れん ごく きょう じゅ ろう。 「れんごくきょうじゅろう」の漢字の変換方法!意味も熱い

暁 〜小説投稿サイト〜: 転生旅行 設定: 忍術(ナルト)

れん ごく きょう じゅ ろう

【仏説阿弥陀経】 ぶっせつあみだきょう 如是我聞 ( にょぜがもん )。 一時仏在 ( いちじぶつざい )。 舎衛国 ( しゃえこく )。 祇樹給孤独園 ( ぎじゅきッこどくおん )。 与大比丘衆 ( よだいびくしゅう )。 千二百五十人倶 ( せんにひゃくごじゅうにんく )。 皆是大阿羅漢 ( かいぜだいあらかん )。 衆所知識 ( しゅしょちしき )。 長老舎利弗 ( ちょうろうしゃりほつ )。 摩訶目ケン連 ( まかもッけんれん )。 摩訶迦葉 ( まかかしょう )。 摩訶迦旃延 ( まかかせんねん )。 摩訶倶チ羅 ( まかくちら )。 離婆多 ( りはた )。 周利槃陀伽 ( しゅりはんだか )。 難陀 ( なんだ )。 阿難陀 ( あなんだ )。 羅ゴ羅 ( らごら )。 キョウ梵波提 ( きょうぼんはだい )。 賓頭盧頗羅堕 ( びんずるはらだ )。 迦留陀夷 ( かるだい )。 摩訶劫賓那 ( まかこうひんな )。 薄拘羅 ( はくら )。 阿ヌ楼駄 ( あぬるだ )。 如是等 ( にょぜとう )。 諸大弟子 ( しょだいでし )。 ビョウ諸菩薩 ( びょうしょぼさつ )。 摩訶薩 ( まかさつ )。 文殊師利法王子 ( もんじゅしりほうおうじ )。 阿逸多菩薩 ( あいッたぼさつ )。 乾陀訶提菩薩 ( けんだかだいぼさつ )。 常精進菩薩 ( じょうしょうじんぼさつ )。 与如是等 ( よにょぜとう )。 諸大菩薩 ( しょだいぼさつ )。 及釈提桓因等 ( ぎゅうしゃくだいかんいんとう )。 無量諸天 ( むりょうしょてん )。 大衆倶 ( だいしゅく )。 爾時仏告 ( にじぶつごう )。 長老舎利弗 ( ちょうろうしゃりほつ )。 従是西方 ( じゅうぜさいほう )。 過十万億仏土 ( かじゅうまんのくぶつど )。 有世界 ( うせかい )。 名曰極楽 ( みょうわつごくらく )。 其土有仏 ( ごどうぶつ )。 号阿弥陀 ( ごうあみだ )。 今現在説法 ( こんげんざいせっぽう )。 舎利弗 ( しゃりほつ )。 彼土何故 ( ひどがこ )。 名為極楽 ( みょういごくらく )。 其国衆生 ( ごこくしゅじょう )。 無有衆苦 ( むうしゅく )。 但受諸楽 ( たんじゅしょらく )。 故名極楽 ( こみょうごくらく )。 又舎利弗 ( うしゃりほつ )。 極楽国土 ( ごくらッこくど )。 七重欄循 ( しちじゅうらんじゅん )。 七重羅網 ( しちじゅうらもう )。 七重行樹 ( しちじゅうごうじゅ )。 皆是四宝 ( かいぜしほう )。 周ソウ囲繞 ( しゅうそういにょう )。 是故彼国 ( ぜこひこく )。 名曰極楽 ( みょうわつごくらく )。 又舍利弗 ( うしゃりほつ )。 極楽国土 ( ごくらくこくど )。 有七宝池 ( うしッぽうち )。 八功徳水 ( はッくどくすい )。 充満其中 ( しゅうまんごちゅう )。 地底純以 ( ちたいじゅんに )。 金沙布地 ( こんしゃふじ )。 四辺階道 ( しへんかいどう )。 金銀瑠璃 ( こんごんるり )。 玻璃合成 ( はりごうじょう )。 上有楼閣 ( じょううろうかく )。 亦以金銀瑠璃 ( やくいこんごんるり )。 玻璃シャコ ( はりしゃこ )。 赤珠瑪瑙 ( しゃくしゅめのう )。 而厳飾之 ( にごんじきし )。 池中蓮華 ( ちちゅうれんげ )。 大如車輪 ( だいにょしゃりん )。 青色青光 ( しょうしきしょうこう )。 黄色黄光 ( おうしきおうこう )。 赤色赤光 ( しゃくしきしゃッこう )。 白色百光 ( びゃくしきびゃッこう )。 微妙香潔 ( みみょうこうけつ )。 舎利弗 ( しゃりほつ )。 極楽国土 ( ごくらッこくど )。 成就如是 ( じょうじゅにょぜ )。 功徳荘厳 ( くどくしょうごん )。 又舎利弗 ( うしゃりほつ )。 彼仏国土 ( ひぶッこくど )。 常作天楽 ( じょうさてんがく )。 黄金為地 ( おうごんいじ )。 昼夜六時 ( ちゅうやろくじ )。 而雨曼陀羅華 ( にうまんだらけ )。 其国衆生 ( ごこくしゅじょう )。 常以清旦 ( じょういしょうたん )。 各以衣コク ( かくいえこく )。 盛衆ミョウ華 ( じょうしゅみょうけ )。 供養他方 ( くようたほう )。 十万億仏 ( じゅうまんのくぶつ )。 即以食時 ( そくいじきじ )。 還到本国 ( げんとうほんごく )。 飯食経行 ( ぼんじききょうぎょう )。 舎利弗 ( しゃりほつ )。 極楽国土 ( ごくらッこくど )。 成就如是 ( じょうじゅにょぜ )。 功徳荘厳 ( くどくしょうごん )。 復次舎利弗 ( ぶししゃりほつ )。 彼国常有 ( ひこくじょうう )。 種種奇ミョウ ( しゅじゅきみょう )。 雑色之鳥 ( ざッしきしちょう )。 白鵠孔雀 ( びゃッこうくじゃく )。 鸚鵡舎利 ( おうむしゃり )。 迦陵頻伽 ( かりょうびんが )。 共命之鳥 ( ぐみょうしちょう )。 是諸衆鳥 ( ぜしょうしゅちょう )。 昼夜六時 ( ちゅうやろくじ )。 出和雅音 ( すいわげおん )。 其音演暢 ( ごおんえんちょう )。 五根五力 ( ごこんごりき )。 七菩提分 ( しちぼだいぶん )。 八聖道分 ( はッしょうどうぶん )。 如是等法 ( にょぜとうほう )。 其土衆生 ( ごどしゅじょう )。 聞是音己 ( もんぜおんに )。 皆悉念仏 ( かいしつねんぶつ )。 念法念僧 ( ねんぽうねんそう )。 舎利弗 ( しゃりほつ。 汝勿謂此鳥 ( にょもついしちょう )。 実是罪報所生 ( じつぜざいほうしょしよう )。 所以者何 ( しょいしゃが )。 彼仏国土 ( ひぶつこくど )。 無三悪趣 ( むさんまくしゅ )。 舎利弗 ( しゃりほつ )。 其仏国土 ( ごぶッこくど )。 尚無三悪道之名 ( しょうむさんまくどうしみょう )。 何況有実 ( がきょううじつ )。 是諸衆鳥 ( ぜしょしゅちょう )。 皆是阿弥陀仏 ( かいぜあみだぶつ )。 欲令法音宣流 ( よくりょうほうおんせんる )。 変化所作 ( へんげしょさ )。 しゃ り ほつ ひ ぶッ こく ど み ふう すいどう しょほう ごうじゅ ぎゅうほうら もう すいみ みょうおん ひ にょひゃくせんじゅがく 舎利弗。 彼仏国土。 微風吹動。 諸宝行樹。 及宝羅網。 出微妙音。 譬如百千種楽。 どう じ く さ もん ぜ おんしゃ かいじ ねんじょう ねんぶつねんぽう ねんどう し しん しゃ り ほつ ご ぶッ こく ど 同時倶作。 聞是音者。 皆自然生。 念仏念法。 念僧之心。 舎利弗。 其仏国土。 じょうじゅにょ ぜ く どく しょうごん 成就如是。 功徳荘厳。 しゃ り ほつ お にょ い うん が ひ ぶつが こ ごう あ み だ しゃ り ほつ ひ ぶつこうみょうむりょう しょうじっ ぽうこく 舎利弗。 於汝意云何。 彼仏何故。 号阿弥陀。 舎利弗。 彼仏光明無量。 照十方国。 む しょ しょう げ ぜ こ ごう い あ み だ う しゃ り ほつ ひぶつじゅみょう ぎゅうごにんみん むりょう むへん あ そう ぎ こう 無所障礙。 是故号為阿弥陀。 又舎利弗。 彼仏寿命。 及其人民。 無量無辺。 阿僧祗劫。 こ みょう あ み だ しゃ り ほつ あ み だ ぶつ じょうぶつ いらい お こん じッ こう う しゃ り ほつ ひ ぶつ う むりょう むへん 故名阿弥陀。 舎利弗。 阿弥陀仏。 成仏已来。 於今十劫。 又舎利弗。 彼仏有無量無辺。 しょうもんで し かい あ ら かん ひ ぜ さんしゅ し しょ のう ち しょ ぼ さつ しゅ やく ぶ にょ ぜ しゃ り ほつ 声聞弟子。 皆阿羅漢。 非是算数。 之所能知。 諸菩薩衆。 亦復如是。 舎利弗。 ひ ぶッこく ど じょうじゅ にょ ぜ く どくしょうごん う しゃ り ほつ ごく らく こく ど しゅじょうしょうじゃ かいぜ あ び ばッ ち 彼仏国土。 成就如是。 功徳荘厳。 又舎利弗。 極楽国土。 衆生生者。 皆是阿毘跋致。 ご ちゅうた う いッしょうふ しょ ご しゅ じんた ひ ぜ さん じゅ しょ のう ち し たん か い むりょう むへん 其中多有。 一生補処。 其数甚多。 非是算数。 所能知之。 但可以無量無辺。 あ そう ぎ こう せッ しゃ り ほつ しゅじょうもんしゃ おう とう ほつがん がんしょうひ こく しょ い しゃ が とく よ にょ ぜ 阿僧祗劫説。 舎利弗。 衆生聞者。 応当発願。 願生彼国。 所以者何。 得与如是。 しょじょうぜんにん く え いッ しょ しゃ り ほつ ふ か いしょうぜんごん ふく とく いんねん とくしょう ひ こく しゃ り ほつ 諸上善人。 倶会一処。 舎利弗。 不可以少善根。 福徳因縁。 得生彼国。 舎利弗。 にゃくう ぜんなん し ぜんにょにん もんせつ あ み だ ぶつ しょうじ みょうごう にゃくいちにち にゃくに にち にゃくさんにち 若有善男子。 善女人。 聞説阿弥陀仏。 執持名号。 若一日。 若二日。 若三日。 にゃくし にち にゃくご にち にゃくろくにち にゃくしちにち いッしん ふ らん ご にんりんみょうしゅうじ あ み だぶつ 若四日。 若五日。 若六日。 若七日。 一心不乱。 其人臨命終時。 阿弥陀仏。 よ しょ しょうじゅ げんざいご ぜん ぜ にんじゅうじ しん ぷ てんどう そく とく おうじょう あ み だ ぶつ ごくらッ こく ど 与諸聖衆。 現在其前。 是人終時。 心不顛倒。 即得往生。 阿弥陀仏。 極楽国土。 しゃ り ほつ が けん ぜ り こ せつ し ごん にゃく う しゅじょう もん ぜ せッ しゃ おうとう ほつがん しょうひ こく ど 舎利弗。 我見是利。 故説此言。 若有衆生。 聞是説者。 応当発願。 生彼国土。 しゃ り ほつ にょ が こんじゃ さんだんあ み だ ぶつ ふ か し ぎ く どく とう ぼう やく う あ しゅく び ぶつ 舎利弗。 如我今者。 讃歎阿弥陀仏。 不可思議功徳。 東方亦有。 阿シュクビ仏。 しゅ み そうぶつ だい しゅ みぶつ しゅ み こうぶつ みょうおんぶつ にょ ぜ とう ごう が しゃしゅ しょぶつ かく お ご こく 須弥相仏。 大須弥仏。 須弥光仏。 妙音仏。 如是等。 恒河沙数諸仏。 各於其国。 すいこうじょうぜッそう へん ぷ さんぜん だいせんせ かい せつじょうじつごん にょ とう しゅじょう とう しん ぜ しょうさん 出広長舌相。 ヘン覆三千。 大千世界。 説誠実言。 汝等衆生。 当信是称賛。 ふ か し ぎ く どく いッ さいしょぶつ しょ ご ねんぎょう しゃ り ほつ なんぽう せかい う にちがッとうぶつ みょうもんこうぶつ 不可思議功徳。 一切諸仏。 所護念経。 舎利弗。 南方世界。 有日月燈仏。 名聞光仏。 だいえんけんぶつ しゅ み とうぶつ む りょうしょうじんぶつ にょ ぜ とう ごう が しゃしゅ しょぶつ かく お ご こく すいこうじょうぜッそう 大焔肩仏。 須弥燈仏。 無量精進仏。 如是等。 恒河沙数諸仏。 各於其国。 出広長舌相。 へん ぷ さんぜん だ いせんせかい せつじょうじつごん にょとうしゅじょう とうしん ぜ しょうさん ふ か し ぎ く どく ヘン覆三千。 大千世界。 説誠実言。 汝等衆生。 当信是称賛。 不可思議功徳。 いッ さいしょぶつ しょ ご ねんぎょう しゃ り ほつ さい ほうせ かい う むりょうじゅぶつ むりょう そうぶつ むりょう どうぶつ 一切諸仏。 所護念経。 舎利弗。 西方世界。 有無量寿仏。 無量相仏。 無量幢仏。 だいこうぶつ だいみょうぶつ ほうそうぶつ じょうこうぶつ にょ ぜ とう ごう が しゃ しゅしょぶつ かく お ご こく 大光仏。 大明仏。 宝相仏。 浄光仏。 如是等。 恒河沙数諸仏。 各於其国。 すいこうじょうぜッそう へん ぷ さんぜん だいせんせかい せつじょうじつごん にょとう しゅじょう とうしん ぜ しょうさん 出広長舌相。 ヘン覆三千。 大千世界。 説誠実言。 汝等衆生。 当信是称賛。 不可思議功徳 ( ふかしぎくどく )。 一切諸仏 ( いッさいしょぶつ )。 所護念経 ( しょごねんぎょう )。 舎利弗 ( しゃりほつ )。 北方世界 ( ほッぽうせかい )。 有焔肩仏 ( うえんけんぶつ )。 最勝音仏 ( さいしょうおんぶつ )。 難沮仏 ( なんしょぶつ )。 日生仏 ( にッしょうぶつ )。 網明仏 ( もうみょうぶつ )。 如是等 ( にょぜとう )。 恒河沙数諸仏 ( ごうがしゃしゅしょぶつ )。 各於其国 ( かくおごこく )。 出広長舌相 ( すいこうじょうぜッそう )。 ヘン覆三千 ( へんぷさんぜん )。 大千世界 ( だいせんせかい )。 説誠実言 ( せつじょうじつごん )。 汝等衆生 ( にょとうしゅじょう )。 当信是称賛 ( とうしんぜしょうさん )。 不可思議功徳 ( ふかしぎくどく )。 一切諸仏 ( いッさいしょぶつ )。 所護念経 ( しょごねんぎょう )。 舎利弗 ( しゃりほつ )。 下方世界 ( げほうせかい )。 有師子仏 ( うししぶつ )。 名聞仏 ( みょうもんぶつ )。 名光仏 ( みょうこうぶつ )。 達摩仏 ( だつまぶつ )。 法幢仏 ( ほうどうぶつ )。 持法仏 ( じほうぶつ )。 如是等 ( にょぜとう )。 恒河沙数諸仏 ( ごうがしゃしゅしょぶつ )。 各於其国 ( かくおごこく )。 出広長舌相 ( すいこうじょうぜッそう )。 ヘン覆三千 ( へんぷさんぜん )。 大千世界 ( だいせんせかい )。 説誠実言 ( せつじょうじつごん )。 汝等衆生 ( にょとうしゅじょう )。 当信是称賛 ( とうしんぜしょうさん )。 不可思議功徳 ( ふかしぎくどく )。 一切諸仏 ( いッさいしょぶつ )。 所護念経 ( しょごねんぎょう )。 舎利弗 ( しゃりほつ )。 上方世界 ( じょうほうせかい )。 有梵音仏 ( うぼんのんぶつ )。 宿王仏 ( しゅくおうぶつ )。 香上仏 ( こうじょうぶつ )。 香光仏 ( こうこうぶつ )。 大焔肩仏 ( だいえんけんぶつ )。 雑色宝華厳身仏 ( ざつしきほうけごんしんぶつ )。 娑羅樹王仏 ( しゃらじゅおうぶつ )。 宝華徳仏 ( ほうけとくぶつ )。 見一切義仏 ( けんいッさいぎぶつ )。 如須弥山仏 ( にょしゅみせんぶつ )。 如是等 ( にょぜとう )。 恒河沙数諸仏 ( ごうがしゃしゅしょぶつ )。 各於其国 ( かくおごこく )。 出広長舌相 ( すいこうちょうぜッそう )。 ヘン覆三千 ( へんぷさんぜん )。 大千世界 ( だいせんせかい )。 説誠実言 ( せつじょうじつごん )。 汝等衆生 ( にょとうしゅじょう )。 当信是称賛 ( とうしんぜしょうさん )。 不可思議功徳 ( ふかしぎくどく )。 一切諸仏 ( いッさいしょぶつ )。 所護念経 ( しょごねんぎょう )。 舎利弗 ( しゃりほつ )。 於汝意云何 ( おにょいうんが )。 何故名為 ( がこみょうい )。 一切諸仏 ( いッさいしょぶつ )。 所護念経 ( しょごねんぎょう )。 舎利弗 ( しゃりほつ )。 若有善男子 ( にゃくうぜんなんし )。 善女人 ( ぜんにょにん )。 聞是諸仏所説名 ( もんぜしょぶつしょせつみょう )。 及経名者 ( ぎゅうきょうみょうしゃ )。 是諸善男子 ( ぜしょぜんなんし )。 善女人 ( ぜんにょにん )。 皆為一切諸仏 ( かいいいッさいしょぶつ )。 共所護念 ( ぐしょごねん )。 皆得不退転 ( かいとくふたいてん )。 於阿耨多羅 ( おあのくたら )。 三藐三菩提 ( さんみゃくさんぼだい )。 是故舎利弗 ( ぜこしゃりほつ )。 汝等皆当 ( にょとうかいとう )。 信受我語 ( しんじゅがご )。 及諸仏所説 ( ぎッしょぶッしょせつ )。 舎利弗 ( しゃりほつ )。 若有人 ( にゃくうにん )。 已発願 ( いほつがん )。 今発願 ( こんぽつがん )。 当発願 ( とうほつがん )。 欲生阿弥陀仏国者 ( よくしょうあみだぶッこくしゃ )。 是諸人等 ( ぜ しょにんとう )。 皆得不退転 ( かいとくふたいてん )。 於阿耨多羅 ( おあのくたら )。 三藐三菩提 ( さんみゃくさんぼだい )。 於彼国土 ( おひこくど )。 若已生 ( にゃくいしょう )。 若今生 ( にゃッこんじょう )。 若当生 ( にゃくとうしょう )。 是故舎利弗 ( ぜこしゃりほつ )。 諸善男子 ( しょぜんなんし )。 善女人 ( ぜんにょにん )。 若有信者 ( にゃくうしんじゃ )。 応当発願 ( おうとうほつがん )。 生彼国土 ( しょうひこくど )。 舎利弗 ( しゃりほつ )。 如我今者 ( にょがこんじゃ )。 称賛諸仏 ( しょうさんしょぶつ )。 不可思議功徳 ( ふかしぎくどく )。 彼諸仏等 ( ひしょぶッとう )。 亦称説我 ( やくしょうせつが )。 不可思議功徳 ( ふかしぎくどく )。 而作是言 ( にさぜごん )。 釈迦牟尼仏 ( しゃかむにぶつ )。 能為甚難 ( のういじんなん )。 希有之事 ( けうしじ )。 能於娑婆国土 ( のうおしゃばこくど )。 五濁悪世 ( ごじょくあくせ )。 劫濁見濁 ( こうじょくけんじょく )。 煩悩濁 ( ぼんのうじょく )。 衆生濁 ( しゅじょうじょく )。 命濁中 ( みょうじょくちゅう )。 得阿耨多羅 ( とくあのくたら )。 三藐三菩提 ( さんみゃくさんぼだい )。 為諸衆生 ( いしょしゅじょう )。 説是一切世間 ( せつぜいッさいせけん )。 難信之法 ( なんしんしほう )。 舎利弗 ( しゃりほつ )。 当知我於 ( とうちがお )。 五濁悪世 ( ごじょくあくせ )。 行此難事 ( ぎょうしなんじ )。 得阿耨多羅 ( とくあのくたら )。 三藐三菩提 ( さんみゃくさんぼだい )。 為一切世間 ( いいッさいせけん )。 説之難信之法 ( せつしなんしんしほう )。 是為甚難 ( ぜいじんなん )。 仏説此経已 ( ぶッせつしきょう )。 舎利弗 ( しゃりほつ )。 及諸比丘 ( ぎッしょびく )。 一切世間 ( いッさいせけん )。 天人阿修羅等 ( てんにんあしゅらとう )。 聞仏所説 ( もんぶッしょせつ )。 歓喜信受 ( かんぎしんじゅ )。 作礼而去 ( さらいにこ )。 仏説阿弥陀経 ( ぶッせつあみだきょう )。 南無阿弥陀仏 ( なまんだぶ ) 南無阿弥陀仏 ( なまんだぶ ) 南無阿弥陀仏 ( なまんだぶ ) 南無阿弥陀仏 ( なまんだぶ ) 南無阿弥陀仏 ( なまんだぶ ) 南無阿弥陀仏 ( なまんだぶ ) 願以此功徳 ( がんにしくどく ) 平等施一切 ( びょうどうせいッさい ) 同発菩提心 ( どうほつぼだいしん ) 往生安楽国 ( おうじょうあんらくこく ).

次の

お経

れん ごく きょう じゅ ろう

《 本 堂 ほんどう の 内 陣 ないじん 》 本堂 ほんどう 内陣の正面 ないじん しょうめん 左脇壇 ひだりわきだん 須彌壇と宮殿 しゅみだん くうでん 右脇壇 みぎわきだん 阿弥陀如来本尊 あみだにょらいほんぞん 阿弥陀仏 あみだぶつとは、 極楽浄土 ごくらくじょうどにあって、 大悲の本願 だいひ ほんがんをもって、 生 いきとし 生 いけるものすべてを、 平等 びょうどうに 救済下 きゅうさいくださる 仏様 ほとけさまです。 左余間壇・左脇壇 ひだりよまだん ひだりわきだん 右脇壇・右余間壇 みぎわきだん みぎよまだん 親鸞聖人の熊皮の御影・蓮如上人 しんらんしょうにん くまがわ ごえい れんにょしょうにん 親鸞聖人・七高僧と聖徳太子 しんらんしょうにん しちこうそう しょうとくたいし 左脇壇 ひだりわきだん 右脇壇 みぎわきだん 蓮如上人 れんにょしょうにん 親鸞聖人 しんらんしょうにん 蓮如上人 れんにょしょうにんは、 本願寺第8代宗主 ほんがんじだい だいしゅうしゅで、 浄土真宗本願寺を再興 じょうどしんしゅうほんがんじ さいこうしました。 また、 門徒 もんとには、 教 おしえをわかりやすく 書いた手紙 か てがみ を、 多く送 おお おくられました。 それらの 手紙 てがみくをつづったものは、 「 御文章 ごぶんしょ」「 御文 おふみ」とよばれ、 現代 げんだいにいたるまで、 拝読 はいどくされています。 親鸞聖人 しんらんしょうにんは、 浄土真宗の宗祖 じょうどしんしゅう しゅうそです。 根本聖典 こんぽんせいてんである『 顕浄土真実教行 けんじょうどしんじつきょうぎょう 証文類 しょうもんるい』 《 教行信証 きょうぎょうしんしょう》を 著 あらわし、 「 大無量寿経 だいむりょうじゅきょう」が「 真実の教 しんじつ おしえ」であるとし、 阿弥陀如来 あみだにょらいの 本願 ほんがんの 真実 しんじつの 教 おしえで、「 浄土真宗 じょうどしんしゅう」であると 示 しめされた。 左余間壇 ひだりよまだん 右余間壇 みぎよまだん 親鸞聖人の熊皮の御影 しんらんしょうにん くまがわ ごえい 七高僧 しちこうそう 聖徳太子 しょうとくたいし 『 熊皮の御影 くまがわ ごえい』は、「 鏡 かがみの 御影 ごえい」 「 安城御 あんじょうのごえい 影 えい」と 並 ならぶ 親鸞聖人 しんらんしょうにん 三御影 さんごえいの 一 ひとつです。 深い墨染の衣 ふか すみぞめ ころもに 濃 こいい 黒袈 くろけ 裟 さをかけ、 白絹 しろきぬの 首巻 くびまきをし、 畳 たたみの 上 うえに 熊皮 くまがわを 敷 しいて 座 ざしている。 この 敷物 しきものの 熊皮 くまがわから 名称 めいしょうの 由来 ゆらいがあります。 右上隅 みぎうえすみには、 六角堂参籠 ろっかくどうさんろう 夢告 むこくの 文 ぶん、 「 行者宿報 ぎょうじゃしゅくほう 設女犯 せつにょぼん 我成玉女身被犯 がじょうぎょくにょしんびぼん 一生之間能荘厳 いっしょうしけんのうしょうごん 臨終引 りんじゅういん 導生極楽 どうしょうごくらく」が、 書 かかれています。 七高僧 しちこうそうは、 親鸞聖人 しんらんしょうにんが、 真宗相承 しんしゅうそうじょうの 祖師 そしとして、 選定 せんていされました。 ・龍樹菩薩 (りゅうじゅぼさつ) ・天親菩薩 (てんじんぼさつ) ・曇鸞大師 (どんらんだいし) ・道綽禅師 (どうしゃくぜんじ) ・善導大師 (ぜんどうだいし) ・源信和尚(僧都) (げんしんかしょう(そうず)) ・源空(法然)聖人 (げんくう(ほうねん)しょうにん) 聖徳太子 しょうとくたいしは、 飛鳥時代 あすかじだいの 政治家 せいじかで、 摂政 せっしょうとして 活躍 かつやくされました。 大陸文化 たいりくぶんかの 導入 どうにゅうと 仏教 ぶっきょうの 興隆 こうりゅうに 尽 つくされた 方 かたで、 親鸞聖人 しんらんしょうにんは、 「 和国 わこくの 教主 きょうしゅ」と 崇 あがめられ、 尊敬 そんけいされました。 親鸞聖人 しんらんしょうにんは、 救世観音 ぐぜかんのんの 六角堂 ろっかくどうにこもり、 聖徳太 しょうとくたい 子 し の 夢告 むこくをうけられて 師 し・ 法然上人 ほうねんしょうにん のもとを 訪 おとずれる 決意 けついをさたと 言 いわれています。 そのように、 親鸞聖人 しんらんしょうにんにとって、とても 大切な方 たいせつ かたであった 聖徳太子 しょうとくたいしを、お 敬 うやまいするものです。

次の

本堂の内陣

れん ごく きょう じゅ ろう

阿弥陀経 その1 【本郷 金子商店】 阿弥陀経 その1 佛説「阿彌陀經」 (ぶっせつあみだきょう) 姚秦三藏法師鳩摩羅什奉詔譯 (ようしんさんぞうほっしくまらじゅうぶしょうやく) 如是我聞(にょぜがもん) 一時佛在、舎衛國、(いちじぶつざいしゃえこく) 祇樹給孤獨園、(じゅぎっこどくおん) 與大比丘衆千ニ百五十人倶、(よだいびくしゅせんにひゃくごじゅうにんぐ) 皆是大阿羅漢、(かいぜだいあらかん) 衆所知識、(しゅしょちしき) 長老舎利弗、(ちょうろうしゃりほつ) 摩訶目健連、(まかもくけんれん) 摩訶迦葉、(まかかしょう) 摩訶迦旃延、(まかかせんねん) 摩訶倶晞羅、(まかくちら) 離婆多、(りはた) 周利槃陀伽(しゅりはんだか) 難陀、(なんだ) 阿難陀、(あなんだ) 羅喉羅、(らごら) 僑梵波提、(きょうぼんはだい) 賓頭盧頗羅堕、(びんずるはらだい) 迦留陀夷、(かるだい) 摩訶劫賓那、(まかこうひんな) 薄拘羅、(はっくら) 阿兔樓駄、(あぬるだ) 如是等諸大弟子、(にょぜとうしょだいでし) 并諸菩薩摩訶薩、(びょうしょぼさつまかさつ) 文殊師利法王子、(もんじゅしりほうおうじ) 阿逸多菩薩、(あいつたぼさつ) 乾陀訶提菩薩、(けんだかだいぼさつ) 常精進菩薩、(じょうしんじんぼさつ) 與如是等諸大菩薩、(よにょぜとうしょだいぼさつ) 及 釋提桓因等、(しゃくだいかんいんとう) 無量諸天大衆倶、(むりょうしょてんだいしゅうく) 爾時、(にじ) 佛告長老舎利弗、(ぶつこくちょうろうしゃりほつ) 從是西方、(じゅうぜさいほう) 過十萬億佛土、(かじゅうおくまんのくぶつど) 有世界、(ゆうせかい) 名曰極樂、(みょうわくごくらく) 其土有佛、(ごどうぶつ) 號阿弥陀、(ごうあみだ) 今現在説法、(こんげんざいせっぽう) 舎利弗、(しゃりほつ) 彼土何故、(ひどがこ) 名爲極樂、(みょういごくらく) 其国衆生、(ごこくしゅじょう) 無有衆苦、(むうしゅうく) 但受諸樂、(たんじゅしょらく) 故名極樂、(こみょうごくらく) 又舎利弗、(うしゃりほつ) 極樂國土、(ごくらくこくど) 七重欄楯、(しちじゅうらんじゅん) 七重羅網、(しちじゅうらもう) 七重行樹、(しちじゅうぎょうじゅ) 皆是四寳、(かいぜしほう) 周市圍繞、(しゅうそういにょう) 是故、(ぜこ) 彼國名曰極樂、(ひこくみょうわつごくらく) 又舎利弗、(うしゃりほつ) 極樂國土、(ごくらくこくど) 有七寶池、(うしっぽうち) 八功徳水、(くどくすい) 充満其中、(じゅうまんごちゅう) 地底純以、(ちたいじゅんに) 金沙布地、(こんしゃふじ) 四邊階道、(しへんかいどう) 金銀瑠璃、(こんごんるり) 玻黎合成、(はりごうじょう) 上有褸閣、(じょううろうかく) 亦以金銀瑠璃、(ふくいこんごんるり) 玻黎車渠赤珠瑪瑙、(はりしゃこしゃくしゅめのう) 而嚴飾之、(にごんじきし) 池中蓮華、(ちちゅうれんげ) 大如車輪、(だいにょしゃりん) 青色青光、(しょうしきしょうこう) 黄色黄光、(おうしきおうこう) 赤色赤光、(しゃくしきしゃくこう) 白色白光、(びゃくしきびゃくこう) 微妙香潔、(みみょうこうけつ) 舎利弗、(しゃりほつ) 極樂國土、(ごくらくこくど) 成就如是功徳荘嚴、(じょうじゅにょぜくどくしょうごん) (現代語訳) わたしはこんな風にききました。 ある時お釈迦さまは祇園精舎にいらっしゃって 1250人のお弟子さんと一緒だったそうです。 みんなそれはもうすばらしい方ばかりで、 人様から一目おかれる、そんな方達です。 当然、長老の舎利弗さんをはじめとして 十六人の大弟子さんも一緒でした。 (ここで延々と名前を書き連ねますと、 読んでいる方も、書いているわたくしも 嫌になりますので省略します。 ) その他にも文殊菩薩さんを初め、たくさんの菩薩さん 帝釈天、初め様々な神仏 われわれの様な大衆も一緒だったそうです。 そんな場面を想像してくださいね。 ちょうどそのときでした。 お釈迦さまは長老の舎利弗さんにお話になりました。 「ここから西の方、そうじゃ 十万億光年ぐらい離れたとこに 別世界があって、そこをゴクラクと呼んでおる。 そこにはアミダさんという仏がおるのじゃ。 今このときも説法におおわらわかもしれない。 舎利弗よ お前さん、なんでその別世界をゴクラクなんていうのか知っておるか? その国の住民はこっちの世界と違って なんの苦しみもないからじゃ。 今ごろもゲートボール、温泉、初め いろんな楽しみを受けている。 それだからこそ、ゴクラクというのじゃ。 」 「まあ信じられないかもしれないが 舎利弗よ そのゴクラクには 七重の手すりと七重の網と七重の並木があり ばあちゃんがころんで、こちらの世界に舞い戻る事はない。 しかもそれがみな金・銀・瑠璃・水晶でできている。 ビルゲイツもびっくりじゃ だからこそゴクラクというのじゃ。 」 「驚くのはこれからじゃ 舎利弗よ ゴクラクには七宝の池があり 八つの効能がある八功徳水がこんこんと涌き出ている。 池の底は金の砂で 池に通じる道すら 金・銀・瑠璃・水晶でできている これには11PMの温泉ギャルもびっくりじゃ。 その道を登っていくと 頂上には楼閣があり これまた七宝でできている。 池の中には蓮華の花、大きさがベンツの車輪ぐらいあり 青色の花は青い光を放ち 黄色の花は黄い光を放ち 赤色の花は赤い光を放ち 白色の花は白い光を放ち それぞれがなんともいえない素敵な香りじゃ 舎利弗や ゴクラクはとても功徳のある見事な配置で 葬儀の祭壇など及びもつかない 見事な荘厳なのじゃよ。

次の