ベト ジェット キャンセル。 VietJet Air(ベトジェットエア)の各種料金

ベトジェットエア について質問です。エクスペディアでベトジェットエア...

ベト ジェット キャンセル

予約便がキャンセルになった。 LCCにはキャンセル、遅延は良くあること。 キャンセルになった事は仕方ない。 がその案内が、キャンセルになりました。 **便に変更になります。 ご不便をおかけいたしますだけ。 ベトナムの会社だからそんなもん? 国際線を飛ばす航空会社なんだから、理由を述べて予約便の変更の案内をすべきではないでしょか? 予約便がキャンセルになる事は仕方ないし理解できる。 数日前の案内だったので、キャンセルになった理由の説明が欲しいとメールすると、その返事は規約に書いてあるとだけ。 規約は簡単に言えば色んな理由でキャンセル変更になる事があると書いている。 当日なら天候不良や遅延、機材トラブルなど キャンセルが何故3日前に起こるのか、 私が知りたいのは、何故その便がキャンセルになったのか。 〜〜の理由でキャンセルになりました。 ご不便をおかけしますが**便に変更になります。 それだけでいいんです。 理由を知ってもキャンセルはキャンセルなんだけどね……笑笑 ごねてアップグレートを求めたり返金を要求したいのではなく、理由書いて案内をするべきだと思う。 所詮はベトナム、LCCだからと思うしか仕方ない。 予定便のキャンセルは今まで他の国でも経験あるから、怒っているわけではない。 案内の仕方とメールの返事が納得いかないだけ。 他の航空会社は簡単な説明と案内がある。 短い日数の旅行だったので予定が大きく変わる。 LCCや他の航空会社でも起こり得ること、ゆとりのない旅行の時はLCCはリスクあり。 日本語 194• 英語 2,481• ベトナム語 318• フランス語 194• 韓国語 162• ドイツ語 161• スペイン語 142• 中国語 簡 103• イタリア語 100• 中国語 繁 100• ロシア語 85• オランダ語 74• タイ語 38• ポルトガル語 18• スウェーデン語 14• チェコ語 13• デンマーク語 11• ポーランド語 10• インドネシア語 7• ノルウェイ語 7• ヘブライ語 7• ギリシャ語 4• トルコ語 4• フィンランド語 3• アラビア語 1• セルビア語 1.

次の

ベトジェットエア、2020年末までに90機体制とすることを発表

ベト ジェット キャンセル

ベトジェットエア日本線の航路と欠航の状況は? ベトジェットエアの日本路線は5路線あります。 東京(成田) — ホーチミン 東京(成田) — ハノイ 東京(羽田) — ダナン 大阪(関西) — ホーチミン 大阪(関西) — ハノイ ベトナムの格安航空会社ベトジェット、4月24日までの予定で日本路線を運休にしたとの情報。 23日のツイート。 出国予定者にも影響したもよう。 その他、 ・東京(成田)からのホーチミン、ハノイ行きは 4月 24日まで欠航 ・東京(羽田)からダナン行きは 5月 14日まで欠航 ・大阪(関西)からホーチミン、ハノイ行きは 5月 14日まで欠航 ( 3月 30日現在) しかし、公式なアナウンス、プレスリリースはありません。 ベトジェットエア日本線欠航でキャンセル、払い戻しなどはどうする? Covid-19 grounds Vietnam international flights やっぱり欠航が決まってるのに連絡してこない。 ベトジェットエアは日本人には泣き寝入り狙いか? — 世界の町へ(Angeles Smile) eeetravel キャンセルのメール受信後、予約管理を確認してみたらキャンセルになってました。 連絡が取れれば、払い戻しか日程変更が行えます。 連絡もないのは問題ですが、対応しないで返金してもらえないのはまずいので、可能な範囲で対処したほうがよさそうです。 ベトジェットエア日本線欠航、連絡先や対処法は? エクスペディアやトリップコムなど代理店を通じて購入されている方は代理店にまず連絡してください。 そのほうが早そうです。 直接ベトジェットエアのサイトから予約した方は下記連絡先に連絡する必要があります。 日本語が通じるベトジェットエア日本代理店の電話は 1回線しかなく繋がりにくい状況です。 メールで返答が来たという方もいらっしゃるようですが、時間がかかっているようです。 ベトジェットエア日本代理店の連絡先、 03-5937-0821 平日 10時から 12時、 13時から 17時まで。 回線が混み合っていると営業時間中でも留守番電話のアナウンスが流れることもあります。 com vj-contact vietjetair-wcc. jp 4月中旬に予約していて欠航になり、メールと電話をしていた方は、 ・メールは 1週間たっても返答無し。 ・電話は定期的にかけていて、やっとつながり払い戻し手続きができた。 情報が錯綜していますが、 3月 30日日本代理店に電話が繋がり、払い戻しか日程変更か選べたそうです。 予定がたたないので払い戻しを選択して手続き、その際に手数料などかかるか確認。 日程変更は手数料は一切無し、払い戻しは購入時にかかったカード手数料は戻らないが、キャンセル手数料は無しと言われたそうです。 とりあえず払い戻しは 8日前までの規定がありますので、証拠作りのためにもメールだけはしておいたほうがよさそうです。 <追記> 電話での手続きも終わり、メールも送信もしていたのでどちらの手続きからかは分かりませんが、4月1日にベトジェットエアからメールが届きました。 ご参考になれば幸いです。 何だか長たらしい規約文が。。 全部読むのも面倒 今なら変更は受け付けるとの内容だが、飛ぶ確定の分からんフライトをどうやって予約するのかね〜しかも発生した差額は別払い…それに諸経費やOPについての保証の解釈が面倒…もう知らんよ!

次の

ベトナムのLCC、ベトジェットについてです。予約した航空券の、...

ベト ジェット キャンセル

格安航空会社ベトジェットエアとは ベトジェットエアは、ハノイに本社を置くベトナムのLCC会社で、2011年にベトナム国内で初就航をしたLCC(格安航空会社)である。 国内線は、ベトナム17都市を結ぶ ベトナム国内にはハノイ、ホーチミンシティ、ダナン、フエ、ニャチャン、ダラット、カントー、フーコック島など17都市に航路を持ち、ジェットスターパシフィックと並び、国内移動には大変便利なLCCである。 ただし、ジェットスターパシフィックについては、 以前ハノイで利用時、チェックインを済ませ搭乗ゲートで待っている時、急きょキャンセルとなったことがあり、大変な思いをしてベトジェットエアに乗換えたと言うヒドイ経験がある。 その点、ベトジェットエアは、ベトナム航空の子会社で機体も新しく、これまでも何度かベトナム国内で利用していたので安心感がある。 サイトに行くと、下のウィンドウが表示される。 ベトジェットエア予約サイトの画面 画面左には、プロモーションのフライトや特別価格でのセールが表示されており、また右側には、航空券予約、オンラインチェックイン、ホテルの各メニューがある。 航空券を予約するには、航空券予約の入力画面にて、出発地、到着地、出発の日付を入れて[フライト検索]をクリックする。 最安値のフライトを探す 先の航空券予約の入力画面で、例として下記を入力してみる。 出発地:関空 目的地:ハノイ 通貨:JPY 最安値運賃?:レ(チェックを入れる) 出発日:5月13日(希望の日付を入れる) を入れて、[フライト検索]をクリックすると、下の画面が表示される。 最安値運賃?にチェックを入れると日付毎の運賃が表示されるので、最安値のフライトが選べる。 この画面では、その月の日毎の料金が色分けされて表示されており、最安値のフライトが分かるようになっている。 (緑色が最安値) フライト時間と運賃クラスを選ぶ 次に、希望するフライトの日付を選択し、[続く]をクリックする。 すると下の画面が表示される。 フライト候補から希望の時間や最安値のフライトを選択出来る。 この画面では、その日のフライト(複数のフライトがあれば、フライトの時間を選ぶことが出来る)と、運賃クラスが金額と共に表示される 運賃クラスには、次の3種類がある。 プロモ Promo : 期間限定のプロモーションセール価格運賃。 ただし、座席数が限定されているので早めに予約しないと売切れる。 エコ Eco : 通常のLCC航空券。 委託手荷物や座席指定、機内食などはオプションで別料金。 スカイボス Skyboss : 座席クラスは同じであるが、特典として、30kgまでの委託手荷物、座席指定、フライト変更可能、空港ラウンジ使用、優先チェックインが含まれる。 (ただし、価格はビックリするほど高くLCC利用のメリットが無くなる) 希望のフライトを選択すると、右側サイドバーにフライト情報として、選択された運賃クラスでの合計金額が表示される。 往復でなく片道航空券を購入することも可能 上の例では、 関空-ハノイ往復運賃として、26,910円となっているが、往復でなく、 片道航空券を予約することも可能である。 片道航空券の場合、複数都市を周遊する旅程を組むことが出来るが、フライト単位でひとつずつ予約をする必要がある。 また、往路のみ、または復路のみで他の航空券を別の航空会社を使うことも可能である。 搭乗者情報を入力する 運賃クラスを選択し、[続く]をクリックすると、下の搭乗者情報入力画面となる。 搭乗者情報を入力する。 会員登録すると入力の手間は省ける。 ここで、搭乗者情報を入力し、[続く]をクリックすると、座席指定の画面が表示される。 座席指定、委託手荷物、食事のオプションを購入する 座席指定は、スカイボス以外は有料オプションとなる。 座席タイプには次の3種類あり、料金が異なる。 ホットシート(Hot Seat): 機内前列、および非常口の席。 国内線90,000VND 約450円 、国際線250,000VND 約1,250円 フロントシート Front Seat : 機内前方、プレミアムシートの後ろの席。 国内線40,000VND 約200円 、国際線150,000VND 約750円。 一般席 Normal Seat : 上記以外の一般席。 国内線30,000VND 約150円 、国際線80,000VND 約400円。 ただし、オンラインチェックインでは、無料となる。 座席指定をしない場合、チェックイン時に座席番号がコンピューターで自動割振りされる。 座席指定が不要の場合、「いいえ、ありがとうございます」をクリックする。 追加サービスをクリックして、委託手荷物の重量、食事を選択出来る また、機内食を購入する場合、ここでメニューから選択する。 詳細は、 予約の確定と支払い 次の画面に進むと、旅行保険の加入を選択出来るが、加入しない場合は「いいえ、結構です」をクリックし、[続く]をクリック する。 すべての予約内容(運賃、税金、オプショナルサービスなど)を確認した後、予約を確定させると、支払の画面が表示される。 ここで、クレジットカードでの支払いへと進む。 Eチケット(電子航空券)をメールで受取る 支払い手続きが終了すると、しばらくして登録したメールアドレス宛にEチケット(電子航空券)が送信される。 受領したEチケットは、pdfファイルとなっており、プリントアウトして持参するか、スマホに保存して空港でのチェックイン時に画面で見せると良い。 メールで受取ったEチケット 以上で、予約は完了したことになる。 オプション追加・変更とかキャンセルなどは[予約の管理]から行える。 複数都市を周遊する航空券の予約 ベトジェットエアは、ベトナムのハノイ、ホーチミンを拠点として、近隣諸国のタイ、ミャンマー、台湾、中国、シンガポール、韓国など11カ国、21都市 への国際線航路を結んでいる。 したがって、日本から ベトジェットエアを乗り継いで、タイ、カンボジア、ミャンマー、シンガポールなどの国々を周遊することも可能である。 今回、私が予約したのは、関空からハノイ、バンコク、チェンマイ、ホーチミンの複数都市を経由して関空へ戻る周遊航空券である。 予約した航空券運賃は下記である。 関空-ハノイ:15,800円(含む委託手荷物15kg、座席指定、食事)• ハノイ-バンコク:8,900円(含む委託手荷物15kg、座席指定)• バンコク-チェンマイ:4,800円(含む委託手荷物15kg、座席指定)• チェンマイ-ホーチミン:8,300円(含む委託手荷物15kg、座席指定)• ホーチミン-関空:17,000円(含む委託手荷物15kg、座席指定)• 合計金額54,800円は、タイへの単純往復の運賃として、他のLCC(例えば、エアーアジア、スクートエアーなど)や中国系航空会社と比べると、やや高めになっているかも知れない。 (タイ単純往復が38,000円程度として) しかしながら、今回の旅行目的が、タイとベトナムの周遊旅行だったので、トータルとしての運賃は妥当か、あるいは安い目だと思う。 一方、ベトナムへの単純往復として考えると、ベトジェットエアが32,800円なので、大変お得なLCC航空券と言えるだろう。 予約後のフライト管理・問合せ 予約便の管理・確認 [予約の管理]で予約番号と名前を入れると、予約したフライトの一覧を見ることができる。 更に、予約番号を選び、[予約確認] View Reservation ボタンを押すと、最新のフライト情報が確認出来る。 今回のベトジェットエアでは、就航したばかりのためか、予約後フライトスケジュールの変更が数回あった。 それ以外にも、悪天候、安全面などの理由によって変更されることがあるので、電話番号、Eメールアドレスを登録しておく必要がある。 また、搭乗前日には、念のため [予約の管理]画面で、再度出発時間などを確認しておくと安心なのでおすすめする。 一方、予約後何かの変更(例えば、座席指定の追加・変更、委託手荷物の重量追加・変更、食事の追加・変更など)の必要が出てきた場合、[予約の管理]画面で、予約番号を選んで[予約確認]ボタンを押して行うことが出来る。 予約の管理でフライトの確認を 電話・メールでの問合せ [予約の管理]の範囲外での確認事項が出てきた場合は、電話またはメールでの問合せが必要となる。 しかしながら、この電話番号に電話しても対応はしてくれなかった。 と言うのは、この代理店のサポートはWEB直接予約の顧客対応でなく、旅行会社とか、代理店経由での申込み客が対象となるとのこと。 メールでの問合せ メールでの問合せは、19001886 vietjetair. com へ行う。 メールでの問合せは、返信に最低5日かかるとのことである。 今回、電話の前に、メールで問合せを行ったが、返信が来たのは5日後だった。 この調子でやり取りしても時間がかかるので、電話を入れることになった。 メールをどのように処理しているのか分らないが、5日は遅すぎると思うが仕方ない。 時間的な余裕をもって、早めの予約をしておくのが良いと言うことか。 でも、実際には、WEB予約で電話やメールで問合せすることはほとんどない。 私の場合、これまで10年以上、数十回のWEB予約の経験から、電話をしたのは2回だけだった。 1回目は、エアーアジアでWEBログイン出来なかった時で日本語可能だった。 後一回は、今回のベトジェットエアでクレジットカードがセキュリティロックにかかり予約が成立しなかったための問合せだった。 オンラインチェックインをするには、下記のWEBサイトのホームページ右側の枠(航空券予約、オンラインチェックイン、ホテル)にある[オンラインチェックイン]をクリックして、予約番号と名前を入れて[予約検索]をクリックする。 オンラインチェックインは、出発時刻の24時間から1時間前に可能である。 また、特別サービス(車椅子など)が必要な乗客、2歳以下の幼児同伴の乗客、10人以上のグループは、オンラインチェックインは出来ない。 オンラインチェックインを行った後、空港では次の手続きとなる。 チェックインの手荷物(委託手荷物)がある場合や印刷されたボーディングパス(搭乗券)が無い場合:出発時刻の50分前までにカウンターに行き、手荷物を預け、搭乗券を受取る必要がある。 チェックインの手荷物(委託手荷物)が無く、かつ印刷されたボーディングパス(搭乗券)を持っている場合:セキュリティチェックへと進んで、搭乗ゲートの待合室まで行くことが出来る。 ただし、搭乗ゲートは出発時刻の15分前にしまるので、30分前までに行く必要がある。 一方、Vietjet Airのスマホアプリをインストールして、スマホからオンラインチェックインした場合、スマホ画面を搭乗券として使用できるので、搭乗券を印刷する必要がない。 ベトジェットエア予約サイトの画面 優先チェックインサービスを利用する方法 オンラインチェックインに対応していない空港でのチェックインでは、優先チェックインサービス(Priority Check-in Service)がオプションとして用意されている。 このオプションを購入するとスカイボスと同じカウンターでのチェックインが可能となる。 (優先搭乗は出来ない) 料金は税別で、国内線100,000VND 約500円 、国際線 140,000VND 約700円。 優先チェックインサービスの購入は、航空券予約時点か、あるいはWEBサイトの[予約の管理]画面で出来る他、フリーダイヤル(19001886 や 、航空券販売代理店などで、出発時刻の3時間前までなら可能である。 機内持込み手荷物・委託手荷物 機内持込み手荷物の条件 機内持込み手荷物は、ハンドバッグ1個か、本、新聞、カメラ、子供のフード用袋、免税品用袋等 身の回りの品1個 と 手荷物1個で、 両者の 合計重量が7kgを越えないものとなっている。 サイズ制限は、下記となっている。 手荷物 : 56cm x 36cm x 23cm 身の回りの品:次のいずれか1点。 ハンドバッグ類の場合: 30cm x 20cm x 10cm コート収納袋の場合:収納袋を開いた最大サイズは 114cm x 60cm x 11cmを越えない PCバッグの場合:最大サイズは 40cm x 30cm x 10cmです。 委託手荷物の条件 委託手荷物(預け荷物)は1個32kgまで、サイズ制限は119cm x 119cm x 81cmです。 委託手荷物手数料は、オプションで購入する必要があり、最低重量は15キロで、5キロ単位で購入できる。 予約時点の重量を越えた場合、カウンターで超過料金を支払う必要がある。 ただし、ベビーカー、車いす、移動補助設備は無料。 航空券予約時点で委託手荷物手数料を購入する時の料金は、下記となる。 また、予約時点の重量を超えた場合は、kg当たり315,000VND(1,575円)の超過料金となる。 一方、搭乗ゲートで機内持込み手荷物の重量が7kgをオーバーしていた場合は、kg当たり450,000VND(2,250円)となるので注意したい。 機内食はどんなのかと言うと 機内食は、国内線と国際線で値段が違う。 国内線の場合、ご飯類が50,000~70,000VND(250~350円)、カップヌードルが35,000VND(170円)、水・コーヒーなどのドリンク類が20~30,000VND(100~150円)程度に対し、国際線は、ご飯類が12,000VND(500円)、カップヌードルが50,000VND(250円)、ドリンク類が40,000~50,000VND(200~250円)で少し高め。 サービスチャージが高いのか) 今回、関空からハノイへの便が早朝便だったので、機内食を事前予約していた。 内容は、Combo Com Chien(焼き飯セット)で、120,000VND 約600円 だった。 この値段では、ソコソコの味。 ベトジェットエアの機内食 内容、ボリュームとも一般の航空会社と比較するには無理があるが、機内には飲食物の持込は出来ない規則になっているので、飲食したいなら仕方ない。 航空券予約時の注意事項 クレジットカードでの支払い時に注意すること フライト予約の支払い時に、クレジットカードを使用したが、3つ目のフライト予約の時、突然「 クレジットカードが利用停止」になってしまった。 クレジットでの支払で、クレジット会社のセキュリティチェックに引っかかり利用が強制停止されたためだったがそれが分かるまで、時間がかかった。 理由は、支払先がベトナムであり、利用者の通常行動パターンから外れていることで、コンピュータがストップしたのだった。 私は、利用停止になっているなんて全く気が付いてないので、購入出来たものと思い込んでいた。 ところが、Eチケットのメールが一向に届かないので不安になり、ベトジェットに問合せを行った。 最初Eメールを送ったが、「返事は5日以内に連絡する」とあり、電話を入れてみた。 しかしながら、電話が通じない。 しばらくして、決済されたかどうかをクレジット会社に電話することを思い付き、電話してみた。 すると、「セキュリティチェックに引っかかり、決済されていない」とのことであった。 (30分ぐらい電話してやっとこの返事) そして、「セキュリティを外したので、再度決済ください。 ただし、2重請求のケースもあるので、相手方に1回目の請求はしないように伝えてください」「決済については、すべての責任は購入者にあります」との一方的な言い分。 こちらが悪いのか?。 勝手にカードの利用停止しておいて、何の連絡もなしにこの対応は何だ?、と半ば怒りの気持ちが込み上げてきた。 5日ほど待って、メールの返信が来たが、「いつ予約したのか、度のフライトを予約したのか、詳しい情報を連絡して欲しい」とのこと。 こんなやり取りをしていては、その内、航空券の値段が上がって行くので、もう一度、クレジット会社に電話を入れ、「こんな状況では予約できない」と文句を言った。 すると、相談していたのか、しばらくした後、「2重請求の場合、当方より全額返済します」との回答があった。 そして、無事購入することが出来た。 その後、ベトジェットエアから2度目のメールが来て、「予約は一つだけ(2重に予約されていない)」との確認も取れ、安堵した次第。 トラブル時の電話対応(ベトジェットエア日本地区総代理店) このトラブル発生時に電話で問い合わせてみた。 WEBサイトに掲載されている「日本地区総代理店」の電話番号に電話したが、「こちらはWEBの購入に対応していません」との愛想のない返事が返って来た。 仕方なく、ホームページに載っているハノイ本社の電話を調べ、電話をかけて見た。 参考までに、下記リンクにその時の状況を説明している。 空港でのチェックイン時の注意点 機内持ち込み手荷物の重量には注意 空港カウンターでチェックインする時に注意したことがある。 通常、委託手荷物を計量して、当初購入した重量を超過した場合は、超過分を支払わなければならない。 機内持ち込み手荷物については、重量を計らない場合が多い。 特に一般航空会社では計ることはほとんどない。 しかしながら、LCCではこの条件は厳しくチェックする会社もある。 ベトジェットエアでは、機内持込み手荷物も計量してチェックの印にタグを付けるが、その後、搭乗者によっては計量していない荷物を機内に持ち込む人がいる。 実際に遭遇した場面だが、搭乗ゲートでは、秤を設置して手荷物を計量していた。 特に小型のスーツケースが対象で、小さなバックパックなどはスルーしていた。 二人連れの乗客が機内持込み手荷物の計量で引っかかり、搭乗ゲートの係員と揉めていた。 結局、足止めを食らった状態で、飛行機に搭乗出来なかったようだった。 その他にも、日本人らしき旅行者も計量して止められていたが、その人はお金を払ったのか、荷物を分散したのか、見逃してもらったのかは不明だが、同じ飛行機に搭乗できたようだった。 機内に持込む手荷物は、一定サイズのバッグと小さなバッグそれぞれひとつで合計重量7㎏以内と決められているが、中にはバッグを2つ3つ持って乗込む人も見かける。 しかしながら、LCCではコストを下げるためあらゆる努力をしており、重量は燃料費に影響を与える重要なチェックポイントだから、厳しくなるのは当たり前。 小さい金額の節約で大きな代償を払うことがないよう注意したいものだ。

次の