耳垢 ピンセット。 耳垢をごっそり取る方法とは?正しい耳掃除のコツや道具まとめ【動画】

子供の耳掃除はピンセット&耳鏡で血を見ずにごっそりとれた

耳垢 ピンセット

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... じっとしていられず、動いたり嫌がったりして掃除をしづらい子供の耳。 「汚れがたまっているかも?」と気になって覗いてみると、耳の中に大きい耳垢の塊があることも。 そのようなときは、ピンセットを使って取ってもいいものか迷ってしまいますよね。 今回は、子供の耳垢の取り方について、ピンセットで取る方法や、取るときの注意点をご紹介します。 子供の耳掃除は必要なの?耳垢は取るべき? 耳垢とは、外耳道にある耳垢腺から出た分泌物が、空気中のホコリやはがれた皮膚と混ざり、固まってできた垢です。 毎日のように耳掃除をする人もいますが、大人も子供も、「耳掃除は月に2~3回程度で十分」とされています。 その理由は、耳には自浄作用があるからです。 また、耳垢は酸性で、殺菌作用や皮膚の表面を保護して耳を守る働きがあります。 無理に掃除をすると、耳の中を傷つけて外耳炎や中耳炎を引き起こしてしまう恐れがあるので、耳掃除をしすぎないように気をつけましょう。 関連記事 子供の耳掃除にピンセットを使ってもいいの?耳垢の取り方は? 子供の耳の掃除は綿棒を使うのが一般的です。 小さな子供の耳には通常の綿棒は太すぎるので、ベビー綿棒を使ってケアするのがいいでしょう。 綿棒で耳垢を掻き出そうとすると、奥に押し込んでしまう可能性があります。 入浴後の耳が湿っているときに、綿棒の棉の部分で、耳の入口付近をそっとぬぐってあげる程度にしましょう。 それだけで耳垢がつきにくくなりますよ。 耳の入り口付近に大きな耳垢の塊を見つけた場合は、ピンセットや耳かき棒を使ってそっと取ってあげましょう。 ただし、子供の耳は鼓膜までの距離がとても短く、傷つけてしまう危険性があります。 特にピンセットを使うときは、できるだけ耳の入り口付近まで耳垢が出てくるのを待ってから取るようにしてください。 ピンセットで耳掃除をするときの注意点は? 綿棒や耳かきに比べて耳の中に直接触れないピンセットを使えば、子供もあまり嫌がらず、すっと耳垢を取ることができます。 取ってあげるママも気持ちがよく、耳垢掃除が楽しくなってしまうという人も。 ただし、取り出すのは耳の入り口近くにある耳垢のみにして、奥にある耳垢は決して取らないようにしてください。 子供用の耳垢専用ピンセットは、先が丸くなっているものの、細くて硬いため、やり過ぎると鼓膜を傷つけてしまうことがあります。 特に2〜3歳頃までは嫌がって掃除中に頭を動かすこともあります。 くれぐれも注意しながら耳掃除を行い、ピンセットはあくまでも表面近くの耳垢を取り除くためだけに使いましょう。 ピンセットでも取れない耳垢はどうしたらいい? 子供の耳を覗いてみて、奥のほうに大きい塊の耳垢があるときは、無理に自宅で取ろうとせず、耳鼻科で取ってもらうようにしてください。 掃除をしているつもりが、どんどん奥に押し込んでしまい、さらに奥に入ってしまうと耳垢は自然には出てこなくなります。 そうすると、耳を塞いでしまって、耳が聞こえにくくなってしまう恐れもあります。 耳の奥に大きな耳垢を見つけたときは、ピンセットや綿棒で取ろうとせず、まずは耳鼻科に連れていきましょう。 子供に慣れている小児耳鼻科の先生であれば、さっときれいに取ってくれますよ。

次の

子供の耳垢をピンセットで取る時にすごい塊で耳掃除を嫌がる時にはどうしたらいい?

耳垢 ピンセット

ピンセットで耳掃除をやっている人はいますか? 耳かきをピンセットでやろうと思ったことも無い人も多いのではないでしょうか。 僕も小さい時に母親にピンセットで耳掃除をされたときに、なんで耳かきじゃなくてピンセットで耳掃除をするんだって思いましたから。 ただ、どうやらピンセットで耳掃除をすることには多くのメリットがあるのだとか。 メリットがあるというのならピンセットで耳掃除をするのも良いかなと思いますよね。 僕も最初はピンセットでの耳掃除に戸惑いのようなものがありました。 しかし今となってはピンセットではなく耳かきを使っての耳掃除の方に違和感を感じるほどに。 今回はそんなピンセットでの耳かきについて調べてみました。 ピンセットで耳掃除をするメリットは?• ピンセットで耳掃除をする方法は?• 耳掃除におすすめのピンセットは? となっています。 それでは発送開始! 広告 ピンセットで耳掃除をするメリットは? ピンセットで耳掃除をするメリットは? まずは、ピンセットで耳掃除をするメリットについて書いていきますね。 僕が通っている耳鼻科でも行くといつもピンセットで耳掃除をしてくれます。 耳鼻科の先生もピンセットを使うほどなので、なんらかのメリットは確かにあるのでしょう。 こういったものを使っている人が多いのではないかと思います。 ではどんなメリットがあるかについてですが、ピンセットで耳掃除をするメリットは耳垢を掴んでしっかりと取れるというところにあるのではないかと考えます。 ピンセットは掴むものなので当然そうだろう、それの何が優れているんだと思った人もいるのではないでしょうか。 なので、これの何が良いかについて説明しますね。 これを説明するに際しては耳かきのデメリットから話すとわかりやすいかと思います。 この耳かきのデメリットというのは耳かきを使った場合には逆に耳垢を耳の奥に押し込んでしまう可能性があるということです。 耳かきでも上手く使えばそのようなことにはならないのですが、耳垢を耳の奥に押し込んでしまっている人が多くいると思います。 そうなると、掃除してるつもりがむしろ取りづらいところに耳垢を押し込んでいるだけになってしまいます。 しかも、耳垢を耳の奥に押し込んでしまうと外耳道に傷をつけてしまうことすらあります。 それに対して、ピンセットを使えば取れないにしても少なくとも耳垢を耳の奥に追いやってしまうことはないです。 また、耳かきのようにこするようなことはしないので耳の中を傷つけにくいです。 更に慣れてくれば耳かきを使うよりもピンセットで取る方が早くなります。 ピンセットなら掴んですぐ取れるのでとてもスムーズに行うことができるのです。 そういった理由で耳鼻科ではピンセットでやることがあるのでしょうね。 広告 ただデメリットもあります。 それは自分一人ですることが難しいことです。 1人暮らしの場合にはこの方法で耳掃除をするのは困難です。 慣れればそんなこともないのですが、一人でやるというよりかは誰かにしてもらった方が効果的ではあります。 しかしそれは通常の耳かきを使った耳掃除でも同じことが言えるので、ピンセットの方が優れている面があるということに変わりはないでしょう。 ピンセットで耳掃除をする方法は? 続いてはピンセットで耳掃除をする方法についてです。 よく耳掃除をするときに寝転がらせてやることがありますがこれはNGです。 これをやることによってピンセットで掴んだ耳垢を誤って落とした時に鼓膜の所で溜まってしまうので。 なのでまず耳掃除をするときにはされる人も座ってやりましょう。 また、よく耳かきをするときに耳の奥までやる人がいますがこれもNGです。 あまり奥にまでピンセットを入れてしまうと、鼓膜を傷つけてしまう可能性があるので。 奥のものまで無理に取る必要はないので、浅いところで取れそうなものだけを取りましょう。 また、どうしても気になる場合には耳鼻科に行けば耳掃除をしてくれるのでお医者さんに頼むのが良いでしょう。 ここまでは注意点でしたが続いてはコツについてです。 上手くやるコツは耳を広げながらやることです。 こうすることによってピンセットが入りやすくなります。 また当たり前のことですが明るいところでやるのも大切です。 ただこれに関してはライト付きのピンセットを使うというのも1つの手です。 それであればしっかりと耳の中を覗くことができるので格段にやりやすくなります。 広告 耳掃除におすすめのピンセットは? 最後は耳掃除におすすめのピンセットについてです。 普通のピンセットを使ってもできることにはできます。 どんなものであれ耳の中に入るくらいの大きさであれば一応耳掃除はできるので。 しかし、やはり専用のものを使った方がやりやすいです。 また、衛生的にも他のものとは区別しておいたほうが良いかと思います。 なのでここではいくつかある中から使いやすそうなものを選んでみました。 これを使えば耳の中が見やすくなるのでピンセットと合わせて使えば便利です。 僕が通っている耳鼻科でもこの2つを使って耳垢を除去していました。 お医者さんが使っているくらいなのでやはりこの2つを使うのが最適なのではないでしょうか。 2つとも値段もそこまで高くはありませんし1度試してみるのも良いでしょう。 まとめ 今回はピンセットでの耳掃除について書いてみました。 耳かきを使うよりも耳へのダメージも小さくできますし、綺麗に取ることが出来るのでお勧めです。 また紹介した正しいやり方についても参考にしてみてください。 特に寝転がって耳掃除をしてはいけないというのは知らなかった人も多いのではないでしょうか。 実際にほとんどの人が寝転がった状態で耳掃除をしてもらっていたでしょうから。 今回はここまで。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。

次の

耳垢をごっそり取る方法とは?正しい耳掃除のコツや道具まとめ【動画】

耳垢 ピンセット

耳垢を取るために、耳の穴の奥まで頑張って耳垢を取ろうとする方というのは結構多いのではないでしょうか。 しかし、耳垢が取れないからといってあまりに奥まで耳掃除をしすぎてしまうと、皮膚を傷つけてしまったり耳垢を奥に押し込んだりすることで耳のトラブルを引き起こしてしまう可能性も考えられます。 そのため、耳掃除をするのであればどの道具を使う場合であっても外耳道に近い範囲(外から1cmほど)まで耳垢を取るのがいいでしょう。 耳垢が奥まで詰まってしまっていて聞こえづらい場合は、耳鼻科などで処置をしていただいた方がスッキリ&ごっそり取れます。 耳掃除のしすぎで奥の方に溜まってしまう可能性もありますので、気になるようであれば定期的に耳鼻科を受診することをおすすめします。 以前、何度か筆者自身も耳垢の悩みで耳鼻科にお世話になったことがあります。 その時は耳掃除を週に1回くらいの頻度で行っていたのですが、耳掃除の際に耳かきや綿棒で取れない耳垢を取ろうとして、ずいぶん耳垢を奥に押し込んでしまいました。 鼓膜付近まで耳垢が転がり込んだらしく、ガサガサと不快な音が耳の中で鳴り続けていたため、耳鼻科を受診したのです。 すると、普段であれば吸引管やピンセットだけで取れるはずの耳垢がどうも硬くなりすぎていたようで、吸引管をしようしてもなかなか取れず……。 耳鼻科の先生曰く「固まっていてとてもじゃないが取れる状況ではないので、耳垢が柔らかくなるように耳の薬を処方します」とのこと。 それから一週間ほど点耳薬を処方していただき、一週間後にまた伺い、ピンセット・吸引管などで耳垢をごっそり取っていただきました。 耳垢の状態によっては吸引管やピンセットだけでスッキリする場合もありますが、場合によっては時間を要することもありますので、耳垢が取れないと感じたり、耳に違和感を覚えたりしたら耳鼻科に頼った方がすぐに解決できますし、何よりごっそり取れるのでスッキリ快適になると感じました。 耳掃除の際、ついつい「あれ?これ取れそうなんだけどな……」と耳かきや綿棒・ピンセットなどの道具を奥に入れがちではないでしょうか。 いくら取れないからといっても、耳の奥あたりまで道具を入れてしまうのはあまりいい方法とは言えません。 耳垢はありすぎても詰まりますし、なさ過ぎても耳にトラブルを起こしやすいデリケートな部分なので、取れない耳垢があっても無理に道具を使うことがないように気をつけましょう。 奥まで無理に突っ込んで耳垢を取ろうとしてしまうと、耳垢を更に奥に追いやってしまうことになります。 そうなると自分でどうしようもないので耳鼻科などを受診するほかなくなってしまいます……。 皮膚を傷つけたり、耳垢を鼓膜近くに押し込まないためにも耳の穴1cmくらいのところを掃除することがおすすめ。

次の