ラッコ 石 自慢。 ラッコは海藻を巻いて寝る!かわいい手つなぎ姿に癒される!

ラッコの貝を割る石とは!?

ラッコ 石 自慢

ちゃお。 とんこつはラッコが大好きである。 ラッコの生態については一つの記事で書くことは不可能だ。 それほどラッコは奥が深い。 まずラッコは漢字で「海獺」と書く。 海のカワウソだ。 イタチが川に進出し進化したのがカワウソ。 カワウソが海洋に進出したのがラッコなのだ。 今回はその謎に満ちたラッコの習性のごく一部を紹介しようと思う。 ラッコの習性 霊長類以外で道具を使うのはラッコだけ ラッコについて興味を持ったの石を使って貝を食べるという習性だ。 多くの人が勘違いをしていると思うが、石を持って貝を割るのではなく、貝を持ってお腹の上の石に叩きつけて貝を割る。 なぜだ? それもそのはずこれは大切なマイ石なのだ。 ラッコはお気に入りの石を一つ決めるとそれをずっと使い続ける。 そんな石を手にもってぶんぶん振りかざそうものなら、広い大海原に大切な石がすっ飛んでいくかもしれない。 それはラッコにとって死を意味する。 無くなるなら貝のほうが100倍マシなのだ。 ラッコロボットがとらえた野生ラッコの貴重な石割シーン 大人になる儀式それは「マイ石 ストーン 」を見つける事 ラッコの子育ては母親のお腹の上で行われる。 基本的にラッコが地上にいくことは一生のうちでほとんどない。 で母親から餌の取り方、石の使い方を学ぶ。 そして大きくなり自分のお気に入りの石を見つけに行く。 自分のお気に入りの石は仲間に自慢することもあるらしい。 一人で石を使えるようになればラッコは一人前なのだ。 母親の腹の上で眠る一人前になりきれていないラッコジュニア ラッコはマイ石を脇の下のポケットにしまう。 大切なマイ石はどうやって保存しているかというと、脇の下にポケットがある。 カンガルーなど的なポケットではなく、皮膚のたるみを利用して石をしまうしまうのだ。 中年オヤジが飲み会で、三段腹に女性社員の小物をしまい込むよな感覚だ。 この石は海中に潜る際の重石としても使いもする。 それほど大事な石を失くしてしまうと、ラッコはひどく落ち込み体調を崩してしまう。 ラッコと石は切っても切れない ラッコ=石といっても過言でもない。 寝るときはみんなで手をつないで寝る。 ラッコはで寝るときはみんなで手をつないで寝る習性がある。 でぷかぷか浮いて寝るため、海藻があれば体に巻き付けて寝る。 しかし、海藻が無い場合手をつないで群れからはぐれないように寝るのだ。 そもそもラッコは泳ぎが得意ではない。 だから貝類やなど動きが遅いものを食べる。 のんきにぷかぷか一人で寝ようものなら、起きたらあらびっくり群れから孤立してしまう。 おまけに泳ぎも下手とあれば群れに合流できないかもしれないのだ。 まとめ いかがだっただろうか ラッコは最強ということはわかってもらえたと思う。 ラッコの可愛さにあふれた生態はまだまだこんなものではない。 ぜひとも近くの水族館にラッコがいるのなら見に行って癒されてほしい。 djmori7824.

次の

ラッコが貝を割る石は普段どこにしまっているのか

ラッコ 石 自慢

ラッコの石はどこか? 多くの人が、水の上で仰向けになってエサを食べる姿といえばラッコを連想するかと思います。 お腹の上で石を使って貝などを叩き割る様子を見たことがあるという人もいるかと思います。 では、そもそもその石はどこから出てくるのかと疑問に思ったという人もいるのではないでしょうか。 そんな、石について詳しく知ることによってラッコを深く知ることにもなるのです。 ラッコの石はただ適当な石でも良いのではないのかと思ってしまう人もいるでしょう。 しかし、石で硬い貝の殻を叩き割らなくてはいけない為、ラッコは自分が持っている石にこだわりを持っているのです。 また、 ラッコは一度気に入った1つの石を、長い間ずっと使い続ける習性があり、お気に入りの石を仲間のラッコに自慢することもあるのです。 そして、 ラッコの体には「ポケット」がある為、そこに石をしまっているのです。 スポンサードリンク ポケットはどこに? ラッコにポケットがあるなんて知らなかったという人もいるかと思います。 実は、 ラッコの脇の下の皮膚のたるんだところにポケットがあるのです。 このポケットは実際に、 石だけではなく、持ちきれなくなったり食べきれなくなったりした貝や、ガラクタなどの遊び道具を入れておくことも出来るようになっているのです。 このポケットはとても便利だということが分かるのです。 そして、ラッコは石をとても大事にしていて、置き場所はきちんと決まっているのです。 まとめ ポケットがあり、きちんとしまっているという事で、とても賢いのだと思った人も多くいるかと思います。 この様にラッコについて知ることによって、再びラッコを見たときに見方も変わってくるかと思います。 スポンサードリンク.

次の

かわいい動物・・・パート①

ラッコ 石 自慢

ちゃお。 とんこつはラッコが大好きである。 ラッコの生態については一つの記事で書くことは不可能だ。 それほどラッコは奥が深い。 まずラッコは漢字で「海獺」と書く。 海のカワウソだ。 イタチが川に進出し進化したのがカワウソ。 カワウソが海洋に進出したのがラッコなのだ。 今回はその謎に満ちたラッコの習性のごく一部を紹介しようと思う。 ラッコの習性 霊長類以外で道具を使うのはラッコだけ ラッコについて興味を持ったの石を使って貝を食べるという習性だ。 多くの人が勘違いをしていると思うが、石を持って貝を割るのではなく、貝を持ってお腹の上の石に叩きつけて貝を割る。 なぜだ? それもそのはずこれは大切なマイ石なのだ。 ラッコはお気に入りの石を一つ決めるとそれをずっと使い続ける。 そんな石を手にもってぶんぶん振りかざそうものなら、広い大海原に大切な石がすっ飛んでいくかもしれない。 それはラッコにとって死を意味する。 無くなるなら貝のほうが100倍マシなのだ。 ラッコロボットがとらえた野生ラッコの貴重な石割シーン 大人になる儀式それは「マイ石 ストーン 」を見つける事 ラッコの子育ては母親のお腹の上で行われる。 基本的にラッコが地上にいくことは一生のうちでほとんどない。 で母親から餌の取り方、石の使い方を学ぶ。 そして大きくなり自分のお気に入りの石を見つけに行く。 自分のお気に入りの石は仲間に自慢することもあるらしい。 一人で石を使えるようになればラッコは一人前なのだ。 母親の腹の上で眠る一人前になりきれていないラッコジュニア ラッコはマイ石を脇の下のポケットにしまう。 大切なマイ石はどうやって保存しているかというと、脇の下にポケットがある。 カンガルーなど的なポケットではなく、皮膚のたるみを利用して石をしまうしまうのだ。 中年オヤジが飲み会で、三段腹に女性社員の小物をしまい込むよな感覚だ。 この石は海中に潜る際の重石としても使いもする。 それほど大事な石を失くしてしまうと、ラッコはひどく落ち込み体調を崩してしまう。 ラッコと石は切っても切れない ラッコ=石といっても過言でもない。 寝るときはみんなで手をつないで寝る。 ラッコはで寝るときはみんなで手をつないで寝る習性がある。 でぷかぷか浮いて寝るため、海藻があれば体に巻き付けて寝る。 しかし、海藻が無い場合手をつないで群れからはぐれないように寝るのだ。 そもそもラッコは泳ぎが得意ではない。 だから貝類やなど動きが遅いものを食べる。 のんきにぷかぷか一人で寝ようものなら、起きたらあらびっくり群れから孤立してしまう。 おまけに泳ぎも下手とあれば群れに合流できないかもしれないのだ。 まとめ いかがだっただろうか ラッコは最強ということはわかってもらえたと思う。 ラッコの可愛さにあふれた生態はまだまだこんなものではない。 ぜひとも近くの水族館にラッコがいるのなら見に行って癒されてほしい。 djmori7824.

次の