サスケ 左手。 【ナルコレ】リセマラ当たりキャラランキング【6/14更新】

逆行したナルトの物語 完結

サスケ 左手

ナルト72巻より サスケは、 「・・・今のオレならこの忍界が・・・この世界が見えるか知りたいんだ」と言い、義手を付けること無く旅に出ました。 「罪を償う旅でもある」とサスケは言っているので、自分の行いを反省も含めて、義手をつけなかったのではないでしょうか。 ちなみに、サスケはナルトとの闘いに負けを認める前に、涙を流します。 そして、回想で「お前のおかげでオレは救われた」とサスケはナルトに向けて語ります。 私の予測ですが、サスケは、 片腕を失ってまで友として自分を止めてくれたナルトに対し、 いろいろな思いを込めて、 自分の失われた左腕をそのままにしているのではないでしょうか。 ナルトが右腕に柱間細胞の義手をつけた理由を考察! 義手をつけなかったサスケに対して、ナルトは右腕に柱間細胞の義手をつけました。 ナルトの右腕が700話で初めて出てきたコマは、パソコンのキーボードを打っている場面です。 この演出から私が感じたことは、ナルトは自分のために右腕をつけたのではなく、未来を作る子供たちを守る仕事をするために、右腕が必要だったから義手をつけたのではないでしょうか。 パソコンという今までの木の葉の里に無かったものと、新しい義手の右腕。 ナルトはただ、【スネている友達を一発ぶん殴って、目を覚まさせてやろうと思ったら、右腕無くした】という考え方だったように読んでいて感じたので、義手をつけることに抵抗は無かったのではないかなと感じます。 また、本当の勝負を改めてすると、旅達の時に約束したことで、ナルトも肩の荷がおりたのではないでしょうか。

次の

アニメボルトでサスケの左腕が無い理由は?ナルトは何故義手なのか考察!

サスケ 左手

メシア降臨 メキシコ修行時代に養った、自身の危険を顧みない無謀かつ高度な空中殺法を使いこなす。 近年では体重の増加からか全盛期ほどは複雑な飛び技を多用することは無くなったが、奇天烈な言動とともに自爆すら得意とする独自の世界観を作りだしている。 トペ・コンヒーロ 基本的に場外で立っている相手に対し、リング上から、自ら相手がいるリング下と逆の方向のロープに飛び、その反動を利用して走り込んでロープをジャンプして一回転しながら飛び越えぶち当たる技である(コーナーから場外に鉄柱越えで放つ場合もある)。 サスケのそれはフォーム(滞空時に背中を反らした状態になるのが特徴)の美しさや滞空時間の長さから他の追随を許さず、特にロープを飛び越える際に一切ロープに触れないものは ノータッチ・トペ・コンヒーロとも呼ばれる。 しかし、ジュニア8冠統一トーナメント決勝戦 J-CROWN においてウルティモ・ドラゴンに対し、コーナーポストの最上段からリング下に立っているドラゴンに無謀にもこの技(先述のような鉄柱越えバージョン)を試みた。 ドラゴンはサスケの頭部の直撃を避け、体ごとリング下にサスケを叩きつけるかっこうとなったが、サスケからしてみれば、リング下に断崖式のパワーボムを受けたのと何ら変わりないことであり、実際この行為により頭蓋骨亀裂骨折及び脳挫傷の重傷を負ってしまった(本人曰く「三途の川が見えた」)。 場外へ向かっての。 全盛時のサスケの代名詞的な技であり、ほぼ毎試合使用していた。 使用前に相手に後ろ蹴りを放ち少し距離を空けてから行うのが特徴。 また、みちのくプロレス旗揚げ直後に宣伝で各団体を回っていた際には背広姿で使用した事もある。 ラ・ブファドーラ ロープに振られた際、セカンドロープに足をかけてカウンターのムーンサルト・アタックを浴びせていく飛び技。 場外に向かって片足式ミサイルキック。 サスケ・スペシャル 相手を場外へ落とし、逆側のロープで反動をつけ、ロンダート(半捻り側方倒立回転)で相手のいるロープの前に背中を向けて立ち、その勢いのままトップロープを背面飛びで飛び越えて回転しながら場外の相手にぶつかっていく変形のケブラーダ。 が対ウルトラマン戦で披露した スペース・フライング・タイガー・ドロップを更に高度にした技。 サスケ・スペシャルII サスケ・スペシャルと同じようにロンダートでロープの前に背中を向けて立ち、その勢いでロープを飛び越える際に体を捻って前方宙返りのように回転しながら相手にぶつかっていく変形のトペ・コンヒーロ。 飛ぶ瞬間の踏み切りは後ろだが捻りを加える為一応の目標は確認できる。 しかし最後はトップロープを越えて高角度から背中から落ちていくため、相手の当たり所が浅いと自らが状態で頭から落ちることになり、受身に自信があってもなかなかマネは出来ない技である。 サスケ・スペシャルVer. 5 エプロン上の相手に対して放つセントーン・アトミコ(下記参照)。 大概自爆する。 サスケ・スペシャルVer. 5 エプロンと場外に設置したイスの間にラダーを設置し、その上に寝かせた相手に対してトップロープからトペ・コンヒーロを放つ。 これも自爆率が高い。 サスケ・スペシャルVer. 7 場外に設置した机の上に寝かせた相手に対して放つノータッチ・トペ・コンヒーロ。 サスケ・スペシャルVer. 5 机ではなくイスを使用したサスケスペシャルVer. サスケ・スペシャルVer. 8 通称「 逆トペ」。 トペ・スイシーダの逆向き、つまりドロップキックをトップロープとセカンドロープの間(またはセカンドロープとサードロープの間)をくぐりつつ、場外にいる相手に行う。 サスケ・スペシャルX で放つ。 サスケ・スペシャルX ver10. 2 セグウェイ(物まね禁止) コーナーポストからダウンした相手の肩へ急降下式ミサイルキック。 下記のジンジャーの改良完成技。 現在のフィニッシュムーブ(フィニッシュ・ホールド)。 名前とは裏腹に義経にモノマネされている。 ジンジャー 四つん這い状態になっている相手への急降下式顔面ミサイルキック。 セントーン・アトミコ コーナーポストの上に立ち、両手をリングの中央に寝てる相手に向かって突き出し、その後前方に回転しながら背面部から相手のボディー目掛けて落ちていく飛び技。 決まった時の形からやのが使う前方回転式セントーンである スワントーン・ボムと混同されがちだが、サスケの場合は頭頂部から落ちるのが本来の形。 しかしかわされ易く成功率が低いため、自らの安全のため受身がとりやすいように背中から落ちる現在の形に落ち着いた。 第4回ふく面ワールドリーグにて久々に成功し、成功した本人が一番驚いたとのこと。 セントーン・レベルサ コーナーポストの上に後ろ向きに立ち、リングの中央に寝てる相手に向かって、後ろ向きに450度回転しながら背中から落ちていく飛び技。 成功率が非常に低く、これで後頭部を打って試合中に失神し何度もピンチに陥ったことがある。 おやじ フェニックス・スプラッシュからさらに半回転し、セントーンの形で落ちて行く技でいわゆるフェニックス式セントーンと呼ばれる技と同型。 サンダーファイヤー・パワーボム 相手をの要領で肩の高さまでリフトアップして相手の右脇を左手で左脇を右手で、それぞれ掴み直して自身の両腕を上方向へと伸ばして相手の体をリフトアップして前のめりに倒れ込み、両膝をつきながら投げ捨てた相手の背中を叩きつけての形で丸まった相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。 ピースな愛のバイブス 逆トペを放った後、ロープを掴んだまま逆上がりの要領でリング内に戻り、トペ・コンヒーロを見舞う連携技。 山形大会限定で使用している。 たまに山形大会以外でも使用している。 マッハ!!!! 内出血が凝固したことによって硬質化したエルボー攻撃。 まさに肉体凶器である。 技名はサスケが見た映画が由来。 ラムジャム 映画『』で主演の演じるランディ"ザ・ラム"ロビンソンのフィニッシュ・ホールド。 通常のものと違い正面を向いて放つダイビング・エルボー・ドロップ。 アンヴィルスタイルに変身後も何食わぬ顔で使用する。 イリュージョンキック 後頭部へのスピンキック。 XPW シャリマティーと同型。 サルディーニャ・クラッチ デルフィン・クラッチと同型。 SASUKE時にデルフィンを挑発する意味で使用していた。 そのときの名前は鰯(いわし)固め。 メシア降臨 2014年より使用している技。 まずの二人もしくはタトゥーの信者がサスケを抱え上げてそこからサスケを落とし決める雷電ドロップのような技。 バラモンの二人は「持ち上げてはいない、マスターが浮いているのだ」と言っている。 ALPHA JAPAN PROMOTION• ジャパンタイムズ社. 2014年12月16日. 2015年1月3日閲覧。 [ リンク切れ]• 2013年12月13日. 2014年4月15日閲覧。 2014年2月28日. 2014年4月15日閲覧。 朝日新聞. 2014年2月28日. 2014年4月15日閲覧。 岩手県選挙管理委員会. 2011年9月11日閲覧。 岩手県選挙管理委員会. 2011年9月11日閲覧。 2011年9月11日. 2011年9月11日閲覧。 福島県観光情報ページ• 週刊新潮2007年4月26日号『サスケに「名誉教授」を打診した米大学の正体はラーメンチェーン』• 週刊プロレス2017年9月13日号p. 117-119• 映画-Movie Walker. 2019年2月24日閲覧。 映画-Movie Walker. 2019年2月24日閲覧。 映画-Movie Walker. 2019年2月24日閲覧。 シネマとうほく. 2016年6月21日閲覧。

次の

ナルト サスケの輪廻眼の能力・開眼理由 天手力(アメノテヂカラ)とは?

サスケ 左手

うちはサスケが輪廻眼を開眼した理由や能力である、 天手力 アメノテヂカラ についてのまとめです。 輪廻眼を開眼した理由 第四次忍界大戦での対マダラ戦で初登場したサスケの輪廻眼。 開眼出来た理由は、六道仙人から左手に陰の力を授かり、さらにカブトから柱間細胞を移植されたからです。 最初は単に六道仙人から力を預かったことで開眼したものだと思っていましたが、 それではカブトがわざわざ出てきた意味がないので、 柱間細胞が輪廻眼の開眼に必要な条件なのだと考えられます。 元々、うちはマダラが輪廻眼を開眼した理由も、自らの身体に柱間細胞を移植したからです。 そのことから、 輪廻眼の開眼にはインドラとアシュラのチャクラが必要だと推測出来ます。 サスケの輪廻眼の能力 天手力 アメノテヂカラ サスケの輪廻眼は厳密に言うと 「輪廻写輪眼」と言い、通常の輪廻眼の模様に加えて、 写輪眼と同じような巴模様が三角形に6つ浮かんでいます。 輪廻眼を開眼すると通常の輪廻眼の能力に加えて、固有の能力を同時に得ることが出来ます。 サスケが手に入れた固有能力は、 天手力 アメノテヂカラ というもので、 一瞬で任意の空間を入れ替えることが出来ます。 マダラ戦ではこの能力を使い、マダラの輪墓を封印することに成功しました。 ただし、入れ替えられるのはサスケの視界に入っていなければならなく、能力が使える距離にも制限があります。 また、チャクラを大量に消費してしまうというデメリットもあります。

次の