国保 連 伝送 ソフト。 国保連への伝送や介護支援ソフトを紹介|介護システムなび

国保連への伝送や介護支援ソフトを紹介|介護システムなび

国保 連 伝送 ソフト

ゆとりある介護を実現するための支援ソフト 業務効率化のために 会計ソフトは、お金の動きを管理するためのものです。 面倒な記帳の作業を、会計ソフトが代わりに行なってくれます。 会計ソフトを導入すると、より正確な業務ができるようになります。 手書きで帳簿をつけるよりも、圧倒的に業務の効率化を図れます。 なお、定期的にデータを入力することで、現状の把握がしやすくなるというメリットもあります。 現状の把握ができていれば、今後起こりそうな問題にも早く気付けます。 会計ソフトを導入して経理業務の問題が解決されれば、経営目標の達成にもつながる可能性があります。 会計ソフトを導入すれば、必ず経営目標が達成されるというわけではありませんが、少なくとも経理業務の効率化を図れることはいうまでもないでしょう。 ちなみに介護事業所専用の会計ソフトもあります。 会計ソフトを購入する際は何種類か試して最適なものを選ぶようにしましょう。 介護ソフトの選び方 国保連への介護請求に役立つ支援ソフトや伝送ソフトを選ぶ時は、便利な機能が備わっていることも重要ですが、導入後のサポートにも着目するべきでしょう。 サポート体制が整っていれば、介護支援ソフトや国保連への伝送請求を行なう伝送ソフトの操作方法に迷った時のタイムロスを最小限に抑えられます。 また小さな事業所では、立派な機能が備わっていても、それがかえって邪魔になる可能性があります。 介護ソフトによって備わっている機能やサポート体制などが異なるので、ニーズに合わせて最適なものを選ぶようにしましょう。 その他にも、介護ソフトを導入するメリットはいくつかあります。 今までは人づてに聞かないと分からなかった情報も、まとめて管理できるようになるので、状況把握にかけていた時間の節約にもなります。 介護支援ソフトや伝送ソフトを活用し、国保連への介護保険請求に関する事務処理の負担を減らしましょう。 介護システム一覧• ほのぼの ほのぼのシリーズは、福祉業務支援システムです。 このシリーズは平成4年から現在に至るまでの20年間に渡って提供されており、介護現場のニーズに合わせて着実に進化を遂げています。 その時代に合わせてラインナップを充実させていき、さまざまな要望に応えられるように多数のソフトを提供しています。 ほのぼのは、この名前のソフトが単体で存在するわけではなく、シリーズとして展開している業務支援システムです。 シリーズのラインナップは50以上あり、製品の中から事業内容にフィットするものを選べます。 なお、iPhoneやiPod touchでケア記録を入力できる「ほのぼのNEXT」も登場していますので、タブレット端末を利用して事務所との連携を図ることが可能です。 さまざまな事業所に合わせて細かく対応しているので、操作も簡単なのが魅力です。 導入の際は詳細なコンサルティングを行ない、最適なソフトを提案してくれるので選ぶ方も安心です。 介護の森 介護の森には、小規模事業所向けのタイプと、小規模多機能型居宅介護などに向いているタイプがあります。 小規模事業所には、必要最小限の機能だけ備わっていて低コストで導入可能な「介護の森SaaS」、業務をまとめて管理したい時には管理機能が備わっている「介護の森Pro ASタイプ」がオススメです。 またISDN回線や専用の伝送ソフトが不要で国保連への伝送請求を行なえる「介護請求伝送サービス」もありますので、事業所の規模やニーズに合わせて最適な支援ソフトを選べます。 操作でわからないことがあった時も、電話サポートがあるので返信待ちの時間を節約します。 ちなみにユーザー会や講演会なども開催されますので、サポート体制を重視する時にも最適です。 カイポケ カイポケは、国保連への介護請求業務に必要な機能が備わっています。 業務の手間を削減するだけでなく、チラシ作成などの利用者獲得に関するサポートも行なってくれます。 また無料の求人広告もありますので、職員募集の手助けにもなります。 現状の介護保険制度では、介護サービス利用料の1割は自己負担で、残りの9割は国から支払われます。 そのため、まずは国保連に介護請求をする形となりますが、それとは別に利用者さんに対する請求を行わないといけません。 それぞれを別で用意すると大変ですが、カイポケを利用すれば、国保連への介護請求と同時に利用者さん用の負担分請求書類も作成できます。 また請求データを作成すれば、引き落とし用の書類が簡単に作成できます。 集金までの手間が省けるので、導入する前よりも事務作業にかけていた労力を削減できるのです。 その他にも、介護報酬早期入金サービスを活用すれば、まとまった資金を調達したい時にも役立ちます。 ワイズマン ワイズマンの介護ソフトは、使いやすさを重視しているのが特長です。 洗練、スピード、満足という3つのコンセプトをもとに、使いやすさを追求したシステムとなっています。 事業所の種類から最適な製品を選べるので、ソフト選びも迷いません。 ムダな機能をそぎ落とし、スムーズに操作できるのが魅力です。 その他にも、法人内のケア記録を共有できたり、より分かりやすい請求書を作成することができたりと、かゆいところに手が届く介護ソフトが充実しています。 ちなみにバックアップやバージョンアップが不要なので、面倒なメンテナンスの手間も減らせます。 なお導入の際には要望をヒヤリングして的確な提案を行ないますので、こちらのニーズを明確にしておけば、最適なソフトを導入できます。 デモ機による実演なども行なわれますので、実際に使った時の雰囲気を確かめられます。 またセキュリティ機能も強化しているので、いろいろな意味で安心して使える介護ソフト製品だと 言えるでしょう。 介護ソフトには便利なものがいくつもありますが、 特にオススメなのはこれからご紹介する「介護の森」という支援ソフトです。 「介護の森」、そして国保連への伝送請求をインターネットで行える「請求伝送サービス」などがあり、事業所の規模やニーズに合わせて最適なものを選べます。 介護の森 利用者さんの数が多い事業所では、利用者情報管理機能が備わっている介護の森がオススメです。 利用者さん別で情報を管理できるので、資料を探す手間が省けます。 介護の森であれば情報の共有が円滑に行なえるので、共有漏れによるヒヤリ・ハットも起こりにくくなるでしょう。 ・利用者さんの数が多いので、情報を整理してまとめるのが大変…• ・事務処理の負担を軽減し、スタッフがケアに集中できる環境を作りたい• ・計画書の作成やシフト管理などをまとめて行ない、業務を円滑に進めたい 上記のようなケースに該当する場合は、計画書の作成から利用料の請求などを幅広くシステム化できる介護の森を選ぶのが適切です。 介護請求伝送サービス 国保連への介護請求データを、インターネット回線で伝送する伝送ソフトです。 ISDN回線や、専用の伝送ソフトが不要なのでコスト削減になります。 国保連への伝送請求をフロッピーなどで行なう時よりも、伝送ソフトの方が国保連の審査結果を早く受け取れます。 なお現在利用中のソフトはそのまま継続できますので、国保連への伝送請求に役立ちます。

次の

ケアネットメッセンジャー

国保 連 伝送 ソフト

株式会社日本エルダリーケアサービス様 管理効率が向上し、削減できた時間をより付加価値の高い仕事へシフト! 伝送環境に多額の手間とコストが生じていた従来 当社は2009年1月より国保連伝送サービス(ケアネットメッセンジャー)を全社で導入しました。 いままで、全国115拠点で展開する全ての事業所で、国保中央会の伝送通信ソフトで伝送を行っていた為、多額の通信費用や伝送ソフトのバージョンアップ費用が発生していました。 さらに、各事業所の請求額や返戻の有無、金額などの情報は全て、各事業所から書面で報告をさせていたため、本部・事業所双方に集計等の事務的な手間が発生しており、情報の共有にタイムラグや情報管理の漏れが生じていました。 (それらの手間が全て請求時期に集中する為、事務的な負荷がスタッフの業務を圧迫していました) 国保連伝送サービス導入の効果 直接的なコスト削減に加え、無視できないのは本社における「管理」に関する間接的なコストです。 従来は各事業所から書類ベースで上がってくる請求額・返戻額等の報告を、本社が人的作業で集計しておりましたが、 国保連伝送サービスではそれらの情報が表示・出力でき、返戻保留一覧表などのデータも一括受信できるので、管理効率が向上しました。 削減した管理スタッフの時間を、より付加価値の高い仕事に割り当てることができています。 メディカル・ケア・サービス株式会社様 煩雑になりがちだった請求業務がミスなくできるようになり、コストダウンはもちろん、管理スタッフの精神的な負荷も軽減できました。 導入前の状況について 本部一括伝送サービス(Care Net Messenger+本部管理支援サービス)の導入以前は、各拠点から国保連への伝送を行っていました。 そのため伝送の状況を把握するために各拠点へ電話連絡していましたが、それでも完全に把握することが出来ませんでした。 本部で利用者への請求データと伝送データをチェックして整合性の取れたデータを伝送してもらっていたのですが、 チェックでNGとなった修正前のデータを誤って伝送してしまうケースや伝送し忘れてしまうケースがありました。 また、返戻等の状況も各拠点に問い合わせていましたが、報告漏れにより入金時まで気付かないこともあり、 月初の月次請求業務と重なると現場も本部も混乱することがありました。 導入後の状況について 今回このサービスを利用したことにより、伝送したファイルの内訳や伝送の状況を見やすい一覧で表示させることができるため、 本部で登録した後にチェックすることにより伝送ファイルの取り間違えを防止することができるようになりました。 それ以外にも、伝送用の回線が各拠点で必要なくなったことによりコスト削減することができたり、 本部から伝送するため現場での作業負荷の低減や伝送ミスしたらどうしようという精神的な部分においても負荷を軽減させることが出来ました。

次の

【介護保険請求】国保連伝送とは|介護ソフト(介護システム)なら「カイポケ」

国保 連 伝送 ソフト

介護保険 国保連への伝送ソフト 国保連伝送とは 介護サービス事業所はサービスを利用者に提供した際、サービス利用料の1~3割を利用者に請求し、残りの7~9割を国保連(国民健康保険団体連合会)へ請求します。 サービス利用料(介護給付費)を国保連へ請求する際に必要なデータを、インターネット回線経由で送信することを国保連伝送と言います。 なお、国保連に介護給付費を請求する方法としては、伝送する方法の他にCD-Rなどの磁気媒体を郵送する、または窓口へ提出する方法があります。 伝送による介護保険請求方法 伝送の方法は主に以下の2種類があります。 2の方法で各メーカーの介護ソフトを使用する場合は、電子証明書の発行は不要となります。 なお、1と2どちらを選択しても、国保連側の手続きの進捗により最初の1~2カ月は磁気媒体による提出が必要になることがあります。 まずは1の「認証局で電子証明書を取得し、インターネット回線により国保連へ送信する方法」を説明します。 認証局で電子証明書を取得し、インターネット回線により国保連へ送信する方法 新規で事業を開始時、または磁気媒体での提出から切り替える時は、インターネットが接続できる環境を用意するほか以下のような対応・手続きが必要になります。 ・パソコン等の動作環境の確認・準備 ・国保連にインターネット請求開始の届出を提出(ネット請求のユーザーID取得) ・電子請求受付システム(認証局)より電子証明書を取得 ・インターネットでの伝送に必要な「国保中央会介護伝送ソフト」などのプログラムをインストール 電子証明書の取得には手数料がかかり、期限は3年です。 国保連への届出など、詳しい手続きについては所属する国保連団体へお問い合わせください。 次は2の「介護ソフト(インターネット回線)により国保連へ送信する方法」を説明します。 介護ソフト(インターネット回線)により国保連へ送信する方法 介護ソフトを利用して伝送を行う場合は、まずはインターネットが接続できる環境を用意することは1と変わりません。 そのほかの対応は以下になります。 ・パソコン等の動作環境の確認・準備 ・伝送のできる介護ソフトのメーカーと契約する ・介護ソフト(伝送サービス)へインターネットで接続する メーカーの介護ソフトを利用する場合、メーカーの電子証明書を使用して伝送することになりますので、 事業所で電子証明書を取得する必要がなく、取得に伴う手数料や3年ごとの更新も必要もありません。 国保中央会などの請求プログラムをインストールする必要もなく、たいへん効率的です。 以下の一覧にあるソフトは伝送機能がある介護ソフトです。 なかには、介護業務の管理機能もある介護ソフトもあります。 伝送以外の機能も確認 介護ソフトには伝送のみができるソフトと、伝送だけでなく請求書類の作成や介護業務の管理などができるソフトがあります。 複数の機能がセットになっている介護ソフトであれば、日々の 介護業務の管理から介護保険請求データの作成、伝送までの業務を一元的に行うことができます。 国保連への伝送機能に加えて、 利用者請求の機能も搭載されたソフトもあります。 業務ごとに違う複数のソフトやツールを使うと、非常に煩雑になり漏れが出てしまう恐れもありますので、できるだけ効率的に業務をこなせるソフトを選びましょう。 また、請求データの作成からできる介護ソフトを使用する場合は、チェック機能があるソフトを選ぶと便利です。 送信を忘れていないか確認のアラートが届く機能や、返戻にあたる情報があるとエラー表示が出るソフトもあります。 以上のようなポイントを、ソフト選びの際に参考にしてみてください。 医療機関の介護保険請求について 介護ソフトナビでは、介護保険の伝送機能のみ(介護業務の管理の機能を含まない)のソフトも紹介しており、医療機関で介護保険請求をする際にもご使用いただけます。 伝送機能のみなのか管理機能を含むのかといった各ソフトの機能内容は、一覧の「ソフト詳細」でご確認いただけます。 FD・MO・CD-Rなどで介護保険請求を行っている場合 FD・MO・CD-Rなどの電子(磁気)媒体による請求はこれまで通り行えますが、伝送請求に変更することでメリットがあります。 <伝送請求に変更するメリット> ・郵送業務の手間がなくなる ・郵送した磁気媒体が届いているか心配する必要がない ・提出後に誤りに気付いた場合でも、簡単に再送信ができる 伝送請求では、24時間データを送信することが可能です。 インターネット回線を介して送付することになるため、時間を気にすることなく請求することができます。 また請求件数の確認ができるため、送付漏れもなくなります。 万が一、不正データがあった場合は、送信結果でエラーとなるためすぐに確認することも可能です。 受付期間中であれば、データの取り消しや再度送信することもできます。 介護ソフトを導入し、伝送により介護保険請求を行うことで、業務効率の向上が期待できます。 参考: 国保連伝送ソフトの導入検討理由 介護ソフトナビでお問い合わせいただいた事業者さまに、ソフト導入の検討理由を聞きました! ・現在使っているソフトに不満があるから ・磁気媒体の提出から切り替えたい ・業務の効率化のため ・書類作成と提出を簡単にしたい 同じような理由で導入を検討している事業者さまは多いかもしれません。 迷われているようでしたら、介護ソフトナビでソフトを比較検討してみませんか?.

次の