馬 と 鹿 歌詞 付き。 米津玄師 馬と鹿 歌詞&動画視聴

ノーサイドゲーム主題歌の歌詞と発売日

馬 と 鹿 歌詞 付き

別れもあれど、出会いの多い季節であり、恋心の芽生えや、恋愛事が始まることを、「春が来た」と形容したりする。 何か新しいことが始まって出会える、その希望と期待感に満ちているのが春だ。 しかし、ここでは、およそ希望を感じさせない言葉が、春に付随している。 だが、彼はその、望まない春に与えられた痛みを、誤魔化さずに受け入れて進もうとしているのだ。 痛みを感じるということは、まだ自分の身体と心が生きている証であり、その傷を治して、未来へ向かって更に強く生き続けたいという証でもある。 望まない現在を覆したい、壁を乗り越え未来へ生きたい。 しかし、まだ口に残った味の欠片を更に味わう。 その行為から、求める事象に対して、簡単に答えを出さず、何度も何度も試行錯誤して模索する執念深さが感じられる。 そして彼の、執念深さを持つ心の内の余計なものを捨て、底に残った唯一のものこそ、本当に大切にするべきものであることを、ここで教えてくれている。 自分の前に立ちはだかるそれに立ち向かう為に、心が見せた自分が守りたい大切なモノ。 そう唄う彼の言葉には、それがどんな感情であろうと、強く大事にして守りたいという願いが込められているのがわかる。 そしてその願いが成就して開く花こそ、夢であり、その名前こそ、明確に忘れてはならない名前なのであることを唄っているのだ。 またそれまでに負った傷の痛みを全て覚えていることこそ、ここまで生きてきた全ての時間に意味を与え、その願いの価値を失わせない大切なことなのであることがわかる。 そこに正当な理由があり正しい目標があったとしても、世間や社会、その場のコミュニティにある強い流れには、流されてしまった方が幾分楽だ。 しかし彼は、流されたくない明確な強い願いがあり、信念がある。 それゆえに立ち向かうのだ。 その強さに共鳴し、同じ願いを持ってくれる仲間もいるだろう。 だが、心に強さがあっても、その中に弱さが無いわけではない。 その自分の弱さを仲間に気づいて欲しいと、つい吐露してしまう時がある。 ここでは、そのどうしようもない人間らしさが表現されている。 その人間らしさがあるからこそ、願いへの素直さが更に強まるのだ。 それでも自問自答を繰り返し、何度でも立ち向かおうとする心が描かれている。 夜露で濡れた芝生も、やがて来る朝日が乾かしてくれる。 その時を今は待つのだ。 だが、その失敗を笑って誤魔化せるほどの器用さは持ち合わせてはいない。 彼の人間らしい不器用さが、ここでは強く表れている。 その不器用で愚直な人間が持つ魂だからこそ、それは、何にも変えられない揺ぎなく強い信念であり、誰も奪えない崇高なモノなのである。 その証が持つ意味と関係を何かに例えようとすれば、様々な言い方ができる。 しかし、それをすることもなく、彼らは進める場所をただガムシャラに進もうとする。 願いの成就の為に揺れる花、それに付随して生まれる多くの花、その全てが咲こうが咲くまいか、見届けることなく、彼らは必死に走るのだ。 馬と鹿な自分には分かりそうにもない。 しかし、そこに縋りつきたい願いを守りたい心は本物であり、純粋なモノである。 そして願いの為に生まれた夢という花は、不器用で馬鹿な自分には、何にも変えることができない。 もはやそれは自分を支える全てであり、それ以外に代わりになるものなどない。 だから彼は、その花の名前を呼ぶしかない。 たとえ反発されようとも、たとえ罵られようとも、彼にはその花しかないのだから。 不器用で愚直に叫ぶその名前には、不器用で愚直だからこそ、何も飾ることのない純粋な願いと想いが込められているのだ。 馬と鹿な人間は、決して綺麗とは言い難い、人間らしい純粋さだけを持っている。 また自分でも、心のどこかで、どうしてこれほどまで守りたいモノなのか分からなくなるほど、くだらないモノとして映るかもしれない。 だがその願いが、どうしようもなく身体を離れてくれないモノであれば、本当に叶えたいモノであるといえる。 頭で理性的に選ぶ願いには、損得のリスクに応じて簡単に諦めが付くモノが多い。 しかしそのリスクを度外視して、どうしても手放せない願いは、人間というひとつの生き物が本能で選んだ願いなのだ。 その願いには、理性で選んだ願いには無い不思議な力があり、失敗に怯まない強い力に繋がっていく。 不器用で愚直で本能のままに進む馬鹿であることこそ、困難に立ち向える人間らしい純粋な力を手に入れるヒントなのだ。 米津玄師の『馬と鹿』に込められた願いは、ここにあるといえよう。 TEXT 京極亮友.

次の

馬と鹿

馬 と 鹿 歌詞 付き

【CD】(全形態共通)• 馬と鹿• 海の幽霊• Flamingo• LOSER• 砂の惑星• かいじゅうのマーチ• TEENAGE RIOT• amen• Undercover• Lemon• ごめんね• Total 18min MUSIC VIDEO• 9月10日 火 10:00〜9月15日 日 23:59• 先日の台風15号による影響で、現在も停電の復旧作業が続いている千葉県からの申込みに関しては「応募期間延長」を実施することを決定いたしました。 延長期間:9月16日 月 〜9月19日 木 23:59まで• 結果発表• 9月26 日 木 12:00 入金期間• 9月26日 木 12:00〜9月29日 日 23:59 チケット料金 指定席・ファミリー席• ¥7,800(税込) 申し込み枚数制限• シリアルナンバー1件につき1公演のみ申込可能(1公演につき4枚まで申込可能)、複数公演 申込可能 注意事項 個人情報登録に関して• 申込者、同伴者含めすべてのお客様の個人情報の登録が必要となります。 登録情報と当日来場者が異なる場合、入場をお断りいたします。 当日座席指定に関して• 本公演は当日会場にて本人認証時に座席指定を行います。 ファミリー席に関して• ファミリー席は3歳以上、小・中学生を含むグループ限定のチケットです。 必ず保護者を含むグループでお申し込みください。 大人の方は着席での観覧となります。 ファミリー席はCD封入先行のみの受付となります。 以降の受付はございません。 公式トレードに関して• 公式トレードを後日実施します。 残念ながら来場困難になった場合ご利用ください。 トレードに出品できるのは、申し込みした代表者のみとなります。 トレード成立時、譲渡者、購入者共に手数料が発生いたします。 ファミリー席はトレード対象外です その他注意事項• 当選された名義以外の方の入場は出来ません。 客席を含む会場内の映像・写真が公開されることがありますので予めご了承ください。 シリアルナンバーの第三者への譲渡、転売、貸与等これらに類する行為は禁止します。 また、シリアルナンバーのSNSやWebサイト等への掲載も禁止します。 本公演のチケットは転売を禁止しており、オークション等に出品されたことが判明した場合、出品された方・購入された方に如何なる理由がありましても、当該チケットを無効にし、ご入場をお断りさせていただきます。 オークションのみならず、「チケット転売サイト」「フリーマーケットサイト」「チケットショップ」「ダフ屋」「SNS」等、正規ルート以外の売買行為で入手されたチケットは全て営利目的と判断し、チケットを無効といたします。

次の

米津玄師

馬 と 鹿 歌詞 付き

スポンサーリンク 米津玄師が「馬と鹿」を制作した背景 米津玄師さんがドラマ「ノーサイド・ゲーム」の主題歌「馬と鹿」についてインタビューに答えています。 そこから見えてくる背景を考察してみます。 米津玄師が「馬と鹿」を制作したきっかけ 制作のきっかけはドラマの依頼を受けてからでしたが、このときには米津玄師さんの長年の夢でもあった映画「海獣の子供」の主題歌「海の幽霊」を制作したことで、 燃え尽き症候群のような状態になってしまったんだとか。 そこで、「海獣の子供」とは対象的な題材でもあるドラマ「ノーサイド・ゲーム」の主題歌を制作することに。 「ノーサイド・ゲーム」は池井戸潤原作の ラグビーや企業スポーツが題材のドラマ。 企業に就職したこともなければ左遷したこともない米津玄師さんは悩んだそうですが、スポーツが共感の一致だったそうです。 米津玄師さんがこの感情を持てたきっかけが、Amazon Prime Videoの「オール・オア・ナッシング」というドラマだったそうです。 ラグビーのノーサイドのように試合ではしのぎを削りながらも、試合後のロッカールームではお互いを讃え合う。 そんな愛情を表現しようと思って制作したのが「馬と鹿」だったんですね。 だから 愛情といっても男女の愛情というよりも、仲間との愛情をテーマにした曲なのではないでしょうか。 米津玄師が「馬と鹿」を制作した音楽的なポイント 「馬と鹿」はとてもキャッチーながら、曲の構成を分析するとかなり難易度が高いです。 個人的には米津玄師さんの他の曲も同様に感じていて、米津玄師さんの曲の特徴だとも思います。 米津玄師さんは曲制作時は、燃え尽き症候群になってから 今までと違う新しい何かを探していたそうです。 JPOPとしてはかなり特徴的で一見分かりづらくもありますが、中毒性がとても高い曲です。 また米津玄師さんは「馬と鹿」は ドラマの主題歌だからこそできると思ったそうです。 米津玄師さんがインタビューで 逆境に折れることなく、這い上がろうとしている様子が見て取れますね ここの歌詞もリスタートを切る決意をしているのではないしょうか。 まだガムの件から「まだ終わっていない!」という主人公の気持ちを感じます。 エリート街道から外れて冷めて諦めたいけど、 心の何処かでまだ熱を持っているんだと。 失ったモノがあって納得いかない気持ちを抱きつつも、また歩き出そうとしているんだと思います。 辛く険しい道程も愛する人や仲間が傍にいれば、痛みがあろうとも進んでいける。 そのことを主人公は左遷されてラグビーチームに関わるまで知らなかったんだ、ということを表現しているように感じます。 花というのは 「人との絆」なのではないでしょうか。 大切な人との絆、仲間との絆。 その絆が自分が我を忘れるくらいの熱情を引き起こしていることを実感した、と表現している気がします。 人との絆が愛ということなのかもしれませんね。 たった一つ大切なモノとは大切な人なのかチームなのか。 それとも信念や人との繋がりなのかもしれないですね。 ここで君と僕という表現がされていますが、僕(主人公)と君(大切な人あるいは仲間)とした時、 同じ傷を持つ者同士、良い時をポジティブに捉えればまだ続いていくから、先に進んでいこう。 そんな感情を表現していると思いました。 主人公にとって大切な人あるいは仲間が唯一無二であり、その感情が絆であり愛であるということを表現しているんではないでしょうか。 そんな主人公にとって唯一無二の人がいるからこそ、我を忘れるくらいの歓喜と熱情をもたらしてくれるのだと思います。 そんな人をあるいはその人との絆を守るという願いは決して消えないし、止むことはないと主人公が前に進んでいく気概を感じます。 たぶん難しいですね。 何よりこの世界観は米津玄師さん唯一無二でしょう。 苦しく痛みも伴う逆境でも、愛する人や仲間と共に乗り越えていく様がドラマティックに表現されている曲ですよね。 力強くもあり感動的でもある曲調は、主人公・君嶋が、低迷するラグビー部を再起していくドラマ「ノーサイド・ゲーム」の世界観をより盛り上げてくれそうです。 最後に 米津玄師の『馬と鹿』の歌詞の意味や内容を考察してみました。 米津玄師のコメント TBS日曜劇場「ノーサイドゲーム」の主題歌を担当させて頂きました。 「馬と鹿」という曲です。 大泉洋さん演じる君嶋が、逆境の中をひとつひとつ進んでいく様をどうにか音楽にできないかと探っていった末にこの曲ができました。 素敵なドラマとご一緒できて嬉しいです。 どうかよろしくお願いします。 米津玄師『馬と鹿』は、 馬鹿な世界でも愛する人達がいれば馬鹿のように頑張って行ける そんな想いも感じた一曲でした。 ドラマ「ノーサイドゲーム」を見れば、より『馬と鹿』の世界観も分かってくる気がしますね!.

次の