ゼノブレイド ディ フィニティ ブ エディション 評価。 【ゼノブレイドDE】タイムアタック|ゼノブレイド ディフィニティブエディション攻略

ゼノブレイドDE 追加シナリオ つながる未来 感想と評価 戦闘はつまらない部分が多いが、マップデザインはあいかわらず秀逸

ゼノブレイド ディ フィニティ ブ エディション 評価

こんにちは! ゼノブレイド ディフィニティブエディションのクリア後感想・評価です。 人によって違う感想になるかもしれませんがあらかじめご了承ください。 一言ポイント ・壮大なスケールで描かれる王道なストーリー ・戦略性の高いリアルタイムコマンド式バトル ・名曲揃いのBGM ・追加シナリオも良好 概要 ゼノブレイドは2010年にWiiで発売したRPG。 開発は モノリスソフト。 2015年にはNewニンテンドー3DS専用ソフトとして3DSで発売。 2020年に後日譚となる追加シナリオを収録した ゼノブレイド ディフィニティブエディションがSwitchで発売した。 総監督の 高橋哲哉氏の他作品、 ゼノギアス、 ゼノサーガ同様にタイトルにゼノが入っているが世界観・ストーリーに関連性はほぼない。 キャッチコピーは「 巨神と機神 二柱の神の骸を舞台に、壮大な物語が始まる」(パッケージ裏より) あらすじ 巨神と機神。 かつて、互いの存亡をかけて戦った、二柱の神。 壮絶な戦いの果てに、神は骸となり、やがて生命の栄える大地となった。 幾千の月日が過ぎ、人々の生きる 巨神界は 機神界の生命体「 機神兵」によって蹂躙され、存亡の危機に立たされていた。 容赦のない殺戮に、為す術なく喰われていく人々。 主人公 シュルクは、彼らを守るため一振りの剣を握る。 かつて巨神が機神を打ち果たしたとされる神剣「 モナド」。 モナドの持つ特別な力によって、シュルクは機神兵を次々と撃退していく。 しかし、モナドが通用しない゛ 黒い顔つき゛の機神兵によって、シュルクたちは圧倒される。 黒い顔つきは、ついにシュルクの幼なじみである フィオルンを手に掛けると、やがて、空の向こうに消えていった。 そして、シュルクは機神界へと旅立つ。 すべては、故郷を襲い、フィオルンの命を奪った、「黒い顔つき」を斃すために…。 (公式サイトより) シナリオ 10点 ・壮大なスケールで描かれる世界観 二柱の巨大な神の上を冒険する独特な世界観。 マップはどこも広大で様々なロケーションが存在し、端まで作り込まれている。 各場所は手、足、腰など神の体の一部になっておりマップに反映されている。 高所から低所へ飛び降りることができるなど移動の自由度が高くマップデザインの完成度が高い。 ・要所を抑えた王道なストーリー 復讐から旅が始まり重めの展開もあるが、全体としては王道な内容となっており熱い展開が多い。 シナリオが複雑な他のゼノシリーズと比べて非常に分かりやすい。 かといって浅い内容ではなく伏線も丁寧。 ・キズナグラム 仲間やNPCとの関係を築いていくシステム。 パーティ強化にも繋がる。 名前ありのNPCが存在し、進めていくと相関図がどんどん広がっていく。 関係するサブクエストの数も非常に多く、その中の選択でNPC同士の関係も変わる。 ・つながる未来 本編から1年後、メリアを主人公にしたSwitch版の追加シナリオ。 最初からプレイ可能で本編既プレイ者にも優しい。 ボリュームは10時間ほどでこちらもサブクエストが豊富。 内容はタイトル通り本編エンディングから新たな未来へと繋がっていくもので完成度が高い。 ただし、開始レベルなどは固定で本編のデータを引き継げず、クリアするのには育成が必要。 戦闘 10点 システム ・リアルタイムコマンド式 3人パーティのリアルタイムコマンド式でシームレスに戦闘に突入する。 プレイヤーが操作するのは1人だけで残りの2人はオートで行動する。 通常攻撃はオートで行われ、プレイヤーは位置取り、アーツなどを操作する。 ・アーツ いわゆる魔法・特技。 クールタイムあり。 ・ヘイトシステム 敵はヘイトが最も高い味方キャラをターゲティングする。 ・キズナアクション 戦闘開始時や味方がクリティカル、ミスをした時に発生。 成功するとパーティゲージが溜まる。 パーティゲージを使って味方を蘇生したり、チェインアタックを行う。 ・チェインアタック 時間が止まり、一人ずつアーツを使える。 チェインを重ねて大ダメージを与えたり、回復して立て直すことができる。 ・未来視(ビジョン) 敵の強力な攻撃で味方が致命的なダメージを受ける未来が視える。 敵の攻撃を妨害したり、防御を固めることで未来を変えられる。 操作キャラだけでなくパーティゲージを消費して味方のアーツを使用することもできる。 評価点 ・戦略性の高いシステム ヘイトシステム、キズナアクション、未来視など他のRPGではあまりないシステムを採用しているが、それらが上手く融合しており面白い。 位置取りから上記のシステムまですべてが重要で戦略性が高い。 問題点 ・退屈に感じがちな序盤 アーツが揃っていない序盤はできることが少なく通常攻撃を見ている時間が長い。 そのためオートバトルかのような印象を受ける。 位置取りやヘイト管理などやることはあるが、まだシステムを理解しきれていないこともありやることがないように感じる。 ・やや雑なゲームバランス ゲームバランスを敵味方のレベルに依存している部分が大きい。 敵よりもレベルが5以上低いと途端に攻撃が当たらなくなる。 逆にレベルを上げ過ぎるとボスも圧倒できる。 本作よりもゲームバランスがひどい作品は多くあるがゼノブレイドの場合、レベルという数字がはっきり見えるので原因がわかってしまい目立っている。 グラフィック 8点 フィールドは細部まで作り込まれており探索するのが楽しい。 装備は全て見た目が変わり、イベントシーンにも反映されるが雰囲気ぶち壊しになる可能性あり。 装備を変えても好きな見た目を選択できるので気になる人は設定しておくとよい。 BGM 10点 どれも名曲揃い。 同じ場所でも昼と夜で大きく変わる。 戦闘曲は通常、強敵、ピンチ、未来視とあらゆる状況で変化する。 私の好きなBGMは名を冠する者たち。 キャラ 9点 仲間はみな個性的で魅力的なキャラ揃い。 不快感を煽るようなキャラは存在しない。 私が一番好きなキャラはディクソンさん。 パーティだとダンバンとリキが好き。 快適さ 8点 評価点 ・ロード 情報量に対してめちゃくちゃ速い。 ・セーブ どこでも可能 ・クエスト キズナグラムに関係ない収集・討伐系クエストは条件を達成した瞬間自動クリアとなり報告に行く必要がない。 対象となるアイテム、モンスターをマップに表示してくれるのでわかりやすい。 ただし、マップによっては高低差で分かりづらいこともある。 問題点 ・移動 フィールドの広さに対してかなり遅い。 クエストが豊富なのにそれがめんどくさくなる。 せめて全てのロケーションをファストトラベルポイントにしてほしかった。 ・アイテム関連 アイテム・装備が大量に手に入るがUIがいまいちで管理しづらい。 ・つながる未来 クリアするためにはある程度の育成が必要。 本編クリア後にまた育成するのは辛い。 本編のクリアデータ引継ぎができるようにしてほしかった。 評価まとめ 55点 シナリオ、戦闘は最高峰。 二柱の神を舞台にした文字通りの神ゲー。 クリア時間は本編が 63時間59分。 追加シナリオが 約5時間。 追加シナリオは育成が苦痛で途中からカジュアルモードでプレイしました。 全てにおいてレベルの高い作品でした。 UI面などやや不満はあるけどそれで面白さが損なわれることは全くない。 2もやります。

次の

ゼノブレイドDE|評価 感想 レビューまとめ

ゼノブレイド ディ フィニティ ブ エディション 評価

こんにちは! ゼノブレイド ディフィニティブエディションのクリア後感想・評価です。 人によって違う感想になるかもしれませんがあらかじめご了承ください。 一言ポイント ・壮大なスケールで描かれる王道なストーリー ・戦略性の高いリアルタイムコマンド式バトル ・名曲揃いのBGM ・追加シナリオも良好 概要 ゼノブレイドは2010年にWiiで発売したRPG。 開発は モノリスソフト。 2015年にはNewニンテンドー3DS専用ソフトとして3DSで発売。 2020年に後日譚となる追加シナリオを収録した ゼノブレイド ディフィニティブエディションがSwitchで発売した。 総監督の 高橋哲哉氏の他作品、 ゼノギアス、 ゼノサーガ同様にタイトルにゼノが入っているが世界観・ストーリーに関連性はほぼない。 キャッチコピーは「 巨神と機神 二柱の神の骸を舞台に、壮大な物語が始まる」(パッケージ裏より) あらすじ 巨神と機神。 かつて、互いの存亡をかけて戦った、二柱の神。 壮絶な戦いの果てに、神は骸となり、やがて生命の栄える大地となった。 幾千の月日が過ぎ、人々の生きる 巨神界は 機神界の生命体「 機神兵」によって蹂躙され、存亡の危機に立たされていた。 容赦のない殺戮に、為す術なく喰われていく人々。 主人公 シュルクは、彼らを守るため一振りの剣を握る。 かつて巨神が機神を打ち果たしたとされる神剣「 モナド」。 モナドの持つ特別な力によって、シュルクは機神兵を次々と撃退していく。 しかし、モナドが通用しない゛ 黒い顔つき゛の機神兵によって、シュルクたちは圧倒される。 黒い顔つきは、ついにシュルクの幼なじみである フィオルンを手に掛けると、やがて、空の向こうに消えていった。 そして、シュルクは機神界へと旅立つ。 すべては、故郷を襲い、フィオルンの命を奪った、「黒い顔つき」を斃すために…。 (公式サイトより) シナリオ 10点 ・壮大なスケールで描かれる世界観 二柱の巨大な神の上を冒険する独特な世界観。 マップはどこも広大で様々なロケーションが存在し、端まで作り込まれている。 各場所は手、足、腰など神の体の一部になっておりマップに反映されている。 高所から低所へ飛び降りることができるなど移動の自由度が高くマップデザインの完成度が高い。 ・要所を抑えた王道なストーリー 復讐から旅が始まり重めの展開もあるが、全体としては王道な内容となっており熱い展開が多い。 シナリオが複雑な他のゼノシリーズと比べて非常に分かりやすい。 かといって浅い内容ではなく伏線も丁寧。 ・キズナグラム 仲間やNPCとの関係を築いていくシステム。 パーティ強化にも繋がる。 名前ありのNPCが存在し、進めていくと相関図がどんどん広がっていく。 関係するサブクエストの数も非常に多く、その中の選択でNPC同士の関係も変わる。 ・つながる未来 本編から1年後、メリアを主人公にしたSwitch版の追加シナリオ。 最初からプレイ可能で本編既プレイ者にも優しい。 ボリュームは10時間ほどでこちらもサブクエストが豊富。 内容はタイトル通り本編エンディングから新たな未来へと繋がっていくもので完成度が高い。 ただし、開始レベルなどは固定で本編のデータを引き継げず、クリアするのには育成が必要。 戦闘 10点 システム ・リアルタイムコマンド式 3人パーティのリアルタイムコマンド式でシームレスに戦闘に突入する。 プレイヤーが操作するのは1人だけで残りの2人はオートで行動する。 通常攻撃はオートで行われ、プレイヤーは位置取り、アーツなどを操作する。 ・アーツ いわゆる魔法・特技。 クールタイムあり。 ・ヘイトシステム 敵はヘイトが最も高い味方キャラをターゲティングする。 ・キズナアクション 戦闘開始時や味方がクリティカル、ミスをした時に発生。 成功するとパーティゲージが溜まる。 パーティゲージを使って味方を蘇生したり、チェインアタックを行う。 ・チェインアタック 時間が止まり、一人ずつアーツを使える。 チェインを重ねて大ダメージを与えたり、回復して立て直すことができる。 ・未来視(ビジョン) 敵の強力な攻撃で味方が致命的なダメージを受ける未来が視える。 敵の攻撃を妨害したり、防御を固めることで未来を変えられる。 操作キャラだけでなくパーティゲージを消費して味方のアーツを使用することもできる。 評価点 ・戦略性の高いシステム ヘイトシステム、キズナアクション、未来視など他のRPGではあまりないシステムを採用しているが、それらが上手く融合しており面白い。 位置取りから上記のシステムまですべてが重要で戦略性が高い。 問題点 ・退屈に感じがちな序盤 アーツが揃っていない序盤はできることが少なく通常攻撃を見ている時間が長い。 そのためオートバトルかのような印象を受ける。 位置取りやヘイト管理などやることはあるが、まだシステムを理解しきれていないこともありやることがないように感じる。 ・やや雑なゲームバランス ゲームバランスを敵味方のレベルに依存している部分が大きい。 敵よりもレベルが5以上低いと途端に攻撃が当たらなくなる。 逆にレベルを上げ過ぎるとボスも圧倒できる。 本作よりもゲームバランスがひどい作品は多くあるがゼノブレイドの場合、レベルという数字がはっきり見えるので原因がわかってしまい目立っている。 グラフィック 8点 フィールドは細部まで作り込まれており探索するのが楽しい。 装備は全て見た目が変わり、イベントシーンにも反映されるが雰囲気ぶち壊しになる可能性あり。 装備を変えても好きな見た目を選択できるので気になる人は設定しておくとよい。 BGM 10点 どれも名曲揃い。 同じ場所でも昼と夜で大きく変わる。 戦闘曲は通常、強敵、ピンチ、未来視とあらゆる状況で変化する。 私の好きなBGMは名を冠する者たち。 キャラ 9点 仲間はみな個性的で魅力的なキャラ揃い。 不快感を煽るようなキャラは存在しない。 私が一番好きなキャラはディクソンさん。 パーティだとダンバンとリキが好き。 快適さ 8点 評価点 ・ロード 情報量に対してめちゃくちゃ速い。 ・セーブ どこでも可能 ・クエスト キズナグラムに関係ない収集・討伐系クエストは条件を達成した瞬間自動クリアとなり報告に行く必要がない。 対象となるアイテム、モンスターをマップに表示してくれるのでわかりやすい。 ただし、マップによっては高低差で分かりづらいこともある。 問題点 ・移動 フィールドの広さに対してかなり遅い。 クエストが豊富なのにそれがめんどくさくなる。 せめて全てのロケーションをファストトラベルポイントにしてほしかった。 ・アイテム関連 アイテム・装備が大量に手に入るがUIがいまいちで管理しづらい。 ・つながる未来 クリアするためにはある程度の育成が必要。 本編クリア後にまた育成するのは辛い。 本編のクリアデータ引継ぎができるようにしてほしかった。 評価まとめ 55点 シナリオ、戦闘は最高峰。 二柱の神を舞台にした文字通りの神ゲー。 クリア時間は本編が 63時間59分。 追加シナリオが 約5時間。 追加シナリオは育成が苦痛で途中からカジュアルモードでプレイしました。 全てにおいてレベルの高い作品でした。 UI面などやや不満はあるけどそれで面白さが損なわれることは全くない。 2もやります。

次の

明日発売「ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション」の情報まとめ。圧巻の世界観とグラフィックスが特徴の名作RPGがさらにパワーアップ

ゼノブレイド ディ フィニティ ブ エディション 評価

任天堂は2020年5月29日に,Nintendo Switch用ソフト「」をリリースする。 本作は,2010年6月にWii用ソフトとして登場し,2015年4月にNewニンテンドー3DS向けが発売されたRPG「」のリマスター版で, グラフィックスが大きく進化し, UIの見直しなどが施されるほか, 本編の後日譚となる追加ストーリーが収録されている。 これまで公開された情報をとおして,いよいよ明日発売となる本作の魅力を紹介しよう。 二柱の神の戦いから幾千の月日が過ぎた巨神界では,そこで暮らす一族・ホムスが機神界の機械生命体「機神兵」の侵攻によって脅威にさらされていた。 かつて機神を討ち果たしたとされる神剣 モナドを振るう英雄 ダンバンの活躍により機神兵を退けたが,その1年後,再び機神兵は進攻を開始し,主人公の少年 シュルクが暮らすコロニー9もその襲撃を受ける。 コロニー9は破壊され,多くの命が奪われてしまう。 シュルクは故郷を襲った「黒い顔つき」を倒すため,旅立つことになる。 さまざまな形でシュルクの前に現れては彼を導く 冒険の舞台 巨神の脚に広がる平野 「ガウル平原」や,腰の位置にある湿地帯 「燐光の地ザトール」といったように,二柱の神の骸の各部位が,シュルク達の冒険の舞台となるフィールドとなっている。 森や雪山,海などもあり,しかも1つ1つが広大なところから,二柱の神の巨大さが窺い知れるだろう。 各フィールドは独立したオープンワールドとなっており,移動の自由度は高い。 はるか遠くに見える風景のほとんどへ実際に足を運ぶことができる。 また各フィールドの到達が困難な場所には 「秘境」と呼ばれるランドマークが設定されていることもあり,これを探すのもフィールド探索の1要素となっている。 時間や天候によって変化するそれぞれのフィールドに合わせた自然環境が,緻密なグラフィックスで表現されている点も注目だ。 バトルシステム バトルは,フィールド上で敵と遭遇するとシームレスにスタートする。 バトルに参加できるメンバーは最大3人。 プレイヤーはそのうち1名を操作し,AIによって自動的に行動するほかのメンバーとともに敵に挑むことになる。 各メンバーは,装備した武器を使うオートアタックと,必殺技の 「アーツ」を組み合わせて戦う。 アーツは特定の順番で放つことでコンボが発生する。 例えば敵にあるメンバーのアーツで「崩す」効果を与えた直後に,ほかのメンバーが特定のアーツで追加効果を与えれば敵が転倒し,有利になるといった具合だ。 「特効」と呼ばれる特殊効果があるアーツもあり,それらは敵の側面や背面から攻撃した際や転倒時に使用した際など,特定の条件で発動する。 本作のバトルでは,攻撃を仕掛ける際の位置取りや,いかにアーツをつなぐかが重要となるのだ。 さらにバトル中,クリティカルヒットやアーツの特効が決まると,パーティの士気を示す 「パーティーゲージ」が上昇する。 戦っている途中でメンバーに声をかけることでパーティーゲージを上昇させたり,仲間のテンションを上げたりすることも可能だ。 このゲージを消費すると,敵の行動をストップしてメンバー全員が連続でアーツを使用する 「チェインアタック」の発動や,HPがゼロになり戦闘不能に陥ったメンバーの助け起こしなどができる。 そして本作のバトルにおける大きな特徴となるのが,バトル中に突発的に発生する 「未来視(ビジョン)」である。 未来視はモナドがもたらす予知能力で,少し先に敵が繰り出す攻撃の種類やターゲットにしているメンバー,予測ダメージなどが示される。 何もしなければ予知どおりにメンバーが攻撃され致命傷を負うが,敵の攻撃が発動する前に回避や回復,防御力強化など適切な行動を取ることで未来視は「ブレイク」され,戦いを有利に進められるのだ。 メインメニューで仲間達のアーツや装備をしっかり確認してパーティを編成し,強敵が待ち受けるフィールドを探検しよう クエストと「キズナトーク」 ストーリー本編以外にもさまざまなやり込み要素が用意されている。 代表的なものは各地にいるNPCから依頼される クエストで,素材を集めてアイテムを作成したり,特定のモンスターを討伐したりと膨大な数がある。 これらのクエストを達成すると報酬としてお金や経験値,アイテムが手に入るほか,NPCとの 「キズナ」が深まって新たなクエストが発生したり,特別なアイテムを交換してくれたりするようになる。 クエストのUIはWii版から一新。 内容がより分かりやすくなっている キズナは仲間にも存在し,一緒にバトルで戦ったり,アイテムをプレゼントしたりすることで深まっていく。 キズナを深めると,特定の場所で仲間同士の特別な会話 「キズナトーク」が発生する。 キズナを深めることにより,NPCのプロフィールや人間関係が明らかになっていく 仲間の装備は街のショップで購入できるほか,敵を倒したときに入手できることもある。 また装備は 「ジェム」を装着すると,追加効果を得られる。 ジェムは,フィールドでの採取や敵を倒すことで得られる「エーテル」を合成したもの。 エーテルの合成は仲間と協力して行うため,絆が深いほど効果の高いジェムを得られる可能性が高まる。 「ファッション装備」を使えば,着用している装備の性能をそのままに見た目だけをほかの装備のものに変更できる フィールドには,通常の敵よりも大きなサイズだったり,二つ名を持っていたりする敵が時折登場する。 これらの敵は通常の敵よりも攻撃力が高く,また体力も多い。 腕に自信があれば,ぜひ討伐にチャレンジしてほしい。 さらに本作には,新たに 「タイムアタック」が追加された。 これは次々に現れる敵を殲滅していくもので,自由にパーティを組む 「フリー」と,決められた条件で挑む 「リミテッド」がある。 すべての敵を倒すとクリアタイムやバトルの内容に応じて総合評価され,評価に応じてノポンクリスタルが手に入る。 タイムアタックでは,クリアタイム以外にもさまざまなボーナス条件が設定されている 冒険の途中に行うことになるコロニー6の復興も,復興に必要な金額やものの種類と数が確認できるようになり,遊びやすくなっているようだ BGMは新規アレンジ版が多数収録されており,フィールドBGMとバトルBGMはオリジナル版との切り替えが可能となっている 追加ストーリー「つながる未来」 本作の目玉となっているのは,新たに収録される追加ストーリー 「つながる未来」だ。 「つながる未来」は, 購入後すぐにプレイ可能となる。 とはいえクリア後の物語を描くものとなっているので,本作で初めて「ゼノブレイド」をプレイするという人は,本編をクリアしてから始めた方がいいだろう。 以下, 本編終了後の物語に触れる箇所があるので,読み進める際は注意してほしい。 物語の舞台となるのは,ストーリー本編から1年後の平和が訪れた世界。 すべての種族が手を取り合い復興を進めているなか,シュルクはメリアに,所在不明となっていたハイエンター族が暮らす皇都アカモートの探訪を提案する。 飛行艇ジャンクスに乗り込み皇都を目指す2人だったが,突如謎の砲撃を受けて飛行艇が墜落してしまう。 不時着した先の巨神の左肩 「巨神肩」には,皇都に住んでいると思われていたハイエンター族の姿があった。 シュルクとメリアは彼らを救うため,ノポン族の キノと ネネとともに新たな冒険に出発する。 巨神肩および皇都アカモートには,各地で測量をしているノポン族 「ノポンジャー」が点在しており,彼らのお願いを叶えると仲間になってバトルに参加してくれる。 チェインアタックに代わる強力な必殺技を繰り出せるようにもなるので,彼らと連携を意識して強敵達と戦おう。 また,シュルクの未来視の力が失われているため,本編と異なる戦い方を考えることが重要となるだろう。 霧乃獣(きりのけもの)と呼ばれる,黒い霧をまとったモンスターが登場。 自身が強力な力を持つだけではなく,周囲の敵を引き寄せてシュルクたちを襲わせる力も持つという オリジナル版発売時,その深みのある世界観や物語,細部まで緻密に作り上げられたグラフィックスが高い評価を受けた「ゼノブレイド」。 グラフィックス向上や新要素追加でさらにパワーアップした「ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション」は,5月29日に5980円(+税)で発売される。 未プレイだったという人はもちろん,かつて冒険を経験したという人にもあらためてのプレイをおすすめしたい。

次の