ダイワ 中 目黒 フルーツ サンド。 東京初出店!【ダイワスーパーのフルーツサンド】が中目黒にやってきた!│腹ペコまっくす

東京初出店!【ダイワスーパーのフルーツサンド】が中目黒にやってきた!│腹ペコまっくす

ダイワ 中 目黒 フルーツ サンド

たった5分で完売するフルーツサンドが東京にやってきた! 愛知県岡崎市の本店では、 『 販売開始前から200人を超える人がつめかける』フルーツサンドのお店。 ・あまおう ・とちおとめ ・せとかオレンジ ・ハニーグローパイナップル 同僚への差し入れとして買い、私はパイナップルをいただきました。 サンドに使われている食パンは、もちもちしっとり。 たっぷり入っているクリームは、めっちゃ甘いと思いきやちょっとチーズっぽい感じがして甘すぎない仕上がり。 食パン・クリームおいしいけど、あくまでフルーツの甘みを主役にした作りがお見事でございます。 フルーツサンドを嫁さんに買って帰ることにした 買ったのは、『あまおう』と『せとかオレンジ』 昼時にいったときはたんまりとあったあまおうのフルーツサンドが、数個しか残ってなくてビビッた。 せとかオレンジや他のサンドもけっこうなくなっていました。 コロナで外出自粛&雨という悪条件でも飛ぶように売れるダイワスーパーのフルーツサンドは本当にすごい。 『芋大福』と『苺大福』は、さすがにこれはサンドしませんよね? 『 サンドします』 いやするんか~い! 和菓子はそこまで得意じゃないけど、見た目が果てしなく気になる。 見つけたらとりあえず写真撮ろう。 【追記:4月4日】 撮ってきたよ! 和菓子つかっているからなのか、食パンが緑に着色されていました。 画面にはなにも映っていませんでしたが、おそらくここにフルーツサンドの写真や素材の紹介が流れるのではと予想。 【追記:4月16日】 ディスプレイじゃなかった(笑) でも手書きのほうがいいですね。 味がでるというか。 売り切れたらスタッフさんが線を引いていくので、一目で何が残っているのか見やすい仕様になっています。 ダイワスーパー本店だと毎日が争奪戦 ダイワスーパーの検索をして調べると、ちょっと驚く記事を発見しました。 ダイワスーパーは愛知県岡崎市が本店になるのですが、そこでのダイワスーパー人気がちょ~やばい。 何時にいったら買えるのか?という内容の記事があったので拝見したんですが・・・。 そりゃ目利きした選び抜かれたフルーツなのが、分厚くゴロっと入っていれば衝撃ですよね。 【ダイワスーパー中目黒店】おすすめのフルーツサンドは『ハニーグロウパイナップル』! 『 ダイワスーパーにフルーツサンドを買いにきたけど、どれがおすすめなの?どれを買っていいのかわからない』 って思いませんか? 写真のようなショーケースいっぱいのフルーツサンドを見ると、ワクワクすると同時にどれにしよう・・・ってなっちゃいますよね 笑 わたしも初めて訪問したときに、お値段と種類に圧倒されてどれを買おうかけっこう迷いました。 でも待ってる人もいるしで焦る・・・。 と考えちゃう方のために、わたしのイチオシをお教えします。 【 ハニーグロウパイナップルがおすすめ】 まっくすが最初に食べたパイナップルと同じでした。 写真をみてお分かりいただけるとおもいますが、かなり分厚くカットされています。 比較で用意した10円玉がすっぽり入っちゃうくらい分厚いなんて・・・最高かよ! そのうえ、ハニーグロウという品種はとても希少なパイナップルなんだとか。 まっくすがハニーグロウパイナップルを食べて感じた特徴は3つ。 食後にフルーツサンド食べられますか?(ドヤ) ちょっと嫁さんの熱量がでかすぎた感はあるけど、かなり興奮していたのでめっちゃうまかったのでしょう。 スタッフさんへ確認してきたので情報ソースは間違いありません。 わたしの仕事場からお店が見えるから自分の目視でも確認し情報を載せています。 冒頭でも紹介しましたが、ダイワスーパー中目黒店の店長である 【 大山 颯介(おおやま そうすけ)】さんより情報提供をいただきました。 何時までに行けば買える? 一番気になるところだと思います。 記事を書いている、4月2日の段階で答えるなら 『 13時までには行ってください』。 本店とは違い、昼前にすべてのフルーツサンドが完売するといったことはまだ起きていません。 今後はどうなるかわかりませんが、現状は12時の昼休憩中にいっても買えます。 ただし早めに行かなかった場合、売り切れてしまっているフルーツサンドもちらほら。 『それはやだ!』という方は、10時オープンにあわせて足を運んでください。 13時には売り切れてしまう日が続いてるので、「仕事だけど買いたい!」という方は12時の昼休憩中に行くのがベスト。 暇な人はオープンに合わせて行くのがベストです。 一番混む時間帯は? 一番混む時間帯はオープン~11時くらい。 コロナの影響で10時オープンが 10時半オープンになっています。 (10時オープンに戻りました) オープンしてから30分が一番混んでますね。 店内と外で10人ちょっとってところでしょうか。 人気のフルーツサンドはこの時点で売り切れてしまうこともあるみたいなのでご注意を。 【追記:4月16日】 少し前まではすんなり買えたんですけど、 今では常に行列ができています。 一番混む時間帯はオープン直後ですが、そこからもほとんど列がなくならないので買うならちょっと覚悟していったほうがいいかも? 待ち時間は短いときで5分。 長い時で40分くらいかかります。 もう5分で買える日はこないかもしれませんね・・・。 空いている日はいつ? これも気になりますよね。 『 月~水が他の曜日と比べると空いています』( ただし、 コロナの影響で毎週月曜は休みになりました) 木~金は週末ということもあってか、オープン~11時くらいにかけて10人くらいが常に並んでいました。 土~日は平日より200個多く作ったらしいのですが、昼過ぎには完売したとのことです。 【追記:4月16日】 ごめんなさい。 空いている日はなくなりました。 今では常に人が行列をなしております。 ダイワスーパー中目黒店の営業日は火曜~日曜です。 フルーツサンドの購入制限はあるの? 2020年4月6日時点で、フルーツサンドの購入制限はありません。 【ダイワスーパー中目黒店】で一番高いマンゴーのフルーツサンドを買ってみた! 2,500円のマンゴーです 神々しい・・・。 え、ちょ。 マンゴーってこんなに輝いてましたっけ? 使っているのは、宮崎県産の完熟マンゴー。 なんですが、どう考えても量がおかしい。 え?こんなにたっぷりとマンゴーを サンドしちゃうの!? 最初は値段を見ないで会計したから、金額みて目ん玉が飛び出ました。 でもマンゴーはなかなか食べられるものではないので買ってよかった。 お値段の証拠がこちら。 た・・・たっけえええええ!!!!! で、気になる味とかもろもろなんですが。 さすがは宮崎のマンゴー、味がとても濃い! 味が濃いのに、後味はさっぱりしていてみずみずしい。 目利きが厳選しただけあって、すべてのフルーツがみずみずしく甘さを感じつつも、後味はしつこくなくさっぱりしています。 マンゴーのフルーツサンドには、マンゴーが丸々1つ入っているのでは?と思うくらい大ぶりなマンゴーがごろっと入っていました。 食べ応えも十分すぎて驚きを隠せないし、何よりにやけがとまらん 笑 というか分厚すぎて、ナイフとフォークでカットしたいくらいのレベルですね。 厚さ伝われ。 厚さ伝われ。 厚さ伝われ。 お値段ちょっと高めだけど、もし店頭で見かけたら買いの一択。 特に中目黒店はオープンから来店者数が伸びていて、かつ毎日メニュー内容が変わります。 行ったら必ず出会えるフルーツサンドではないため、見つけたときが買い時です。 マンゴーのお値段の振れ幅を紹介します! といっても、マンゴーが毎回2,500円で売っているわけではありません。 そのときの仕入れ値で価格変動が起きます。 今のところ確認した 値段の振れ幅は1,500円~3000円。 けっこう違いますよね? つまり 『 2,000円くらいで売っていればお買い得な価格帯』です。 最安値の1,500円台のときは速攻で売り切れたとのことでした。 【追記:4月28日】 最近になり、半身のフルーツサンドが販売されるようになりました。 半身なのでお値段も1,000円ちょっとと、お手頃になっています。 【中目黒駅からダイワスーパー中目黒店への行き方は?】写真付きでアクセス方法を紹介します! 地図みてもわからん。 マップ開いても別の方角指しててどっちにいけばいいのかわからん。 という方のために、中目黒駅~ダイワスーパーまでの行き方を説明します。 写真付きなので、方向音痴の方でも迷わずお店までたどり着けます。 それでは案内開始。 そして渡ったら左へ曲がります。 目印はソフトバンクショップ。 この道をまっすぐ進みます。 そこを右へ曲がってください。 そこに立ち寄らずまだまっすぐ進んでください。 進んできた道を振り返ってみるとこんな感じ ありがとうございました。 お店に無事たどりつけて、大人気のフルーツサンドを食べられることを願っております。 * 〇が付いてるところがダイワスーパーです。 ウソじゃないからね?) 【ダイワスーパー中目黒店】新型コロナウイルス COVID-19 対策は? なんと 今は店内に入ることができません! どうやら今は店頭で注文をしてその場で受け取る形式に変更されたみたいです。 そしてこの販売方式をすることにあたってコレを用意していたんでしょう。 フルーツサンドに使われている、フルーツの特徴が書かれていました。 当初は10時オープンだったんですが、いつの間にやら10時半に。 ( 今は10時オープンに戻っています) その他にはなにかありますか?と確認したところ、スタッフさんの人数も最小限でやっているみたいです。 確かにオープン当初より、人数が半分くらいになってる・・・。 コロナウイルス対策で変更になったところをまとめるとこんな感じです。 待ち列は相変わらず行列ですが、中に入れるようになったので買うときのワクワク感は倍増するはず。 これは言ってしまうと 抽選くじです。 抽選結果は月末に店頭で貼りだしかなにかやるっぽい。 (本店は店頭に貼りだしとのこと) 紙袋にこんなチラシは入っていませんでしたか? チラシの左下についている『えびす券』は、捨てないでください。 切り取って裏に名前を書いて、スタッフさんに渡しましょう。 箱にいれてください。 と書いてありますが、 『 中目黒店には箱がないのでスタッフさんに手渡しでOK』と確認とっています。 当選者の名前がモロバレしてしまうため、えびす券にモザイクをかけております。 えびす券を申し込んだ方は、店内にあるメニュー表の下にでかでかと飾ってあるので、ぜひ確認してください。 さあそして気になるのは『えびす券が当選したら、何がもらえるの?』ってことですよね。 それがコチラです。 【感謝!】と書かれたプレミアムバナナです! 『え?それだけ?』と思うなかれ。 裏には・・・。 人を第一に考えて頑張っている人たちと一緒に働きたいですよね。 マジで。 東京に初出店した【ダイワスーパー中目黒店】フルーツサンドのまとめ! がっっっつりと、ダイワスーパー中目黒店についてお伝えしました。 ダイワスーパーのフルーツサンドは、 フルーツがごろっとしていてとにかくでかい! そしてそのフルーツがみずみずしくて甘い! サンドしている食パンも、もちもちしっとりとしていてかなりレベルが高いですね。 【Profile】 週5でKALDIに通ってます。 名前:まっくす 年齢:30代 Twitter で質問など受け付けています。 ブログ内容:雑記メインで食べ物や自身が体験したことを発信中 趣味:KALDI散策・食材や調味料が豊富なところに行くこと。 カテゴリー•

次の

ダイワ中目黒店【東京初進出】フルーツサンド愛知の大繁盛店OPEN【映えスイーツ】

ダイワ 中 目黒 フルーツ サンド

Contents• パティスリー・カカオエット・パリとは 「パティスリー・カカオエット・パリ」は、オーナーシェフパティシエのジェローム・ケネルさんと製造責任者である椛澤貴子さんが開店したフランス菓子店。 お店は中目黒駅から山手通りをドンキホーテ方面へ進んだ路地にあり、白と黒を基調としたモダンな外観が特徴です。 映える!?絶品スイーツを紹介! パティスリー・カカオエット・パリのスイーツを軽くご紹介しようと思います。 オススメ!!四角いシュークリーム「シューキューブ」 大人気かつ定番のスイーツ、シューキューブ。 今回購入したのはメイプルカスタード 写真左 とヴァニラ 右 シュークリームとは真逆の立方体が目を惹きますが、中にはカスタードクリームがぎっしり詰まっており、めちゃくちゃウマい。 甘さ控えめなので食べやすく、ウマいので絶対食べてほしい。 ちなみに未だ食べ方の 「正解」が判明していません。 力任せにフォークで貫いたところ、上のチョコが トランクスにバラバラにされたフリーザぐらい粉々に割れてしまいました。 ババ・オウ・ロム ラム酒入りのサバラン。 焼き目の食感も絶妙で美味しいんですが、スポイトからラム酒を注入すると、大人な味わいに、、、 飲むショートケーキや焼き菓子も! 飲むショートケーキなんていう超斬新なものまであります。

次の

東京初出店!【ダイワスーパーのフルーツサンド】が中目黒にやってきた!│腹ペコまっくす

ダイワ 中 目黒 フルーツ サンド

愛知県岡崎市にある「ダイワスーパー」の大人気フルーツサンドが、この春、満を辞して東京・中目黒に上陸した。 新型コロナウイルス禍の中で、生活インフラとしての存在感があらためて際立つスーパーマーケット。 大手のチェーンからニッチな専門店まで業態は様々だが、愛知県は岡崎の「ダイワスーパー」は唯一無二の存在感を放っている。 社長の大山皓生さんは若干26歳。 3代目としてお店を継いでからその若い感性とお客様思いのホスピタリティで独自のブランディングを実践。 スーパーでありながら様々なヒット商品を生み出している。 地元愛知では、平日でも連日30人以上、週末には200人を超える行列ができるという大人気商品で、1000個のサンドが1時間で即完売したという情報も。 フルーツサンドを求めて県外からも足を運ぶ客がいるほど。 魅力はそれだけではない。 開店時間にはスタッフが総出で出迎えてお客さんとハイタッチしたり、行列に並んでいる間にカットフルーツや焼き芋などを振る舞ってくれたりと、スーパーとは思えないサービスっぷりなのだ。 さらに開店前にはフルーツサンドのために並ぶ客に向けて、じゃんけん大会も開催。 勝てば、2000円もする宮崎産マンゴーなどの高級フルーツを使ったサンドが無料になる。 この中目黒の店はスーパーではなく、フルーツサンドだけの専門店として開業。 ダイワスーパーの社長が代々受け継いでいる「目利き力」で、新鮮で美味しいフルーツを厳選し、原価にこだわらず使っているのだという。 使っているのはイチゴやバナナといった定番フルーツから、安納芋、イチジク、シャインマスカットなど、充実のラインナップ。 一目見ただけでも、フルーツがゴロゴロ入っているのがわかる。 なんて贅沢なのだろう。 開店時は、愛知の本家スーパーほどではなかったが、4,5人くらいの行列だった。 しかし、テレビで放送されると瞬く間に人気に。 今回購入したのは人気のおちおとめサンドとマンゴーサンド。 どちらも果実が大きくボリューム満点だった。 最新情報が見られる社長のインスタグラムは、特徴的なフォントを使った人気のアカウント。 こちらもぜひ覗いてみて欲しい。 外出自粛で鬱屈とした気分が続く毎日。 中目黒近辺にお住まいの方はぜひ足を運んで見て欲しい。

次の