餃子 の 皮 で ラザニア。 「餃子の皮」と「パスタソース」で作るミルフィーユ風ラザニアが超トロウマ / トロけすぎてラザニアが飲み物になるレベル

餃子の皮de即席ラザニア【#ホワイトソース不要#トースター】 by Yuu

餃子 の 皮 で ラザニア

なぜなのか。 なぜ餃子の皮はいつも微妙に余るのか。 余ったら余ったで、アイスを包んで「」にしてもいいし、作りに使うと超ラクチンでよい。 でもいつもそればかりでは飽きてしまう。 と、思いながら餃子の皮の成分表示を見てみると「小麦粉、食塩、油」……って、なんだか麺っぽくない? あれだ。 餃子の皮でラザニアを作ってみよう。 麺っぽい料理のなかから、なぜラザニアを選んだかというと餃子の皮を加工せずそのまま使えそうだったからだ。 できるだけシンプルに作りたかったので、中に挟むソースには業務スーパーのミートソースとカルボナーラソースをセレクトした。 牛乳パックをカットし、餃子の皮の大きさくらいの輪っかを作る。 オーブンを220度に予熱する。 5枚ほど重ねたくらいで牛乳パックの輪っかをセット(転倒防止)。 さらに重ねてチーズをふりかける。 この時点でビジュアルは完全に餃子の皮。 220度に予熱したオーブンで15~20分焼く すると…… ラザニアが出て来たー! 餃子の皮の面影はまるでなし! わざわざ言わなきゃ元が餃子の皮だったとはわからないだろう。 ・トロけすぎてラザニアが飲み物になるレベル さてそのお味はというと……何だ、この新しい食感は!? 通常、ラザニア用パスタは焼いてもそれなりに食感が残るものだが、餃子の皮は熱でトロットロにとろけてどこにいるのかわからないレベル。 スプーンですくうと、そんなチーズのようにとろけた餃子の皮が2種類のソースと渾然一体となり……もはや液体寸前! たとえるなら振って飲むプリンのようだ。 そう、餃子の皮ラザニアはもはや飲み物なのだ。 この食感はヤミツキになりそう。 ソースをレトルトカレーなどに変えるなど、アレンジ次第でさらなる新境地を開くことができそうだ。 フライパンで焼くとパリッ、、そしてラザニアにするとトロトロ……餃子の皮のポテンシャルの高さには驚かされるばかりである。 Report: Photo:Rocketnews24..

次の

「餃子の皮で作るラザニア レシピ」

餃子 の 皮 で ラザニア

ラザニアといえば、おもてなしのメインにもぴったりな華ありメニュー! でも、ラザニア用パスタを買うのもゆでるのも、実はちょっとハードルが高いと思いませんか? そんな人でも絶対に作りたくなるラザニアレシピを 『でご紹介しています。 その秘訣はなんと 「餃子の皮」を使うこと! 餃子の皮を水にくぐらせて2枚重ねるだけで、あのもっちりした食感の本格派ラザニアができちゃいます。 アーチ状にふんわりとラップをし、電子レンジ(600W)で8分加熱。 ラップをはずし、ゴムべらで全体を混ぜる。 フライパンにバター(30g)を入れて弱めの中火にかけ、溶けてきたら小麦粉(大さじ3)を加え、木べらで絶えず混ぜながら2~3分炒める。 粉っぽさがなくなったら、牛乳を一度に加える。 すぐに木べらでよく混ぜ、中火にして5~6分絶えず混ぜつづける。 煮立ってとろみがついたら、さらに1分ほど煮つめ、堅めのホワイトソースに仕上げる。 ボールに水をはり、餃子の皮2枚を水にくぐらせ、粉を落とす。 水けをきりながら、2枚重ねてくっつける。 餃子の皮は合計36枚使用。 2枚一組にした餃子の皮を、ホワイトソースの上に少しずつずらして重ね入れ、6組敷きつめる。 同様に餃子の皮6組を並べ、さらにホワイトソース、餃子の皮、ミートソースの順に重ねる。

次の

【みんなが作ってる】 ラザニア 餃子の皮のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが332万品

餃子 の 皮 で ラザニア

「餃子の皮で作るラザニア」 わざわざラザニア用パスタを用意するのが面倒な時は、餃子の皮で代用。 残り物のミートソースがあれば、さらにちゃちゃっと作れてしまう簡単ラザニアです。 餃子の皮を一度茹でてから使うことで粉っぽさもなくなり、ボリュームを出したいときは二枚重ねに。 餃子の皮で作る美味しいラザニアのレシピです。 ・香りがでたらひき肉に塩胡椒をしてじっくりと炒める。 ・ざっくりと火を通したらトマト缶、赤ワイン、ローリエを入れて弱火で一時間程度煮込んでいく。 ・煮込んでいくうちに水分が飛んで軽くとろみがついてきたら、塩・胡椒・砂糖で味付けする。 時間に余裕があれば2時間ぐらい煮込んで一晩寝かせます。 ・フライパンにバターと同量程度の小麦粉を入れる。 ・極弱火でバターを溶かしながら練っていく。 ・小麦粉とバターがよく混ざったら少しずつ牛乳を加えて練る。 ・繰り返し牛乳を加え、ちょうどいいトロみがついたら出来上がり。 ラザニアのパスタよりも薄いのでボリュームを出すときは2枚重ねに。 ・チーズを乗せたら、パン粉をふりかけたてオーブンで焼く。 美味しそうな焦げ目がついたら出来上がり。 茄子は重ねる前に油で軽く焼いておきます。 クツクツと焼けてきたら、アルミホイルを外して最後に焼き色を付ければ出来上がり。

次の