ブラック リスト でも 作れる クレジット カード。 【体験談】現役ブラックリストの私が審査に通ったクレジットカード教えます

ブラックリストが消えるまでの期間(ブラックリストの信用回復期間)

ブラック リスト でも 作れる クレジット カード

楽天カードやマジカルJCBはブラックでも作れるクレジットカードって聞いたけど本当?• そもそも自分がブラックかどうかよくかわらない• ブラックがクレジットカードを作るのは無理なのだろうか・・・。 上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、クレジットカードの申し込みをしてはいけません。 知識なしに審査に挑戦して否決になってしまえば、大事な信用情報に傷をつけてしまいます。 せっかくクレジットカードに挑戦するのであれば、絶対に審査に通りたいですよね? そこで今回の記事では、ブラックでも作れるクレジットカードについて絶対に知っておくべき知識を、ブラック事情に詳しいクレカマニアが解説していきます。 この記事を読めば、あなたが知っておくべき「ブラックとクレジットカード」に関する知識はすべて網羅できます。 読み終えた時には、 ネット上の評判ではもっぱら「カード審査がゆるくて作りやすい」とされており、中には「ブラックでも通った」と言われることも。 もし仮にブラックリストに載っている状態で楽天カードやマジカルJCBカードを申請したら、どうなるのでしょうか。 答えは簡単です。 ブラックリストに載っている人は、絶対に楽天カード・マジカルJCBカードともに作れません。 というより、ブラックのままではどんなクレジットカードも作ることはできません。 ブラックリストに載っているかの判別方法 最もブラックリストに該当する原因になることが、 借りたお金を返済しないことです。 1ヵ月の遅延・滞納までならギリギリですが、これが2ヵ月目に突入すれば、ブラックリスト行きになります。 もしブラックリストに入ったら、どう頑張っても楽天カードやマジカルJCBは作れません。 仮に支払遅延のあとに、遅延部分を完済してもダメです。 一度信用に傷がつけば、そうそう抜け出せないのです。 ネットの嘘情報を鵜呑みにしない ブラックリストに載った状態だと、いくら審査が甘いクレジットカードでも作ることができません。 審査が緩くて有名な楽天カード・マジカルJCBカードでも無理です。 もちろん、他のクレジットカードも作れません。 ネットには「ブラックでも楽天カードが作れた」「マジカルJCBはブラックの味方」なんて書かれていますが、ハッキリいって嘘っぱちです。 クレジットカード作成はそこまで甘くありません。 ブラックなら100%カード作成は無理です。 「延滞が2ヶ月程度なら通る」と書かれたサイトもありますが、それも嘘です。 大抵の人は2ヶ月の延滞でも審査に通りません。 「年収が1,000万円以上」「大企業に勤めている」等の特別な条件がないと無理です。 ネット上の嘘にだまされて、むやみやたらに申し込みしないようにしないでください。 さらに自分の信用情報に傷をつけてしまうことになります。 ここまででは、「楽天カードやマジカルJCBはブラックでも通るのか」をお伝えしました。 ブラックの状態で作れるクレジットカードはないことを、理解していただけたのではないでしょうか。 次に紹介するのは、「自分がブラックかどうか調べる方法」です。 自分がブラックかどうか調べる方法 クレジットカードを作成する時、 自分が本当にブラックなのか知ることが必要です。 自分はブラックと思っていない人が、実はブラックであることはよくありますし、その逆もしかりです。 そこでこの章では、自分がブラックなのか確認する方法について、詳しい解説をしていきたいと思います。 確認方法としては驚くほど簡単なので、クレジットカード作成に挑戦する前に、自分の信用情報を定期的に確認してみてください。 ブラックリストに掲載されているか確認する方法 自分がブラックリストに掲載されかを確認するには、どうしたら良いのでしょうか。 それは下のサイトに行って、自分の「信用情報」を照会するだけです。 パソコンやスマートフォンでの手続きで当日内での入手可能なので、すぐにブラックリストに入っているかの確認が可能です。 開示された情報を確認すると、自分がブラックリストに入っているかが分かります。 ちなみに 信用情報を確認するには、1,000円の費用がかかります。 ドルマークやAマークには注目 自分の信用情報を開示すると、のような情報を閲覧できます。 開示された情報を見ると、さまざまなマークが書かれています。 ぱっと見では何がかかれているかわからないでしょう。 しかし書かれている情報をすべて理解しようとしても無理です。 はじめての人は、すぐに全てを理解しきれません。 初めて自分の信用情報を見るのであれば、下部の「入金状況」の項目にあるアルファベットやマークに注目です。 AやらPやら$マークやら色々書かれていますが、あなたがブラックかどうかはこの「入金状況」の項目でわかります。 誤解を恐れずシンプルにいえば、 「入金状況」にAと書かれていれば、あなたはブラックです。 逆に「入金状況」の欄がすべて$マークであれば、相当にクレジットカード審査に通りやすい人だといえます。 ブラックの真反対とイメージするとわかりやすいでしょう。 Aが1つでもあれば「ブラックリストに入っている状態」なので、クレジットカード審査に落ちる確率が相当に高いです。 ちなみ信用情報機関はJICC、CIC、KRCと3つありますが、基本的な見方は一緒です。 信用情報機関によって若干異なる部分もありますが、基本的には「入金状況」の欄を見るだけでOKです。 自分の信用情報は定期的に確認しておく 自分の信用情報が$マークだらけで、立派な状態だったとしても安心してはいけません。 ごく稀に同姓同名の他人の情報が、誤って記録されているということもあります。 また、あなたの親戚があなたの名義で勝手にクレジットカードを作ってしまうなどのトラブルによって、意図せずにブラックリストに入ってしまう場合もあります。 もし心当たりがないのに「クレジットカードが急に作れなくなった」「審査に落ちた」という場合には、早めに信用情報の確認をしてみてください。 もし誤情報であれば申請によって訂正されるので、こまめな点検が重要です。 ここまででは、「自分がブラックかどうか調べる方法」をお伝えしました。 自分の信用情報を見れば簡単に判別可能だと、理解していただけたのではないでしょうか。 次に紹介するのは、「ブラックでも確実にクレジットカードを作る方法」です。 ブラックでも確実にクレジットカードを作る方法 ここまで紹介してきた知識によって、• ブラックではクレジットカードは無理• 自分はブラックなのか否か などが明らかになったと思います。 今回の記事によって、自分がブラックだと確定した人もいるでしょう。 もしかしたら、ブラックでもクレジットカードが作れると期待した人の希望をかき消しているかもしれません。 このままではブラックの人に対して、希望もなにもない状態です。 やっぱり何らかの希望がほしいですよね。 そこでこの章では、ブラックでもクレジットカードが作れる「とっておきの方法」を紹介します。 今まで散々「ブラックではクレジットカード作成は無理」といってきました。 しかし実は、 ブラックでもなんとかクレジットカードを作る方法は実在するのです。 これから紹介する段取りを完璧に真似してもらえれば、ブラックの人でも絶対にクレジットカードを作ることができます。 具体的な方法は少し長くなってしまうので、次項にて紹介していきます。 先に行っておきますが、今回紹介する方法は魔法のような方法ではありません。 地に足のついた「現実味のある方法」です。 法の編み目をかいくぐったような突拍子もない方法ではないので、あらかじめご容赦ください。 ブラックがどんなクレジットカードでも作れるようになる方法の手順 ブラックでもクレジットカードに通る方法をシンプルにまとめると、以下の通りになります。 ブラックでもクレジットカードを作る手順• 信用情報を見て、自分がブラックであるのを確認する• 何もせずに5~6年間待つ• 再度信用情報を見て、ブラックでないことを確認する• 携帯の分割支払いを半年続ける• マジカルクラブカードJCBとコスモ・ザ・カードを1年間使い続ける 1から5までの手順をきちんとこなせば、ブラックでも好きなクレジットカードを作れるようになっています。 まずは自分の個人信用情報 CIC及びJICC・KSC を開示して否定的な情報が載ってないか確認してください。 1つの信用機関ではなく、3つすべての信用機関をみてください。 もし ネガティブな情報があれば、5~6年は沈黙です。 この期間は何をやっても絶対にクレジットカードが作れないので、下手にあがくのは止めましょう。 沈黙する5~6年の間は、あらたな延滞は絶対にしてはいけませんし、クレカやローンの申し込みすらしてはいけません。 あなたの信用調査についた傷を癒やす期間だと思って、おとなしく沈黙しておきましょう。 5~6年経ったあとにもう一度、CIC・JICC・KRCをチェックしてみてください。 ネガティブな情報は全て消えています。 しかしこのままではクレジットカードは作れません。 ネガティブ情報がないことを確認したら、携帯の分割払いで最低半年は支払いを続けます。 携帯電話の支払いを半年続けたら、やに申請します。 ちなみに マジカルクラブカードJCBとコスモ・ザ・カードを同時に申請してはいけません。 いわゆる多重申請になり、また信用情報に傷が入ります。 まずマジカルカードに申請し、もしマジカルカードの審査に落ちたらコスモ・ザ・カード申請という手順にしてください。 マジカルJCBカードやコスモ・ザ・ハウスカードを1年間延滞なく使えばもう大丈夫です。 あなたの信用情報は人並み以上になっています。 きちんと仕事さえしていれば、大抵のクレカ審査は通るでしょう。 ブラックでもクレジットカードを作る方法に関する補足情報 ブラックでもクレジットカードを作る方法をざっと紹介しましたが、多少説明不足の部分がまだまだあります。 さらに理解を深めてもらうために、ここからはブラックでもクレジットカードを作る方法に関する補足情報を紹介していきましょう。 5~6年間まてば「スーパーホワイト状態」になる 自分の信用情報は何もしないまま放置すると、どんなにボロボロでも勝手に回復します。 早くて5年、遅くて6年間で自己破産の履歴すらすっきり消えてしまうのです。 しかしクレジットカードの審査では、個人信用情報を開示して真っ白すぎる人を嫌います。 「過去に何かやらかしたな」と判断されて、審査におとされるのです。 この状態を「スーパーホワイト」と呼びます。 仕事でも勉強でも、何事にもステップアップがあるように、好きなクレジットカードに通るためにまずはスーパーホワイト状態から抜ける必要があるのです。 スーパーホワイト状態から自然な状態に戻るには スーパーホワイト状態から脱却するには、何かしらの履歴を残す必要があります。 スーパーホワイト状態でつけられる履歴といえば、携帯電話端末の割賦支払いしかありません。 携帯の分割購入の後は審査の簡単なコスモ・ザ・カードかマジカルJCBカードに挑戦しましょう。 この2枚はいずれも発行時には一般クレジットカードと同様に、個人信用情報機関を参照した審査があります。 スーパーホワイト状態では絶対に通らないので、携帯の分割購入を挟むのをわすれないようにしてください。 まとめ 以上、「ブラックでも作れるクレジットカード」をテーマとして主に3つの知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか? 紹介した3つの知識さえ押さえておけば、「ブラックでも作れるクレジットカード」に関する知識はすべて網羅できています。 今後クレジットカードを作成する機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

次の

【2019最新版】超ブラックでも作れるクレジットカードを紹介。あのカードは甘すぎる!

ブラック リスト でも 作れる クレジット カード

ブラックでも作れたクレジットカードがあります。 在籍確認も無く、しかも収入証明の提出も必要ない夢のようなクレジットカードなのです。 この記事は実際に体験した内容ですので、必ずしも全員に当てはまらない可能性もありますが、 どこに申し込んでも否決された方は一度トライしても損はないと思います。 自分はブラックリストだからと、クレジットカードを作ることをあきらめていませんか?あきらめるのはまだ早いです。 審査が甘いというだけのクレジットカード会社ではなく、審査なし(無審査)という言葉には語弊がありますが 、 申込内容が正しければ、確実に発行されるクレジットカードです。 利用価値があるかないかは、ご自身で判断して下さい。 ブラックでも作れるクレジットカードはデビットカードではない! デビットカードではなく、クレジット審査がない「 ブラックでも作れるクレジットカード」と付帯して全国で使える「 ETCカード」もあります。 本当に審査なし(無審査)でクレジットカードが作れる方法があるのです。 クレジットカードがあれば、キャッシュレス決済の消費税還元も受けることができます。 金融ブラックで、これまでクレジットカードが作れなかった方で、「 現在は生活に余裕ができた方向け」のクレジットカードですが、延滞中であったり任意整理で返済中や自己破産直後でクレジットカードが作れない方には、ほぼ無審査でクレジットカードを発行しています。 ブラックでも絶対作れるクレジットカードはデポジット型 様々な理由でブラックになりクレジットカードが作れなくなった方を救済する目的で商品化されたクレジットカードは、デポジット(保証金)を入れることが条件です。 その理由は、デビットカードは直接銀行の口座からお金が引き落とされることになるため、クレジットカードのように未払のリスクがないからです。 一般的なクレジットカードには必ず入会審査があります。 ブラックかどうかではないのです。 デポジットは、保証人を付けたり担保を入れたりしているのと同じなのですから、審査する必要はないのです。 10万円預けてもらえば、そのうちの5万円貸してくれって言われれば貸しても大丈夫なのと同じです。 ただし、本人確認だけは十分にやっていますので、架空の人物でクレジットカードを作ることはできませんし、できたとしても犯罪です。 ブラックでも絶対作れるクレジットカード 他社を滞納しているような超ブラックになっていている人でも、絶対作れる救済クレジットカードがあります。 審査が甘いというだけのクレジットカードではなく、審査なし(無審査)という言葉には語弊がありますが 、申込記入内容が正しければ、確実に発行されるクレジットカードです。 利用価値があるかないかは、ご自身で判断して下さい。 クレジットカードに申し込む場合は、年会費について確認しておくことが大切です。 言うまでもなく、年会費が永年無料のクレジットカードを申し込む方がコストはかからずに済みます。 ブラックでも絶対審査が通るライフカードのクレジットカード 一般的なクレジットカードには必ず入会審査がありますが、「記入された個人情報に間違いがあるか無いか」だけの審査で作れるクレジットカードをライフカードが商品化しました。 滞納ブラックでも作れるクレジットカードとして、ライフカードでは「」という新しいジャンルのクレジットカードの発行を始めました。 どうしてもクレジットカードの審査に通らない人でも、カードを持つことを諦める必要はありません。 任意整理したり自己破産直後でクレジットカードが作れない方でも、審査をほぼ行なっていないであろうライフカードがお勧めで、正しい個人情報で申し込みをすれば、クレジットカードが一週間程度で発行されます。 ライフカードの限度額 クレジットカードの限度額は、ゴールドカード20万円~190万円(10万円刻み)、スタンダードカード10万円となります。 利用代金等のお支払いが一定期間されなかった場合に、利用代金等に充当するためです。 現金を担保にしているという説明の方が分かりやすいでしょう。 クレジットカードを退会した場合、未入金の利用明細等が存在しないことを条件に保証金は返還されます。 ライフカードのETCカード ETCカードは、最短3営業日で届くクレジットカードを受け取った後、1週間程度で会員専用インターネットサービス「LIFE-Web Desk」から申込めます。 申込み日から2週間程度で自宅住所宛てに発送されます。 こんな人にはおススメ 過去に起こした問題で金融ブラックになってしまい、どのクレジットカード審査にも通らないけど、どうしてもクレジットカードやETCカードが必要な方にはおススメできます。 ただ、現在生活に余裕ができて、支払い能力がある方でなければあまり利用価値はありません。 事前に保証金を預け、保証金の範囲内でご利用限度額を設定するクレジットカードとなります。 通常のクレジットカードと同じく、店頭でのお買い物、ECショッピング、公共料金のお支払い等で利用できますが、ショッピング(1回払い)専用カードとなります(分割払い・リボルビング払い・ボーナス払い・キャッシングはご利用できません。 利用代金は、登録の金融機関口座からの自動振替となるので、アメリカンエキスプレスカードの保証金担保バージョンのようなクレジットカードと言えます。 超ブラックで保証金が用意できないならデビットカードを作る 超ブラック過ぎて、どうやってもクレジットカードが作れない場合には、デビットカードを作るしかありません。 インターネットショッピングでも使えるデビットカードは審査はないので、だれでも持てます。 デビットカードとクレジットカードの違い デビットカードを簡単に解説すると、後払いが出来ないクレジットカードだと思って下さい。 クレジットカードは購入した商品代金を分割や一括での後払い出来るカードで、手持ちの現金が無くても限度額に応じて、欲しい時に欲しい物を購入することが出来ます。 クレジットカードとデビットカードとの比較を、表にまとめてみました。 オススメのデビットカードは イチオシは楽天銀行VISAデビットカードですね。 キャッシュカードとの一体型です。 やはりポイントが貯まりやすいことと、楽天銀行同士の振込は、何度でも振込手数料が無料で、365日24時間即時振り込まれます。 さらに、振込手数料に楽天スーパーポイントが使えます。 楽天銀行に口座を持っていない方は、楽天銀行公式サイトから『新規口座開設』から口座を開設することからです。 楽天銀行に口座開設済みで、まだデビットカードを持っていない方は、「カードを申し込む」というリンクがあるので、それを選びましょう。 楽天銀行に口座を持っている方も、持っていない方も手続きは基本同じです。 JCBにするかVisaにするかは自由なのですが、個人的には海外でJCBが使えないところが多いため、Visaにしています。 楽天銀行デビットカード JCB 、楽天銀行デビットカード Visa 、楽天銀行ゴールドデビットカード Visa のいずれも発行手数料は無料です。 年会費はJCBは無料、VISAは1,029円(税込)、ゴールドデビットカード Visa は3,086円(税込)です。 長期延滞ブラックでも作れた保証料が必要ないクレジットカード ブラックでも作れるクレジットカードは、アメリカン・エキスプレス通称AMEXカードです。 この章は経験談として読み流して下さい。 カードの色じゃありませんよ、金融ブラックでも作れます。 ブラックリストでクレジットカードが作れないと思っている方は、騙されたと思って申込んでみて下さい。 アメリカン・エキスプレス申込みサイトから申し込むと、すぐに カード申し込み受付完了のお知らせ【AMERICAN EXPRESS】という題名で送られて来ます。 勤務先への在籍確認も無く、自宅へも携帯電話にも確認の電話も無しで、次の日に 【American Express Card】 ご入会ありがとうございます。 あなた様にカードをお届けできる準備が整いました。 という題名のメールが届いたのにはビックリしました。 私は、12年間全てのクレジットカード審査に落ちていたので、「ありえない!」としか思っていませんでしたが、このメール後5日目に本人限定郵便がAMEXから届きました。 当然中身はアメリカン・エキスプレスのグリーンカードです。 入会後6ヶ月以内は、翌月一括払いしかできない• キャッシング機能が無い• 年会費が高額(年会費無料キャンペーンもあります)• 現金化を疑われると即カード利用停止・・・疑いだけです。 関連記事: まとめ ブラックリストに載ってしまったら、アメリカン・エキスプレスカードのグリーンカードにトライしてみてダメだったら、デビットカードでしのぐしかありません。 デビットカードは、今銀行口座に残高が無ければ、利用することが出来ません。 買い物をすれば即時決済で、銀行口座から商品代金が引き落としされますから、財布から現金を取り出して決済しているのとほぼ同じことになりますから。 デビットカードでは、盗難保険、ショッピング保険、オンライン保険など、万一のトラブルでも補償されるのでセキュリティ面ではクレジットカードと変わりませんし、クレジットカードをもっている方にも、デビットカードはオススメです。 高額商品はクレジットカードで、普段のお買い物はデビットカードでとしておけば、使いすぎる心配もなく、お金の管理をしながら上手にお買い物ができます。 デビットカードのメリットを良く理解すれば、安全で安心なカード利用をすることが出来るということです。

次の

最上級クレジットカード「ブラックカード」の特典や作り方を解説!

ブラック リスト でも 作れる クレジット カード

過去に金融事故を起こした人、いわゆるブラックな人はカードがほしくても(一部のカード会社を除いて)審査に通らない。 ブラックの人は新しくカードを持つのが厳しいのだ。 しかし、 「私はブラックだ」と思いこんでいる人には本当にブラックリストに登録されているか確認してほしい。 ブラックなのかは信用情報機関のCICに情報開示申請をすれば簡単に確認できる(ただし有料)ので心配なら申請しよう。 また、クレ達的には自分がブラックだと思い込んでいる人が多い気がする。 ブラックだと勘違いしてる人はもったいない。 ブラックでなければ、自信をもっておすすめのカードに入会すれば良い。 また、ブラックだったならデビッドカードへの入会をおすすめしたい。 ブラックではない人:自信を持ってほしいカードに申込む ()• 本当にブラックな人:ブラックOKのデビットカードに入会する() 短期間の未払いや延滞ではブラックリストに登録されない 少しの支払遅れなどではブラックリストには登録されない。 このページでは、そのあたりの理解を深めてほしい。 まず、「引き落とし口座の残高が足りず引き落とされなかった」などのうっかりミスの場合は、すぐにブラックリストに登録されない。 クレジットカード会社は、CICなどのクレジット情報を管理する個人信用情報機関に対して 61日以上または3か月以上の延滞があった場合に、異動情報を登録する(これがいわゆるブラックリスト)。 言い換えれば延滞が発生して61日未満で返済すればブラックリストへの登録を回避できる。 従って、うっかり払い忘れた場合は直ちに口座に入金すれば問題ない。 少し支払が遅れただけでブラック扱いになることはない。 延滞が解消して5年経てばブラックリストから解放される.

次の