費用に見合う実施内容を考える」という表現にすることができます。 これを英語で書くと、Aは以下の通りだという意味の「A are as follows」や、以下がAだという意味の「The follows are A」という表現になります。 この表現は箇条書きで項目を記したいときに使うので、費用の内訳を書く際などに活用するのがおすすめです。 どちらも似た意味ですので、文脈に合わせて使い分けるようにしましょう。 基礎から学ぶ!ソフトウェア要求仕様書には、要求仕様書を作る上でのポイントや書き方、ソフトウェアと要求仕様書との関連性などが詳しく解説されています。 要求仕様書の書き方について基礎からじっくり学びたいという方にぴったりの一冊ですので、ぜひゲットしてみてはいかがでしょうか。

次の

要件定義、要件定義、一体なにをどこまで定義すればいいんだ

要件定義書 サンプル

ある日突然上司から、「例の案件の要件定義を、至急作成してくれ」と頼まれたらどうしますか? まずすべきことは、お客さんの要望を把握する「要求分析」とそれをベースにシステムの全体像を決定する「要件定義」の2つのステップがあることを把握した上で、そのプロセスを上司と共有し、顧客ニーズに関する資料を集めるべきです。 そして顧客(エンドユーザー)は何をしてほしいのか、そのためにどのような機能を実装し、どのように進めていくのかをヒアリングし、決定することです。 それを文書に落としたものが、要件定義書です。 IT分野で発生するトラブルの実に40%は、要件定義の不十分さに起因すると言われています。 要件定義は、文章を作成する時の「5W1Hの法則-Who(誰が)、When(いつ)、Where(どこで)、What(なにを)、Why(なぜ)、How(どのように)」に似ています。 本記事では初心者の方向けに、要件定義の大事な視点、要件定義に入れるべき項目、失敗しがちなパターンまで、できるだけわかりやすく解説します。 【目次】 1. 要件定義とは 1. 要件定義に求められる経営視点とシステム開発視点 1. まず最初は現状把握から 1. 要件定義書はシステム開発の台帳になる 1. 要件定義に求められるスキル 2.要件定義書の書き方 2. 基本的な要件定義書の型とは 2. 要件定義書に入れる項目 2. いわば要件定義は、システム開発のルール作りであり、シナリオになるものです。 要件定義には、経営視点とシステム開発視点の2つの視点が必要です。 詳細は後述しますが、構築したシステムが機能し、経営貢献し、依頼主である顧客の顧客満足を実現することが重要です。 要件定義は、クライアントの課題をいかに解決する内容にできるかが重要 1-1. 要件定義に求められる経営視点とシステム開発視点 要件定義には、経営視点とシステム開発視点の大きく2つの視点が必要です。 まず経営視点とは、顧客企業のサービス競争力強化という本質的視点とシステム構築にかかるコストに対するリターンの最大化という2つの視点があります。 この部分は、営業が担当します。 システム開発における顧客企業のサービス競争力強化とは、システム構築投資が今は重要な経営テーマということです。 ユーザーにとって魅力的なサービスを実現する上でシステムは重要な役割を果たしており、システムの機能や使い易さは企業の成長に直結するからです。 コストに対するリターンの最大化とは、プロジェクトのコストパフォーマンスです。 顧客としてはできるだけ安く、早く、高機能でできる方がありがたいのは当然です。 次にシステム開発視点とは、顧客の要求にある機能動作やそれによって引き起こされるユーザーの誤動作までをプロの見地でシミュレーションし、正確なプログラム動作でイメージすることです。 この部分は、システム開発者(SE)が担当します。 要件定義には、経営視点とシステム開発視点の2つの視点が重要 1-2. まず最初は現状把握から システム開発案件は、通常営業担当が受注し、依頼主の担当窓口にヒアリングをすることから始まります。 下記の「システム開発工程の全体像」を見て頂くとわかると思いますが、リリースまでには長い道のりがあります。 担当窓口の方が認識されていない経営課題が見つかるかもしれない営業企画書や社内資料などを集めていきます。 そうすることで要件定義ミーティングで提案という形で先手を打って、機能設計の漏れや事後修正トラブルを回避できます。 要件定義書はシステム開発の台帳になる 要件定義書は、システム開発者(SE)によって作成された「概要」です。 本格的にシステム構築作業に入る前に、顧客(エンドユーザー)に提出される最終書類になります。 その目的は、システムに詳しくない顧客が見ても、システムがどのように開発されていくのか、どんな機能が付くのか、わかりやすく理解してもらえることです。 システム構築中の修正や納品後のトラブルを防止するためにも、要件定義書では顧客の要望だけでなく、開発を担当する企業の知見やノウハウ、業界の最新トレンドなどが反映したものが理想です。 1-4. 要件定義に求められるスキル 質の高い要件定義は、トラブルを防ぎ、顧客満足を向上させる布石になります。 それほど、最上流工程である要件定義は重要です。 ここでは、質の高い要件定義を実現するためのスキルについて解説します。 使い易さは機能や正確性と同じぐらい、システムの生命線です。 要件定義書の書き方 要件定義書には、「業務要件」と「システム要件」の2つの情報群が記載されます。 ただ下記の「要件定義書に入れる項目」一覧にあるように、混乱や誤解を回避するために細かく記載するケースが結構あります。 2-1. 基本的な要件定義書の型とは 要件定義書は、システム初心者の方にとっては、難易度の高いものです。 ここでは、官公庁などで使用された信頼性の高い要件定義書の実例やサンプルをご紹介します。 ・ ・ ・ ・ 2-2. 要件定義書に入れる項目 要件定義書に入れる項目の典型的な例を、以下に記します。 参考にして下さい。 良い要件定義書の条件 良い要件定義書とは、顧客と開発会社双方が誤解なく、の全情報を共有できる文書です。 特に装備すべき機能項目は漏れなく網羅することが重要です。 ポイントを、以下に記します。 要件定義のありがちな失敗パターン 要件定義は一番最初の仕切りフェーズであり、その後の工程にも大きな影響を及ぼします。 要件定義におけるよくあるトラブルパターンを事前に把握しておくことで、事前に手を打って回避できたり、ダメージを最小限に抑えることができるというメリットがあります。 例えば「スマホ画像投稿機能」という言葉があったとしても、その画面イメージや操作イメージが共有されていないと、その後に出てくる技術用語がイメージできないことがよくあります。 要件定義作業および要件定義書とは別に、その開発案件のビジネススキームやインターフェースの画面遷移といった補足資料を用意することで、プロジェクトに関わる全員が同じ認識を持てるようになり、スムーズにプロジェクトを進行させることができるようになります。 ただ納期優先で要件定義を疎かにすると、その後の工程で混乱が生じる可能性が高まります。 通常、要件定義にかけるべき時間は全体工程の3分の1と言われています。 1年のプロジェクトであれば、理想は4ヶ月かけるべきなのです。 そうはいっても現実には緊急性の高い案件も数多くあり、そういった場合、要件定義はしっかり実施し、その後の開発を多方面に展開する工夫をすることで納期を間に合わせるパターンもあります。 システム開発における要件定義段階で、ドキュメント資料だけでなく、似たシステムの開発プロセスや他社先行事例のコスト事例を提示するのは効果的です。 ちなみに、システム業界での有名なトラブル事例を以下記します。 システム開発に関係する用語には、普段聞き慣れないものも多数あります。 そうした時、開発企業にとっては慣れ親しんだ用語でも、顧客企業(エンドユーザー)にとってはほとんど理解されていないという事態にもなりかねません。 どんな機能を装備するか、どのプログラミング言語を活用してバグらないソースコードをどう書くかは、その先の話です。 極論言えば、初期フェーズは技術用語は顧客企業には見せなくてもいいかも知れません。 それよりもビジネススキーム図やインタフェースの画面遷移デザインの方が、顧客企業とGOALをコミットする上で有用なケースが多々あります。 ・具体的な要件定義のプロセスを教えて下さい 要件定義を行うにあたって、具体的な実務のポイントはどういったものでしょうか。 その文書が、要件定義書です。 その作業に入る前に、発注する顧客側から要望や必要条件をまとめたRFPが出されることもあります。 要件定義の作業として、以下が重要なポイントになります。 ・構築する業務 ・システム仕様 ・システム化の範囲と機能の明確化 ・実現すべき要件 ・要件定義の費用について システムを開発する前段階の要件定義には、費用がかかるのでしょうか?費用がかかるとすれば、相場はどれぐらいでしょうか。 コミュニケーションに時間がかかると、要件定義のコストが上がるリスクを感じています。 要件定義ではリソースも確定させるので、開発会社にとっては精緻な金額見積もり作業的な側面もあります。 システム開発に関する売上は、普通人/月(にんげつ)で計算されます。 こういった人的リソースのシミュレーションも、要件定義の重要な要素です。 ここで問題になるのが、その人的リソースのクオリティです。 この場合ですと、月80万支払う価値のあるスキルを保有しているエンジニアかどうかを、顧客企業側が事前に面接したりして確認することが結構あります。 特に顧客(エンドユーザー)がしてほしいことを、可視化も含めてブレなく共有できているかどうかが、その後の工程の生産性を大きく左右します。 そのためには、競合企業情報、社内ニーズ、今までの経験値などあらゆる知見を駆使し、顧客にとって価値の高いシステムを実現するための地図になる必要があります。 このシステム開発の上流工程である要件定義こそが、開発プロセスの心臓部分なのです。

次の

要件定義書サンプル・書き方

要件定義書 サンプル

要求仕様書(要求定義書)は、システムやソフトウェア開発の設計者が依頼内容(要件)に合わせて、開発をする場合にかかる費用やスケジュールなどを詳細に記載した書類のことです。 設計者と依頼者との間では実際に開発者が開発を始める前に、設計者が依頼者へ提示して使用されます。 開発を始める前に依頼者に提示しておくことで依頼者と開発者との間での認識のズレを防ぐことができるので、システムやソフトウェア開発の世界では多く用いられています。 システムやソフトウェアの開発者は、依頼者からの要件に沿ったシステムやソフトウェアを開発しなければなりません。 このため、開発者は依頼されたシステムやソフトウェアの概要が書かれた要求仕様書(要求定義書)を通して依頼内容を把握し、開発に役立てることになります。 目的を記載しておくことで、開発前に依頼者との認識のズレを防げることはもちろん、開発中も開発者が依頼者の要件からずれることなく開発を進めることができます。 このため、目的は後から見ても分かりやすく詳細に記載することが大切です。 開発過程で開発方法が当初の予定から変わってしまっても、決められた目的を基準に開発を進めることができますので、依頼者の要件からずれることを防止できます。 要求仕様書を作成する設計者側からすれば十分な余裕を持って設定された納期でも、開発者が別の仕事を多く抱えている場合には設計者が組んだ納期に対応できない場合があります。 このため、要求仕様書に記載する納期を決める際は、要求仕様書を作成する設計者が一方的に決めるのではなく、開発者のスケジュールを考慮した上で決めることが大切になります。 開発を進める段階になってから、開発者のスケジュールと合わないことが分かるとその分対応に時間がかかってしまいますが、事前に日程を打ち合わせてから納期を明記して依頼者に提示することで、開発をスムーズに進めることができますよ。 機能一覧は、どのようなソフトウェアやシステムを開発するのか記載する項目になります。 依頼者の主なニーズに対して開発者がどんなものを開発するのか記載する部分になりますので、専門知識のない依頼者にも理解しやすいように、文章だけでなく図なども使って記載するようにしましょう。 必要であれば、イメージ画像を作成して掲載するのも効果的です。 費用をあまりに少なく設定してしまうと開発段階で実施できることが少なく、そのままの費用設定だと要件に応えられなくなってしまう恐れが出てきます。 しかし、あまりに余裕を持って高く見積もり過ぎてしまうと依頼者から不信感を持たれてしまう場合もありますので、費用の項目は、開発に関わる人数、開発の規模、テストの回数などを踏まえて的確な判断をした上で見積もりをし、記載するようにしましょう。 開発環境は、どのような環境でシステムやソフトウェアを開発するかを記載する項目になります。 実際にシステムやソフトウェアを利用する依頼者の状況に対応できるものを開発できなければ意味がないので、Macのパソコンを使用するかWindowsのパソコンを使用するかなど依頼者が提示した要件に合わせたものを開発できる場所を設定することがポイントです。 目的を記載する場合の例文には、Aという帳簿の項目Bを項目Cに変更するという内容の「A帳簿から、項目Bの代わりに項目Cを加える。 」というものがあります。 要求仕様書の目的の項目は、この例文のように「何をどうするのか」ということを明確にすることで、開発者はもちろん依頼者にも理解してもらいやすくなりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 納期を記載する場合には、プログラムの設計段階や開発段階など、段階ごとの具体的な開発スケジュールと一緒に記載するようにしましょう。 例えば、一番上に月を記載して、その下に矢印を使ってどの時期からどの時期までがどの段階かを記すと分かりやすくなります。 また、納期だけを知らせるよりも、納期と一緒に納品までの詳細なスケジュールを知らせることで、依頼者を安心させることもできます。 開発内容の例文には「AのデータからBを出力する」というものがあります。 この例文のように、開発内容は目的を達成するために具体的に実施することを記載する項目になります。 知識が少ない依頼者も読むことになりますので、開発者向けではなく依頼者が理解しやすいように書くようにしましょう。 なお、以下の記事では要求仕様書をはじめ、さまざまな仕様書の種類や書き方などについて紹介されています。 興味のある方はこちらの記事もぜひチェックしてみてくださいね。 費用は合計金額だけでなく、内訳として段階ごとにかかる金額を記載しましょう。 また、なぜその金額になるのかを依頼者に理解してもらうために、段階ごとに必要な開発者の人数など、根拠となる内容を一緒に書くと良いでしょう。 ソフトウェアの要求仕様書を英語で書くと「software required specifications」という表現になります。 requireには元々要求する、specificationには仕様という意味があります。 このため、requireを別の単語に情報をプラスできる過去分詞のrequiredに変更して、それに続けていくつかの仕様を表すspecificationsを書くことで「仕様書」を表すことができます。 これに加えて、最初に「software」と記載することでソフトウェアの要求仕様書という意味になります。 ちなみに、システムの要求仕様書の場合にはsoftwareの部分をsystemに変えればOKです。 開発内容の項目を作成する場合に使える表現になりますが、英語で書くと「We have to evaluate the impact on the costs. 」となります。 evaluateには判断するという意味があり、impactは海外では実施内容を意味する場合に使われる単語です。 on the costsには費用に合ったという意味があるので、これらを英文にすると「費用に見合う実施内容を考える」という表現にすることができます。 これを英語で書くと、Aは以下の通りだという意味の「A are as follows」や、以下がAだという意味の「The follows are A」という表現になります。 この表現は箇条書きで項目を記したいときに使うので、費用の内訳を書く際などに活用するのがおすすめです。 どちらも似た意味ですので、文脈に合わせて使い分けるようにしましょう。 基礎から学ぶ!ソフトウェア要求仕様書には、要求仕様書を作る上でのポイントや書き方、ソフトウェアと要求仕様書との関連性などが詳しく解説されています。 要求仕様書の書き方について基礎からじっくり学びたいという方にぴったりの一冊ですので、ぜひゲットしてみてはいかがでしょうか。

次の